花を種から育てる方法

この記事には:育苗プランタの準備種を植える発芽させる苗の引っ越し出典

ガーデニング初心者が種から花を育てるのは難しいものです。種や苗木というのは案外デリケートなので、小さなミスでも発芽しなかったり、苗が枯れてしまったりします。そんな失敗を経験した人に朗報です。室内で発芽させるという失敗知らずの方法をこれから伝授しましょう。まず小さな容器を用意し、殺菌します。次に市販の種まき用土を入れて、種をまきます。このとき、種の包装紙の裏側に書いてある説明書に従って日光や水を十分に与えます。苗がある程度丈夫な根を張ったら庭に植え込みます。

パート 1
育苗プランタの準備

  1. 1
    プランタを選びましょう。育苗ポットや育苗トレイなど種類も豊富で、安価なプランタがたくさんあります。中でも育苗箱(育苗トレイ)は安価な上に種から苗を育てることに特化して作られたプランタで、とても便利です。しかし、わざわざ新品のプランタやトレイを買ってこなくても、アウトドアやBBQなどで使うプラスチックカップを使ったり、卵を冷蔵庫に移したあとの卵パックをリサイクルして使ったりする方法もあります。小さな鉢があれば、それを使ってみてもいいでしょう。
  2. 2
    プランタの大きさを確認しましょう。種から育苗するには深めのプランタが適していて、10cm以上の深さが理想的です。土の中で自由に根を張れる分だけ、太くて強い根が育ちます。
  3. 3
    プランタの消毒をしましょう。古いプランタやトレイを使うときには漂白剤の溶液に浸して消毒します。このときの割合は漂白剤1:水9。新品のプランタやトレイであればとくに消毒しなくても大丈夫でしょう。
  4. 4
    排水用の穴を開けましょう。市販のプラスチック鉢やトレイの底には排水用の穴が開いていますが、プラスチックカップや卵パックなどを再利用する場合には、土を入れる前に底に小さな穴を1つか2つ開けましょう。

パート 2
種を植える

  1. 1
    種を植えましょう。庭に苗を移す時期から逆算して1〜2ヶ月前に種まきを始め、室内で生長させます。種をまく時期は天気歴での終霜(最後の霜)から1〜2ヶ月前と重なります。庭に植え付ける1〜2ヶ月前に種をまくと十分な時間をかけて生長するため、戸外の庭で雨風・害虫・病気などにさらされても負けない強い根が育ちます。
  2. 2
    土を選びます。育苗トレイで育てる場合はピートモスが便利ですが、育苗トレイよりも大きな鉢やプランタを使う場合には土が適しています。園芸店で高品質の「殺菌土」を購入しましょう。種まき専用土を取り扱っている店も多くあります。
  3. 3
    土を入れましょう。プランタの4分3まで土を入れます。このとき、上から押し固めないようにして、土の中にある程度の空間を持たせます。
  4. 4
    水を与えましょう。種をまく前に一度土をぬらします。水を少し絞ったスポンジのような程よい湿り気にします。水浸しにしないようにしましょう。
  5. 5
    種まきの手順を確認しましょう。種の包装紙の裏側に書いてある説明に従います。土の上に種を散らすだけでいい花もある一方で、種の上に2〜3cmの盛土が必要なものもあるので確認しましょう。盛土をするときにはふんわりとのせるようにします。押し固めると種が十分に呼吸できなくなり、発芽しないことがあります。
  6. 6
    種をまきましょう。プランタの大きさにもよりますが、種は1つのプランタに2〜3個で十分でしょう。複数の種を植える場合には、種と種の間を5mm以上離します。種が苗になってもとなりの苗の生育を邪魔しないくらいの距離を開けると、苗の生長もよくなります。
  7. 7
    もう一度水を与えましょう。まいた種と盛土をぬらす程度に水をふりかけます。
  8. 8
    プランタにフタをしましょう。市販の育苗トレイにはプラスチックのフタが付いてきますが、その他のプランタを使う場合には透明のビニールを使うとよいでしょう。乾燥を防ぐのが一番の目的ですが、日光を十分に入れるために無色透明のビニールを使用します。

パート 3
発芽させる

  1. 1
    プランタの置き場所を決めましょう。種をまいたプランタは気密性の高い部屋に置き、室内換気を頻繁に行います。空気の循環を促進するにはプランタの近くで扇風機を回します。このとき扇風機の風が直接プランタに当たらないようにしましょう。また扇風機をずっと回し続けるのではなく、数分回して止めて、空気がよどんできたらまた回します。
  2. 2
    室温と日光を調節しましょう。種の包装紙の裏側の説明書に従って室温と日光の量を調節します。通常は窓際に置きますが、プランタに直射日光が当たらないようにしましょう。
  3. 3
    蛍光灯の照明を使いましょう。発芽や育苗に1日16時間の日照を必要とする植物もあります。このような植物の場合、日没後や曇りの日には蛍光灯の照明で光を当てます。一番上の葉から5〜10cm離した位置に照明をセットしましょう。
  4. 4
    フタを取りましょう。発芽後に双葉が出てきたらフタを外し、日光がよく当たる場所に育苗プランタを移動します。
  5. 5
    育苗プランタの向きを変えましょう。苗は太陽の光を求めて伸びます。2〜3日おきに育苗プランタを回転させて、苗の湾曲を防止しましょう。
  6. 6
    水やりしましょう。この段階ではジョウロなどで水やりせずに、できれば霧吹きで優しく水を吹きかけましょう。根の発育は非常にデリケートなので、霧吹きを使うと根に余計な刺激を与えずに済みます。
  7. 7
    土をチェックしましょう。水やりをする前に土を指で触って乾き具合をチェックします。指で軽く土を押してみて湿り気があれば、水やりの必要はありません。水浸しにするのではなく、しっとりと湿っている程度を維持しましょう。
  8. 8
    肥料を足します。双葉の時期を過ぎて本葉が増えてきたら、効き目の緩やかな肥料を足してもよいでしょう。できれば育苗用の肥料を購入しましょう。

パート 4
苗の引っ越し

  1. 1
    苗が太くなるまで待ちましょう。庭へ植え付ける前に、苗をプランタに入れたままで外に出し、2〜3日かけて戸外の日光と空気に慣らします。このとき、直接風が当たらないようにして、苗と土が乾燥しないように適切な水やりを行いましょう。まだ夜間の気温が低い時期は、日中だけプランタを屋外に出して夜間は室内に戻します。
  2. 2
    穴を掘りましょう。庭に掘る穴はプランタの深さの2倍にします。そこに育苗プランタと同じ深さ、つまり穴の半分まで土を戻します。このとき土を押し固めないようにして、ふんわりと入れましょう。最初に深めの穴を掘ってから土を戻すことにより、土の間に程よい隙間ができて根が伸びやすくなります。
  3. 3
    穴に水を入れましょう。半分まで土を入れた穴に水を入れます。穴が水浸しになるのを避けながら、土がゆるくなるまで多めの水を入れます。
  4. 4
    プランタを傾けましょう。苗を入れたままの容器を片側に傾けます。プランタから土が自然に滑り出てくるまで、プランタの底と側面を軽くたたき続けます。
  5. 5
    苗を穴に入れましょう。苗の根の周りの土を崩さずに、そのまま穴に置きます。
  6. 6
    土を入れましょう。片手で苗を支え、もう一方の手で土を入れていきます。十分に土を入れて苗が倒れないようにしますが、ここでも土を上から押し固めないようにしましょう。
  7. 7
    さらに水をやりましょう。苗が水浸しにならない程度に水やりします。土が湿るくらいの水量が最適です。

ポイント

  • 庭に直接植え込むことができる、手のかからない1年草を植えたい人には、ひまわり、マリーゴールド、アサガオ、ヤグルマギク、キンセンカ、トウゴマ、コスモス、キンレンカ、スイートピー、ニワナズナ、ヒエンソウ、ポピー、百日草、ヒヤシンスなどが向いています。
  • 育苗プランタの底から根が飛び出してきたら庭に植え込む時期のサインです。この時点で本葉が3枚ほど出ているのが普通なので確認してみましょう。
  • 室内での発芽と育苗はやぶさかではないが、手のかからない多年草がいいという人には、マツカサギク、イヌハッカ、ベニカノコソウ、エゾギク、ムラサキバレンギク、アルメリア、シロミミナグサ、ノコギリソウなどが最適です。
  • 室内での発芽も育苗もやぶさかではないし、それなりに世話もできるという人に向いている1年草は、クレオメ(西洋風蝶草)、コリウス、キンギョソウ、カッコウアザミ、アマランス、ハナタバコ、ハナアオイ、ペチュニア、ホウセンカ、アルビア、スターチスなどです。

必要なもの

  • 育苗トレイ
  • 卵パック
  • プラスチックカップ
  • 小さめの鉢
  • ジョウロ
  • 蛍光灯の照明

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 園芸・ガーデニング | 住まいと暮らし・ガーデニング

他言語版:

English: Grow Flowers from Seed, Português: Cultivar Flores a Partir de Sementes, Italiano: Coltivare Fiori Partendo dai Semi, Español: cultivar flores a partir de semillas, Deutsch: Blumen aus Samen ziehen, Русский: выращивать цветы из семян, Français: faire pousser des fleurs à partir de graines, Bahasa Indonesia: Menanam Bunga dari Bibit, Nederlands: Bloemen kweken uit zaden, العربية: زراعة الزهور من البذور

このページは 1,839 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?