英語の動詞の多くは接尾辞を加えることで簡単に名詞に変換できます。文脈を考慮して名詞に変換することも可能です。場合によっては、名詞にしてしまうことで、専門用語だらけのぎこちない文になってしまうこともあります。明白かつ簡潔に書くことを心がけ、名詞に変換すべきかを判断しましょう。単語を変換するということは、英語学習者にとって難しく感じられることもありますが、恐れる必要はありません。少し時間をかけて辛抱強く練習をすればコツがつかめるでしょう。

方法 1 の 3:
接尾辞を加える

  1. 1
    「-ance」「-ence」を動詞につける 同氏の多くは「-ance」あるいは「-ence」を末尾につけることで名詞に変換されます。例えば「appear」という動詞は「appearance」という名詞になります。「resist」という動詞は「resistance」という名詞になります。[1]
    • 例えば「He appeared on many talk shows while promoting his book.」という文を見てみましょう。動詞を名詞に変える場合「He made many talk show appearances while promoting his book.」という文に直すことができます。
  2. 2
    「-ment」を末尾につける その他にも「-ment」を接尾辞としてつけることで名詞に変換することができます。例えば「appoint」「assign」「enjoy」という動詞はそれぞれ「appointment」「assignment」「enjoyment」という名詞に変換されます。[2]
    • 例として「The man enjoyed his lunch.」という文を考えてみましょう。動詞を名詞に変えたいのであれば「The man’s lunch brought him enjoyment.」と直すことができます。
  3. 3
    「-tion」「-sion」をつける 「-tion」「-sion」といった接尾辞も多くの名詞に見受けられます。幅広い動詞がこの接尾辞によって名詞に変換されます。例えば「inform」「decide」「describe」という動詞はそれぞれ「information」「decision」「description」という名詞になります。[3]
    • 例として「He decided to decline the job offer.」という文を見てみましょう。名詞を使いたいのであれば「He made the decision to decline the job offer.」と直すことができます。
    広告

方法 2 の 3:
文を調整する

  1. 1
    動詞を見つける 動詞は行動を示す単語です。つまり何かを行っているということを文の中で伝えます。動詞を名詞に変換する時は、まず名詞としても機能することができる動詞を見つけましょう。
    • 「The film impacted the students.」という文を見てみましょう。動詞は「impacted」です。
    • もう一つの例として「The athlete prepared to run.」という文についても考えましょう。ここでの動詞は「run」です。(「prepared」もまた動詞です。)
  2. 2
    適切な冠詞を添える 「the」「a」といった冠詞があると、続く単語は名詞であるということが示唆されます。文の中の動詞を名詞に変換する際は、まず冠詞をつけましょう。[4]
    • 「impacted」を名詞にする場合、「an 」あるいは「the」が必要になります。
    • 「run」も同様です。
  3. 3
    文を調整する 冠詞を加えたら、さらに変換を続けましょう。名詞にするためにさらに調整が必要な動詞もあります。構文を少し変更する必要があることも考えられます。[5]
    • 「The film impacted the students.」は「The film had an impact on the students.」と書き換えることができます。
    • 「The athlete prepared to run.」は「The athlete prepared for a run.」と書き換えることが可能です。
    広告

方法 3 の 3:
よくある間違いを避ける

  1. 1
    辞書で正しい接尾辞を確認する 英語が第二言語である場合は、どの接尾辞が正しいのかの判断が難しいこともあります。接尾辞の使い方に関しては厳格な規則がないので、名詞に変換する際に辞書を使用することを恥じる必要はありません。また、念のため確認をして無駄にはならないでしょう。
  2. 2
    分かりづらい書き方を避ける 動詞を名詞に変換した書き方を下手な文章と捉える人も少なくありません。これは専門用語が多くなってしまうためです。ビジネス、コンピューター用語、スポーツの業界用語などを動詞でなく名詞として用いると、不必要に専門用語を使っているような印象を与えます。[6]
    • 例えば「The boss conducted an investigation about the allegations.」という文があるとしましょう。やや回りくどく感じられるので、すっきりとさせる必要があります。「The boss investigated the allegations.」と直すことができます。
    • あるいは、「The team did a review of the tape.」という文も「The team reviewd the tape.」と単純化することが可能です。
  3. 3
    より伝わりやすくなる場合にのみ変換する 動詞の代わりに名詞を用いる方法は、感情を押さえ、より客観的に伝えたい時に便利です。例えば繊細な情報を取り扱う際などは、やや専門的な印象を与える書き方をした方が良いでしょう。変換をすることによって、想定している通りの口調で内容を伝えることができるのかを考えましょう。[7]
    • 例えば、「He retaliated by filing a lawsuit.」という文があるとします。「報復するために彼は訴えた」という内容は慎重に扱う必要があるので、より柔らかく聞こえる書き方に変えたほうが良いかもしれません。「The lawsuit may have been a form of retaliation.」といった要領で名詞に変換すると「訴訟はある種の報復だったかもしれない」という、あまりトゲが感じられない表現に直すことができます。
    広告

関連記事

How to

イタリア語で「お誕生日おめでとう」と言う

How to

フランス語で「お元気ですか?」と言う

How to

フランス語で「おはよう」と言う

How to

ウルドゥー語でよく使われる言葉を学ぶ

How to

イタリア語で挨拶する

How to

ヒンディー語でありがとうと言う

How to

巻き舌「R」を発音する

How to

新しい言語を作る

How to

ギリシャ語で挨拶をする

How to

英語のコミュニケーション能力を高める

How to

アポストロフィを使う

How to

句読法に従って正しく英語を書く

How to

英語で正式な招待状を書く

How to

韓国語で「ありがとう」と言う
広告

この記事は役に立ちましたか?

広告