血中ナトリウム濃度を高める方法

この記事には:食生活を見直すナトリウムについてよく知る合併症について理解する

ナトリウムは体に欠かせない電解質です。ナトリウムには血圧を制御し、筋肉と神経細胞を適切に機能させる働きがあります。血清ナトリウム濃度低下、または低ナトリウム血とは体内のナトリウム濃度が低い状態の事を指します。主な原因はやけど、下痢、過度の発汗、嘔吐、尿排出量を促進する薬の摂取等が挙げられます。[1]血中ナトリウムが低い状態を放っておくと筋力低下、頭痛、幻覚等を引き起こす可能性があり、最悪の場合は死に至ることもあります。[2]血中ナトリウム濃度を上げるには、普段摂取している水分を、スポーツドリンクやココナッツウォーター等の電解質の高いものに変えて、ナトリウムを多く含む健康的な食べ物を積極的に摂取する必要があります。また水分の摂取と排出のバランスに気を付けて、重大な症状が見られる場合、または血中ナトリウム濃度を自然に上げることができない場合は、医師の診察を受けましょう。

パート 1
食生活を見直す

  1. 1
    水分摂取量を抑える 水をたくさん飲むと血中のナトリウムが希薄になり、ナトリウム濃度が低下します。また水分を摂れば摂るほど、体内の水分保有率が高まります。
    • 安全に水分摂取量を減らすことは可能です。低ナトリウム血を自覚している場合、水を1日に2リットル以上飲むのでなはく、1リットルから1.5リットルに抑えましょう。そうすると、体内のナトリウム濃度が希薄になったり、汗や尿によって排泄されるのを防ぎます。
    • 気温が高いときや運動をした後等、特定の状況に限り水分摂取量を増やしましょう。汗をかくと水分が失われ、すぐに脱水状態に陥ります。こういった事態は避けましょう。
  2. 2
    体を動かした後はスポーツドリンクを飲む スポーツ選手、もしくはよく体を動かして汗を大量にかく場合、スポーツドリンクが有用かもしれません。スポーツドリンクを飲む事により、血中のナトリウム電解質が失われるのを防ぎます。
    • ゲータレード等のスポーツドリンクには、発汗や嘔吐で余分に水分が失われたときに必要な電解質が含まれています。
    • スポーツドリンクには、特にナトリウム電解質やカリウム電解質等の必須の電解質が含まれているため、とても便利です。
  3. 3
    スポーツドリンクに代わる健康的な代替品を知る 全ての人がスポーツドリンクを好むとは限りません。また手に入らないときもあります。下記は一般的な代替品です。
    • 生理食塩水 家庭で簡単に作れるうえ、体内の失われたナトリウムを素早く補給できます。コップ一杯の水に、塩をひとつまみいれて混ぜるだけで完成です。
    • ココナッツウォーター 電解質を豊富に含んでおり、脱水症の改善にも効果的です。
    • バナナ カリウムが豊富に含まれているため、体を動かした後はバナナを1、2本食べましょう。
  4. 4
    ナトリウムを豊富に含んだ食べ物を摂取する 発汗やその他の理由でナトリウムが失われたと感じたら、食事で簡単に補給することができます。運動と運動の間に食事を挟むことで失われたナトリウムを補給し、ナトリウム濃度を上げることができます。ナトリウムを豊富に含む食べ物には以下のようなものがあります。[3]
    • 食卓塩 小さじ1杯で1日分の摂取量(2300mg)
    • ブイヨンまたはスープ ブイヨンの素5mg にナトリウム約1200mg含有
    • サラミ 1切れにナトリウム 226mg含有
    • ベーコン 1切れにナトリウム194mg含有
    • チーズ 100gにナトリウム215mg含有
    • オリーブ 100gにナトリウム1556mg含有
    • 醤油 小さじ1杯にナトリウム335mg含有
    • キャビア 100gにナトリウム約1500mg含有
  5. 5
    果物と野菜を積極的に摂る ナトリウムは普段口にするほとんどの食べ物に含まれているため、簡単に摂取できます。血中のナトリウム濃度を健康的に上げるには、ナトリウムを含む野菜や果物を食べましょう。加工食品にもナトリウムは多く含まれていますが、健康の専門家のほとんどは、生鮮製品の摂取を推奨しています。[4]
    • コップ一杯の野菜ジュースには500mgのナトリウムが含まれています。みじん切りにしたカルドン、ニンジン、セロリに塩をひとつまみ加えてブレンダーにかけ、美味しいジュースを作りましょう。
    • サツマイモとほうれん草にもナトリウムが多く含まれています。忙しくて時間がない場合、1カップあたり1174mgの塩分が含まれている白いんげん豆の缶詰、もしくはオリーブの缶詰を試してみましょう。一度にオリーブを5個食べると、550mgのナトリウムを摂取できます。
    • マメイアップル、グァバ、パッションフルーツ等の果物にはナトリウム50mg~130mgが含まれています。
    • アメリカ農務省によると、加工した果物にはさらに50mgのナトリウムが含まれています。
  6. 6
    肉からもナトリウムを摂る 肉の入ったスープまたは骨からだしを取ったスープはナトリウムを豊富に含んでいます。ミートローフやビーフシチューにもナトリウムは多く含まれています。野菜や果物があまり好みでない場合、動物性のものからも摂ることができることを覚えておきましょう。
    • ハムなどの加工肉にはナトリウムが多く含まれています。チキンナゲット、ピザやファストフードのハンバーガー等のほとんどの加工肉には防腐のためナトリウムが多く使用されています。そのため、注意しないとすぐにナトリウムの過剰摂取につながります。

パート 2
ナトリウムについてよく知る

  1. 1
    利尿剤の服用を避ける 以前から薬を服用している、または医者から処方されている場合を除いて、利尿剤を服用してはいけません。利尿剤は尿の生成を促す物質が含まれており、体内に水分が滞留するのを防ぎます。しかし、ナトリウムまで失うことになるので結果的に脱水状態に陥る可能性があります。
    • 利尿剤には水分とナトリウムを排出する働きがあるため、服用するとさらにナトリウムを失うことになり、健康全般に危険をきたす恐れがあります。
    • 一般的に知られている利尿剤には、クロロチアジド(アルダクトン)、フロセミド(ループ利尿薬)、スピロノラクトン(アルダクトン)等が挙げられます。
  2. 2
    推奨ナトリウム摂取量に注意する イギリスの国民保健サービスでは、平均的な大人には1日当たり食塩6g以下を推奨しています。6gは約小さじ1杯に相当します。ナトリウムを多く摂る食生活を推奨するのは稀な事です。
    • 体をよく動かす人は普通の人に比べてより多くのナトリウムが必要かもしれません。ただし、低ナトリウム血症を患っている場合、ナトリウムを多めに摂るように指示を受ける場合があります。詳しくは医師に相談しましょう。
    • 統計では、アメリカ人の85%がナトリウムを摂り過ぎています。自身で認識しているナトリウム濃度と、実際の値は異なる可能性があります。
    • 幼児で2g、小児で3g~5gの塩が適量です。繰り返しになりますが、普通の大人で1日の塩の摂取量は6g (2300mg)以下と推奨されています。
  3. 3
    水分の摂取と排出のバランスをとる 運動中と安静時の水分の摂取量には違いがあるという事を覚えておきましょう。発汗と排尿で失われた水分を計算して、摂取する水分量を決定しましょう。
    • 1時間当たり800ml以上の水を飲んではいけません。スポーツ選手は激しいトレーニングのため水分を摂り過ぎて、体に負担をかける傾向にあります。マラソンランナーは失われた水分を補給するため、また喉の渇きのために水分を摂り過ぎて低ナトリウム血症を発症するという臨床研究があります。
    • 身体的なストレスを感じると、天然抗利尿ホルモンであるバソプレシンの分泌量が増えます。体は、大量に発汗しても水分を節約しようとします。実際、ランニングによってもたらされる身体的ストレスにより、腎臓の排泄許容量が1時間当たり100mlまで減少することがあります(通常は1リットル)。
  4. 4
    健康を第一に考える 腎臓または心臓血管の疾患や骨粗しょう症を患っている場合は特に、医療処置が必要な状態ではないことを確認してから、高ナトリウムの食生活を始めましょう。何かを変える前に、まずは医師に相談しましょう。
    • 高ナトリウムの食習慣が求められるのは稀なケースです。実際のところ、ほとんどの医師はナトリウムを控えた食生活を推奨しています。高血圧と心臓血管の疾患を防ぐには、低脂肪高たんぱくの食事が基本です。

パート 3
合併症について理解する

  1. 1
    低ナトリウム血症の症状を理解する 体内のナトリウム電解質の濃度が下がると、体に害を及ぼす恐れがあります。重篤な低ナトリウム血症は、放っておくと命にかかわります。ナトリウムレベルが低い事を示す症状には以下のようなものがあります。
    • 頭痛
    • 吐き気、嘔吐
    • 疲労・脱力感
    • 筋肉のけいれん
    • 精神錯乱
    • 神経過敏、情緒不安定
      • 意識を失う、突然の発作または昏睡状態に陥るなどの症状は医療的緊急事態ですので、直ちに近くの病院に行きましょう。
  2. 2
    脳への影響を知る こういった低ナトリウム血症の症状は全て、脳が低ナトリウムに敏感になっているからだと考えられており、これにより様々な症状が引き起こされます。重篤な状態に陥る可能性があるというのは、こういった理由からです。そして最終的には、脳に大きな混乱を与えることになります。[5]
    • ナトリウム濃度が著しく下がると、余分な水分が脳細胞に入り込み、脳が過敏になります。こうなると、細胞が膨張した状態になり、医療措置を必要とします。
  3. 3
    病院に行く こういった症状が現れた場合、もしくは低ナトリウム血がが疑われる場合、医師に相談するのが賢明です。ナトリウムの適量は、人によって微妙に異なります。各自に最適な量については医師に相談しましょう。
    • 処置をせずに放っておくと、深刻な状態に進行します。上記のステップに従いましょう。不明な点または心配な点がある場合は、迷わずに病院に行きましょう。ナトリウムと水分のバランスが適切で、症状が軽減されたとしても、医師の指示を受けることは自身の健康を守るためには賢明な方法です。

ポイント

  • 血液検査を受け、血流中のナトリウム濃度が正常域に入っていかを確認しましょう。

記事の情報

カテゴリ: 栄養学・食事のマナー

他言語版:

English: Raise Your Blood Sodium Level, Italiano: Aumentare i Livelli di Sodio nel Sangue, Русский: повысить уровень натрия в крови, Português: Aumentar seu Nível de Sódio Sanguíneo, Español: aumentar tu nivel de sodio en la sangre, Français: augmenter votre taux de sodium dans le sang, Deutsch: Den Blutnatriumspiegel erhöhen, Bahasa Indonesia: Meningkatkan Kadar Sodium Darah Anda, 中文: 提高血钠水平, Nederlands: Het natriumgehalte in je bloed verhogen, Čeština: Jak zvýšit hladinu sodíku v krvi, العربية: رفع مستوى الصوديوم في الدم, Tiếng Việt: Tăng nồng độ natri trong máu, ไทย: เพิ่มระดับโซเดียมในเลือด, 한국어: 혈중 나트륨 수치 올리는 방법, हिन्दी: अपने खून में सोडियम का स्तर बढाएं

このページは 174 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?