葬儀に出席する際の服装を選ぶ方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 15 出典

この記事には:相応しい服装を選ぶ小物を選ぶ他の諸要因にも注意する

葬儀は厳粛な儀式です。その粛然とした場に相応しい服装で遺族、参列者全員に敬意を表しましょう。葬儀には暗い色で控えめなデザインの服で参列するのが一般的です。暗い色調の地味な服装を選び、アクセサリーは最小限に抑えましょう。遺族によっては、特定の色や柄などを求めることがあります。その場合には慣習に拘る必要はありません。葬儀の場では、遺族の願いが一番大切であることを念頭におきましょう。

パート 1
相応しい服装を選ぶ

  1. 1
    黒か暗い色調の服を選ぶ 葬儀に着用する服は伝統的に黒ですが、最近ではその慣習に拘らない人もいます。ダークグレーやネイビーブルーの服装で葬儀に出席する人も珍しくありません。黒を着ないのであれば、暗い色調を選びましょう。[1]
    • 黒以外の服装を選ぶなら暗めの色か中間色を選びましょう。ネイビーブルー、ダークグレー、茶色などが良いでしょう。
    • 服装を決める前に葬儀の種類を理解しておく必要があるでしょう。伝統を重視した葬儀に出席する際には、慎重過ぎるくらいに慎重になって黒を選びましょう。
  2. 2
    明るい色を避ける 葬儀には明るい色の服装で出席してはいけません。青、赤、黄色といった原色は出席者に不快感を与えるだけでなく失礼にもあたります。赤は文化によっては祝い事に使われる色なので、特に避けるべき色でしょう。[2]
    • 差し色にも明るい色は避けましょう。例えば、黒いワンピースの裾にピンクのストライプがあるものや、黒のスーツの下に赤いボタンダウンのシャツを合わせるのも葬儀には相応しくありません。
    • 稀に例外があります。故人に敬意を表して遺族が明るい色や特定の色を求める場合には、遺族の希望通りに準備しましょう。
  3. 3
    特に指示がない場合には正礼装で出席する 葬儀は厳粛に行われるものです。ナイトクラブなどに行く装いではなく、就職の面接に行く時のような服を選びましょう。場合によっては遺族が略装をリクエストすることがありますが、そうでないなら正式な礼装を着用しましょう。
    • 黒、ダークグレー、ネイビーのスーツを選ぶと良いでしょう。ネクタイやズボンも暗い色調を選びましょう。また暗めの色のボタンダウンのシャツとネクタイの組み合わせも良いでしょう。[3]
    • 一般的に、長めのワンピースやスカートが葬儀には相応しいとされています。体にぴったりとした服は、正装というよりは「レジャー用お出かけ着」という印象を与えます。暗い色調のブラウスやパンツなどを選ぶと良いでしょう。[4]
  4. 4
    袖の長さにも注意する 葬儀ではあまり肌を露出しないようにしましょう。ノースリーブや半袖を避け長袖を選びましょう。ノースリーブの黒いワンピースを着るのであれば、ショールやボレロなどで腕を覆いましょう。[5]
  5. 5
    柄物ではなく無地の服を選ぶ あまり派手でなければ、多少模様があっても差し支えないでしょう。例えば、花模様のスカートや暗い色のストライプのシャツなどは控えめな印象になるので、失礼には当たらないでしょうが、明るい派手な模様は避けるべきでしょう。特にキラキラする色はとても失礼です。例えば、黒のシャツに赤の水玉模様は葬儀に相応しくありません。[6]
    • 常に遺族の意思を尊重することを覚えておきましょう。特定の模様が遺族からリクエストされる場合があります。

パート 2
小物を選ぶ

  1. 1
    礼装に合う履き心地の良い靴を選ぶ お通夜や葬儀の前や後にお悔やみに行く場合には、注意して靴を選びましょう。告別式では立ったり歩いたりすることが多く、履き心地の良い靴を履いていないと苦痛に感じる場合があるでしょう。高いヒールの靴は理想的ではありません。礼装に合った暗めの色調の靴を選びましょう。 [7]
    • 黒のフォーマルな靴やフラットシューズを選びましょう。ダークグリーンやネイビーブルー、グレーや黒のフラットシューズ、または礼装用のハイヒールは葬儀には相応しい選択です。
    • 格式の高い葬儀でない限り、濃い色のテニスシューズやスニーカーでも問題ありません。ただし、常に慎重には慎重を重ねましょう。
  2. 2
    地味なネクタイを選ぶ 控えめな色やデザインのネクタイを選びましょう。明るい色や派な柄のネクタイは避けましょう。葬儀には無地か模様のないネクタイが良いでしょう。ダークグリーンやネイビーブルー、グレーなどの暗い色調のものを選びましょう。[8]
    • 例外もあります。たとえば、故人からプレゼントされたネクタイであれば、斬新なデザインであっても遺族に喜ばれ感謝されるかもしれません。ただし、それが誰に対しても失礼に当たらないことを前もって確認しておきましょう。
  3. 3
    メークも控えめにする 葬儀に参列する場合にはメークは最小限度に留めましょう。葬儀は一般的に正式な場所です。出勤時に目を引く派手なメークをしないように、葬儀にも派手なメークで参列することは避けましょう。[9]
    • ファンデーションを軽めに塗りヌードカラーの口紅をさすくらいで十分でしょう。チークを少し入れたり薄い色のアイシャドーやマスカラをつけたりしてもそれ程支障はありません。
    • 常に遺族の希望を最優先しましょう。劇場勤務だった人の葬儀の場合に、遺族から演劇風のメークを求められる可能性があります。
  4. 4
    地味目の宝石を選ぶ 宝石で悩むようなら着けずに出席しましょう。実際にその方が粛々とした雰囲気を作ります。宝石をつけて出席したい場合には、地味なものを選びましょう。明るい色の風変わりなネックレスではなく、一連のパールのネックレスなどが相応しいでしょう。[10]
    • イヤリングは敬意を表するデザインや色を選びましょう。ブラブラ揺れる大きめのイヤリングや金色の輪のデザインのものは葬儀には派手すぎます。スタッドイヤリングなどが程よい印象を与えます。
  5. 5
    適切な色のポケットチーフを選ぶ スーツにポケットチーフを使う場合にも、濃い色調のものを選びましょう ネイビーブルー、ダークグリーン、グレーなどが良いでしょう。ピンクのポケットチーフは葬儀には不適切な装いです。[11]

パート 3
他の諸要因にも注意する

  1. 1
    宗教上の信念を考慮する 宗教儀式の場合には、服装に関する特定の規則があるかもしれません。事前に宗派を確認し下調べをしておきましょう。喪中に着用すべき服装に関して規則があるかどうかを確認しましょう。故人の宗教を常に尊重しましょう[12]
    • 特定の宗教では、葬儀の際に女性に極度の謙虚さが求められる場合があります。短すぎるワンピースやスカートを着用しての参列は避けましょう。
    • 宗教的儀式ついてはインターネットで調べることができますが、通常、遺族に尋ねるのが良いでしょう。葬儀に参列する際の服装について確実なアドバイスをしてくれるでしょう。
  2. 2
    様々な文化的習慣を考慮する 故人の文化的背景が自身と異なる場合には、葬儀に着用する服装の色にも違いがあるかもしれません。西洋の葬儀では伝統的に暗い色が好まれますが、他の文化圏でも同じであるとは限りません。[13]
    • 文化によっては明るい色が喪中に使われる場合があります。韓国では青が喪を象徴する色です。また、エジプトやエチオピアでは黄色が喪の色とされています。
    • 中近東では、白が葬儀を象徴する色と考えられています。
  3. 3
    天気を考慮する 葬儀が屋外で催される場合には天気を考慮しましょう。雨が降れば傘が必要になるでしょう。寒ければコートも必要です。またアクセサリーも葬儀場に相応しいものを選びましょう。[14]
    • レインコートや傘を準備する際にも、葬儀場に相応しいものを選びましょう。ピンク色の傘などは一般的に葬儀場には不適切です。黒の傘や暗めの色のレインコートなどが最善の選択です。
    • コートやジャケットも暗めの色を準備しましょう。白いコートを着て埋葬地に赴くのはエチケットに反するかもしれません。
  4. 4
    故人の希望を尊重する 従来のやり方にそぐわないとしても、それが故人の希望であれば尊重しなければなりません。遺族が儀式に特定の色や柄の入った服装の着用を求めたら、希望に見合うように最善を尽くしましょう。遺族が非伝統的な見送り方で故人を称える場合には、遺族の希望に沿う形で見送りましょう。[15]

ポイント

  • ドレスコードが不確な時は遺族に尋ねましょう。あるいは、選んだ服が適切かどうかを知人や友人などに尋ねましょう。
  • 伝統を重んじる保守的な儀式には、女性によってシンプルでフォーマルな帽子を被る場合があります。
  • 遺族によっては祝賀ムードの集まりを選ぶ場合があります。どのような服装で出かけるべきかが分からなければ、躊躇せずに尋ねましょう。
  • アメリカ合衆国やイギリス、イギリス連邦の加盟国で葬儀が11月初旬に行われる場合にはポピー(ケシの花)を身につけて行きましょう。
  • エジプトでは葬儀に黄色の服は不適切な装いです。エジプトやアラブ諸国では葬儀に相応しい服は黒一色とされています。風変わりな装いは避けましょう。安全策をとって黒かグレーを選びましょう。人の目を引く装いは避けましょう。

注意事項

  • ハイヒールは芝生の敷地内を歩くには適さないでしょう。雨が降っていればなおさらです。
  • マスカラは防水加工されたものを選びましょう。またアイシャドーやアイライナーは控え目に施しましょう。
  • 年配の人や子供ずれの人に席を譲ったり傘を貸したりましょう。

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 祝祭日・年中行事

他言語版:

English: Dress For a Funeral, Français: vous habiller pour des funérailles, Italiano: Vestirsi per un Funerale, Español: vestirse para un funeral, Deutsch: Kleiderordnung an einer Beerdigung, Português: Se Vestir Para um Funeral, Русский: одеться на похороны, 中文: 在葬礼上衣着得体, Nederlands: Je kleden voor een begrafenis, Bahasa Indonesia: Berpakaian untuk Menghadiri Pemakaman, Čeština: Jak se obléct na pohřeb, العربية: اختيار الملابس الملائمة للجنازات, Tiếng Việt: Lựa chọn trang phục dự đám tang, ไทย: แต่งตัวไปร่วมงานศพ, 한국어: 장례식에 적합한 옷차림을 하는 방법

このページは 103 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?