PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

腹部の手術を受けた後は、切開創の手入れを適切に行い、消化器系をいたわるようにすることで、腫れを和らげることができます。医師や看護師から、創口を清潔に保ち感染を防ぐことについてアドバイスがあるはずなので、すべて従うようにしましょう。膨満感を避けるために、1 日を通して刺激が少なく消化の良い食品を少量ずつ食べます。また、水をたっぷり飲み、繊維質を多く含む食べ物を食べて、便秘にならないように心がけなければなりません。

パート 1
パート 1 の 2:
切開創の手入れ

  1. 1
    術後のケアの指示に従う 自宅での術後のケアについて看護師または医師から説明があるはずです。腹部の切開創のケアについても説明してくれるでしょう。必ず専門家の指示に従い、創部を保護し感染を防ぎましょう。[1]
    • 術後は、圧迫帯を正しく着用することや着用するべき期間など、医師の指示に注意深く従わなければなりません。
    • 医師または看護師からの指示を必ず思い出せるように、メモ書きしてもらうか、付き添いの家族や友達に説明を一緒に聞いてもらうとよいでしょう。
  2. 2
    洗浄してから次の洗浄まで、切開創を清潔に保ち乾燥させる 刺激の少ない石鹸と水を使って、毎日、創部を洗浄します。清潔なタオルで創部を軽く押さえて拭きとります。創部を濡れたまま放置すると感染や腫れの原因になることがあるため、注意しましょう。[2]
    • 創の洗浄やシャワーは、手術後、少なくとも24時間経過してからにします。
    • 切開創部の洗浄やケアは、医師からの指示がある場合に限り行います。また、そのタイミングは、腹部手術の種類によって異なります。
  3. 3
    腹部に冷湿布を1回20分当てる 術後に腹部を冷やすと、腫れが引き痛みが軽減することがあります。アイスパックまたは砕いた氷を入れたジッパー付きのビニール袋を清潔なタオルまたは布で包みます。それをお腹にやさしく当てますが、1時間に20分以上当てるのは避けましょう。[3]
    • 氷を肌に直接当てると、凍傷や肌荒れの原因になることがあるので避けましょう。
  4. 4
    感染を防ぐために、切開創に触れないようにする 洗浄する時以外は、創部が治るまで触らないようにしなければなりません。創に触ると、炎症や細菌による感染を引き起こしかねません。炎症や感染によって、腫れてしまうことがあります。[4]
    • 腹部の創部の周囲にローションを塗る場合は、無香料のものを使い、創口には触れないように注意しましょう。
  5. 5
    感染の兆候がみられる場合は医師に報告する 切開創部に感染の兆候がないか観察することは大切です。赤み、排膿、腫れがひどくなった場合は、直ちに、医師に知らせなければなりません。時間が経つにつれ切開創部の痛みが増す場合も、医師に連絡するべきです。[5]
  6. 6
    術後の腹部圧迫帯の着用について医師に尋ねる 圧迫帯とは術後の切開創の上に着用するゴム製の補正下着のことです。脂肪吸引術などの手術の後、包帯を動かないようにし、腫れや出血を管理するために着用が必要です。術後に圧迫帯を着用する必要があるのか、また必要がある場合は、どのくらいの期間着用しなければならないのか医師に尋ねましょう。[6]
    • 通常、術後3〜6週間は圧迫帯を着用するように、医師に勧められます。
    • 圧迫帯は、オンラインまたは医療用品販売店で入手可能です。
    • 腹部の創は治りかけなので、圧迫帯を着用する際には、十分に伸ばしてからお腹の上にかぶせ、脱ぐ際には創に触れないように注意します。
    広告

パート 2
パート 2 の 2:
腹部の膨満感を緩和する

  1. 1
    少量の食事を頻繁に取る 腹部の術後に消化不良が起こることがあるので、食事に気をつけなければなりません。 一度にたくさんの量を食べると、消化機能に負担がかかり膨満感を引き起こす可能性があるので、注意が必要です。エネルギーレベルを維持するために、日中に少量の食事やスナックを頻繁に取るようにしましょう。[7]
    • オートミールやサラダ、スープなどの食品を少量摂取してみます。
    • スナックには、バナナやりんご、全粒粉のクラッカーなどを選びましょう。
    • いつから普段通りの食事をして良いのか、医師に尋ねると良いでしょう。
  2. 2
    便秘を防ぐために水分をたくさん取るようにする 術後は、特に鎮痛剤を服用していると、便秘になったり膨満感を感じたりすることがよくあります。日中を通して、水やハーブ茶などの水分を補給することで、消化や新陳代謝に役立ちます。
    • 一般的に、1日にコップで約8杯(2リットル)の水分補給が必要だと言われています。
    • 尿の色が透明になるまで、水分補給をします。 [8]
    • アルコールやカフェイン入り飲料は、脱水症状を引き起こす可能性があるので避けましょう。
    • 尿から悪臭がする時は、脱水症のサインかもしれません。
  3. 3
    術後は医師から勧められた食事療法に従う 腹部の手術後は、消化の悪い食品は避けるべきです。回復期に安全に摂取できる食品と避けるべき食品について医師に尋ねましょう。通常、術後1週間は柔らかくて刺激が少なく消化に良いものを食べるべきだと言われています。[9]
    • ブレンダーを使って食べ物を柔らかくし、消化しやすくしましょう。
    • 回復期にベビーフードを食べても良いでしょう。
    • 医師から推奨されている期間は、その食事療法に従いましょう。
    • 通常、たんぱく質、フルーツ、野菜を豊富に含み、炭水化物、糖分、塩分控えめの健康的な食事を実践していると、より早く治ります。また、アルコールの摂取や喫煙は控えましょう。
  4. 4
    繊維質の高い食品を摂取する 食物繊維の高い食品を摂取していると、ガスが溜まったり、便秘になったり、膨満感を感じたりしなくなります。全粒粉、果物、野菜は食物繊維の摂取に最適な食品です。手術の後の食事療法としてそのような食品を勧められている場合は、以下のものを摂取すると良いでしょう。[10]
    • バナナ
    • ピーチ、梨、りんご
    • オートミールのような温かいシリアル
    • さつま芋
    • 柔らかく煮た野菜
  5. 5
    ガスを排出させるためにできるだけ体を動かす 腹部の手術後に積極的に体を動かすと、腸の動きが活発になり、膨満感の原因となるガスが腹部に溜まりにくくなります。[11] 体を動かすために、定期的に短い距離を1日に何度か歩くようにして、適度な運動をすることを心がけましょう。[12]
    • 体力が回復してきたと感じたら、歩く距離を伸ばしていきます。
    • 手術後の回復期には、ランニング、サイクリング、縄跳びのような激しい運動は避けましょう。
    • ガスは無理に我慢せずに排出しましょう。ガスを我慢すると、膨満感や不快感が悪化する可能性があります。
  6. 6
    便を柔らかくする薬について医師に相談する 腹部の手術の後、排便が困難になることがありますが、緩下剤で楽になるかもしれません。規則正しい排便は、腹部の膨満感や不快感の予防に効果があります。緩下剤の服用が安全かどうか医師に尋ね、安全な場合はどのくらいの期間服用するのか医師の指示を受けましょう。
    広告

注意事項

  • 腹部の腫れがいつまでも続いたり、術後数日経って悪化した場合は、医師に報告しましょう。
  • 極度の痛み、吐き気、嘔吐、食欲不振、熱などの症状があったり、切開創の赤みが増したりする場合は、できるだけ早目に医師に相談し感染を防ぐようにしましょう。
広告

このwikiHow記事について

JoAnna Nguyen, MD
共著者 ::
認定形成外科医・再建外科医
この記事の共著者 : JoAnna Nguyen, MD. ジョアナ・グエンはカリフォルニア州ロサンゼルス在住の認定形成外科医、再建外科医です。ボストン大学にて心理学と生物学(神経科学専攻)の学位を取得後、マイアミ大学ミラー医学校にて医療トレーニングを、南カリフォルニア大学にて形成外科手術の総合トレーニングを修了。現在カリフォルニア州ロサンゼルスにて開業しており、専門は瞼の手術、大陰唇縮小術、豊胸手術。米国形成外科協会の指導医でもあります。
カテゴリ: 健康
このページは 558 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告