PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

蚊は病気を媒介することで知られていますが、ほとんどの蚊は刺して血を吸い、肌に赤くて痒い刺咬痕を残すだけです。とはいっても、これだけで十分不快で、残念ながら蚊を寄せ付けてしまう人にとっては厄介なものです。1匹の蚊を殺すのはそれほど難しくありませんが、将来的に家の中や庭に蚊が寄って来にくくするには、より強力な対策を取る必要があります。

方法 1
方法 1 の 4:
手作りの蚊用トラップを作る

  1. 1
    大きめのボックスファンを用意する ホームセンターやデパートで、従来のファンより吸い込む力が強めの大型ファンを購入しましょう。このトラップにはマグネットを使用するため、フレームが金属製のものを選びましょう。ボックスファンといくつか道具を使用して、少なくとも短期間は蚊を大幅に減らすことができるトラップを作りましょう。長期間での蚊対策としての効果は不明ですが、「蚊の幼虫を殺す」の項も参考にすると良いでしょう。[1]
    • 庭でトラップを使用する場合、長めの延長コードを用意して屋内のコンセントに繋いでファンを使用しましょう。
  2. 2
    ジップタイやマグネットでファンの片面に網を取り付ける ファンの前面を目の細かくて虫を通さない金属製の網で完全に覆いましょう。強力なジップタイやマグネットを数個使用してファンのフレームに網を取り付けましょう。
  3. 3
    ファンを回す 蚊がたくさんいる場所でファンの電源を入れ、数時間回し続けましょう。長期的な削減に繋がるかは不明ですが、1、2日で蚊の数を大幅に減らすことができます。[2]
  4. 4
    希釈したイソプロピルアルコールで蚊を退治する スプレーボトルに70%のイソプロピルアルコールと、同量の水を1:1の割合で入れ、中央のモーター部を避けて網に液をスプレーし、蚊を殺します。蚊の死骸が付いた網は外に出しておいて、蚊を捕食する動物に与えるか、屋外のゴミ箱の上でふるい落としても良いでしょう。網は、再利用可能です。
    • スプレーする前に、蚊以外の虫(蛾など)は網から取り除いた方が良いでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 4:
他の大量駆除方法

  1. 1
    一時的な解決策として殺虫剤をスプレーする 蚊を撃退する最も効果的な殺虫剤はディートですが、効果は長くても数時間で、庭にいる有益な虫も一緒に殺してしまいます。[3] 他の殺虫剤を使用すると、巻き添え被害を減らすことができるかもしれません。しかし、ディート以外の殺虫剤は、効果が弱く持続時間も短いことが多く、服の上にスプレーするタイプで広い範囲には使えません。
    • ラベルをチェックして、農薬取締法や薬事法の承認や登録を受け、用途に合った殺虫剤であることを確認しましょう。[4]
  2. 2
    蚊よけ効果のある植物を試す 蚊よけの効果があると証明されている植物としてランタナがありますが、ペットに有害でアレルギーを引き起こす可能性もあり、繁殖力が強く、地植えすると広がってしまいます。庭に植えて楽しみたい人や大量に植えたい人は、挑戦してみましょう。他の植物を植えてみるのも良いですが、蚊よけの効果は薄いでしょう。
    • シトロネラ、レモングラス、柑橘系果物、バジル、ローズマリー、ミント、キャットニップには微量ですが蚊を寄せ付けない効果があります。
  3. 3
    電気虫取り器や超音波殺虫器を信用しない 電気虫取り器は、大きな音や明るいライト、またスパーク音から効果的に見えますが、死んでいる虫のほとんどは蚊ではなく、蚊を捕食する虫です。[5] 超音波殺虫器に殺虫効果はありません。[6]
    • 前述の手作り蚊用トラップと類似した、ファンを使ったトラップが売られている事がありますが、一時的な対策としては効果的でしょう。[7]
  4. 4
    一時的な措置をとる 蚊は煙を嫌い、ファンからの強いで吹き飛ばされます。パティオで食事をするときに、煙かったり強い風があると不快ですが、数分間蚊を寄せ付けたくない場合は、選択肢の一つとして試してみましょう。
    • シトロネラキャンドルは、その匂いではなく煙が有効に働いて、大抵は効果があります。[8] その他のキャンドルでも効果はほとんど同じです。
    広告

方法 3
方法 3 の 4:
蚊の幼虫を殺す

  1. 1
    水溜まりを無くす 流れのない水には蚊が卵を産みます。天水桶、子供用プール、ペットの飲み水、その他水の入った容器等を定期的に空にしましょう。水を抜くことができない水溜まりには、殺虫剤を撒いて蚊の幼虫を殺しましょう。
    • 殺虫剤を使用する際は必ずラベルの注意書きを読み、子供やペットが殺虫剤が混ざった水を誤飲しても害がないか確認しましょう。一般的に、殺虫成分が細菌ベースのものは化学薬品のものに比べてその他の動物には安全です。[9]
  2. 2
    雨樋やごみをそうじする 予想外かもしれませんが、こういった場所には水が溜まりやすく、蚊が卵を産みます。特に雨の時期には庭に散乱しているものは頻繁にかたずけましょう。
  3. 3
    芝生や低木は手入れをして水溜まりができないようにする 芝や低木を定期的に刈ってきれいにしておくと、露や雨水が溜まるのを防ぐことができます。[10] 庭への水まきは土を水浸しにしたり水溜まりを作るような量は止めて、必要最低限の土が湿る程度に留めておきましょう。[11]
    広告

方法 4
方法 4 の 4:
蚊を1匹づつ殺す

  1. 1
    ランプや懐中電灯をつける 蚊は光に集まりますが、部屋にすでに飛び回っているときは光を消しても意味はありません。明りを消さずに、蚊をおびき寄せて殺しましょう。
    • 蚊はナトリウム灯、LEDライト、黄色い「虫よけライト」には寄って来ません。[12] こういったライトを夜間照明として使用して、蚊を集めるのではなく、現れる蚊の数を減らしましょう。
  2. 2
    掃除機を使用する 強力な掃除にホースをセットして準備し、蚊に狙いを定めたら掃除機の電源を入れて吸い込みましょう。吸い込むとごみパックの中で死にますが、確実に排除したいなら外でパックを外して処分するか、空にしましょう。蚊1匹にこれだけの事をするのは面倒な場合は、下記の叩いて殺す方法へと読み進めましょう。
  3. 3
    蚊が壁に止まるのを待つ 蚊を目で追ったり、壁の方へ追いやったりするのにかかる時間はほんの1、2分です。
    • 蚊が壁に止まらないときは、飛んでいるところを両手で叩いて殺しましょう。何度か失敗するかもしれませんが、試してみましょう。
  4. 4
    長いもので叩く 丸めた雑誌、新聞紙やその他の紙を使用すると、叩く力が強まり届く範囲も広がるため、蚊を叩くにはぴったりです。叩いた後の潰れた蚊を洗ったり拭き取ったりしてきれいにする手間が気にならないようなら、シャツや本等を使用しても構いません。見事に蚊を仕留めることができたら、達成感を感じながらいつもの生活に戻りましょう。
    • 蚊を退治するのに、ハエたたきや軽く触れるだけで虫を殺すことができる電気式のものを購入しても良いでしょう。
  5. 5
    コップに閉じ込める 叩く前に蚊が飛び去ってしまうのは、叩くときの風に反応しているのかもしれません。止まっている蚊の上に、透明のコップを素早く移動させて中に蚊を閉じ込めましょう。コップと壁の間から紙や段ボールを入れ込んで、蚊の入ったコップを壁から離します。そして外に持ち出して、慎重に紙を外して握りつぶすか、蚊を閉じ込めたままにして窒息させましょう。
    広告

ポイント

  • ゆったりとした長袖の服を着用して、蚊に刺されるのを防ぎましょう。
  • ディートは激しい反応を引き起こす可能性があるため、スプレーする際は十分注意しましょう。
  • 暑い季節には、家の中で半そでを着ないようにしましょう。窓を開けて(確実に虫が入らない網戸を閉めておく)、長袖長ズボンを着用しましょう。また、黒、赤、緑色の服は避けましょう。
  • ニンニクを食べても蚊よけの効果はないとされる研究結果が出ています。[13]
広告

注意事項

  • 蚊が腕に止まったとき、腕の筋肉を張って緊張させたり、血管をつまむと蚊が破裂するというのは迷信です。蚊にたっぷりと血を吸わせてあげて、最悪の刺咬痕が残るだけです。
広告

関連記事

プラスチックについた傷を消すプラスチックについた傷を消す
スライダーが完全に外れたファスナーを修理するスライダーが完全に外れたファスナーを修理する
ヘアピンでドアの鍵を開けるヘアピンでドアの鍵を開ける
ヘアピンで錠を開ける
リベットを外すリベットを外す
ドライバーを使わずにネジを外す
アリを殺虫剤なしで殺傷するアリを殺虫剤なしで殺傷する
プラスチックのひび割れを補修する
ガラスの傷を取るガラスの傷を取る
エアーベッドの空気漏れを修理するエアーベッドの空気漏れを修理する
コオロギを駆除するコオロギを駆除する
戦争を生き延びる戦争を生き延びる
カエルを駆除するカエルを駆除する
大きすぎるセーターを縮める大きすぎるセーターを縮める
広告

このwikiHow記事について

Chikezie Onyianta
共著者 ::
害獣・害虫駆除業者
この記事の共著者 : Chikezie Onyianta. 害獣・害虫駆除業者のチケジー・オニアンタは、ペンシルベニア、ニュージャージー、ニューヨークに展開する「EcoFusion Pest Control」の経営者です。一般家屋・商業施設の害獣・害虫駆除を専門とし、経験は5年以上。ネズミ、ゴキブリ、その他害獣虫の駆除を行っています。エセックス・カウンティー大学卒業。 この記事は3,944回アクセスされました。
記事のサマリーX

蚊を駆除するには、懐中電灯で蚊を壁や部屋の隅におびき寄せ、本や丸めた新聞紙、ハエたたきなどで叩きます。また、屋外でシトロネラキャンドルを灯しておくと、その匂いで蚊が寄り付きません。他の方法として、蚊よけのトラップを作るには、ボックスファンに結束バンドで網を取り付けます。屋外で電源を入れると、網に蚊が引っかかるので、水と消毒用アルコールを1:1の割合であわせた液を吹きかけて駆除します。また、駆除だけでなく、新たに蚊が繁殖しないように、家の周りの水溜まりをすべて取り除きましょう。さらに、庭にがらくたなどがあるとそこに雨水が溜まり、蚊を引き寄せる可能性があるため、余計なものを置かないようにしましょう。 手作りの蚊よけトラップを作る方法などについては、記事を読み進めましょう。

このページは 3,944 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告