股に衣服が食い込んでいるのを人に気づかれたくはないものです。股のあたりに衣服による割れ目ができると、このような恥ずかしい状況が生まれてしまいます。水着、タイトなジーンズ、ショートパンツなどでよく見られます。残念なファッションを防げるいくつかの方法があります。

方法 1 の 3:
適切な衣服を選ぶ

  1. 1
    サイズの合う衣服を着ましょう。魅力的だと感じるタイトなパンツやショートパンツも、行き過ぎると魅力を失うことがあります。
    • 衣服が身体に合わないと、股の部分に食い込んでしまうことがあります。パンツやショートパンツがきつすぎると股の部分に食い込みます。[1]
    • 股の部分がきつすぎるパンツやショートパンツでも同様の問題が起きます。きつすぎる水着のボトムスは特に食い込みやすいでしょう。適切なサイズのものを選びましょう。[2]
  2. 2
    適切な布素材の衣服を身に付けましょう。運動時に着用されるヨガパンツのような伸縮性のあるものは、食い込みやすいでしょう。
    • 特に運動着を選ぶときは、股の部分に裏地の付いているものを購入しましょう。補助の布地が付いている衣服は、食い込みなどの恥ずかしい問題を減らすようデザインされています。スパンデックス100%の服は避けましょう。[3]
    • リネンやポリエステルの布素材も、暑い気温のときは特に避けるようにしましょう。これらは食い込みやすい素材です。
  3. 3
    暗めの色の衣服を選びましょう。黒や他の暗い色は、「股の割れ目」と呼ばれる部分が隠れやすくなるでしょう。
    • 最も食い込みやすい最悪の衣服は、タイトで裏地の無い明るい色の、ポリエステル素材またはヨガ用のパンツでしょう。
    • サイズの合わないヨガパンツや伸縮性のパンツは特に、色が白やベージュだと形が目で見て丸わかりになりがちです。
  4. 4
    適切なレギンスを選びましょう。下着が透けないように、光沢のない厚手のものを選びましょう。
    • 何があっても、タイツをレギンス代わりに着用してはいけません。形が見えすぎるため、食い込みだけでは済まないさまざまな問題が生じるでしょう。[4]
    • レギンスに合わせて、長いシャツやセーターを着用しましょう。レギンスの股部分を見たいと思う人はいません。チュニックを試すとよいでしょう。[5]
    広告

方法 2 の 3:
食い込みを防ぐ

  1. 1
    下着を身に着けましょう。股部分の食い込みを防ぎたければ、ノーパン(下着なし)で出かけないようにしましょう。下着が無いと、食い込みが起きやすくなります。
    • 薄手の布、伸縮性のもの、明るい色の服では特に深刻です。このようなサポートの無い服で、かつ下着も身に付けなければ二重の問題が出るでしょう。
    • より厚手の下着を身に付けましょう。下着が厚ければ股に食い込みづらくなります。厚い下着がサポートのように働き、身体の線が出づらいでしょう。
  2. 2
    縫い目がいくつもある衣服や下着を購入しましょう。縫い目の多いジーンズ、スラックス、運動着を選びましょう。
    • 例えば、股の部分がV型で複数の縫い目がある衣服などがよいでしょう。
    • 股の部分の縫い目が1本の衣服は食い込みやすくなります。緩い布が股に食い込んでしまうからです。
  3. 3
    ウエストの低いパンツを選びましょう。ジーンズでも運動着でも同様です。ウエストの位置が高いほど食い込みやすくなります。[6]
    • 購入する前に、試着室でスクワットをしたり座ったりして、食い込みやすさをチェックしましょう。「お母さん風」のジーンズは避けましょう。お尻まですっぽり覆うジーンズは、食い込みやすくなります(食い込みがあからさまになり着心地が悪いのは言うまでもありません)。
    • 自分の腰に合う着心地の良いパンツや運動着を選びましょう。ずり上がって股の部分を強調する衣服は避けましょう。
    広告

方法 3 の 3:
食い込みを直す

  1. 1
    おりものシートを着用しましょう。出先で食い込みに気づいたときは、おりものシートを使うと食い込みをすぐに直すことができます。多くのミス・コンテスト参加者がこの小技を使います。[7]
    • おりものシートは通常のように縦に使うのではなく、下着の中心あたりに横向きにしっかりと付けます。
    • この処置は、バンドエイドを使用するようなものと考えるとよいでしょう。
  2. 2
    股に食い込んだ部分を引き抜きましょう。最も単純な解決策のように思えますが、食い込みが再度戻る可能性があるため、一時的な解決策としてのみ使うことができます。
    • しかし、トイレや人目に付かない場所で布を引っぱれば、股周辺をゆるめることができます。
    • パンツの腰の位置を下げると股周辺のきつさを減らせるでしょう。どれもうまくいかなければウエスト周りにセーターを巻きましょう。
  3. 3
    食い込み防止の中敷きか下着を購入しましょう。社会では、問題が起きればその解決策に投資します。食い込みも同じです。
    • おりものシートのような形の、食い込みを防ぐことに特化した製品を購入してもよいでしょう。[8]
    • 食い込み防止に特化した下着は、特にオンラインで見つけやすいでしょう。食い込みが起きない素材でできた下着もあります。股の部分に三角形のあて布が縫い付けられているものもあります。[9] [10]
    • 男性用カップ付き競技水着に似ている製品もあります。肌色のものもあります。オンラインで探してみましょう。
  4. 4
    厚紙を試しましょう。おりものシートが手元にないときは、厚紙を小さく切ってシートを自作することができます。
    • 縦方向に置いて使います。下着の股部分の大きさにおおまかに合わせて厚紙を切りましょう。
    • おりものシートの下に厚紙を置きます。おりものシートの羽を下着中心部の底に回し、ごわつきがないようにします。厚紙によって体の形が出なくなるでしょう。
    広告

ポイント

  • ヨガパンツは最も股に食い込みやすい衣服です。
  • 安い衣服はたいてい薄い生地でできています。値段相応の質であることを覚えておきましょう。

広告

関連記事

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

ジーンズを伸ばす

How to

ジーンズの股にあいた穴を補修する

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

ポリエステル製の服を縮める

How to

色あせた服を復活させる

How to

ジーンズについた血液のシミを落とす

How to

噛んだファスナーを直す

How to

スウェットシャツを縮ませる

How to

色褪せた黒の衣類を復活させる

How to

皮膚に付いた食品着色料を落とす

How to

絞り染めTシャツを作る
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。 この記事は25,623回アクセスされました。
カテゴリ: 衣服
このページは 25,623 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告