裸で寝る方法

この記事には:徐々に慣れていく効果を最大限にする快適に眠れるよう日課を作る5 出典

裸で寝ることには様々な利点があります。実践している人が少ないのが不思議なほどです。肌の状態、健康、さらに性生活にも良い影響を及ぼします。幸福感と開放感が増すだけでなく、眠りの質も改善されます。肌の状態が良くなり、コルチゾールの分泌も制御されるようになります。また、生殖器官の機能を維持し、より簡単に眠りに落ちるようになります。パジャマを着て就寝することに慣れている人は、裸で寝ることに慣れるまで数日かかるかもしれません。慣れてきて翌朝スッキリとした目覚めを経験すると、もうパジャマを着た生活には戻れないでしょう。

パート 1
徐々に慣れていく

  1. 1
    下着だけで寝ることから始める パジャマを着て寝ることに慣れてしまっていませんか?Tシャツだけ着て寝ているという人でも一晩から二晩ほどかけて全裸の状態で寝ることに慣れていきましょう。突然全裸に切り替えて就寝しようとしても、落ち着いて眠ることができないかもしれません。まず、下着だけになり(ブラジャー無し)眠り心地を確認しましょう。
    • 下着だけで眠ると、裸で寝るときの利点を部分的に味わうことができます。より多くの肌が露出し、空気が循環することで肌がきれいになります。
    • ただし、下着をつけていると体は温度調節を行う際にその部位に依存します。下着をつけている部位には適切な空気の循環が生じません。こうした理由からも裸で寝ることは決して悪いことではありません。
  2. 2
    通気性の良い掛け布団を使う 裸で寝ると7~8時間、肌が衣類の制限から自由になるので健康に良いとされています。自然素材で作られた寝具を使い、寝室の空気が体を抜けて循環するようにしましょう。綿が特に好ましいでしょう。
    • ポリエステル等の合成繊維は、肌にあまり健康的ではありません。こうした繊維は暑くなったり空気を妨げる可能性があるので、裸で寝ることの利点が損なわれてしまいます。
    • できる限り健康的な眠りを実現したいという人は、有機繊維を用いて作られたシーツを使うと良いでしょう。露出した肌が化学物質に触れてしまうことを防ぎます。
  3. 3
    季節ごとに寝具を工夫する 冬の間は裸で寝るには寒すぎると懸念する人も少なくありません。ただ、こうした問題は季節に合った寝具を使用することで簡単に解決します。良質な羽毛布団があれば、体は環境に合わせて自己調節します。パジャマを着なくても温かく快適に過ごせるでしょう。夏場は、シーツと薄手の掛け布団があれば充分かもしれません。
    • キルト、綿の薄手のブランケットのように異なる種類の掛け布団をそろえておくと良いでしょう。必要に応じて重ねて使うことができます。
    • 季節に限らずアッパーシーツを使うと便利です。暑くなったら蹴って足元に寄せておくことができるほか、裸で心もとないと感じた場合は体を覆うことができます。
  4. 4
    就寝前に入浴する 就寝前に入浴すると、裸で寝ることがより快適に感じられることもあります。肌もさっぱりとして清潔になり、シーツを取り替える頻度も低くなるでしょう。また、就寝前に温かい湯に浸かると眠りを促進するので、よく休めるようになります。
  5. 5
    ベッドのすぐ脇にバスローブ等を用意しておく 起床時に簡単に羽織ることができるものを用意しておくと、トイレに行く間に体が冷えてしまうこともありません。また、緊急事態に備えるためにもバスローブ等を手に届くところに置いておくことは大切です。夜中に急いで起きなければならないとしても、体を覆うものが近くにあると分かっていれば、安心して眠ることができるでしょう。

パート 2
効果を最大限にする

  1. 1
    恋人や配偶者にも裸で寝ることを勧める 肌を触れ合わせることで、体内のオキシトシンが分泌されます。これはストレスや抑うつ感を和らげるホルモンとして知られています。血圧を下げる効果もあります。[1] 一緒に寝る相手と二人で裸になることで、最大限の効果を引き出しましょう。
    • さらに付け加えるとすれば、恋人や配偶者の肌に降れることでセックスの回数が増えるでしょう。一緒に裸で寝ることで親密度が増し、二人の関係がより近いものになります。[2]
    • 二人とも心地よく過ごせるよう、ベッドの両側に予備の肌掛けやブランケットを用意しておきましょう。それぞれが自分の好みに合わせて重ねたり減らしたりすることができます。
  2. 2
    室温を21度以下に設定する 室温が低めの方が睡眠に適しています。主に衣服が原因で体内に熱がこもってしまうと深い眠りに落ちることができず、体を回復させたり健康を維持する妨げとなります。[3] 季節に限らず、寝室の室温を低めに設定し、裸で寝ることで体が自発的に温度調整を行うよう促しましょう。夜間に寒く感じる場合は肌掛けを1枚足しましょう。全身をぴったりとパジャマで覆ってしまうよりも、はるかに健康的です。
    • 室温が低めの状態で眠ることで、体はメラトニンや成長ホルモンを調整します。逆に室温が高く眠りが浅くなると、体は細胞の再生に必要なホルモンを正常に生成することができなくなります。
    • 深く眠ることでコルチゾールの分泌も制御されます。コルチゾールは体がストレスを感じると分泌され、体重増加や健康障害の元となります。しっかりと体を休めることで、このような有害なホルモンの大量分泌を抑えられます。[4]
  3. 3
    部屋を暗くする ここまで準備をしたのであれば、さらに徹底して効果を高めましょう。照明を消して電子機器の電源を切り、完全に真っ暗な部屋で眠りましょう。暗闇の中で眠ることで脳がしっかりと休まるので、眠りの質が高まります。
    • 就寝直前にスマホやパソコンの画面を見ないようにしましょう。こうした機器が放つ光が良質な眠りを妨げます。
    • 通りの灯りなどが原因で部屋が真っ暗にならない場合は、遮光カーテンなどを購入し状況を改善しましょう。
  4. 4
    空気の通りを良くする 涼しく乾燥した空気は肌の呼吸を助けます。また、男性女性共に、生殖器の健康状態も改善していきます。男性の場合、生殖器を涼しく保つことで機能が高まり、精子がより健康になります。女性の場合、涼しく乾燥した空気が通り抜けていくことでイースト菌感染症の予防につながります。[5]

パート 3
快適に眠れるよう日課を作る

  1. 1
    全て準備を整えてから就寝する 家の中に自分と相手以外にも人が住んでいる場合、気まずい状況にならないよう、あらゆる準備を整える必要があります。子供もベッドに寝かし、家事などを全て終えてから衣服を脱ぎましょう。こうすることで、裸でいる時に眠そうな子供と鉢合わせる心配がなくなります。
    • まだ心配が残る場合は、ベッドに入る直前まで裸にならないようにしましょう。歯を磨き、消灯してから服を脱ぎましょう。
    • 近くにバスローブ等を忘れずに用意しましょう。
  2. 2
    扉が開かないようにする 誰も部屋に入ってくることがないよう鍵をかけたり、軽くふさいでおいても良いでしょう。自分たち以外にも大人が住んでいるのであれば、扉に鍵を取り付けたほうが落ち着いて裸で居られるでしょう。小さな子供がいて、鍵をかけるのが現実的な選択肢でない場合は、扉の下に厚手のタオルを敷いたり、扉のすぐ前に椅子を置いてみましょう。こうしておけば、子供が部屋に入って来るまで多少の猶予があります。
  3. 3
    早めの時間に目覚ましを設定する 子供が起きてくるよりも早く起床して、ドアをノックされた時にはすでに服を着ている状態になっているようにしましょう。もっと眠りたいのに他の人がすぐに起きてくるのが分かっているという時は、裸ではなくなりますが、さっと部屋着などを羽織り、ベッドに戻りましょう。
  4. 4
    プライバシーについて子供と話す 寝室は特定の時間帯はプライベートな空間だということを子供に教えても良いかもしれません。扉をノックし、返事が聞こえてくるまで部屋には入らないよう話しましょう。こうすることで服を着る時間が生まれ裸の状態を見られてしまうこともないでしょう。
    • 掛け布団から出ている肩を子供が目にすることなどはあるでしょう。心配する必要はありません。裸で眠るのはおかしなことではなく、子供から隠れて行わなければいけないと感じる必要もありません。
    • 裸で寝ているということを事前に伝え、服を着るまでプライバシーを尊重してほしいという事を伝えるのも、子供が駆け込んできて気まずくならないように取るべき必要な措置かもしれません。

ポイント

  • 就寝前にシャワーを浴びるなどしてシーツを清潔に保ちましょう。シーツは定期的に洗濯しましょう。
  • 裸で寝ることが可能な住環境でない場合、妥協案として下着だけで寝てみましょう。
  • ノックするようお願いしたメッセージを扉にかけておくと良いでしょう。
  • 寝袋で寝ることを検討してみましょう。必要な温かさを確保しつつ、通りがかった人からは、あなたが裸でも分かりません。足元に衣服を用意しておくと良いでしょう。
  • 全裸の姿を誰かに見られてしまったら、ベッドに戻るよう伝えるか、裸を見られたという事を受け入れつつ、何も起こらなかったように振舞いましょう。
  • 完全なプライバシーを確保できない場合は、シーツや掛け布団の下に着る服を用意しておきましょう。
  • 誰かが自分の部屋に向かってくるような音が聞こえる場合は、短パンやパジャマを手元に用意しておきましょう。
  • トイレに行く際や飲み物を取りに行く際に部屋を出なければならないのであれば、ブランケットなどを体に巻きつけましょう。誰かが目を覚ましてあなたの姿を見たり、両親と鉢合わせても何の問題にもなりません。
  • 裸で寝ることに依然として抵抗がある場合は、服を着て寝ることが健康に及ぼす悪影響を調べてみましょう。調べて学んだ情報を元に、自分が最も快適に過ごせる方法を選びましょう。
  • 緊急事態に備えて下着はすぐに手が届くところに用意しておきましょう。

注意事項

  • 夢遊病の兆候があったり、そのような副作用のある薬を服用している人は、全裸で寝ない方が良いでしょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む155人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: ティーン

他言語版:

English: Sleep Naked, Español: dormir desnudo, Português: Dormir Nu, Français: dormir nu(e), Italiano: Dormire Nudi, Deutsch: Nackt schlafen, Русский: спать нагишом, Nederlands: Naakt slapen, 中文: 裸睡, Bahasa Indonesia: Tidur Telanjang, Čeština: Jak spát nahý, العربية: النوم بدون ملابس, Tiếng Việt: Ngủ khỏa thân, ไทย: นอนโป๊ยังไงไม่ให้ป่วย, 한국어: 맨몸으로 잠자는 방법

このページは 91 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?