PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

着心地が良く、よく似合っていて、さらにサイズもぴったりな服を探すのは簡単ではありません。そこで、そういう服を見つけたら、買った時と同じサイズのままで維持したいものです。適切な洗濯・乾燥方法に従い、また万が一、服が縮んでしまった場合の対処法を知っていれば、衣服を新品同様に、またサイズも変わらず保つことができます。

方法 1 の 3:
正しい方法で洗濯する

  1. 1
    縮みを防ぐため、水で洗濯する 温度設定を「水」に設定しましょう。多くの洗剤は、水で洗濯できるように作られており、低温でも汚れをしっかり落とすことができます。[1]
  2. 2
    「デリケート」コースで、買った時のままのサイズと形を維持する このコースでは、洗濯槽の動きが少なく弱めの水流で洗い、また脱水時の回転は遅めに短時間で行うので、衣類の縮みや型崩れを防ぐことができます。[3]
    • 温水設定にすると、デリケートコースに自動設定されることがあります。洗濯機のパネルで自動設定を解除し、水に切り替えましょう。[4]
  3. 3
    コットン、リネン、シルク製の服は手洗いして縮みを防ぐ 手洗いは衣類用洗剤少量と水があればできます。少し時間と手間がかかりますが、 衣類を手洗いするのは、縮みや型崩れを防ぐのに一番安全な洗濯方法と言えるでしょう。
  4. 4
    ウールやカシミヤ製の服はドライクリーニングに出す 服のラベルを見れば、どんな素材で作られているかを確認できます。ウールやカシミヤが少量でも含まれている場合は、ドライクリーニングに出して適切な方法で洗濯しましょう。
    • ウールやカシミヤのような動物繊維は、ちょっとした摩擦や刺激でも縮んでしまいます。こうしたデリケートな素材の服は、少々のお金を払って、プロに洗ってもらうのが一番でしょう。[5]
    広告

方法 2 の 3:
注意して衣類を乾燥させる

  1. 1
    乾燥機を低い温度に設定する 温度が低ければ低いほど、縮みは少なく済みます。低温に設定するのを忘れて、中温または高温で乾燥機をかけてしまった場合には、服が縮んでいるかもしれません。
    • 乾燥機によっては、風乾燥の機能を搭載しているものもあります。この設定は熱を一切使わず、衣類を回転させることによって乾かします。乾くのに時間がかかるので、乾燥させる衣類の量が少ない時にだけ、この設定を利用しましょう。
  2. 2
    洗濯物が生乾きの状態で乾燥機から取り出す 15~20分ほど乾燥機にかけることでより早く洗濯物が乾きますが、さらに生乾きの状態で取り出すと、洗濯物が過度に乾燥せず、縮みを防ぐことができます。[6]
    • 取り出した洗濯物は物干しラックに干すか、平らな場所に置いて乾かします。
  3. 3
    自然乾燥させる 衣類を洗った後に物干し竿やラックを使って室内干しするか、洗濯ロープを使って外で干しましょう。エネルギーの節約になるうえに、衣類が縮む心配をしなくて済みます。
    • デリケートな衣類を何枚か一度に洗っている時や、平らな場所に置いて乾かすにはスペースが限られている時には、この方法が有効です。
    • 外で洗濯物を干す場合は、縮みを防ぐため、ウールは直射日光を避けて干すようにします。また衣類が伸びたりダメージを受けたりしないように、どんな素材の衣類も強風や嵐の日に外で干すのは控えましょう。[7]
    広告

方法 3 の 3:
正しい洗濯方法を習慣づける

  1. 1
    衣類のタグに書いてある指示に従う 生地の素材に適した洗濯・乾燥方法が表示されており、衣類を正しく取扱うのに役立ちます。
  2. 2
    洗う前に洗濯物を素材別に分ける 洗濯機で洗う場合は、まず色別で分けて、さらに素材(コットン、リネン、シルク)によって分け、グループ別に洗濯しましょう。そうすれば、乾かす前の大量の濡れた洗濯物の中から、縮みを防ぎたい服を探し出す時間と手間を大幅に減らすことができます。
    • 特に気をつけて洗濯したい衣類とそれ以外とを分けるために別々の洗濯かごがあると便利です。こうすると、いざ洗濯する時にはもう仕分けされた状態になっています。
  3. 3
    乾燥し終わったらすぐに洗濯物を取り出す すぐに取り出すことで、洗濯物にシワがつきにくくなります。さらに、あとからアイロンをあてたり、パーマネントプレス設定で乾燥機にかける必要がなくなるので、こうした熱を加えることによる縮みを防ぐことになります。
    • 乾燥が終わってすぐに取り出せないこともあるかもしれません。その時は、湿った布を乾燥機に入れて5~10分乾燥機をかけましょう。布の湿気が蒸気となり、衣類についたシワをすばやく伸ばします。[8]
    広告

ポイント

  • 洗濯表示のラベルを読んでから洗濯をする、といった時間や気力が無い場合は、合成繊維を主な素材として作られた洋服を揃えるようにしましょう。例えばナイロンやスパンデックス 、ポリエステルなどは縮むこともなく、たいてい手入れも簡単です。[9]
広告

関連記事

噛んだファスナーを直す
洗濯機で衣類を縮める洗濯機で衣類を縮める
ジーンズを伸ばすジーンズを伸ばす
色あせた服を復活させる色あせた服を復活させる
ジーンズの股にあいた穴を補修する
縮んだ服を伸ばす
防犯タグを外す防犯タグを外す
ジーンズについた血液のシミを落とす
ラルフローレンの偽物を見分けるラルフローレンの偽物を見分ける
絞り染めTシャツを作る
ポリエステル製の服を縮めるポリエステル製の服を縮める
革に付いた油染みを落とす
衣類のゴムを伸ばす衣類のゴムを伸ばす
色褪せた黒の衣類を復活させる色褪せた黒の衣類を復活させる
広告

このwikiHow記事について

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 衣服
このページは 361 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告