英語が上達する方法

3 パート:知識を広げるテクノロジーを活用するもうひと頑張りしてみる

世界中の人々が、様々な理由で自分の英語を上達させる必要性を感じています。それはビジネスであったり、趣味であったり、あるいは英語圏の国に住んでいるためもあるでしょう。英語がなかなか上達しないと行き詰まってしまう人はたくさんいますが、英語を習得する方法はたくさんあります。少し努力をすれば、すぐに流暢に英語を話せるようになります。英語学習に役立つウェブサイトについてはこちらからどうぞ。

パート 1
知識を広げる

  1. 1
    家の中にある物にラベルを貼りましょう。使っていない付箋を取りだし、身の回りにある物に英語の名前を書いて貼りましょう。すでに単語を知っている物でも、とりあえず貼ってしまいます。物の名前が日本語より先に英語で頭に浮かぶように練習すると、とっさに英語で考える力がつきます。努力しないでできるようになると、上達を実感できるでしょう。
    • ためらうことなく英単語が思いつくようになるまで練習します。ベッドに腰かけ、家中のラベルを貼った物の名前を反芻しましょう。思い出せない物があれば、そこに行って答えを確認します。この段階をクリアしたら、他の物にラベルを貼って次に進みましょう。「window」から 「window pane」へ、「couch」 から「cushion」へ、 「shirt」 から 「cotton blouse」というように、英語にはいつでも次の段階があります!
  2. 2
    ノートを携帯しましょう。一日を通して、意味が解らない英単語に何度か出くわすはずです。その時こそ便利なノートの出番です!その単語を書き留め、家に帰ってから調べましょう。「あれ、カフェのメニューで見た単語は何だったかな?」と思う代わりに、ノートをめくると新しい単語を覚えることができます!
    • この方法が少し時代遅れだと感じたら、スマートフォンを取り出しましょう。携帯のメモ帳機能(またはお気に入りのメモ帳アプリ)を英単語専用にして利用しましょう。そして時々メモを見返して復習します。また、ゲーム感覚で英単語を学べる duoLing などのアプリを利用する手もあります。
  3. 3
    イングリッシュスピーカーと親しくなりましょう。英語を話す友達がいたら、夕食に招くなどして一緒に過ごす時間を作りましょう!自宅が英語学習の拠点になります。また、チューターを探して個人指導を受けてもよいでしょう。日本語と英語を教え合う、ランゲージエクスチェンジをする手もあります。できる限り英語の環境に身を置きましょう!
    • 大切なのはできるだけ日本語を遠ざけることです。仕事から家に帰り、ソファに座ってテレビをつけ、つい日本語の番組を見たくなりますが、それではいけません!たとえ1時間でも英語を話す時間を毎晩設けましょう。英語のテレビ番組を見たり、ラジオを聞いたりして、できるだけ英語に触れる時間を作りましょう。
  4. 4
    子供向けの雑誌や本を読みましょう。短い記事や簡単な内容の楽しい雑誌や本がたくさんあります。また、科学、文学、自己啓発など様々なテーマがあります。何よりもイラストが豊富に掲載されているため、辞書を引かずにたくさんの単語を理解できます。この方法で早く楽しく英語を学ぶことができます。
    • 英語の本を読むのであれば、シリーズ物を続けて読むと内容が理解しやすく、読む速度も増していきます。ひとつの巻から次の巻へと進むごとに登場人物に親しみ、言い回しや語彙が引き継がれていくためです。Nancy Drew(ナンシー・ドルー)、Animorphs(アニモーフ)、Sweet Valley Twins(スイートヴァレーツイン)などのやさしいシリーズ物を図書館やインターネットで探して読んでみましょう。
      • 上記の本がやさしすぎる場合は、読むのは何でも構いません。英語を上達させて新しい世界に導いてくれる、若者向けや一般的な小説を選びましょう。会話の多い本は実用的でさらに効果があります!
  5. 5
    自分に合う学習方法を見つけましょう。学び方は人それぞれ違います。動作を使って覚える人、目を通して記憶する人、耳で覚える人、またはそのすべてを使う人と様々な形があります。例えば、友達は1度聞いただけの詩を暗唱できるのに、自分は読むまで理解できないかもしれません。自分なりの学習方法を見つけたら、その方法で効果的に勉強を続けられます。
    • さらに自分に合わない方法に時間を無駄にせずに済みます。延々と続く講義を聞いて何も覚えていなかったら、ノートを取りましょう。本を読んでも何も覚えることができなかったら、声を出して読んでみましょう。どんな事にもうまくいく方法はあります!
  6. 6
    単語の基体、接頭辞、接尾辞を学びましょう。英語を母国語にする人でさえ、基体について学習する機会を持つべきです!このやっかいな英語には、似たような言語と比較して非常にたくさんの単語(数え方によっては約75万)があります。[1]単語の基体を知ることで、意味を理解しやすくなります。基体を見つけることができれば、辞書を引く必要さえないかもしれません。
    • 例えば、「It was an acephaleous society.」といった英文に出会ったとします。初めは「一体全体どんな意味?」と思うかもしれませんが、落ち着いて少しの間考えてみましょう。amoral、 asexual、asymmetricalなどにつく接頭辞「a-」は「~なしで」の意味です。「cephal」はencephalitisやencephalogramの基体で「頭」を意味します。「-ous」はambitious、delicious、glamorousなどのように形容詞を形成する接尾辞です。ここまで解ればこの文は「頭・リーダーのいない社会」であることが理解できます。もう辞書は必要ありません!
  7. 7
    英字新聞を読みましょう。難解な文章が多く使われている新聞もあるため、自分に合った新聞を選びましょう。『読売新聞』、『朝日新聞』、『毎日新聞』などの日本の新聞の英語版もあり、『The Japan Times』は広く読まれている英字新聞です。インターネットでも購読することができます。初めは見出しにチャレンジし、慣れてきたら記事の内容へと徐々に難度を上げていきましょう。興味のある記事を自分のペースで読んでいきます。少なくともマンガは読んでみましょう!
    • 英語を学んでいる友達がいたら、ディスカッションをしてみましょう!それぞれ興味のある記事を持ち寄って、その記事についてもちろん英語で話し合います。英語と共に世界中で起きている事柄についても学べる絶好の機会です!
  8. 8
    失敗を恐れてはいけません。このように教えてくれる先生が今までいなかったら、ロボットに教わっていたのかもしれません。間違うことはむしろ大切です。失敗しなければ、何が正しくて何が間違っているのかを知ることができません。また、リスクを侵すこともなく、学んでいることの本質を理解することができません。失敗することは楽しいことではありませんが、英語を学習する上では大切な経験です。
    • 失敗を恐れて勉強をやめてしまったり、進歩が見られない人はたくさんいます。ネイティブスピーカーと話すことに躊躇したり、恥をかくのを嫌がったり、自分の世界を広げて成長することを恐れているのです。エジソンが最初の失敗で挫折してしまうことを想像できますか?

パート 2
テクノロジーを活用する

  1. 1
    英語のDVDを鑑賞しましょう。テレビ番組や映画が適していますが、繰り返し何度も見られる物が理想的です。繰り返し見ることで内容を理解でき、前回気付かなかった事にも目が行くようになります。そうなると、理解しようと必死になるのではなく、落ち着いて番組を見ることができます。シリーズ物のDVDを友達から借りてもよいでしょう!
    • 衛星放送のおかげでイギリス、アメリカ、オーストラリアなどのテレビ番組や映画を世界中で見ることができます。それらの番組を録画しましょう!最初は字幕を見ながら、慣れてきたら字幕なしで観賞します。徐々に理解できるようになると、「勉強」が楽しみになるでしょう。
  2. 2
    ラジオを聴きましょう。英国放送協会が海外向けに放送しているBBCワールドサービスは、優れた英語の情報源で、英語学習者向けの番組もあります。また、日本の米軍基地が放送しているAFNも英語の学習に活用したい番組です。英語のラジオを聴きながら家事をしましょう。いつも英語を流していると、聞いているだけで自然と勉強になります。じっと座ってラジオを聴く必要はありません。ただ英語の世界に浸りましょう!TuneIn RadioやPCRADIOなどのラジオアプリを使うと、スマートフォンで世界中のラジオを聴くこともできます。
    • ラジオは時代遅れだと思いますか?言い訳はできません!インターネットラジオもあります。様々なテーマに沿って語られるラジオ番組が数多くあります。歴史のあるNPR(米国公共放送)や「This American Life」などをインターネットで聴くことができます。
  3. 3
    インターネットを利用しましょう。インターネットでラジオを聴いたり、テレビを見たり、記事を読んだり、ゲームでも英語を学習できます。人々と英語でチャットすることもできます!また、英語を母国語としない人達のための、英語学習ウエブサイトもたくさんあります。さらに、DMM英会話のように、Skypeを通して英会話レッスンを受講できるウエブサイトもあります。生の人間と会話するのが理想的ですが、インターネットは便利な道具として活用できます。
    • BBCとWikipediaは、英語学習者向けのウエブサイトを運営しています。その他にも多くのウエブサイトが、練習問題、記事、単語クイズ、物語などを習得段階に応じて提供しています。
  4. 4
    「添削」ウエブサイトを使いましょう。英会話のクラスを取っていなかったり、ネイティブスピーカーが近くにいない場合は、英語のライティングスキルを向上させるのはなかなか難しいかもしれません。正しく書けているかをどのように判断していますか?実は簡単な方法があります!自分が書いた英文をウエブサイトが添削してくれるのです!Googleで検索して、文法の添削サイトを見つけましょう。GingerやLang-8など、無料の添削サイトがたくさんあります。もう一度言いますが、言い訳は通用しません!
    • ライティングの勉強は後回しになりがちです。できるだけたくさんの英文を書く努力をすると、スキルも目に見えて向上します。Eメール、メモ、ブログを英語で書いてみましょう。たとえ自分では訂正できなくても、英語で書く習慣を身につけましょう。
  5. 5
    英語の曲を毎日聴きましょう。楽しいだけではなく、単語や発音を覚え、そして新しい曲を知ることができます!毎日1曲選び、暗記するまで学習しましょう。好きなジャンルを見つけ、速すぎないテンポの曲を選びます。あまり過激なラップは、英語の初心者には向かないかもしれません。Beatles(ビートルズ)、Michael Buble(マイケル・ブーブレ)、Elvis(エルビス)、またはミュージカルの楽曲でもよいでしょう。
    • ラジオを聴く代わりに英語の曲を聴いてもよいでしょう。勉強している曲を流しながら、一緒に歌ってみましょう!来週カラオケで披露しているかもしれません!
  6. 6
    英語のCD教材を購入しましょう。Rosetta Stone(ロゼッタ―ストーン)は高価な教材ですが効果的です。ネイティブスピーカーと話す機会を提供する教材もあります。ロゼッタストーンの他にも、Pimsleur(ピンズラー)やMichel Thomas(マイケル・トーマス)などがあります。それぞれの教材は異なる学習方法を提供しています。自分に合った教材を見つけましょう。
    • このようなCDをすでに持っている友人がいないか探してみましょう。友人から借りられるのであれば節約になります。また、オンラインで低価格で購入できる場合もあります。創造力を働かせてみましょう!

パート 3
もうひと頑張りしてみる

  1. 1
    機会があればどこでも英語を練習しましょう。これは非常に大切なことです。どのような機会でも利用しましょう。英語圏の国に暮らしている場合は簡単なことですが、そうでなければ観光客に話しかけてみることもできます。恥ずかしがらずに、間違いを恐れずにトライしてみましょう!単に「A cup of coffee to go, please.」と練習しておくだけでも、いざという時にそれほど緊張しなくなるでしょう。
    • 自分で機会を作ることもできます!英語を話しそうな人が写真を撮っていたら、その人を撮影してあげることを提案してみましょう。訪れたレストランに英語のメニューがあれば、見せてもらいましょう。ささいなことの積み重ねが、ぎこちない英語から流暢な英語へ上達するカギになります!
  2. 2
    体内時計に耳を傾けましょう。人それぞれの学習の仕方があるように、学習に最適な「時間」も人によって違います。朝に良いクラスがあっても、まだ起きて歯を磨いたばかりで脳が活動しておらず、クラスに集中できないかもしれません。自分が最も集中できる時間帯を知り、その時間に勉強するように心掛けましょう。
    • 大抵の人は昼前と夕方に集中力が最も高まりますが、そうではない人もいます。できれば脳が最も活発な時間帯に英語を勉強するように、スケジュールを調整しましょう。
  3. 3
    IPAを学びましょう。IPA はInternational Phonetic Alphabetの略で、言語の発音を文字で表記する国際音声記号です。習得にはかなりの努力が必要だと感じるかもしれませんが、覚えると非常に便利で役に立ちます。どの辞書を引いても単語の正確な発音を調べることができ、アメリカ英語、イギリス英語、オーストラリア英語の発音の違いも解ります。そうすることで、自分の発音を見直し、正しい発音を確認することができます。この楽しい学習法を実践してみましょう!
    • ɪts ˈlikia ə ˈsikrəte koʊd! (It's like a secret code! まるで秘密の暗号です!)友達同士でメモを交換してみましょう!ただし各国のアクセントは微妙に違います。変わった発音に出会ったら、一般的なアメリカ英語か、イギリスの伝統的な発音であるRP (Received Pronunciation) か、または他の国の発音かをメモしておきましょう。
  4. 4
    自分の英語を録音しましょう。たとえ単語の発音の仕方を解っていても、実際に自分がどのように発音しているのかは知っていますか?正しい発音と少し違っているかもしれません。録音して聴くことで、自分の良い点と直すべき点を知ることができます。最初は自分自身の声を聴くのは恥ずかしいかもしれませんが、じきに慣れてきます。そしてこれは確実に上達する方法です。
    • 発音のパターンに注目してみましょう。英語は様々な言語の集まりで、発音に関する鉄則はありませんが、一般的なパターンは存在します。2音節の動詞にはproject のように第2音節にアクセントがあり、一方2音節の名詞や形容詞は project や happy のように、第1音節にアクセントが置かれます。また、photographyや nationalのように、語尾に -cy、-ty、-phy、-gy、-alがつく単語は、通常は語末から3番目の音節(すべてではありませんが)にアクセントがつきます。このパターンを守っていますか?
  5. 5
    異なる形態のクラスを取りましょう。幸運にもすでに英語のクラスを取っている場合は、メインのクラスの他に違うスタイルのクラスも取ってみましょう。グループ授業のクラスであれば、個人レッスンも試してみます。会話のクラスを取っていれば、ライティングのクラスを追加しましょう。発音に自信がなければ、発音矯正のクラスを検討しましょう。様々な環境やスキルのクラスを取ることで、英語の能力が格段にしかも早く向上します。
    • 複数のクラスを受講できない場合は、創造力を働かせましょう。スタディーグループを作ったり、友達と1対1またはグループで会話をしてもよいでしょう。メールやSkypeも利用できます。高額なクラスを取る他にも、英語を上達する方法はたくさんあります!
  6. 6
    新しいアイデアを考えてみましょう。時には創意工夫をすることも必要です。そのアイデアがわざとらしかったり、恥ずかしく感じるかもしれませんが、試す価値はあります!創造力をかきたてるアイデアをいくつかご紹介しましょう。
    • 英語のカスタマーサービスに電話してみましょう。その製品を持っていようがいまいが構いません。製品やサービス、プラン、オプションに関する質問を投げかけて、とにかく会話をしてみましょう。このレッスンは無料です!
    • 観光客を夕食に招待しましょう!英会話と引き換えに和食を提供する旨を宣伝します。通常とは一味違った体験を求めている観光客はたくさんいます。一般家庭での夕食は魅力的に違いありません!
    • 英会話クラブを作りましょう。自分と同じような状況にいる人がたくさんいることに驚くはずです。数人で集まって勉強することでクラスの授業料を節約でき、教材や知識を共有できます。毎週同じ時刻、同じ場所に集まりましょう。注目を集めるかもしれません!

英語学習に役立つウェブサイト

日本では社会のグローバル化が進み、英語を公用語にする企業も増えてきました。会社内でも公用文書、ミーティング、リサーチ、社員とのコミュニケーションに英語力が要求される場面が多くなっています。また、大学、短大、専門学校の入学試験にTOEICが活用されたり、TOEICの点数が卒業要件になっている大学もあります。近年はインターネットを使い、いつでもどこでも英語を学ぶことができます。英語の学習に役立つウエブサイトを下記でいくつかご紹介します。

  • TED 世界中の専門家のスピーチが聴けるサイトで、リスニングの練習に適したサイトです。様々なジャンルから自分が興味のあるテーマを選んで学べます。
  • The Japan Times ST 記事が一般的な英字新聞より短めで、ビジネス、サイエンス、エンターテインメントなど、多彩なジャンルの記事を扱っています。また、TOEIC対策、文法、ボキャブラリー、ライティングなどに関するコンテンツも豊富です。さらに、毎週出題される課題を使い、読者の英文ライティングの添削例を参考にしながら、英作文のスキルを伸ばすこともできます。
  • NHK英会話ラジオ 中学生からビジネス英語まで多様なプログラムを提供しています。ラジオを聴き逃しても、ウエブサイトのストリーミングで前週1週間分を聴くことができます。[2]
  • TOEIC対策には、TOEICの公式サイトがサンプル問題を提供しており、Part 1からPart 7の問題を練習できます。[3]また、スタディアプリ、TOEIC文法問題、TOEICリスニングなどのアプリを使ってTOEICの対策をすることもできます。[4]
  • ネイティブ講師からオンラインで英会話を学べるサイトも数多くあり、NativeCampはレッスンの回数無制限で、予約をせずにいつでもレッスンを受けることができます。[5]また、バーチャル英会話教室は、NTTラーニングシステムズが提供するバーチャル英会話教室で、ネイティブ講師の他に日本語を話せるバイリンガル講師もおり、レッスン終了後に担当講師からフィードバックが得られます。[6]
  • 他にも様々なウエブサイトが英語学習の機会を提供しています。自分に合った学習方法を見つけ、楽しく英語を学びましょう!

ポイント

  • 興味のある題材の英文記事や本を読みましょう。
  • 英語の映画を鑑賞しましょう。字幕は必要に応じてあってもなくても構いません。
  • 友達や家族と英語で会話をしてみましょう。
  • 英語の曲を聴き、歌詞に集中して発音の練習をしましょう。
  • 英語の慣用句を覚えましょう。英語には風変りなフレーズや意味不明のフレーズがたくさんあり、ネイティブスピーカーでさえ由来を知らない人がたくさんいます。慣用句の意味を覚えるだけで十分です。
  • 新しいフレーズを覚える際、見る、言う、隠す、書く、確認する、を実践してみましょう。
  • 優れた辞書を購入しましょう。
  • 毎日1~2個の単語を選び、意味、同義語、対義語を覚えましょう。

注意事項

  • アメリカ英語とイギリス英語には、文法、綴り、語彙が異なるものもありますが(もちろんオーストラリア英語も)、それぞれの英語でお互いに理解し合うことができます。学んでいる英語がどの種類であるかに注意して、標準的な形を習得しましょう。
  • 英語の発音は英国内でも、また世界中でも大きく異なります。どの発音で話しても構いませんが、難しい発音の単語に出会っても心配することはありません。練習すれば発音できるようになり、大抵のネイティブスピーカーも苦労しているはずです!

記事の情報

カテゴリ: 言語

他言語版:

English: Improve Your English, Español: mejorar tu inglés, Português: Melhorar Seu Inglês, Italiano: Migliorare il Tuo Inglese, 中文: 提高英语水平, Deutsch: Sein Englisch verbessern, Русский: улучшить свой английский, Français: améliorer votre anglais, Nederlands: Je Engelse taalvaardigheid verbeteren, Bahasa Indonesia: Meningkatkan Kemampuan Berbahasa Inggris, Čeština: Jak zlepšit svoji angličtinu, العربية: تحسين لغتك الإنجليزية

このページは 1,609 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?