血豆は、指を強く挟むなど、皮膚の外傷によって発生します。血豆は、内出血を伴う豆状の腫れであり、触れられると強い痛みを感じる場合があります。ほとんどの場合、血豆は深刻なものではなく自然に治りますが、血豆の治療方法を把握して、不快感を最小限に抑えて感染症を防止することが重要です。この記事で紹介するように、血豆を安全かつ確実に治すために、家庭でできる治療はたくさんあります。

方法 1 の 5:
血豆ができたらすぐに処置する

  1. 1
    血豆を圧迫しないようにする 始めにすべきことは、血豆が圧迫されるのを防ぐことと、血豆を空気にさらすことです。血豆が擦れたり、圧迫されたりしないように処置する必要があります。血豆を空気にさらすことで、自然に治りやすくなります。患部を圧迫しなければ、血豆を刺激しないため、裂けたり破裂したりして、感染症にかかる可能性を低減できます。[1]
  2. 2
    怪我で血豆ができて痛む場合は、すぐに氷で冷やす 1度につき10~30分間、患部を冷却パックで冷やしましょう。[2] 患部が熱を帯びてズキズキと痛む場合は、冷却パッドで患部を冷やして痛みを和らげることができます。怪我の直後に限らず、定期的に患部を冷やすのもよいでしょう。
    • 凍傷になる恐れがあるため、氷を直接肌に当てないようにしましょう。氷をタオルで包むなどして、肌に氷が直接触れない措置をとり、患部を保護します。[3]
    • 血豆にアロエベラのジェルを優しく塗布することで、痛みや腫れを和らげることができます。[4]
  3. 3
    特別な事情がなければ、血豆を潰さない 血豆ができると潰したくなるかもしれませんが、潰してしまうと、感染症にかかったり、治りが遅くなったりする恐れがあります。普段圧迫される部位に血豆ができた場合は、血豆がそれ以上圧迫されないようにしましょう。
    広告

方法 2 の 5:
血豆を自然に治す

  1. 1
    血豆を空気にさらす ほとんどの場合、時間と共に血豆は自然に治りますが、患部を清潔で乾燥した状態に保つことで、なるべく早く治すことができます。[5]患部を空気にさらすことは、回復に役立つだけでなく、感染症にかかる可能性を減らす効果もあります。
  2. 2
    擦れや圧迫をできる限りなくす 踵やつま先のように、日常生活で何かに擦れる箇所に血豆ができた場合は、血豆が擦れるのを防ぐ措置をしましょう。血豆は、靴など他の物と頻繁に擦れると、裂けたり破裂したりする可能性があります。最も簡単な防止策は、魚の目、たこ、まめなど用に販売されているドーナッツ状の保護パッドを利用することです。[6]
    • クッション性のある材質でできたドーナツ状の保護パッドを利用することで、血豆が擦れるのを防ぎつつ、早く治すために血豆を空気にさらすこともできます。[7] 血豆が穴の部分の中央に来るように保護パッドを貼り、圧迫や摩擦を防ぎましょう。[8]
  3. 3
    包帯を巻いて血豆を保護する 足や指のように、頻繁に何かに擦れる箇所に血豆ができた場合は、包帯を緩く巻くことで、患部をさらに保護することができます。[9] 患部への摩擦や圧迫は、血豆の回復を妨げ、感染症を引き起こす主な要因となります。包帯をすることで、血豆が擦れたり圧迫されたりするのを軽減することができます。必ず清潔な包帯を使用し、定期的に交換しましょう。[10]
    • 包帯を巻く前には、血豆とその周りを清潔にしましょう。
  4. 4
    完治するまで患部の処置を続ける 異様に大きな血豆ができた場合は、医師に診察してもらいましょう。こうした場合には、血抜きする必要があります。感染症防止のために、医療機関で処置してもらうことが推奨されます。
    広告

方法 3 の 5:
血抜きの方法とタイミングを把握する

  1. 1
    血抜きをするのが最善であるかを判断する 血豆は自然に治るため、ほとんどの場合、血豆ができてもそのまま放置して、自然に治るのを待つべきです。しかし、場合によっては、血抜きをするのが最善の処置であることもあります。例えば、内部に大量の血液が溜まって、激しく痛む場合や、血豆が徐々に膨らんできて、破裂しそうな場合などには血抜きが必要になるかもしれません。[11] 本当に血抜きの必要があるかを慎重に判断しましょう。
    • 血抜きが必要な血豆には、通常の血豆よりも特に注意を払わなければなりません。
    • 血抜きをすると判断した場合は、感染症を防ぐために、注意深く、かつ整然と処置を行わなければなりません。
    • HIV、糖尿病、心臓疾患、ガンなどの病気にかかっている場合は、感染症のリスクがあるため、決して血抜きをしてはいけません。
  2. 2
    血豆を切開する準備をする 血抜きが必要であると判断した場合は、感染症を防ぐ措置をしなければなりません。処置を始める前に、手と患部をせっけんと水で入念に洗います。続いて、血豆の切開に使用する針を消毒用アルコールで消毒します。まち針は、針に比べて先端がとがっておらず、端にギザギザの持ち手がついているものもあるため、使用しないようにしましょう。[12]
  3. 3
    血豆を切開して血を抜く 針で血豆の端を注意深く優しく切開します。切開した箇所から内部に溜まっていた血液などが流れ出てきます。しっかりと血抜きできるように、必要に応じて、血豆をほんの少し押してもよいでしょう。[13]
  4. 4
    患部を清潔にして手当てする 血抜きした患部にイソジンなどの消毒液を塗ります(消毒液にアレルギーがないことを前提としています)。患部周辺を清潔にし、滅菌済みの包帯や絆創膏などで手当てします。手当てが完了したら、なるべく患部を圧迫したり擦ったりしないようにしましょう。患部が感染するのを防ぐために、患部をしっかりと観察して、包帯や絆創膏を定期的に交換する必要があります。[14]
    広告

方法 4 の 5:
割れた血豆や潰れた血豆を処置する

  1. 1
    慎重に血抜きをする 圧迫や摩擦などで、血豆が割れたり裂けたりした場合は、すぐに患部を清潔にする処置をして、感染症を防がなければなりません。血豆が割れてしまったら、まずは慎重に血抜きを行いましょう。[15]
  2. 2
    患部を洗って傷薬を塗る 自分で血抜きの処置を行った場合は、患部をしっかりと洗って、傷薬を塗りましょう(アレルギーがない場合)。[16] アルコールやヨードは傷の回復を遅らせる可能性があるため、これらを直接患部に塗ることは避けましょう。
  3. 3
    皮膚をそのままにしておく 血抜きをした後は、血豆の皮はそのまま残しておき、丁寧に新しい皮膚の上に被せておきましょう。こうすることで患部をさらに保護することができ、回復を促します。破れた血豆の皮を剥がさないようにしましょう。[17]
  4. 4
    清潔な包帯で患部を覆う 患部を清潔な包帯で保護することは、感染症防止のために極めて重要です。それ以上血管が傷つかないように、適度に圧迫して包帯を巻く必要がありますが、患部の血行を阻害するほどきつく巻きすぎてはいけません。毎日患部を洗って包帯を交換しましょう。血豆の傷が治るにはおよそ一週間かかります。
    広告

方法 5 の 5:
感染症の兆候を見逃さない

  1. 1
    血豆の手当てをしながら感染症の兆候がないかを注意深く観察する 感染症にかかった場合は、感染症を治療するために、医師から経口の抗生剤が処方されるかもしれません。感染症のリスクを抑えるには、患部を清潔にしてしっかりと保護することが重要です。
    • 発熱して体調不良を感じ始めたら、それは感染症の兆候かもしれません。[18]
  2. 2
    痛みが増していないか、患部の周りが腫れたり赤くなっていないかを確認する 患部周辺の赤みや腫れや、血豆ができてからかなり時間が経ってから発生する痛みなどは、感染症の兆候です。患部をよく観察して、こうした症状が発生していないかを確認し、適切な処置を行いましょう。[19]
  3. 3
    患部から赤い線が広がっていないかを確認する 患部から赤い線が広がっている場合は、リンパ系にまで及ぶ深刻な感染症にかかっている恐れがあります。感染した傷口に潜むウイルスや細菌がリンパ菅に入り込むと、リンパ管炎を発症する可能性が高まります。[20]
    • 上記の他にリンパ管炎の症状には、リンパ節やリンパ腺の腫れ、悪寒、発熱、食欲不振、全身のけん怠感などがあります。[21]
    • これらの症状が出ている場合は、すぐに病院に行きましょう。
  4. 4
    患部から膿や液体が出ていないかを確認する 患部から膿が出ている場合も、感染症の兆候のひとつです。黄緑色の膿や濁った液体が血豆内部に溜まっていないか、あるいはそれらが血豆から出てきていないかを確認しましょう。血豆の処置をする際には、自分でよく判断して、患部の感染を防ぐために清潔な処置を心掛けましょう。[22]
    広告

関連記事

How to

爪が割れたときの対処

How to

棘を抜く

How to

自分で抜糸する

How to

ウニに刺された時の治療

How to

蚊に刺されたところの痒みを止める

How to

足指骨折の治療

How to

ヌカカに刺された時の対処

How to

ハチ刺されを治療する

How to

ファイバーグラスによるかゆみを鎮める

How to

耳の中の水を抜く

How to

指の骨折を見分ける

How to

蛇に噛まれた時の対処

How to

ガソリンを飲んでしまった人を助ける

How to

肋骨を痛めた時の対処
広告

このwikiHow記事について

Jennifer Boidy, RN
共著者 by
正看護師
この記事の共著者 by Jennifer Boidy, RN. ジェニファー・ボイディーはメリーランド州在住の正看護師です。2012年にキャロル・コミュニティー・カレッジにて看護学の準学士号を取得しています。 この記事は173,272回アクセスされました。
このページは 173,272 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告