衣類を漂白する方法

この記事には:洗濯機を使う手洗い特定の個所を漂白する色柄物を漂白する

白い服は汚れやすく、まめに洗濯をしても徐々に白さがくすんできます。しかし、漂白をすれば白さが保ち、くすんでしまった服にも輝くような白さが戻ります。こちらの記事で簡単な衣類の漂白方法を案内します。

1
洗濯機を使う

  1. 1
    洗濯物を分ける 白い服とリネン類だけを漂白します。洗濯機でお湯洗いが可能な洗濯ものだけを分けましょう。レースをあしらったドレスのようなデリケートな服や、綿100%のワイシャツのように縮む恐れがある衣類は、後で紹介する他の方法を使いましょう。
  2. 2
    漂白剤を量る 1回分の洗濯物に対してカップ3/4 の漂白剤を使います。
  3. 3
    漂白剤を洗濯機に入れる 漂白剤をお湯に加えるタイミングは、洗剤を入れた後で、洗濯物を入れる前です。
    • 洗濯機に漂白剤投入口があれば、そこに漂白剤カップ3/4を入れます。
    • 漂白剤投入口のない洗濯機の場合は、洗濯物を入れる前に直接洗濯機の中に漂白剤を入れます。洗濯機にお湯をため、洗剤と漂白剤を入れて数分回してから洗濯物を入れると、漂白剤がお湯全体に均等に拡散するので、洗濯物がより白く仕上がります。
  4. 4
    洗濯物を入れる 塩素系漂白剤はお湯で使うと効果が上がるので、温水機能があれば高い温度に設定し、なければお風呂の残り湯などを利用しましょう。

2
手洗い

  1. 1
    洗濯物を分ける 洗濯機やお湯で洗えないデリケートな衣類を分けます。洗濯が可能か分からなければ洗濯表示を確認しましょう。
  2. 2
    必要であれば、最初に普通の洗濯洗剤で洗う 漂白をする前に泥汚れなどを落とします。洗面台か洗面器で手洗いをし、そこで漂白も行います。
  3. 3
    漂白剤溶液を別の容器に作る 漂白剤と水の割合は1対30です。3リットルの水に漂白剤1/2カップを加えると簡単に配合できます。漂白剤は温度が高いほど効くので、洗濯物に適した温度のお湯を使いましょう。
  4. 4
    洗濯物を漂白剤溶液に浸ける 少なくとも15分浸け置きします。
  5. 5
    しっかりとすすいで乾かす 

3
特定の個所を漂白する

  1. 1
    染みの種類を確認する 漂白剤は全ての染みに効くわけではありません。例えば、コーヒー、ジュース、草の汁といった染みは落とせますが、肉汁のような油染みは取れません。
  2. 2
    作業をする所に布かペーパータオルを敷き詰める 染みの部分を下にして置きます。
  3. 3
    漂白剤溶液を作る 漂白剤と水の割合は1対30です。少量の溶液を配合するなら漂白剤大匙1杯に水大匙30杯、もしくは2 1/4 カップ加えます。
  4. 4
    きれいな白い布を漂白剤溶液に浸す 染みの付いた部分を裏から、染みの外側から中心に向けて、染みが広がらないように軽く叩きます。徐々に染みが下の布に移ります。
  5. 5
    染みが落ちるまで続ける 布の乾いた部分を使って、生地に余分に付いた漂白剤を拭き取ります。
  6. 6
    洗濯表示に従って洗濯する 服を干したり乾燥機に入れたりする前に、染みが完全に落ちているか確認しましょう。染みが残っている状態で熱を加えると染みが落ちなくなります。

4
色柄物を漂白する

  1. 1
    色柄物漂白をする洗濯物を分ける 白地にストライプや柄のある衣類、または色物を分けます。真っ白な服は色移りの恐れがあるので一緒に洗濯するのを避けましょう。
  2. 2
    漂白剤を選ぶ 色柄物に使える漂白剤の多くは、過酸化水素溶液となる酸素系漂白剤です。液体、または粉末のどちらも市販されています。
  3. 3
    洗濯表示に従って洗濯物を洗う 酸素系漂白剤を適量洗濯機に加えます。酸素系漂白剤は水で薄める必要はありませんが、塩素系漂白剤と同様に温度が高い方が効果があります。

ポイント

  • 塩素系漂白剤は使用期限があります。6ヵ月以上たつと効果を失い始めます。
  • 洗濯の度に漂白すると生地を傷めます。衣類の漂白は必要な時だけにしましょう。
  • 漂白剤が使えるか不安な場合はテストをしましょう。服の縫い目の内側など、目立たない部分に薄めた漂白剤を1滴垂らします。5分おいてから洗って乾かします。変色しなければ漂白できます。
  • 酸素系漂白剤の代わりに重曹1/2カップを洗濯に加えることもできます。しかし、効果はまちまちです。
  • 部分漂白用には様々な「染み抜きペン」も市販されており、手軽に使えます。
  • 漂白剤をこぼしたらすぐに洗い流しましょう。赤いボクサーパンツがピンクになっては困ります。

注意事項

  • 漂白剤をアンモニアと混ぜてはいけません。腐食性ガスが発生して吸い込むと命にかかわります。
  • 漂白剤は子供の手の届かない所に保管します。容器に記された注意事項を必ず守りましょう。
  • 漂白剤を直接衣類にかけてはいけません。
  • 塩素系漂白剤は換気のよい所で使用しましょう。
  • 塩素系漂白剤で手洗いをする場合は、手袋を使用して肌を守りましょう。
  • 羊毛、絹、スパンデックス、革には漂白剤を使えません。
  • 液体漂白剤は飛び散りやすいので、誤って意図していない部分を漂白しないように、気を付けて注ぎましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む26人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 衣服 | ビューティー・ファッション

他言語版:

Español: usar cloro para la ropa, Deutsch: Kleidung bleichen, Italiano: Candeggiare i Vestiti, Русский: отбелить одежду, Bahasa Indonesia: Menggunakan Pemutih Pakaian, Français: blanchir ses vêtements, Nederlands: Je kleding bleken, العربية: تبييض ملابسك, ไทย: ซักผ้าด้วยน้ำยาฟอกขาว, Tiếng Việt: Tẩy quần áo

このページは 3,054 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?