不愉快な思いや悲しい思いをさせられる人を避けるのは、なかなか難しい場合があります。特に相手が学校、職場、親族の集まりなどで日常的に顔を合わせたり、関わる必要があればなおさらです。しかし、ネガティブな人達と距離を置き、ポジティブで思いやりのある人々と交流することで、幸福で穏やかな生活を送れるようになります。

パート 1 の 4:
苦手な人達と距離を置く

  1. 1
    相手がいそうな場所に近寄らない 疎遠にしたい人を避ける最も簡単な方法は、相手に一切会わないようにすることです。よく一緒に訪れた場所や、その人が頻繁に行く場所を避けることで、相手に会う確率を減らすことができます。
    • これから通う新しいレストラン、バー、コーヒーショップを見つけましょう。相手が住んでいる地域から少し離れた場所で探しましょう。
    • 相手の住所を知っている場合は、そこから離れた店で買い物をしましょう。
    • 共通の友人から誘われたら、避けたい相手も来るかを尋ねましょう。行くかどうかはそれから決めます。
  2. 2
    相手と極力関わらないようにする 相手との接触を極力避けることは、関係を完全に断ち切らずに距離を置くには良い方法です。相手が親族だったり、定期的に同じ場所に通うのであれば、完全に縁を切るのは難しいでしょう。それでも、なるべく関わらないようにすることで、気持ちも安らぐことでしょう。[1]
  3. 3
    短く、しかし丁寧な会話をする 相手と話す時は、感情のこもらない短い受け答えをしましょう。自分が言ったことを詳しく説明したり、質問をしたりしてはいけません。相手の質問には簡潔に礼儀正しく答えますが、それ以上の会話には興味がない態度を示しましょう。相手が不快にならないような言い訳をし、会話を早く終わらせます。[2]
    • 例えば、「元気でやってますよ。でもごめんなさい、もう仕事に戻らなくては」または「数分後にランチの約束があるんです」などと言ってもよいでしょう。丁寧かつ毅然とした態度で、その場を去る必要があることを告げましょう。
    • 意地悪なことや相手を傷つけることは言わないようにしましょう。失礼なことを言ったり、受動的攻撃(怒りを直接的に表現せずに相手が困る行動をする)をすると、さらに関係が悪化します。相手が目の前にいる時は落ち着いて丁寧に対応し、怒りや不満は後で信頼できる友達に聞いてもらったり、日記に綴るなどして発散しましょう。
  4. 4
    相手との会話を避ける 共通の友人がいる、または時々顔を合わせるだけの人や職場の同僚であっても、相手との会話に引き込まれないようにすることが大切です。話しかけられそうになったら、無視しましょう。[3]
    • アイコンタクトは会話を始めるきっかけとなることがあります。アイコンタクトを避けることで、相手と関わりたくないことをさりげなく伝えることができます。
    • 相手が無礼な、あるいは悪意のある態度をとったら、それがあからさまでもさりげなくても、言い返すのは我慢しましょう。今抱えている仕事のことを考えたり、何か他のことに気をそらして、相手があなたを動揺させることはできないことを示しましょう。
    • 相手に何か言わざるを得ない状況であれば、直接言い争いをするのではなく、あなたの考えや気持ちを相手に伝えましょう。例えば、「私の考えでは…」または「私は…と思っていました」などと言ってみましょう。
  5. 5
    相手との会話を避けられない場合は、仲介者をおく 職場や交流の場でどうしても相手を避けられない場合は、第三者的な友達に助けを求めてもよいかもしれません。その友達があなたと相手の間に入り、事が穏便に運ぶように見届け、相手が何か不愉快なことをしたら、当たり障りのない方向に会話を導いてくれるでしょう。
    • 友達に何をして欲しいかを伝えましょう。
      友達が利用されていると思ったり、後で混乱したりしないように、この役割をすることに問題がないかを事前に確認しましょう。
    • すぐに2人で立ち去ることができるように、
      言葉以外のサインを事前に決めておきましょう。
  6. 6
    避けられない人には礼儀正しく振る舞う どうしても避けられない人がいたら、ごく丁寧な態度で接しましょう。[4] 親切にすることで、苦手な人の不快な言動を変えることができる場合もあります。[5]
    • 穏やかな心でいるようにしましょう。深呼吸をする、立ち上がってストレッチをする、水を飲むなどして心を落ち着かせましょう。何か気をそらせることを実践し、心のネガティブなエネルギーを追い払いましょう。
    • 悪意のあることを言いそうになったら、相手を褒める努力をしましょう。例えば、「今週のプレゼンテーションはとても良かったよ」などと言ってみるのもよいでしょう。こうすると、相手との緊張や、あなた自身の気持ちを和らげることができます。
    • 時には、きついことを言ってしまいそうになることもあります。そのような時は、失礼のないように速やかにその場を去り、心を落ち着かせましょう。「ランチに行くので失礼します」などと言ってもよいでしょう。
    • どんな場合でも気持ちを強く、自信を持ちましょう。関わらないことで、相手のネガティブな言動に打ち勝ちましょう。
  7. 7
    意志を強く持つ 疎遠にしたい人がいるとしたら、その相手は得てして否定的な性格をしているなど、一緒にいて楽しくない人物でしょう。そのような人達は、一般的に相手を不愉快にさせる(わざとであっても、無意識であっても)傾向にあります。何かに挑戦するのはばかげていると言ったりするかもしれません。または、希望や夢を持つことさえも否定するかもしれません。誰かと距離を置くと決めたら、心を強く持ち、あなたを怒らせたり、変えようとすることを止めることが重要です。[6]
    • 心が揺らぎそうになったら、自分は強くなれると信じることが大切です。そうすると、自分と不快な相手に一線を引くことができます。
    • 誰かの否定的な言動によって自己評価に影響を及ぼしたり、生き方までも左右されないようにしましょう。
      自分自身に肯定的な言葉で語りかけ、他人の否定的な考えを打ち消しましょう。
    • あなたが良い人間であること、友達や家族に大切にされていることを自分に言い聞かせましょう。それは、苦手な相手には分からなくても、あなたが素晴らしい人間であるということです。
    広告

パート 2 の 4:
連絡を絶つ

  1. 1
    距離を置きたい人の電話を着信拒否する 疎遠にしたい人との連絡を絶つには、相手からの電話やメッセージの受信を拒否するのがよいでしょう。普段はあまり連絡を取っていない場合はその必要はないかもしれませんが、念のために手を打っておくとよいかもしれません。
    • iPhoneで電話の着信拒否をするには、「連絡先」から拒否したい相手を選び、「この発信者を着信拒否」をタップします。メッセージの着信拒否は、メッセージアプリで拒否したいメッセージを開き、「詳細」を選択して「情報」、「連絡先を着信拒否」をタップします。[7]
    • Androidスマートフォンで電話やメッセージの着信を拒否するには、「通話設定」で「着信拒否」を選択すると、「自動着信拒否リスト」が開きます。そこで拒否したい電話番号を検索して選択します。
    • Windowsスマートフォンで電話やメッセージの着信を拒否するには、拒否したい電話番号を長押しすると現れるメニューで、「番号をブロック」をタップし、確認画面が出たら「ブロック」を押します。
    • BlackBerryスマートフォンをお使いの場合は、契約している携帯電話会社に連絡して着信拒否の手続きをする必要があります。
  2. 2
    SNSをやめる 苦手な人に会わなくなっても、相手がSNSを通じて連絡してくるかもしれません。相手とSNS上で友達だったり、フォローしていたら、その人はあなたの行動や行先を探り出し、SNSを通じて脅しや嫌がらせのメッセージを送ってくるかもしれません。[8]
    • その相手とSNSで繋がっている場合は、
      友達やフォローを解除しましょう。
      また、あなたの書き込みを見られたり、連絡してこないように、その人をブロックしましょう。
    • SNSで繋がっていない場合、または既に友達を解除している場合は、SNSのプライバシー設定を変更し、友達だけがあなたの書き込みを見られるようにしましょう。
  3. 3
    Eメールをブロックする 疎遠にしたい相手があなたのEメールアドレスを知っている場合は、攻撃的・挑戦的なメールが送られて来るのでないかと心配になるかもしれません。相手からのEメールをブロックしたり、メッセージをフィルターにかける(プログラムによっては可)と安心です。
    • Gmailのフィルターを作成するには、相手からの受信メールの横にあるチェックボックスをオンにし、画面上部にあるメニューアイコン(縦3点アイコン)から「メールの自動振り分け設定」を選択します。「フィルタを作成」をクリックし、表示された項目から「削除する」を選択します。[9]
    • Microsoft OutlookでEメールをブロックするには、ブロックしたい相手からのメールを右クリックし、「迷惑メール」をクリックして「受信拒否リスト」を選択します。[10]
    広告

パート 3 の 4:
幸福感を持続させる

  1. 1
    不快な気分になる原因を探る 時にはネガティブな人から離れられない場合もあります。同僚、親族、近所の人など、どうしても避けられない(あるいは会話をせざるを得ない)ことが度々あるでしょう。その際、自分を不愉快にさせる要因を自覚し、不快な思いをしないようにその要因に注意を払うことが大切です。[11]
    • 自分を悲しませたり、怒らせたり、イライラさせたりする人、場所、出来事などをリストにしましょう。
    • なぜそのような人、場所、出来事が自分をネガティブな感情にさせるのかを考えてみましょう。
    • 日常の生活でこれらの要因に関わる状況を思い出し、その関わりを回避したり、減らす方法を考えましょう。
  2. 2
    苦手な人の悪口を言うのを我慢する 悪口を言うことでイライラが解消したように感じるかもしれませんが、そうすることで他の人達を遠ざけてしまうことがあります。その人たちは、あなたが苦手な人の友達だったり、あなたが他の人の悪口を言うことに嫌気がさしてしまうかもしれません。いつも誰かの不満をもらしていたら、周りの友達や同僚はあなたと距離を置きたくなるかもしれません。[12]
    • 疎遠にしたい人の悪口を言うのではなく、その人の話題を持ち出さないようにしましょう。
    • 苦手な人に関わって時間とエネルギーを無駄にするより、
      自分の好きなことについて話し、ポジティブな会話を楽しみましょう。
  3. 3
    自分の言動に責任を持つ 自分自身のネガティブな言動を他人のせいにすると、相手を責めることで頭がいっぱいになり、知らぬ間に自制心を失ってしまいます。たとえどれほど嫌な思いをさせられたとしても、
    怒ったりイライラしたりするのも、あるいは忘れてしまうのも自分次第です。
    たとえ誰かに対して腹を立てていたとしても、あなたの言動は自分自身の判断であり、責任でもあります。[13]
    • 自分のネガティブな思考に注意を払いましょう。ネガティブな考えを認識して捨て去り、その思考に自分を支配されないようにしましょう。次第に自分の思考パターンを変えることができます。
    • 他人をコントロールすることはできませんが、影響を受けないようにすることはできます。相手のことを考えて時間やエネルギーを無駄にするのはやめ、好きなことに没頭しましょう。
    • 苦手な人はどこにでもいますが、悪い影響を受けないようにすることはできます。自分の思考や行動をコントロールし、相手ではなく自分自身に焦点を置きましょう。
    広告

パート 4 の 4:
自分の人生にポジティブな人達を引き寄せる

  1. 1
    自分の長所を知ってアピールする ポジティブな人は、ポジティブな人達を引き寄せます。自分の人生にポジティブな人たちを迎えたければ、自分もポジティブな人間であることを知ってもらいましょう。あなたの長所をアピールする方法が分かったら、さりげなく試してみましょう。[14]
    • ポジティブな人の特徴を考えてみましょう。例えば、人を褒めたり、親切にするよう心がけていますか?
    • 他人が見ているからではなく、ポジティブなライフスタイルを培うために、そのような行動を意識的に実践しましょう。
    • あなたの人間性や、どのような人生を送っているかを態度で示しましょう。
  2. 2
    既に近くにいるポジティブな人々を見つける あなたの周囲に強い精神を持つポジティブな人達がいる可能性は大いにあります。苦手な人達と距離を置くことを決めたら、一緒に過ごしたいと思う人達と仲良くなることは大切です。近くにいる前向きで思いやりのある人達を探すとよいでしょう。その人達は良い友達になって、あなたに好影響を与えてくれるはずです。[15]
    • 友達、家族、同僚の中で、困難に直面してもいつも前向きな人を思い出してみましょう。また、あなたが知っている最も親切で思いやりのある人を思い浮かべてみましょう。
    • その人達に連絡し、もっと一緒に過ごす時間を作る努力をしましょう。
      さらに、行事やイベントなどに誘ってできるだけ時間を共有しましょう。
  3. 3
    ポジティブな友達を新しく作る 既にいる友達に加え、新しいポジティブな友達も積極的に作りましょう。前向きで思いやりのある人と友達になることで、一緒にいて心地よく尊敬できる人々とさらに強固な交友関係を築くことができます。そうすることで、あなた自身も他の人にとって、さらに好ましい魅力的な友達になることでしょう。[16]
    • 近所のジム、信仰グループ、ハイキングなどのアウトドアクラブなど、親切でポジティブな人達が集まりそうな場所に赴き、新しい友達を探してみましょう。
    • 共感できる活動を選びましょう。心が満たされるうえに、同じ目的を共有できる前向きで思いやりのある人たちに出会うことができます。
    • 出会う人達と気軽にコーヒーを飲んだり、ランチを食べたりしましょう。たとえ一緒に過ごすのが短時間であっても、気分が高まり、明るい気持ちになるはずです。
    広告

ポイント

  • お店で苦手な人に出会ったら、見えないふりをしましょう。歩く速さを変える、立ち止まる、方向転換するなどして、気付かれないようにします。話しかけられたら、急いでいるので行かなくてはならないと伝えます。それでもうまくいかない場合は、沈黙を続けましょう。
  • 親戚だからといって、ネガティブな態度を我慢する必要はありません。誰かに不愉快な思いをさせられたり、傷つけられたりしたら、礼儀をわきまえたうえでその相手を疎遠にしてもよいでしょう。
  • 不愉快な思いをしても、無礼な態度や意地悪な態度を返してはいけません。相手にされたことは帳消しにはならず、結果的に自分の品位を落とすだけです。
  • 相手の感情も考慮して、相手の立場になって考えましょう。例えば、長い間の知り合いであれば、相手は疎遠にされて困惑し、話し合いと和解を望むかもしれません。

広告

注意事項

  • 長期的に誰かと距離を置くと決めたら、その相手とは二度と話す機会はないかもしれないことを覚悟する必要があります。
  • 相手が虐待を繰り返す配偶者または交際相手の場合、無視すると相手を逆上させて状況はさらに悪化します。専門家の助けを求め、その状況から抜け出しましょう!
  • 問題を解決するために、避けている相手との話し合いを決意する時があるかもしれません。しかし、話し合いは実現できない場合もあったり、妥当な選択ではない場合もあることを念頭に置きましょう。しかし、相手が定期的に会わなければならない人(親族や同僚など)であれば、話し合いは必要かもしれません。
広告

関連記事

How to

すぐに涙を出す

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

他者に依存しない

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

女性をその気にさせる

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

落ち込んでいる友達を励ます

How to

男性からの好意に気付く
広告

このwikiHow記事について

Tasha Rube, LMSW
共著者
認定ソーシャルワーカー(修士)
この記事の共著者 Tasha Rube, LMSW. ターシャ・ルーブはカンザス州カンザスシティー在住の認定ソーシャルワーカーです。カンザス州レブンワースのドワイト・D・アイゼンハワー退役軍人病院と提携し、活躍しています。2014年にミズーリ大学にて社会福祉学の修士号を取得。 この記事は3,656回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 3,656 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告