褒め言葉を受ける方法

共同執筆者 Paul Chernyak, LPC

この記事には:褒め言葉に受け答える皮肉のこもった褒め言葉を切り返す9 出典

誰かに褒められた時、自惚れていると思われることを恐れて、どのように受け答えるべきか悩んだことのある人は少なくないでしょう。実際のところ、褒め言葉は丁寧に受け取った方が、話をそらしたり否定するよりも謙虚な印象を与えます。また、皮肉のこもった褒め言葉に対する返し方も身につけたほうがよいでしょう。ここで紹介する方法を参考に「褒められ上手」になりましょう。

1
褒め言葉に受け答える

  1. 1
    シンプルにする 誰かに褒められた時、ありとあらゆる言葉を返さなければいけないように感じるかもしれませんが、謝意を述べるだけのシンプルな方法が最も効果的であることもあります。[1]
    • 「ありがとうございます、そんな風に思って頂けて嬉しいです」や「ありがとうございます、とても嬉しく思います」といった返し方で十分効果があります。
    • 褒めてくれた人に目線を合わせて笑顔を浮かべながら謝意を述べましょう。
  2. 2
    話をそらしたり否定しない 自分の努力や能力を軽く扱うことで話をそらしたり褒め言葉を否定しようとする人もいます。褒められた時に「ありがとうございます、でも大したことではなかったんです」といった返答をしそうになるかもしれません。謙虚に振舞おうとしているのかもしれませんが、実際は自信の無さが露呈したり、より多くの褒め言葉を求めているかのような印象を与えてしまうことになります。[2]
    • このような状況では、自分が達成したことに誇りを持ち、シンプルに「ありがとうございます」と言葉を返しましょう。
    • 褒められた時にどのような自分が気持ちになっているのかという点に注意を向けてみましょう。否定したり話をそらそうとするのは、あなたの自尊心の低さの表れかもしれません。つまり、褒め言葉はあなたの否定的な自己評価に矛盾していて居心地が悪くなってしまうのです。[3]
  3. 3
    自分一人の功績ではないことを認める 周囲の協力があって達成できたことについて褒められた場合は、こうした協力者の尽力を認めるような言葉を述べましょう。自分一人の功績として受け取らないようにしましょう。[4]
    • 「全員が一生懸命取り組みました。努力をこのように認めてもらい大変嬉しいです」といったように受け答えすることで、関わった人全員の功績が認められるでしょう。
  4. 4
    張り合うのではなく心からの褒め言葉を返す 褒められると、自分が受けた褒め言葉を褒めてくれた相手に切り返すことで自分の能力を軽く扱おうとする人もいます。こうした反応は控えましょう。[5]
    • 「ありがとうございます、でも○○さん程の才能は私にはありませんよ」といった切り返しをすると、自信の無さが露呈するだけでなく、褒めてくれた相手と張り合おうとしている印象も与えてしまうかもしれません。また、相手にこびへつらっているようにも見えます。
    • このような態度にならないよう注意して、張り合っているような印象を与えない褒め言葉で返すようにしましょう。例えば「ありがとうございます、先日の○○さんのスピーチも素晴らしかったですよ」といった返し方を心がけましょう。
  5. 5
    褒められた時は即座に言葉を受け止め応答する 詳しい説明を求めたり、もう一度繰り返させることがないよう注意しましょう。たった今述べたことを繰り返させたり説明させると、あなたが自己陶酔しているような印象を与えてします。褒め言葉はそのまま受け取り、それ以上は何も求めないようにしましょう。[6]

2
皮肉のこもった褒め言葉を切り返す

  1. 1
    自分が悪いわけではないということを認識する 皮肉がこもった褒め言葉は、他人を傷つけたり侮辱するために発せられます。こうした言葉が自分に対して発せられた場合のほとんどが、相手の自尊心の低さや拒絶感が原因となっています。このような場合は相手を嫌うのではなく、なぜこんなに苦々しい態度をとっているのか理解することができないか試してみましょう。こうした皮肉が本当はあなたに向けられた言葉ではないということがわかるだけで、それ以上の皮肉が発せられないよう上手に受け答えができるようになります。[7]
    • 例えば、「私もあなたのようにのんびり構えることができたら良いのに」といった言葉をかけられたとしましょう。これは一見褒め言葉のように感じられますが、実際はあなたの生活状況を侮辱しています。何も言わなくても良いところを、あなたの家庭環境に対してあえて何か失礼なことを言いたくなったという状況が反映されています。
  2. 2
    皮肉に対処する こうした言葉を無視してはいけません。皮肉のこもった褒め言葉を受けた時は、褒め言葉ではないことに気がついていることを伝えましょう。[8]
    • 例えば「褒めようとしてくれているのでしょうけれど、そうは聞こえませんでした。何か言いたいことがあるのではないですか?」と切り返してみましょう。このような返答をすることで皮肉に対処し、なぜこのようなことを言ったのか話し合うことが可能になります。
  3. 3
    適切と思えない褒め言葉は修正する あなたが何かを達成したときに強運を引き合いにして褒めた人がいるとしましょう。こうした場合は謝意を述べないようにしましょう。このような言葉に対して感謝の気持ちを述べてしまうと、内容を暗に認めたことになります。[9]
    • 失礼な態度をとったり攻撃的になる必要はありません。「幸運なのかもしれませんが、このプロジェクトが成功したのは運よりも努力があったからだと思います」と答えてみましょう。

記事の情報

この記事はPaul Chernyak, LPCが共著しています。 ポール・チェルニャクはシカゴに住む認定カウンセラーです。2011年に心理学の専門大学、「American School of Professional Psychology」を卒業しています。

カテゴリ: 社交関係

他言語版:

English: Respond to a Compliment, Deutsch: Auf ein Kompliment reagieren, Italiano: Rispondere a un Complimento, Português: Responder a um Elogio, Français: réagir à un compliment, Español: responder a un halago, Русский: отвечать на комплимент, Bahasa Indonesia: Menanggapi Pujian, Nederlands: Reageren op een compliment, ไทย: ตอบรับคำชม, العربية: الرد على الإطراءات, Tiếng Việt: Đáp lại Lời khen, 中文: 回应赞美

このページは 32 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?