PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

体が毒素を排出する方法には、肝臓を通す方歩と皮膚を通す方法の2つがあります。人が蒸し風呂を使う理由は、毒素が汗に含まれた状態で皮膚から排出されるためです。5~20分間蒸し風呂に入れば、汗をかくことで毒素が皮膚から排出され、見た目も心もすっきりと健康的になります。

パート 1 の 3:
入浴の準備

  1. 1
    入浴前には十分に水分をとる 蒸し風呂では短時間でたくさんの汗をかくため、脱水状態を引き起こす可能性があります。脱水にならないように、入浴前にはコップ数杯分の水を飲みましょう。[1]
    • 体をきれいに洗いましょう。全ての毛穴から汚れを取り除きます。汚れがたまると、毛穴がふさがれてニキビや吹き出物の原因となります。毛穴に詰まりがあると、体から効果的に毒素を排出することができません。
  2. 2
    入浴1時間前からは食べ物を控える 水泳の1時間前から何も食べないようにするのと同様の理由が当てはまります。入浴前に何か食べると、お腹が張ったり、消化に問題が起きたりするため、できるだけ何も食べずに時間をあけてから蒸し風呂に入りましょう。[2]
    • どうしても食べなくてはいけない場合は、軽食や果物を選びましょう。
  3. 3
    入浴前にストレッチをする 軽いストレッチをすると、体がほぐれ、毛穴から毒素を排出しやすくなります。また、ストレッチをすると血液の循環も良くなるので、毒素が汗として肌から出やすくなります。[3]
    広告

パート 2 の 3:
蒸し風呂の正しい入り方

  1. 1
    シャワーを浴びる 蒸し風呂の前にシャワーを浴びると、体温を自然な状態に合わせることができ、蒸し風呂の効果が高まります。冷たいシャワーよりも温かいシャワーの方が好ましくはありますが、温度を上げ過ぎないように気をつけましょう。この段階ではまだ汗をかかないようにします。[4]
  2. 2
    綿素材の軽いタオルを身につける 蒸し風呂をより効果的に楽しむためには、できるだけ衣類を身に付けないようにします。肌が露わになっていればそれだけ、汗をかいて毒素を排出しやすくなります。[5]
    • アクセサリーやメガネも同様です。身につけるものはタオルだけにしましょう。
  3. 3
    リラックスできる時間を十分に取る 蒸し風呂は焦って入るものではありません。約束事や用事の前に急いで入らないようにしましょう。入浴中は、リラックスすること、蒸し風呂を楽しむことに集中できるようにします。
    • 携帯は電源を切るか、安全で邪魔にならない場所に置いておきましょう。
  4. 4
    入浴中はリラックスする 蒸し風呂を座って楽しむか、横になって楽しむかはあなた次第です。ただ、一番大切なことは、リラックスして入浴を楽しむことです。ストレスや心配事から心を解放して、蒸し風呂での時間を楽しみましょう。
  5. 5
    目を閉じて呼吸に集中する 最大限にリラックスして蒸し風呂を楽しみたい場合は、息を鼻から吸って口から吐き、その間数秒息を止めてみましょう。目を閉じると他の感覚が研ぎ澄まされますし、呼吸に集中するとリラックス効果やストレス軽減の効果が期待できます。
  6. 6
    入浴中にも十分な水分補給をする 水をボトル1本分持って蒸し風呂に入りましょう。部屋の中は高温なため、体は通常よりも大量に汗をかき、水分を急速に失っていきます。[6]
    • 蒸し風呂の中で脱水状態にならないように、頻繁に水分を摂取しましょう。
  7. 7
    5~20分間蒸し風呂を楽しむ 5分経って、もう十分楽しんだので外に出たいと思ったら、そうします。体温が上がり過ぎる危険性があるため、一度に20分以上は入らないようにしましょう。[7]
    • 入浴中にめまいや吐き気、気分の不快感などがある場合は、すぐに退出し、涼しい場所で休みましょう。
    広告

パート 3 の 3:
入浴後の休憩

  1. 1
    水と外気でゆっくりとクールダウンする 蒸し風呂から出たら、体を急激に冷やしたいと思うかもしれませんが、まずはその気持ちを落ち着けましょう。体がショック状態になり、震えが止まらなくなってしまいます。その代わりに、涼しい場所を探して体の熱を自然に冷ましましょう。[8]
    • 水を多めに飲んで、蒸し風呂で失った水分を補給しましょう。
  2. 2
    もう一度シャワーを浴びる ここでも、蒸し風呂から出た後なので冷水を浴びたいと思うかもしれませんが、体温の急激な変化は体をショック状態にする危険性があることを思い出しましょう。シャワーでは体温を自然な状態まで戻すだけでいいのです。[9]
    • シャワーは温かく感じるところから始め、徐々に心地いいと感じる程度まで冷たくしていきましょう。
    • 蒸し風呂に入って半分ほど時間が経過したら、冷たいシャワーを浴びる人もいます。この方法は、熱さと冷たさの温度差で蒸し風呂の効果を高めることを目的としていますが、蒸し風呂に慣れていて自分の体が適応できる程度を理解している人以外にはおすすめできません。
  3. 3
    数分間休憩をとる 蒸し風呂の後は、少し時間を取って休憩することが大切です。ほとんどの人が、風呂から上がったら休息の時間も終わりで、張り切って忙しい世界に戻らなくてはと思っています。これでは、せっかくの休息の時間が台無しになってしまいます。
    • 数分間、心を休めてリラックスする時間を与えてあげましょう。既にリラックスをしようと時間を取ってあるのですから、今この時を存分に楽しみましょう。
    広告

注意事項

  • 初めて蒸し風呂に入る場合は、10分以上滞在しないようにしましょう。体を徐々に馴らしていく必要があるため、いきなり20分続けて入らないようにします。
  • 妊娠中の女性、心疾患や高・低血圧のある人は蒸し風呂に入らないようにしましょう。他の疾患がある場合は、蒸し風呂に入る前に、かかりつけ医に相談しましょう。
広告

関連記事

口周りの黒ずみを取る口周りの黒ずみを取る
埋没毛を処理する埋没毛を処理する
手に付着したシリコンコーキング剤を落とす手に付着したシリコンコーキング剤を落とす
お酒の臭いを消すお酒の臭いを消す
女性が立ち小便をする女性が立ち小便をする
歯磨き粉でニキビを治す歯磨き粉でニキビを治す
肌に付いた塗料を落とす
タンポンを使用するタンポンを使用する
デリケートゾーンの匂いを消すデリケートゾーンの匂いを消す
生理中にナプキンを付けて泳ぐ生理中にナプキンを付けて泳ぐ
カミソリ負けを早く治すカミソリ負けを早く治す
ひび割れて痛む唇を治すひび割れて痛む唇を治す
重曹でニキビを治す
ペニスを洗うペニスを洗う
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は1,217回アクセスされました。
カテゴリ: 個人衛生
このページは 1,217 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告