見つからないようにこっそり家を抜け出す方法

町の向こう側ですごいパーティーが催されているのに両親が行くのを許可してくれない時や、夜中に友人たちと集合して悪ふざけをしたい時。こんな時には、家をこっそり抜け出す必要があります。できる時には楽しんでしまいましょう。恐怖心もあるかもしれませんが、うまく抜け出す準備や、静かに行動すること、証拠を隠滅する方法を学ぶことでリラックスした気持ちになり、時間を楽しむことができるでしょう。

パート 1 の 3:
こっそり抜け出す準備をする

  1. 1
    脱出ルートを計画する きしむ階段の途中で、母親のポメラニアン犬に追いつめられるような状況になる前に、夜の自由時間に立ちはだかる障害について考えておく必要があります。[1]自分の家の中で、大きな音が出やすい場所はどこでしょうか?両親にはどのような習慣がありますか?あなたがこっそり家を抜け出そうとしている正にその時、父親が夜中にアイスクリームを食べながら深夜のトーク番組を見ようとしているところに出くわす可能性はありませんか?こっそりと家を抜け出す前に、下記のことを考慮しましょう。
    • 両親の就寝時間と睡眠習慣
    • 脱出行動計画
    • 何に紛れ込むか、そしてどう紛れ込むか
    • 友人との待ち合わせ場所
    • 家から抜け出すルート
    • 近隣から抜け出すルート
    • 動物(ペット)
    • 代替策と口実
  2. 2
    洋服のまま寝る 事前に服装に関して考えておくと、後々苦労せずにすむでしょう。例えば、両親が起きてしまった場合に、あなたがパーティー用の服装で現れたとしたら大失態です。「えっと、ちょっと散歩に行ってただけだよ」という口実で騙すのは難しいでしょう。最悪の事態を想定して、その時のために備えましょう。
    • 普段の服の上に寝巻を着ましょう。あなたが寝る前に着替えたことを両親に確実に見せましょう。
    • 外に出てから寝巻を脱ぎましょう。脱いだものは、どこか近辺や車の中、または郵便受けなど、両親が見ない可能性が高い場所に隠しましょう。
    • 家に戻る前に着替えましょう。両親が偶然起きていたり、家に入る際に目覚めてしまった場合、その直前まで寝ていたように見せかけることができれば、即座の弁解も通用するでしょう。
    • 特別な服を着る必要がなく、友人と過ごす目的で家を抜け出すだけであれば、通る場所や背景にどう紛れ込むかを考慮しましょう。多くの人は黒がよいと思っていますが、実は違います。
    • 黒:上記にも記載の通り、影の多くは黒ではないため、黒はカムフラージュに適した選択ではありません。[2]
    • 濃い青か紫 :背景に紛れ込むには、濃い青か紫の方が適しています。大抵、影は濃い青や紫がかった色合いです。
    • 緑:木、茂み、雑草などに紛れ込むには緑を選ぶとよいでしょう。
    • 砂色やカーキ色:砂の多い環境で身をひそめるには、砂色やカーキ色がよいでしょう。
    • 灰色:岩の多い地形でカムフラージュするには、灰色を選ぶとよいでしょう。
    • 茶色:森林地帯には茶色が適しています。必ずしも木の中に隠れるためではありませんが、木の幹の下部にほとんど葉がない状態の森林地帯に適しています。
  3. 3
    仲間を招集する 家を抜け出す目的は、おそらく、友人と集まる、パーティーに出かける、恋人と過ごすなどするためでしょう。家を抜け出さなかったのは自分だけ、という状況に陥らないためにも、確実に皆と同じ計画を立てるようにしましょう。携帯メールやインスタントメッセージなどで、全員が集まりやすい待ち合わせ場所を計画しましょう。
    • 集合場所には、見つかりにくい場所を確実に選びましょう。ピザハットの駐車場にプレティーン(特に9~12歳の子ども)の集団がたむろしているところを、詮索好きな近所の人が見かけた場合には、見つかる可能性が高まるでしょう。
    • 忍者のように物事を考えましょう。暗い場所を選ぶか、住んでいる場所から数ブロック離れた場所で、車で拾ってもらうようにしましょう。人目につかない場所にいれば、見つかることもないでしょう。[3]
  4. 4
    ペット対策を練る 犬や、興奮しがちな猫を飼っていたり、あなたの周りでさえずる鳥がいる場合には、どのように対処すればよいのでしょうか?特に犬は耳と鼻の感覚が非常に優れているため、油断ができません。犬の横を通り過ぎることは非常に難題で、ぐっすり眠っている犬でさえ難しいでしょう。
    • 犬を両親の部屋か、脱出経路以外の自宅内の離れた場所で寝かせるためのよい口実を考えましょう。 「バスター(犬の名前)が夜、ベッドに這い上がってきて邪魔するんだ。今夜はお母さん達の部屋で寝かせることにしてドアを閉めてもいい?自分の部屋のドアを閉めると怖いから嫌なんだ」 
  5. 5
    偽物の自分を作る 映画「アルカトラズからの脱出」では、クリント・イーストウッドが素晴らしい出来栄えの偽物の頭を作りだしています。そこまでする必要はないかもしれませんが、洋服か毛布を掛布団の下に詰め込み、あなたがまるでいびきをかいてそこにいるかのように見せかけるとよいでしょう。夜に母親が確認しにくる場合もあるため、対処しておいたほうが賢明です。
    広告

パート 2 の 3:
こっそりと抜け出す

  1. 1
    トイレにいるように見せかける 家を抜け出す際、まず最初に使えるよい方法は、トイレに行って通常通りの行動をすることです。静かに歩いて部屋からトイレまで行き、いかにも用を足しているかのようにトイレを流し、蛇口から水を出し、また静かに部屋に戻りましょう。その後、ゆっくりと脱出を試みます。
    • 家の誰かが物音を聞いたとしても、次の瞬間にはあなたがトイレで動きまわる音が耳に入り、ゆっくりと眠りにつくでしょう。トイレの物音は慣れた音ですから、あなたが裏口にいる頃には、家族は気持ちよく眠っていることでしょう。
    • ただし、この動作をやりすぎてはいけません。トイレの流水音に続いて5秒ごとに歩き回っている音が親に聞こえたら、親が確認しにくるかもしれません。
  2. 2
    足音を軽くし、できる限り静かにする 靴は脱いだ状態で、静かに行動を開始しましょう。何らかの理由で両親の近くを通ったり、大騒ぎをする可能性のある興奮しがちなペットの対処をしなければならない場合は特にですが、一般的には家の中を移動する際には非常にゆっくりとした動作を心がけましょう。
    • 一般的には電気は消した状態にしましょう。特に散らかった部屋や角ばった家具の多くある部屋を通る際は、自分のいる位置を確認するために、一瞬だけ電気をつけてみてもいいでしょう。両親の部屋から見えなければ大丈夫です。部屋のレイアウトを確認し、電気を消しましょう。
  3. 3
    きしむ床やドア周辺では、さらに慎重に行動する 床の場合、著しいきしみ音が聞こえたら、すぐにいったん止まりましょう。避けるのは困難ですが、30秒に1度のきしみ音によって誰かが起きることはないでしょう。[4]
    • 通常、ドアは絆創膏を剥がす時のようにさっと開けるのが最適な方法です。延々とドアをきしませるのではなく、自分の体が出られる幅だけを開けるようにしてから、ほぼぎりぎりまで閉めます。ドアレバーを回して鍵部分を引っ込め、ドアをゆっくりと押して静かに閉めます。そしてドアレバーを放します。外で歩き回る際も、特に砂利に注意して静かに行動しましょう。[5]
    • あなた自身が運転する場合は、さらなる注意が必要です。車をニュートラルにして敷地内から車を出し、通りの片側に出てからエンジンをかけましょう。車を出発させるまでは、ドアの隙間を開けておきます。夜中には、車の音は遠くまで響きます。
  4. 4
    家のドアは施錠せず、予備の鍵を持ち出す 最も簡単に家の中に戻るには、ドアを施錠せずに外出し、鍵を使わずに入り込むのが一番です。しかし、偶然にも親が夜中に起きて飲み物を取りに行き、ドアの鍵を確認した場合、あなたが鍵を持っていなければ、締め出される可能性があります。
    • 窓の開閉音は目立つため、窓を開けたままにしておくのは少々困難でしょう。鍵を持っていない場合の緊急策として、窓をひとつ開錠状態にしておくことも検討しましょう。しかし、全く音を立てずに窓によじ登るのは非常に困難な課題と言えます。
  5. 5
    楽しんだ後こっそり戻る 家を抜け出す最初の段階で、見つかってしまう可能性は非常に低いですが、家に戻ることは全く別の話です。特に犬がいる場合は、家に戻る際に細心の注意を払いましょう。
    • 家に入る前に家を調査しましょう。電気はついていますか?家族は起きている様子ですか?もしそうであれば、完全なアリバイを考えるか、しばらく家を離れたほうがいいかもしれません(冗談です)。
    • アリバイの信用性を可能な限り高めるため、再度パジャマに着替えましょう。単に散歩に出かけたと言っても、信頼性が高まるでしょう。
  6. 6
    誰かが感づいた場合には諦める 台所までたどり着いてから、父親が大股でやって来て、あなたの行動を問いただすようであれば、負けを認めて諦めるのが最善策でしょう。「水を飲みにきただけだよ。疲れたからおやすみなさい」など、簡単な弁解をしましょう。父親が立ち去るのを待って再びトライしたい気持ちもあるかもしれませんが、そのような行動は更なるトラブルを招くだけです。また別の夜まで待ちましょう。
    広告

パート 3 の 3:
証拠を隠滅する

  1. 1
    アリバイを準備する 最悪の場合、朝4時に家に戻った時に両親が起きていて、怒りに満ち溢れた様子で座っていることも考えられるでしょう。何と言えばいいのでしょうか?言い訳の例は次の通りです。
    • 「スティーブからパーティーに迎えに来てほしいっていう電話がきて、すごく困ってていたんだ。彼は今大変な時期なんだ。お母さん達を起こしたくなかったし、正しいことをしようと思っただけなんだ。ごめんなさい」
    • 「眠れなかったからエイミーにメッセージを送って、一緒に近所を散歩をしただけなんだけど、話しこんじゃったんだ。彼女は落ち込んでいるみたいで、放っておけなかったんだ。ホットミルクでも作るよ。すごく疲れた」
    • 「とても素敵な夜だったから星を見に外に出たんだ。そしたら眠り込んじゃったみたいなんだ」
    • その他の方法として、素直に白状して認めることもできます。「友達と会ってたんだ。しばらく一緒にいただけだよ。もう二度としないよ」
    • 「何が起きたかわからないんだ、目が覚めたらここにいたんだ!」というような、つまらない言い訳は避けましょう。こじつけの言い訳ではうまくいきません。両親は間抜けではありません。
  2. 2
    最悪の事態を考慮する 待ち合わせ場所に辿り着いたにもかかわらず、その場に誰もいなかった場合はどうしますか?何キロも歩いた末に友人に見捨てられたことがわかり、誰かに迎えに来てもらう必要がある場合はどうしますか?夜間外出禁止に違反したとして、警察に捕まったらどうしますか?これらの例を出して脅すわけではありませんが、備えあれば憂いなしというように、窮地に陥った場合にすべき行動を事前に考える必要があるのです。そうしておけば、リラックスして楽しむことができるでしょう。
    • 頼れる年上の従兄弟がいたり、友人の両親に電話をしてうまく切り抜けられますか?選択肢を考え、事前に彼らと相談しておきましょう。外で立ち往生してしまって助けが必要な状況に陥る前に、助けを求めるかもしれない旨を彼らに事前に伝えておきましょう。
  3. 3
    証拠を隠滅する 両親が疑念を抱き、あなたの昨晩の行動を確認するようなことがあれば、あなたが寝ていたはずの時間に本当に寝ていたことを、両親に対して携帯電話の履歴で示せるようにしておきましょう。夜遊びが発覚する原因となる、関連性のあるメッセージ、写真、その他の情報は削除しましょう。そのことに関してメッセージを送ったり、ツイートしたり、「昨晩家を抜け出した!午前1時に!」などと、SNSに投稿したりしてはいけません。秘密にしておきましょう。
  4. 4
    物を元の場所に戻す 家に戻り、安全が確認出来たら、全ての物をおおむね元の場所に戻して整えましょう。特に両親が非常に几帳面な場合は、彼らが気づきそうな目立つ場所に靴や鍵を置かないように注意しましょう。
  5. 5
    普段通りに起床する 夜通しはしゃいでしまったために、翌日の午後2時まで爆睡してしまえば、親に疑われてしまうでしょう。通常の起床時間帯の遅めの時間にアラームを設定し、できる限りの睡眠をとるようにします。どうしても睡眠が必要であれば、その日の遅めの時間に仮眠をとりましょう。
    広告

ポイント

  • 家から抜け出すことは犯罪ではありません。万が一見つかった場合は、両親にそう伝えることを覚えておきましょう。
  • 両親には、両親が名前だけ知っていて、あなたが家を抜け出したことを全く知らない友人の家に泊まると伝えるのが得策でしょう。そうすれば、あなたが真実を伝えているのか否かを両親が知る手段はないでしょう。
  • 別の方法として、外出したい時に両親に伝える緊急のシナリオ案を考慮しておくとよいかもしれません。「たった今、友人から電話があって、車で迎えに来てほしいって言うんだ。緊急なんだ。すぐに戻るよ」
  • 不法行為は控えるべきでしょう。これを守れば、両親に何をしていたか問い詰められた時でも真実を伝えることができ、両親も怒らないかもしれません!
  • 明るい場所にいると見つかる原因にもなるため、明るい場所からは離れましょう。街灯やその他の明るい場所を避けたルートを考えましょう。
  • 男女どちらの場合でも、髪の毛が長い人は、髪がセーターなどの上着の中に隠れるようにして、あなたが家から抜け出す際や戻る際に、両親が窓の外を見てもあなただと気づかれないようにしましょう。
  • 心配はせず、楽しむようにしましょう。起こり得るトラブルのことに目を向けてばかりいては、誰も楽しめません。もし見つかってしまったとしても、楽しめたことに十分価値があるので、悩みすぎないようにしましょう。
  • 仲間内の誰かが臆病になっていたり、両親に気づかれるかもしれないと考えている場合には、その人は連れて行ってはいけません。そういう人は見つかってしまう可能性があるため、あなた自身も見つかる可能性が高まるでしょう。
  • 両親が眠っていることを確認しましょう。起こさない程度にドアの枠を軽くノックします。もし両親が起きていれば、眠れないこと、そしてトイレに行くことだけを伝えます。もし両親が眠っている場合は、あなたは自由の身です!  
  • 外で警察に捕まった場合は、単にパーティーから家に帰る途中だと伝えましょう。

広告

注意事項

  • 問題が起こっても過剰に反応してはいけません。全てが計画通りに進むわけではないのです。上手く事が運ばなかったとしても、夜が台無しになった出来事としてではなく、乗り越えるべき新たな楽しい障害として捉えましょう。
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む44人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: ティーン
このページは 3,353 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告