男性にとっても、女性にとっても、加齢は生きてゆく上で自然なことですが、自然なこととはいえ、歳を取ることが喜ばしいと思えないときもあります。若々しい外見や立ち居振る舞いを失くす心配をしているのは、実はあなた一人ではありません。心配ご無用です。若さを失う前にできることはあります。大枚を叩かずともメスを入れずとも、スキンケアに気を配る、ヘアスタイルを変えるというように、加齢による外見の変化を克服する方法がいくらでもあるのですから。

パート 1 の 4:
顔の印象を若くする

  1. 1
    低刺激の洗顔料を選ぶ 年齢を重ねた肌には余分な油分がない場合が多いため、10代が使うような洗浄力の高い洗顔料は必要ありません。洗浄力の高い製品は肌の油分を洗い落としてしまい、肌が乾燥するため、結果的に肌の老化を早めてしまいます。自分の世代向けに開発された洗顔料、もしくは「低刺激」や「保湿」と明記された洗顔料を選びましょう。また、女性はお化粧前の保湿を忘れないようにしましょう。[1]
    • 年齢を重ねた肌にも洗顔は大事です。空気中に浮遊する化学物質や肌に残った化粧品は肌の劣化を加速する原因となります。洗顔によって肌の劣化因子を洗い落としましょう。
  2. 2
    洗顔後は保湿する 自力での保湿を促す保湿ブースターを使用するとよいでしょう。水分の少ないドライスキンは加齢を早めます。活性成分が高濃度で配合されている「アンチエイジング」専用の保湿化粧品を探してみます。非常に多種多様の保湿化粧品が発売されているために、どれが良いのか迷ってしまうときは、ネット上で公開されている製品のレビュ―や口コミ、成分の科学調査などを参考にしましょう。若い頃に使っていた基礎化粧品とは違う、浸透力の高い保湿成分をたっぷりと含んだ化粧品を選ぶようにします。
    • 忘れていけないことは、保湿が必要なのは女性だけではないということです。男性用の保湿化粧品も多数販売されています。
  3. 3
    日常的に日焼け止めを使う 紫外線の吸収を遅らせるSPF配合の保湿化粧品が多数販売されていますが、これは日焼けによる肌のダメージを避けるには、日常的に有害な紫外線から肌を守ることが重要なためです。早期の老化を促す主な原因が太陽です。そのため、シワ、シミ、くすみを防ぐためには、最低でもSPF15の日焼け止めを日常的に使用することを皮膚科医が推奨しています。また、日焼け止めの使用は肌の老化だけでなく、皮膚がんの予防にもなります。[2]
    • お天気の良い日にしばらく外出するのであれば、顔だけではなく胸や手の甲にも日焼け止めを塗りましょう。これで胸や手のシミを防ぐことができます。太陽が照りつける状況下で日中ずっと外で過ごす場合は、身体全体に日焼け止めを塗りましょう。
  4. 4
    肌の角質を取り除く 低刺激の角質除去は肌の細胞の再生を促し、若々しい肌を維持します。乾燥を招きにくく、肌への刺激やダメージが少ない年齢を重ねた肌専用の角質除去プロダクトを選びましょう。また、角質を除去すると肌が柔らかくなり、肌のトーンも明るくなります。男性の場合、ひげを剃る前に角質除去を行うと、毛穴から出るひげが長くなるため、楽にひげを剃ることができます。
  5. 5
    顔のムダ毛を処理する 男性の場合、顔の毛やひげの手入れをしていると、身だしなみが整って清潔感が出るため、良い年のとり方をしている印象を与えます。一方、女性の場合、加齢の副作用を隠すことができます。男性・女性ともに下記のことを覚えておきましょう。
    • 男性: ひげを剃るか、素敵に整えておきましょう。鼻毛と耳毛の処理も忘れずに行います。鼻毛トリマーは簡単に使えて痛みも全くないので、薬局やドラッグストアで手に入れて使ってみましょう。この毛をワイルドに伸ばしてしまうと年齢があらわになる上に、だらしない印象を与えます。老けて見せたくないのであれば、鼻毛はぜひとも抜いておきましょう。
    • 女性: 閉経後にホルモンの変化によって顔の毛が長くなることがあります。これを防ぎ、顔の加齢を上手く隠すには、レーザー除去、ワックス脱毛、脱毛・除毛クリーム、スレッディング(糸を使った脱毛)などの方法があります。
      • 女性の場合、眉毛が薄くならないよう、ある程度の濃さを維持しましょう。年を取るに連れて眉毛が細くなり始めるので、まつ毛と同色のアイブロウペンシルを使って眉毛を書くと若々しく見えます。
  6. 6
    若々しく見える化粧をする(女性) 素敵な部分を際立たせながら年齢を隠す化粧の仕方がたくさんあります。秘訣は、目などの自分が一番気に入っている部分を強調しつつ、欠点を隠すことです。下記に秘訣を幾つか挙げておきます。
    • クリーム・コンシーラーを使うようにしましょう。ワックスっぽい質感のコンシーラーや、粉が浮いてくるようなコンシーラーでは加齢が目立ってしまいます。[3]
    • 頬骨の一番高い所にチークを軽くはたきます。頬のくぼんでいる所にはチークをのせません。年を重ねると顔の脂肪分が減ってくるので、頬も自然にくぼんできます。このくぼみが加齢を感じさせる要因になるので、チークをのせてこの部分を強調するのは避けましょう。[4]
    • アイライナーは黒ではなく茶色を使うようにしましょう。年を取るに連れて顔が変化するため、黒の強さが際立って悪目立ちします。茶色のアイライナーの方が目を優しく強調します。
    • まつ毛を強調しましょう。加齢によってまつ毛が薄くなり、真っ直ぐになってしまいます。ビューラーでカールして、できればマスカラをつけて、素敵なまつ毛を演出しましょう。
    • 唇はシンプルにします。淡い色調の素敵な色の口紅を塗るだけで充分でしょう。唇は年齢とともに薄くなっていくので、濃いラインを引く、明るすぎる口紅をつけるなどして過度に補正するのは控えましょう。
    広告

パート 2 の 4:
身体の印象を若くする

  1. 1
    健康な歯を維持する きれいな歯はそれだけで若々しく魅力的な印象を与えます。歯磨き、フロス、マウスウォッシュで正しい歯のケアを習慣づけましょう。歯が白くない場合や歯に問題がある場合には、かかりつけの歯医者に相談しましょう。歯科医院でのホワイトニングを勧められるかもしれません。また、虫歯、歯がぐらつく、汚れている場合には、適切な治療や処置をするように勧めてくれるでしょう。
    • 薬局で入手できる市販のホワイトイニング製品も効果的です。使用する前に歯医者に相談してみてもよいでしょう。
    • 身体のどの部分よりも歯は年齢を映し出します。歯の加齢を防ぐためには早めに歯のケアを始めるとよいでしょう。
  2. 2
    白髪を染める  これは万人向けではないでしょう。人によってはごま塩ヘアや白髪ヘアでカッコよく決めたいと思うこともあります。しかし、白髪を隠したい人の方が多く、たくさんの種類の白髪染めが市販されています。地毛の色に近いヘアカラーを選ぶのが髪の毛を自然に見せる方法です。毛染めの方法としては、美容院でプロに任せる方法や、安価に済ませたいのであれば市販の白髪染めを使って自宅で行う方法もあります。ただし、どんなヘアダイであっても髪にダメージを与えることは防げないので、白髪染めを頻繁に行うのを避けて、ヘアダイ後はダメージヘアやヘアダイをした髪専用のヘアケア製品を使用しましょう。
    • ヘアダイの回数を減らす方法としては、最初に白髪になっている髪の毛の生え際だけを染めて、少しおいてから最後の数分間で生え際以外の髪の毛を染める方法があります。また、普段使っているヘアダイと同色の生え際専用のタッチアップカラー(リタッチカラーとも言う)を使う方法もあります。
    • 女性の場合はヘアダイと一緒にハイライトカラーを入れてもよいでしょう。ハイライトカラーを入れることでソフトな印象になります。
    • 有害な化学薬品が使われていないオーガニックなヘアダイを使うようにしましょう。ダメージが少ないので健康的な髪の毛を維持できます。
  3. 3
    髪型に変化をつける ここ20年くらい同じ長さで同じ髪型という人がいるかもしれません。しかし、たとえ20年前はトレンディーだったヘアスタイルであっても、今現在の自分を若々しく見せてくれるヘアスタイルではなくなっている可能性が高いでしょう。スタイリッシュな雑誌やセレブのゴシップ誌などをチェックして、今流行っているヘアスタイルを確認してみましょう。好みでなければ無理をして最先端の髪型にする必要はありませんが、今のヘアスタイルよりも似合っていて、10歳くらい若く見えるヘアスタイルを取り入れてみましょう。新しいヘアスタイルを試すときに留意したい点は以下の通りです。[5]
    • 女性:
      • 額が広い人は、前髪が顔の形に合うようであれば、前髪を作ってみてもよいでしょう。前髪は若々しく見せる効果があります。
      • レイヤーを入れた髪型も若々しく見えます。レイヤーを入れると、髪の毛に動きが出て、フワッと立ち上がりボリュームがあるように見え、ハリやコシが少なくなった髪の毛特有のペタンコな見た目を防ぐことができます。
      • 顔の輪郭に沿って髪の毛をカットし、肩の上につくぐらいの長さにしてみます。髪の毛を数センチ切るだけで、見た目年齢が若返ります。ただし、短くし過ぎると「おばあちゃん」に見えてしまうので、カットしすぎないようにしましょう。
    • 男性:
      • ソフトな印象を与えるように髪の毛を少し伸ばしてみます。ただし、むさくるしいほど伸ばしてしまうと、やつれて年を取った印象を与えるので注意しましょう。
      • 薄毛が気になり始めた人は髪の毛を剃ってみましょう。部分的に禿げているよりも、全部剃ってしまったほうが若々しく、セクシーに見えます。
  4. 4
    自分の年齢と体型に合う服を着る 体型を引き立てる洋服を着ると、それだけでスリムでトレンディーに見えます。これは男性にも言えることですが、男性の体型は女性ほど多種多様ではありません。また、自分の半分の年齢の人たちが着る服を着ても若くは見えず、逆に老けて見えることがあります。若作りするのではなく、自分に合う服を選ぶようにしましょう。
    • 女性は若く見せようとして胸の谷間を強調するのは控えましょう。胸に視線を促す代わり、体型をきれいに見せるシャツなどでお気に入りの部分を見せるようにします。
    • ここ10年間、同じ服を着ている人はワードローブをアップデートしましょう。何を買ったらよいのかわからないときは、センスのいい友人や家族と一緒に出掛けて助言を求めるとよいでしょう。それが嫌であれば、雑誌を見て好きなスタイルの洋服を見つけ出し、自分に合うかを考えてみましょう。
    • それでも不安な場合には、ショップの店員に助言を求めてもよいでしょう。また、似合う似合わないは考えずに、いいと思った洋服をすべて持って試着室に向かい、楽しみながら試着する方法もあります。そうするうちに予想外に似合う洋服に気付き、取り入れられる新しいスタイルを発見することでしょう。
  5. 5
    明るい色の服を着る 明るい色は見た目に若々しさ、明るさ、活気を加えます。鮮やかな色の洋服は気分にも作用して、若く活力に満ちた気持ちになります。黒、グレー、ナチュラルトーンの服はこの際捨てて、赤、オレンジ、グリーンなどの華やいだ色合いをワードローブに加えましょう。確かに黒などの暗い色は痩せて見える効果がありますが、実年齢よりも老けて見える弊害もあります。
    • 暗い色の洋服をすべて捨てる必要はありません。例えば、黒のシャツを着たときにはカラフルなタイやアクセサリーで趣を添えてみましょう。
  6. 6
    アクセサリーの付け方を間違えない(女性) 女性はネックレスとイアリングのセットを片付けましょう。同類のイアリングとネックレスは上品な印象を与えるとはいえ、少し老けて見えます。頻繁につけるセットもののアクセサリーの代わりに、スタイリッシュでキュートなイアリングにするだけで、とても若々しい印象になります。また、服装にひと味加えるカラフルなリングも若々しさを演出すると言われています。
    • それに加え、定期的に施すマニキュアやペディキュアも若々しさの維持に役立ちます。意識して爪や手の手入れを定期的に行うと見た目年齢がぐっと若返ります。
  7. 7
    ピンクグレープフルーツの香りの香水をつける(女性) ピンクグレープフルーツの香水(ローションでも可)には、他のどの香りよりも女性に若々しい雰囲気を漂わせる効果があるという研究結果が出ています。香水であれば両耳の後ろにほんの少しつけるだけで効果てきめんです。つけすぎには注意しましょう。
  8. 8
    体内の水分を維持する 最低でも1日2.5Lの水を飲むようにすると、肌の水分を維持でき、可能な限り若々しい外見を維持できるようになります。また水分補給は体内を健康に保ち、元気だけでなく、健康的な外見ももたらします。頻繁に水を飲むことを習慣づけましょう。食事と一緒に飲むだけでなく、喉が渇いていなくても1〜2時間ごとにコップ1杯の水を飲むとよいでしょう。[6]
    • 過剰な水分補給は必要ありませんが、健康と若々しい外見の維持のために十分な水分をとるようにしましょう。
  9. 9
    エクササイズを行う 多忙な人、何を行なっていいのかわからない人、体力的に運動を始められない人など、様々な事情によって難しいこともあります。しかし、少しの運動でも定期的に続けるとパワーが増進され、活力が生まれます。これは外見を若々しくするだけでなく、気分も若返る効果があります。定期的なエクササイズとヘルシーでバランスのとれた食事を組み合わせると、長期に渡って健康を維持できるようになり、活力が増し、老けた見た目の原因の一つである病気も防ぐことにもなります。[7]
    • 1日30分間エクササイズするという目標を立てましょう。
    • 毎日運動を続けるのが困難な場合は、できるだけ長い時間歩くようにします。スーパーへの買い物は車や自転車を使わすに徒歩で行く、友だちと電話でお喋りしている間に歩く、1週間に合計2時間歩くようにするなど、方法はたくさんあります。
    • 体型維持は大事ですが、急激な減量や体重の増減を繰り返すヨーヨーダイエットなどで短期間で大幅な減量に成功したとしても、それが逆に見た目年齢を上げることがあります。急激に体重を落とすと顔や首の肌がたるんで見えます。ダイエットは適度に行い、徐々に減量するようにしましょう。低炭水化物・高脂肪の食事が減量に適しています。[8]
    • 年配でも可能なエクササイズにはヨガ、ピラティス、サイクリング、ゆったり歩くハイキング、テニスなどがあります。
  10. 10
    若く見せる食べ物を食べる 顔の見た目年齢を10歳若返らせる魔法の食べ物はありませんが、定期的に食べると外見と気力の若々しさを維持できる食べ物はいくつかあります。次に上げる食品をまだ食生活に取り入れてないのであれば、ぜひ取り入れてみましょう。[9] [10]
    • オレンジ。この美味しいフルーツに含まれるビタミンCは気分を若返らせる効果があります。
    • ブロッコリー。この野菜に含まれるビタミンCは肝臓の機能を強化する効果があります。
    • 低脂肪ヨーグルト。肌を整える効果があり、歯を強くするカルシウムも摂取できます。
    • ベリー類。ベリー全般に含まれる抗酸化物資は肌の若さを保つ効果があります。
    • さつまいも。顔の肌ツヤと髪の毛に有効です。
    • 人参。肌に有効な素晴らしい野菜です。
    広告

パート 3 の 4:
サプリメントを活用する

不足する栄養分を補い、身体が健康的に年を取る助けとなるのがサプリメントです。

  1. 1
    1000-2000mgのビタミンC(またはアスコルビン酸、アスコルビン酸カルシウムなどのアスコルビン酸が含まれるサプリ)を摂取する これは水溶性ビタミンの抗酸化物質の一つで、遊離基(フリーラジカル)によって発生する細胞へのダメージを防ぎます。ビタミンCは肌の治癒力を促し、有害な紫外線を防ぎ、肌だけでなく身体の他の部位をサポートすることがよく知られています。摂取しすぎると腎臓結石を誘発する恐れがあるので、1日の摂取量は2000mg以下にしましょう。[11] [12]
  2. 2
    毎日4000 IUのビタミンD3を摂取する これは脂溶性ビタミンで、骨の強化をサポートし、ガンや免疫疾患を防ぎ、肌の健康的な加齢を促します。ビタミンDのレセプター(受容体)は身体の至る所にあります。[13] [14] [15]
  3. 3
    高品質のビタミンB複合体サプリメントを摂取する ビタミンB複合体は肌の修復をサポートし、アルツハイマーを防ぐ可能性があると言われています。[16] [17] [18]
    広告

パート 4 の 4:
健康的な習慣を維持する

  1. 1
    セックスをする これは冗談ではなく、週3回以上セックスをする人の見た目年齢は、しない人とくらべて「10倍」若いという研究結果が実際にあります。セックスは人間の成長ホルモンの生成を促すため、加齢を抑える効果が期待できます。しかし、それだからといって、若々しくいたいなら週3回セックスの相手を探して徘徊すべしと提言しているわけではありません。愛するパートナーがいる人は、少しだけ努力して、ぜひ実践してみましょう。[19] [20]
    • 「忙しすぎる」「疲れた」「セックスする余裕がない」と思うかもしれません。でもセックスを楽しい暇つぶしではなく、若さを維持する手段と捉えてみましょう。生産性の高い行為に思えるはずです。
  2. 2
    良い姿勢を保つ 老婆のような前かがみの姿勢では早く老け込んで見えるようになります。一方、良い姿勢は若々しく見えます。背筋を伸ばすこと、前かがみにならずに肩を引き上げることを常に意識するだけで、自然に顔が正面を向き、即座に10歳若返って見えます。背筋を伸ばすと姿勢が良くなるだけでなく、脊髄を走る神経細胞が効果的に発火してパワーを促進するため、見た目に加えて精神面の若さを終日保てるようになります。[21]
    • 座っているときは前かがみの方が楽かもしれませんが、立っているとき、座っているときにかかわらず、良い姿勢を保つことが大事だと覚えておきましょう。
  3. 3
    睡眠を十分に取る 若々しい外見を維持したいがために毎晩10〜12時間寝るのは本末転倒で、上手くはいきません。しかし、できるだけ身体を休めるようにすることは意識しましょう。年を重ねると身体が疲労のサインを出す頻度が上がり、特に疲労サインは目の周りに顕著に現われます。また、10年前よりも睡眠時間が短くなっていることに気付く人もいるでしょうが、これは問題ありません。7時間やそれ以下の時間であっても、自分に最適な睡眠時間を維持することが大切です。[22]
  4. 4
    定期的にマッサージを受ける 月に一度はマッサージを受けましょう。プロの施術でも、パートナーに行なってもらっても、マッサージは心身をリラックスさせ、老けて見える原因となる身体の緊張感をほぐします。また、蛋白同化ホルモンの分泌が促されるのでアンチエイジングに効果的です。
    • 月に一度はマッサージを受けるという目標を立てましょう。身体の力みが気になる場合には回数を増やします。
  5. 5
    ヨガをする ヨガは心と身体のケアに適した負担の少ない方法で、ストレスを緩和し、自分の日常や人生に対する感謝の念も増します。ヨガスタジオ周辺を見渡して、ヨギーニたちの若々しさとエネルギッシュさを確認してみましょう。週1〜2回ヨガスタジオに通う程度でも若々しさを保つことができます。また、ヨガはエクササイズとしても、傷を治す方法としても、ワークアウト初心者が始める運動としても効果的です(初心者向けのレッスンが必ずあります)。[23]
    • ヨガを始めると健康的に生活する意識が生まれるので、これが若さを保つ助けとなります。
  6. 6
    できるかぎりストレスを減らす ストレスの多いライフスタイルが人を疲れさせ、不幸せにし、シワを増やす原因になるのは事実です。義務や責任の数をできるかぎり減らし、生きるために求められる要求と上手く折り合いをつける新しい方法を見つけましょう。そして、少なくとも1日1時間は落ち着く時間を作り、入浴しながら良質の本を読む、お気に入りのテレビ番組を見るなどしてリラックスしましょう。南国の楽園で使い果たせないほどの財産を持っていたとして、すべてのストレスをなくすのは不可能ですが、ストレスを段階的に減らして最小限にすることは可能です。
    • それは大きなストレスを与える状況を避ける方法で、例えば好きでもないうるさいパーティーに行かない、ラッシュアワー時間に車に乗らないなどです。
    • ストレスを感じる原因のトップ10リストを作りましょう。そのあとで、それぞれの項目を避ける方法を、可能であれば一つの項目につき5つの回避方法を書き出します。
    • 高齢化する両親、リストラされた伴侶などのように、ストレスを感じても避けて通れない事柄はあります。しかし、人にはそういう事柄をポジティブに対処するパワーがあることを覚えておきましょう。
  7. 7
    タバコを吸わない スモーカーは早急に禁煙しましょう(言うが易し行うは難しですか?) 老けて見えたくないのであれば、喫煙は最も逆効果な習慣です。喫煙によって唇が薄くなり、肌は乾燥してシワが増え、肌の色はくすみ、髪の毛と爪は変色します。禁煙はそういう状態の悪化を止めるだけでなく、健康体になり、将来的な疾病のリスクも軽減します。
    • 喫煙すると体臭がタバコ臭くなります。これは青春真っ盛りの人が発する体臭ではありません。少なくとも今の若者の体臭ではありません。
  8. 8
    できるだけ笑う 人生に笑いを加えましょう。年を重ねると、幸せと笑いが楽しく安定した生活の重要な要素となります。良い友だちに囲まれ、彼らと楽しく語り合う生活を続けると、元気も若々しさも維持できます。笑いジワなど気にしないで、心の底から笑いましょう。常に笑いが絶えず、10歳若返った気分にしてくれる人たちを周りに置くと、徐々に見た目年齢も気分に追いついて若返ります。
  9. 9
    深酒や定期的な飲酒を避ける アルコールの副作用はタバコの害ほど広く認知されてはいませんが、タバコ同様に有害です。アルコールは早期老化を促し、将来的に疾病に羅患するリスクが高まります。また、アルコールは脱水効果があるため、肌を乾燥させます。飲酒した翌日に目の周りが腫れるため、若々しさとは真逆の効果を発揮します。
    • もちろん、若く見える要因の一つに、若返った気分になって人生を楽しむことも含まれます。人によってはアルコールが人との交流を楽しむための潤滑油という場合もあります。羽目をはずすといっても時折マティーニを2〜3杯飲む程度であれば、飲酒を完全にやめる必要はないでしょう。
  10. 10
    若々しい態度を維持する これは本当です。若く見える要因の一つは楽しむ気力と気楽な態度です。だからといって、子供のようにテーブルの上で踊ったり、小学生のように他人を茶化せと言っているのではありません。ここでいう若々しい態度とは、前向きで、フレンドリーで、嫉妬や恨みなどのネガテイブで老け込む感情を避けることです。[24]
    • できるだけ余計な心配をしないよう努め、頻繁に外出し、世界を楽しみましょう。自分の見た目を気にする暇などないほど楽しくなるはずです。
    • 自分の年齢を誇りに思いましょう。少しだけでも若く見えるといいなと思っていても、自分の見た目をポジティブに捉えると、他の人の目には前向きな明るさを放つ姿として映ります。
    広告

ポイント

  • 首周りの肌と筋肉を引き締めて、たるみを軽減するためにネック・エクササイズをしてみましょう。首は最も年齢が現れる部位の一つです。エクササイズで改善してみましょう。
  • 幸せでいましょう。自分の周りには若返った気分にさせる良い友人だけを置きましょう。内側で若さを感じたら、それが外見にもにじみ出ます。

広告

関連記事

How to

靴の音鳴りを止める

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

生理を早める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

防犯タグを外す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

タトゥーシールをはがす

How to

速くヒゲを生やす

How to

お酒の臭いを消す

How to

デリケートゾーンの匂いを消す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

えくぼを自然に作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む43人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は2,048回アクセスされました。
このページは 2,048 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告