芽キャベツを家庭菜園で収穫したり、食料品店で安売りのものを大量に購入したてであれば、傷む前にどうやって消費しようかと悩んでいるところかもしれませんね。幸いなことに、芽キャベツは冷凍庫で一年程度は保存が可能なので、楽しむ時間は十分にあります。芽キャベツの風味や栄養素を長く保ちたければ、冷凍する前に下ゆでしましょう。

方法 1 の 2:
下ゆでせずに冷凍する

  1. 1
    茎から外す 茎から既に外してある場合は、この手順は省略します。ついたままであれば、茎から外れるまで一つ一つ引っ張るようにして取ります。すべて取ったら、茎は捨てましょう。[1]
  2. 2
    芽キャベツをぬるま湯に10分浸す ぬるま湯に浸すと、葉の下に隠れている土や汚れが浮いてくるので、冷凍する前の芽キャベツ簡単にをきれいにすることが出来ます。[2]
  3. 3
    流水で洗って水気を取る ふきんを使って、一つ一つ丁寧に水気を取ります。霜がつかないように、冷凍する前に水分を完全に取っておくことが大切です。[3]
  4. 4
    手頃な冷凍用保存袋に入れる 芽キャベツの量に応じた枚数の保存袋を使いましょう。袋がいっぱいになったら手で押さえて余分な空気を押し出し、封をします。[4]
    • 冷凍保存袋に一食分づつ小分けにして保存しても良いでしょう。そうしておけば、調理の際は分量のことを考えず、ただひと袋取り出せば良いだけです。
  5. 5
    保存袋に油性マーカーで日付を書く 袋に日付を書いておけば、芽キャベツがどれだけ長く冷凍保存されていたのか思い出す手間が省けます。賞味期限も併せて書いておけば、冷凍芽キャベツを使おうとする都度、何ヶ月たったのか指折り数えずに済みます。[5]
  6. 6
    冷凍庫に入れて12ヶ月以内に使いきる 12ヶ月を過ぎると、風味や食感が失われていきます。芽キャベツを冷凍庫から出した時に乾いたり色が褪せていたら、冷凍焼けのせいかもしれません。安全に食すことは出来ますが、あまり美味しいとは言えないでしょう。[6]
    • 冷凍芽キャベツの色や味、栄養をより長くもたせたい場合は、下ゆでしてから冷凍するのが良いでしょう。
    広告

方法 2 の 2:
下ゆでしてから冷凍する

  1. 1
    お湯を沸かし、芽キャベツは大きさごとに分ける 芽キャベツを、大中小の大きさごとに三つの山に分けましょう。そして山ごとに茹で時間を変えて、下ゆでします。[7]
    • どの芽キャベツも同じ大きさであれば、分ける必要はありません。
  2. 2
    大きなボウルに氷水を準備する 下ゆでのときは、芽キャベツが茹であがったらすぐに氷水に取ります。ボウルの四分の三くらいのところまで水を入れたら、製氷皿ひと皿分くらいの氷も入れておきます。[8]
  3. 3
    小さい芽キャベツを3分間茹でる 火にかけた鍋のお湯が沸騰したら、分けておいた小さな芽キャベツをそっとその中に落とします。鍋には蓋をせず、3分間のタイマーを設定して茹でます。[9]
  4. 4
    小さい芽キャベツをお湯から上げて氷水にとる お玉を使ってそっと芽キャベツをお湯から引きあげます。すぐに氷水に取り、3分間そのまま入れて冷やしましょう。[10]
  5. 5
    氷水から引きあげてふきんで水気をとる 冷凍する前に芽キャベツの水気は完全に取っておきましょう。水気が取れたら下ゆでは完了です。冷凍の準備が出来ました。[11]
  6. 6
    他の大きさの芽キャベツも茹で時間を伸ばして同じように茹でる 中ぐらいの大きさの芽キャベツは4分間、大きな芽キャベツは5分ほど茹でます。茹であがったらすぐ氷水に取って、それぞれ茹でた時間と同じ時間だけ、冷やしましょう。そして氷水から引きあげたら、ふきんで水気を取ります。[12]
  7. 7
    下ゆでした芽キャベツをジッパーつきの冷凍保存袋に入れる この段階ではもう、大きさごとに分けておく必要はありません。保存袋に入れたら手を使って余分な空気を押し出して、封をします。[13]
  8. 8
    油性マーカーで保存袋に日付を書く 日付を書いておけば、いつから冷凍庫に入っていたのかがすぐ分かります。賞味期限も書いておけば、まだ新鮮かどうかもすぐ判別出来ます。[14]
  9. 9
    冷凍庫で保存して12ヶ月以内に使いきる 芽キャベツの味と食感は冷凍で12ヶ月は保存可能です。それを過ぎると冷凍焼けをおこしたり、味も損なわれます。冷凍庫から取りだした時に乾いたり色あせていたら、冷凍焼けを起こしたということでしょう。
    広告

必要なもの

下ゆでせずに冷凍する

  • ボウル
  • 冷凍用保存袋
  • ふきん
  • 油性マーカー

下ゆでしてから冷凍する

  • ボウル
  • ふきん
  • 冷凍用保存袋
  • 油性マーカー

関連記事

How to

パイナップルを熟成させる

How to

バナナのスライスの変色を防ぐ

How to

パパイヤの種を食べる

How to

オレンジの皮を剥いてゼストを作る

How to

ココナッツを割る

How to

オレンジからオイルを抽出する

How to

傷んだキノコを見分ける

How to

バナナを長持ちさせる

How to

キンカンを食べる

How to

ブドウを種から育てる

How to

シンプルなシロップを作る

How to

カンタロープメロンを熟させる

How to

リーキ(ポロネギ、西洋ネギ)を冷凍する

How to

りんごジュースを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 野菜と果物
このページは 268 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告