蚊に刺されたところの痒みを止める方法

4 方法:キッチンにあるものを使う市販品を使うハーブとエッセンシャルオイルを使う水、熱、圧力を使う

蚊に刺されると何事にも集中できず、ストレスもたまります。かゆみを止める方法はいくつかありますが、最も重要なのは刺されたらすぐに対処することです。なるべく早急に消毒用アルコールやアルコール入りウェットティッシュ、水で患部を洗浄しましょう。虫刺されが完治するまではかゆみが完全に治まることはありませんが、レモン果汁やアロエなど、様々なものでかゆみを緩和することは可能です。

1
キッチンにあるものを使う

  1. 1
    レモンまたはライム 小さく切って患部にそっと擦りつけるか、果汁を患部の上に絞り落とします。クエン酸にはかゆみ止めの作用があります。[1]
  2. 2
    オートミール オートミールにはかゆみ止めの効果があることが知られています。すりつぶしたオートミールに少量の水を加えてペーストを作り、患部に塗りましょう。ペーストが乾くまで待ってから洗い流します。[2]
  3. 3
    少量の肉柔化剤 水と混ぜて患部に塗ります。しっかりと乾かしてから洗い流します。[3]
  4. 4
    ハチミツ 患部にハチミツを塗ります。ハチミツが患部を鎮め、かゆみを和らげます。[4]
  5. 5
    リンゴ酢 化粧用コットンにリンゴ酢をつけて蚊に刺された部分の上に置きます。[5] 数分間そのままにします。これで虫刺されの痛みが治まるでしょう。
    • その他には、リンゴ酢と小麦粉で作ったペーストを使うこともできます。この方法を用いるとリンゴ酢がかゆみを緩和するだけでなく、患部を乾かす効果も得られます。ペーストを患部に塗り、乾くまで待ちます。最後にぬるま湯でペーストを洗い流します。[6]
  6. 6
    重曹 重曹大さじ1を500mlの水に溶かします。[7]その溶液を患部にそっと塗ります。数分間そのままにしてからぬるま湯で洗い流します。こうした強力なアルカリ性溶液は虫刺されのかゆみを緩和することがあります。

2
市販品を使う

  1. 1
    虫刺されのかゆみを緩和する市販薬 ムヒ、ウナコーワ、キンカンなどの市販薬は虫刺されの症状の緩和に効果があります。また、ヒドロコルチゾン軟膏やカラミンローションでもかゆみや腫れを緩和できる場合があります。[8]虫刺されの薬は使用上の注意をよく読んで使用しましょう。使用上の注意が見つからない場合は薬局で使用方法を尋ねましょう。
  2. 2
    アスピリンのペーストを作る アスピリンは虫刺されの痛みを緩和し、腫れやかゆみを抑えます。[9] 言うまでもなく、アスピリンへのアレルギーを持つ人はこの方法は使えません。
    • また、市販の制酸薬の錠剤を砕いてペーストにしたものも使えます。[10]これにもかゆみ止めの効果があります。
  3. 3
    患部をアルコールで拭う アルコールが持つ冷却作用によりかゆみが一時的に治まります。アルコールには乾燥作用もあるため、患部を収縮させて腫れを抑える効果も期待できます。[11]
  4. 4
    蚊に刺された部分に少量の歯みがき粉を塗る[12] これはかゆみ止め効果が抜群です。普通の歯みがき粉が最もよく効きます。患部に塗って一晩置きましょう。翌朝、冷水と肌にやさしいせっけんで洗い流します。歯みがき粉が患部を乾かし、痛みやかゆみを取り除きます。
    • ジェルタイプではない歯みがき粉ならどれでも使えます。ジェルタイプの歯みがき粉はこの用途には使えません。
  5. 5
    せっけん せっけんと水で蚊に刺された部分を洗います。せっけんを使うだけでかゆみが治まることもあります。肌にやさしいせっけんを使い、肌への刺激を極力抑えましょう。[13]

3
ハーブとエッセンシャルオイルを使う

  1. 1
    アロエ アロエベラのジェル、またはアロエの葉を折ったものを蚊に刺された部分に擦りつけてかゆみを緩和します。アロエは肌の問題を改善および鎮静化することでよく知られています。[14]
  2. 2
    バジル バジルの葉をつぶして患部に擦りつけると自然にかゆみが止まります。バジルの葉にはチモールとカンフルという成分が含まれており、この両方に天然のかゆみ止めの効果があります。また、バジルは虫よけとしても効果があるため、さらなる虫刺されを防止できます。[15]
  3. 3
    セイヨウオオバコ オオバコの葉を指でつぶしてその汁を患部にぬるか、つぶした葉ごと患部に擦りつけます。1分も待たずにかゆみが引くでしょう。[16]
  4. 4
    ラベンダーオイル 少量のラベンダーオイルを患部に直接つけると、すぐにかゆみが治まります。[17]
    • 代わりにウィッチヘーゼルを患部につけても同様の効果が得られます。[18]
  5. 5
    ティーツリーオイル ティーツリーオイルは何でも治す万能薬として知られていますが、虫刺されのかゆみ止めとしても効果があります。[19]
    • ウィッチへーゼルを使った冷湿布にティーツリーオイルを一滴加えましょう。虫刺されの焼けつくような感覚とかゆみを緩和します。

4
水、熱、圧力を使う

  1. 1
    患部を手で押すかたたく 痛むほど激しくたたくのではなく、しばらくかゆみが治まる程度の強さでたたきましょう。[20]
  2. 2
    熱いお風呂にゆっくりとつかる 濃いめに淹れたコハコベのハーブティー、リンゴ酢大さじ2、または粉末オートミール2カップをお風呂に加えるとかゆみ止めの効果が得られます。[21]
    • 上記のお風呂にエッセンシャルオイルを加えても良いでしょう。香りを楽しめるだけでなく、患部の洗浄効果や肌の鎮静効果も得られます。
    • お湯が熱すぎてはいけません。また、20分以上湯船につかると肌の乾燥を招きます。
  3. 3
    アイスパックまたは氷を患部に当てる[22] かゆみを止めるにはアイスパックまたは氷を20分ほど当てたままにします。
  4. 4
    温めたスプーンを患部に当てる 金属製のスプーンを熱湯に1分間浸します。スプーンをお湯から取り出して5-10秒ほど冷ましてから、蚊に刺された部分に当てます。10-30秒間スプーンを当てたままにします。お湯がまだ熱いうちに2,3回繰り返します。患部が治るまでこれを一日に数回繰り返します。[23]

ポイント

  • 地元で蚊に刺された時と旅行中などの別の場所で蚊に刺された時に違いがあることに気づくかもしれません。蚊の種類は多岐にわたるため、種類によって刺された時の反応が異なる場合があります。
  • 就寝中に虫刺されを掻いてしまう心配がある場合は、患部に絆創膏を貼っておきましょう。
  • 上記の方法が効かなくてもがっかりすることはありません。中には効果が表れるまでに何回か試さなければならないものもあります。かゆみはいつか止まります。他のことをしてかゆみから気を逸らしましょう。
  • 夏であっても、気温がそれほど高くなければ薄手の上着を羽織って肩や首、腕を保護しましょう。
  • 蚊に刺されたことに気づいたら、すぐに患部を洗いましょう。
  • 患部を洗った後に、オレガノオイルを数滴塗りましょう。これを2時間おきに繰り返します。
  • 虫刺されが足やくるぶしの辺りに集中している場合はハイソックスを履きましょう。これは特に就寝時に効果があります。
  • 肌が乾燥しているとかゆみが増します。保湿剤やローションを塗って乾燥を防ぎましょう。
  • 蚊は甘い香りのする香水や黒い服を好みます。こうしたものを身に着けるのは避けましょう。
  • 虫刺されを予防しましょう。蚊が出る時間帯(夜明け前後や夕暮れ時)には外に出ない、窓には網戸を取り付ける、網戸に穴が開いたらすぐに修復する、長袖シャツと長ズボンを着用する、ディートやイカリジン(ピカリジン)、レモンユーカリを配合した虫よけスプレーを使用するなどの対策を取りましょう。[24]

注意事項

  • 蚊に刺されたことによるアレルギー反応(すぐに皮膚が腫れあがる)が出た場合には、経口抗ヒスタミン薬について医師に尋ねましょう。
  • 何があっても虫刺されを掻いたり擦ったりしてはいけません。余計にかゆくなるだけです。
  • かゆみが止まらずに痛みも治まらない場合は医師の診察を受けましょう。炎症や化膿を起こした皮膚には医療処置が必要です。
  • 蚊からヒトへの深刻な感染症にはウエストナイル熱やジカ熱、マラリア、デング熱、黄熱などがあります。虫刺されの予防措置を取り、こうした感染症を未然に防ぐことが大切です。
  • 発熱や頭痛、体の痛み、感染症の兆候が見られる場合は医師に相談しましょう。[25]

出典と引用

  1. http://www.naturallivingideas.com/mosquito-bite-home-remedies/
  2. http://www.healthyandnaturalworld.com/best-natural-ways-to-relieve-mosquito-bites/
  3. http://www.almanac.com/content/insect-bites-and-stings-tips-and-remedies
続きを 表示する… (22)

記事の情報

カテゴリ: 救急処置・緊急医療 | アウトドア

他言語版:

English: Stop Mosquito Bites from Itching, Français: arrêter les démangeaisons de piqures de moustiques, Italiano: Fermare il Prurito Causato da una Puntura di Zanzara, Español: aliviar la picazón de las picaduras de zancudos, Português: Fazer a Picada de Mosquito Parar de Coçar, Deutsch: Den Juckreiz von Mückenstichen lindern, Nederlands: Zorgen dat een muggenbeet niet meer jeukt, Русский: снять зуд после укусов комаров, 中文: 在被蚊子叮后止痒, Čeština: Jak se zbavit svědění po komářím štípnutí, हिन्दी: मच्छर के काटने से होने वाली खुजली को रोकें, العربية: إيقاف الحكة الناتجة عن لسعات البعوض, 한국어: 모기 물린 자리의 가려움증 가라앉히는 법, Tiếng Việt: Giảm ngứa do muỗi đốt, ไทย: หยุดอาการคันจากรอยยุงกัด

このページは 258,767 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?