蚊、ブヨ、ウマバエ、ノミ、ダニ、ツツガムシ、トコジラミ、マダニなどから刺されるととても不快です。噛まれるまたは刺されること自体はそんなに悪くなくても、後から来る腫れや痒みは非常に厄介です。幸いなことに薬で、または薬を使わないで虫刺されの痛みと痒みをやわらげて、最終的に完全に刺咬傷を治す方法はたくさんあります。

方法 1 の 4:
虫刺されの処置

  1. 1
    刺咬部を洗う 処置をする前に、まず刺された場所を石鹸とぬるま湯できれいに洗いましょう。刺された場所に腫れが見られる場合、保冷剤または氷嚢を患部に当てて腫れを引かせましょう。冷やすことによって一時的に痛みや痒みが抑えられます。[1]
    • 保冷剤または氷嚢を当てるのは1回に最長10分までにしましょう。
      10分当てて、10分インターバルをおく。このローテーションを最長1時間続けます。
  2. 2
    刺咬部をを掻かない 虫に刺されると、ほとんどの場合痒みが発生し、掻きたくなりますが、やめておきましょう。
    掻きたい衝動を全力で我慢しましょう。
    残念なことに、虫刺されの箇所を掻くと、症状が悪化し感染症をおこす恐れがあります。[2]
  3. 3
    かゆみ止めローションやクリームを塗布する 痒みがおさまらない場合、
    カラミンローション、局所抗ヒスタミン薬またはコルチコステロイドクリーム
    を塗布して痒みを抑えましょう。これらのローションやクリームは市販されているので、お近くの薬局やドラックストアで手に入ります。どれが一番効果があるか分からない場合は、薬剤師に相談してみましょう。[3]
  4. 4
    経口薬を服用する 痛みや痒みをおさえるためアセトアミノフェン(タイルノールなど)、イブプロフェン(バファリンなど)、抗ヒスタミン剤(クラリチンなど)を内服しても良いでしょう。[4]
    • 日常的にアレルギーの薬を服用している人で、さらに抗ヒスタミン剤を服用する場合は注意が必要です。服用量の増量、また他の薬と合わせても安全かどうかを、医者または薬剤師に確認しましょう。 
  5. 5
    重曹ペーストを使う 手作りの重曹ペーストを患部に塗布すると、毒素が抜けて痒みもおさまり、また回復が早まるとも言われています。

    重曹塩ペーストの作り方
    重曹2、食塩1の割合で混ぜる。
    水を加えて混ぜ、粘度のあるペーストを作る。[5]
    綿棒を使ってペーストを虫に刺された場所に直接塗布する。
    15-20分置いてからペーストを洗い流す。[6]

  6. 6
    食肉軟化剤を試してみる 見間違いではありません!味の付いていない食肉軟化剤にぬるま湯を加えてペースト状にします。このペーストを患部に直接塗布すると、痒みを抑える効果があります。15-20分置いてからペーストを洗い流します。[7]
  7. 7
    濡れたティーバッグを試してみる ティーバッグをぬるま湯にしばらく浸して、その濡れたティーバッグを患部に当てると痒みを抑えることができます。実際のお茶に使用したティーバッグを使用する際は、十分に冷めているのを確認してから肌に当てるようにしましょう。ティーバッグを患部に15-20分間当てておきます。[8]
  8. 8
    果物・野菜を刻む 果物や野菜には酵素が含まれているものがあり、腫れや痒みを抑える効果があります。下記のものを試してみましょう。[9]
    • パパイヤ — スライスしたものを一切れ患部に置き1時間放置する。
    • 玉ねぎ — スライスして患部にこすり付ける。
    • ニンニク — 一片を潰して患部に当てる。
  9. 9
    刺された箇所をリンゴ酢に浸ける 虫に刺されたら、直ちに刺された部分をリンゴ酢に(可能な場合)数分浸けます。刺された箇所が気になるようなら、リンゴ酢を含ませたコットンを患部に当てて、その上から絆創膏を貼りましょう。[10]
  10. 10
    アスピリンを砕く スプーンまたはすり鉢とすりこぎでアスピリンを一錠砕きます。水を少し加えてペースト状にして、患部に塗布します。カラミンローション使用時と同様に、ペーストは肌に塗布したままにして、シャワー、または入浴時に洗い流しても良いでしょう。[11]
  11. 11
    ティーツリーオイルを滴下する ティーツリーオイルを1日に1回、1滴患部に滴下しましょう。痒みは抑えられませんが、腫れを抑える効果は期待できます。[12]
    • 代替えとして、ラベンダーオイルまたはペパーミントオイルを1、2滴垂らすと痒みが抑えられます。
  12. 12
    ホメオパシー療法を試す 虫刺されに効果があるホメオパシーのレメディ(治療薬)はいくつかありますが、どのレメディをどのくらい利用するかは本人次第です。ホメオパシー医またはホメオパシー店に相談して、最適なものを選択しましょう。[13]
    広告

方法 2 の 4:
マダニに咬まれたら

  1. 1
    マダニを探す マダニは屋外に生息していて、とても小さく、他の虫とは違って咬んだ後逃げません。体を皮膚に食い込ませてそこに留まり、ヒト宿主から吸血し続けます。マダニは頭皮、耳の後ろ、わきの下、鼠径部、手や足の指の間など、狭くて毛が生えている場所を好みます。マダニを探すときは、まずこれらのエリアから始めて、念のため体全体をチェックしましょう。[14]
  2. 2
    マダニを取り除く マダニをヒト宿主から取り除く必要があります。手の届かない場所を咬まれた場合は特に、他の人の助けが必要かもしれません。素手でマダニを触らないようにしましょう。[15]

    マダニの取り除き方
    手伝ってくれる人が居ない、緊張する、自信がない、適切な道具がないといった場合は、医療機関へ行きマダニを取り除いてもらいましょう。重度のアレルギー反応が見られる場合を除いて、救急診療の必要はありません。
    マダニを掴む ピンセットでマダニの口または頭を挟みます。できるだけ皮膚に近い位置で掴みましょう。ピンセットでマダニを潰さないようにしましょう。
    マダニを引き抜く ゆっくりと静かに、ひねらず真っ直ぐに引き抜きましょう。
    残った部分をすべて取り除く マダニの体がちぎれてしまった場合は、皮膚から取り除きます。
    マダニを捨てない ばらばらになってしまった場合でも、捨ててはいけません。
    ワセリン、溶剤、ナイフ、マッチ等は使用してはいけません。

  3. 3
    マダニを保管する マダニは一時的に保管しておきましょう。マダニはライム病等の病気を媒介している可能性があるため、ライム病のサインが見られた場合、またそうでなくてもマダニを検査してもらった方がいいでしょう。検査で何らかの陽性が出た場合、さらなる治療が必要になるかもしれません。[16]
    • マダニをビニール袋または小さな容器(空の薬瓶等)に入れましょう。
    • マダニがまだ生きている場合、冷蔵庫で最長10日保存しましょう。[17]
    • マダニが死んでいる場合、冷凍庫で最長10日保存しましょう。
    • マダニを10日以内に提出できない場合、捨てて構いません。冷蔵・冷凍どちらで保存していても、10日が経過するとマダニの検査が不可能になります。
  4. 4
    病院へ行く マダニが深く皮膚に刺さっている、またはマダニの一部がまだ残っている場合は病院で取り除いてもらいましょう。また、ライム病の症状が見られる場合も病院に行きましょう。[18]  

    ライム病の兆候
    初期兆候: 遊走性紅斑
    一般的症状: 疲労、発熱または寒気、頭痛、けいれんまたは脱力感、しびれまたはうずき、リンパ節の腫れ[19]
    重篤な症状: 認知機能障害、神経障害、関節炎症状、心拍異常

  5. 5
    マダニの刺咬部を洗う 水と石鹸で刺咬部を洗ったあと、消毒剤を塗って消毒しましょう。
    消毒用アルコール、手の除菌用ローション等
    を使用しても良いでしょう。このステップを完了した後は、しっかりと手を洗いましょう。 [20]
  6. 6
    検査用にマダニを提出する 検査はお近くの公共医療機関で行われます。お住いの地域で試験が可能かどうか、保健所に問い合わせてみましょう。病気を伝播するマダニは一部であるため、公衆衛生研究所ではまずマダニの種類をチェックし、懸念がある場合は検査を実施または、さらなる検査のために国立研究所に送るケースもあります。[21]
    • カナダの、マダニを検査できる州立研究所がない州在住の人は、国立微生物研究所(NML)へ直接マダニを送りましょう。カナダ政府のウェブサイト(英語)に従い、国立微生物研究所にマダニを送りましょう。
    • アメリカ在住の人は、各州の保健所で検査用マダニの提出方法について指示を仰ぎましょう。詳しくは、お住いの州の保健所ウェブサイトを参照しましょう。[22]
    • マダニの検査結果を待っている間に
      感染症の兆候が見られた場合、迅速に処置をしましょう。
      偽陰性の可能性、もしくは他にもマダニに咬まれていて、気づいていない箇所があるかもしれない、ということを忘れないようにしましょう。
    広告

方法 3 の 4:
虫刺されを予防する

  1. 1
    香りのするものをつけない 虫はある特定の香り、または慣れない香りに集まってくる場合があります。屋外では、
    香水や香り付きのローション
    またはクリームは使わないようにしましょう。[23]
  2. 2
    虫よけ剤を使用する 虫よけには、スプレータイプとローションタイプがあります。まず第一に、屋外に出る前に虫よけを使用して、肌に虫が寄ってこないようにしましょう。体全体に、また衣類にも直接スプレーできるスプレータイプの方が簡単に使用できるのに対して、ローションタイプは肌に直接塗るので、露出している部分に的を絞ることができます。[24]
    • 虫よけローションの使用方法をよく読み、顔にも使用してよいかどうかを確認しましょう。目の周りには絶対に使用しないでください。
    • ディートが含まれた虫よけが一番効果があります。
    • 日焼け止めを塗った後は、30分以上待ってから虫よけを塗りましょう。
  3. 3
    防護服を着る 長袖のシャツと長ズボンに加えて、虫から身をまもる特別な服を着用するのも良いでしょう。防護服の帽子には薄いネットがついていて顔、首、肩をカバーし、守ることができます。虫がたくさんいる場所に行く場合は、虫よけ剤よりも良い選択かもしれません。[25] 
    • ズボンのすそを靴下の中に入て、足首を虫に咬まれないようにしましょう。
  4. 4
    よどんだ水溜まりをなくす 水溜まりや側溝、または流れのない水には蚊が卵を産みます。敷地内によどんだ水溜まりがある場合は、取り除いて蚊の発生を抑えましょう。屋外にいるときは、できるだけ水溜まりには近づかないようにした方が良いでしょう。[26] 
  5. 5
    虫よけキャンドルをたく 
    シトロネラ、リナロールまたゲラニオール
    から作られたキャンドルには虫、特に蚊を寄せ付けない効果があります。実際に、一定の範囲のメスの蚊の数をシトロネラは35%、リナロールは65%、ゲラニオールは82%減らすということが研究で証明されています。[27] 
    • シトロネラの匂いのするバッジも作られているので、服の上に着けるのも良いでしょう。
  6. 6
    エッセンシャルオイルで虫よけを作る エッセンシャルオイルの中には虫を撃退するものがあり、水で希釈して肌に塗布すると虫を寄せ付けません。エッセンシャルオイルキャンドルを使う代わりに拡散器を試してみましょう。[28] 
    • 虫よけの効果があるエッセンシャルオイルには、ユーカリ、クローブ、シトロネラ、 ニーム油またはクリーム、ショウノウ、メントールジェルなどがあります。
    • 液を直接肌に塗布する際は、目に入らないように注意しましょう。
    広告

方法 4 の 4:
するべきことを特定する

  1. 1
    虫刺されの症状を知る とても明白なように見えますが、ツタウルシのかぶれのような別の原因ではなく、虫刺されによるものと特定することが重要です。また、虫刺されの症状は他の疾患の症状と似ている場合があり、刺した虫にアレルギーがある場合は特に注意が必要です。[29]  

    注意が必要な症状
    人によって虫また刺咬への反応は異なります。下記のうちの一つまたはすべての症状がみられる、もしくは全く当てはまらない場合もあります。[30]
    刺咬傷とその周辺の症状: 痛み、腫れ、赤み、痒み、発熱、じんましん、わずかな出血
    命に係わる、虫刺されアレルギーを示す重篤な症状: 咳、喉のむずむず感、喉または胸の圧迫感、呼吸困難、喘鳴、吐き気または嘔吐、めまいまたは失神、発汗、不安感、刺咬部以外の体の痒みおよび湿疹[31]

  2. 2
    緊急処置が必要なケースを知る 
    口、鼻、または喉の内部を刺された場合、または重度のアレルギー症状が見られた場合は、直ちに救急車を呼ぶか、患者を緊急治療室に連れて行きましょう。
    このような場合、呼吸を補助したり、症状を鎮める医療処置が必要になる場合があります。(例:エピネフリン、コルチコステロイド等)[32]
    • 刺された人が、ある特定の虫にアレルギーを持っている場合、本人がエピペン(エピネフリンが投与できる携帯用注射器)を携帯している可能性があります。携帯している場合は、エピペンの説明書に従って直ちに薬を投与してください。
    • エピネフリンを注射した後、直ちに患者を病院へ連れて行きましょう。
  3. 3
    病院で処置が必要なケースを知る 刺された人に重度のアレルギー反応が見られない(または気道内部を刺されていない)場合でも、それは一時的に症状がでていない可能性があります。下記ような症状が表れたら病院でさらなる処置を受けましょう。[33]
    • 患部を掻くと皮膚が傷つき、そこから菌が入り込んで二次感染を引き起こす可能性があります。皮膚は感染症を防御する第一の層です。
    • 痛みまたは痒みの持続、発熱は刺咬部の感染症のサインです。
    • 例えば、感染症にかかってしまったら、その感染と戦うために抗生物質の投与が必要になります。
    広告

ポイント

  • ミツバチやカリバチ等の飛翔昆虫に刺された場合、上記の治療を行う前に必ず皮膚から針を取り除きましょう。指で取り除くのが困難な場合、ピンセットを使用しましょう。[34]

広告

関連記事

How to

血豆の治療

How to

爪が割れたときの対処

How to

ウニに刺された時の治療

How to

棘を抜く

How to

自分で抜糸する

How to

蚊に刺されたところの痒みを止める

How to

足指骨折の治療

How to

ハチ刺されを治療する

How to

耳の中の水を抜く

How to

ファイバーグラスによるかゆみを鎮める

How to

ヌカカに刺された時の対処

How to

蛇に噛まれた時の対処

How to

指の骨折を見分ける

How to

肋骨を痛めた時の対処
広告
  1. http://www.besthealthmag.ca/best-you/home-remedies/natural-home-remedies-insect-and-spider-bites
  2. http://www.besthealthmag.ca/best-you/home-remedies/natural-home-remedies-insect-and-spider-bites
  3. http://www.besthealthmag.ca/best-you/home-remedies/natural-home-remedies-insect-and-spider-bites
  4. http://umm.edu/health/medical/altmed/condition/insect-bites-and-stings
  5. http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/conditions/adult/pediatrics/bites_and_stings_insects_85,p01032/
  6. http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/conditions/adult/pediatrics/bites_and_stings_insects_85,p01032/
  7. http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/conditions/adult/pediatrics/bites_and_stings_insects_85,p01032/
  8. http://healthycanadians.gc.ca/diseases-conditions-maladies-affections/disease-maladie/lyme/ticks-removal-enlever-tiques-eng.php
  9. http://healthycanadians.gc.ca/diseases-conditions-maladies-affections/disease-maladie/lyme/ticks-removal-enlever-tiques-eng.php
  10. http://healthycanadians.gc.ca/diseases-conditions-maladies-affections/disease-maladie/lyme/symptoms-symptomes-eng.php
  11. http://healthycanadians.gc.ca/diseases-conditions-maladies-affections/disease-maladie/lyme/ticks-removal-enlever-tiques-eng.php
  12. http://healthycanadians.gc.ca/diseases-conditions-maladies-affections/disease-maladie/lyme/ticks-removal-enlever-tiques-eng.php
  13. http://www.doh.wa.gov/Portals/1/Documents/Pubs/333-179.pdf
  14. http://umm.edu/health/medical/altmed/condition/insect-bites-and-stings
  15. http://umm.edu/health/medical/altmed/condition/insect-bites-and-stings
  16. http://umm.edu/health/medical/altmed/condition/insect-bites-and-stings
  17. http://umm.edu/health/medical/altmed/condition/insect-bites-and-stings
  18. http://umm.edu/health/medical/altmed/condition/insect-bites-and-stings
  19. http://umm.edu/health/medical/altmed/condition/insect-bites-and-stings
  20. http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/conditions/adult/pediatrics/bites_and_stings_insects_85,p01032/
  21. http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/conditions/adult/pediatrics/bites_and_stings_insects_85,p01032/
  22. http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/conditions/adult/pediatrics/bites_and_stings_insects_85,p01032/
  23. http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/conditions/adult/pediatrics/bites_and_stings_insects_85,p01032/
  24. http://www.hopkinsmedicine.org/healthlibrary/conditions/adult/pediatrics/bites_and_stings_insects_85,p01032/
  25. http://www.medicinenet.com/bug_bite_treatment-page2/views.htm

このwikiHow記事について

Luba Lee, FNP-BC, MS
共著者
治験審査委員
この記事の共著者 Luba Lee, FNP-BC, MS. ルーバ・リーはテネシー州に住む家庭医療を専門とするナース・プラクティショナー(一定レベルの診断や治療を行うことが許可されている上級看護師)です。2006年にテネシー大学にて 看護学修士号を取得しています。
このページは 960 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告