見知らぬ人と会話する方法

この記事には:不安感に対処する見知らぬ人と会話する特定の状況に適応する6 出典

見知らぬ人に歩み寄って会話を始めることは、社会的な場面でスカイダイビングをするようなものです。楽しく興味深いことではありますが、リスクも伴います。その行為により、人生が変わってしまう可能性もあるでしょう。見知らぬ人と会話する不安を抱えながらも努力をすれば、意外にも今まで味わったことのないような楽しいひと時を過ごせるかもしれません。さあ、社交的になれるように積極的に挑戦したいと思っている皆さん、記事を読み進めましょう。

パート 1
不安感に対処する

  1. 1
    見知らぬ人と自然に会話できるようになるまで練習する[1] 社会不安を乗り越えるための最善策は、真正面から立ち向かうことです。見知らぬ人と会話することは、他の技術を習得する時と同様に、訓練すればするほど上達します。十分な訓練を積むことにより、実に自然に感じられるようになります。見知らぬ人との会話にどう対処すべきかと、考える必要さえもなくなるでしょう。最も効果的な練習方法は、週間目標を設定することです。[2]
    • 自分自身にプレッシャーを与えてはいけません。見知らぬ人と会話することを負担に感じる場合は、初めのうちは慎重に事を進めましょう。一週間ごとに二人の初対面の人と会話するという目標を心に決めることから始めるとよいかもしれません。その後は毎週一人ずつ、会話する人数を増やしていきましょう。
    • そうは言っても、懸命な努力が必要です!頑張り過ぎることと、努力がもう一歩足りないのとは、紙一重の差です。自分自身にあまりプレッシャーを与えたくはないものですが、恐れるがゆえに行動を控えたくもないはずです。自分の安心領域から抜け出してみましょう。
  2. 2
    社交的なイベントに一人で参加する その通りです。誰かを誘って一緒に参加してはいけません。他に誰も知っている人がいない社会的状況に身を置いてみましょう。友人の後ろに隠れることができない状況に置かれると、普段よりも挑戦する意欲が湧くでしょう。このようなイベントに出かけることに関しては、ハードルを低く設定しておきましょう。最初の数回は誰とも話せない状況でも問題ありません!会話できない場合でも、その場に出向いて見知らぬ人々の中で過ごしたという、以前は成しえなかったことを実行できたのです。見知らぬ人と会話ができそうな、街でのイベントを探してみましょう。
    • 美術展
    • 読書会
    • 音楽コンサート
    • 博物館展示
    • 屋外フェスティバル
    • マニア・オタクの集まり
    • パレード、決起集会、抗議活動
  3. 3
    友人に助けを求める[3] 見知らぬ人に一人で話しかけることをあまりにも負担に感じる場合は、より積極的な友人に助けを求めましょう。友人の協力により、顔見知りの人のそばで安心感を保ちつつ、見知らぬ人との会話を練習できるでしょう。
    • 一方で、友人に会話全体の進展をまかせてはいけません。普段よりもあなたが会話に参加する意欲があることを、友人に確実に知っておいてもらいましょう。
  4. 4
    考えすぎない 見知らぬ人と会話する以前に、失敗しそうな全ての可能性について考え込んでしまうのであれば、それは自分の失敗をお膳立てしているようなものです。そのことについて考えれば考えるほど、不安になってしまいます。一緒に話してみたい人を見つけたら、失敗の可能性を考える間を与えず、即行動に移しましょう。その時に分泌されるアドレナリンが、緊張をほぐしてくれるでしょう。[4]
  5. 5
    できるようになるまで、できるふりをする[5] 特にリスクが高い場合は、見知らぬ人との会話におびえてしまったり、体力も消耗しがちです。仕事の面接に行く時や、魅力的に感じる人と会話したい時などは、あなたがどれ程不安に感じているかを周りの人皆に悟られていると心配になるかもしれません。しかしながら、そう感じているのはあなただけで、他の誰一人として、あなたの緊張感に気づいている人はいないのです!実際に感じているよりも自信があるふりをするだけで、会話をしている相手は、あなたが実際に見られたい姿で見てくれるはずです。
    • 見知らぬ人との会話を多く練習するほど、自信があるふりをする必要がなくなることを覚えておきましょう。
  6. 6
    拒絶されても落ち込まない 積極的に努力をしている際に、アプローチした人から冷たく拒否されることも当然考えられます。しかし、あなたが内気な性格であるように、時に人は単純に話したくない気分にもなるということを、あなたも十分承知しているはずです。あなたのアプローチを誰かが拒否した場合でも、被害者意識を持つ必要はありません!
    • 失敗も刺激的なものとして捉えましょう。これは、学んで改善する良い機会です。
    • 人は噛みついたりしません。考えられる最悪の事態は、忙しくて暇がないと相手に言われるか、一人になりたいと言われることくらいでしょう。もしそう言われたとしても、この世の終わりではありません!
    • あなた以外は、誰もあなたのことを見たり考えたりしていないものです。人があなたのことを笑っていても心配いりません。人々は皆、自分のことを考えるので精いっぱいなのです。

パート 2
見知らぬ人と会話する

  1. 1
    近寄りやすく、親しみやすい印象を見せる 会話を始める際に、あなたが心配そうな顔で暗い印象に見えると、たちまち相手は不安に陥ってしまうでしょう。心の中が動揺している場合でも、落ち着きを保ち、親しみやすさを見せ、周りの人々に安心感を与えましょう。その結果、内容の濃い会話を長く保つことができるはずです。
    • 視線を合わせましょう。緊張気味にスマートフォンをいじるのではなく、部屋を見回して人々を観察しましょう。人々と視線を合わせ、他にも会話をしたいと感じている人がいるかどうかを観察しましょう。
    • 人と視線が合った時は、その人と会話をするつもりがなくても笑顔を返しましょう。このような行為は、言葉によらない会話の練習にもなりますし、人に会話を受け入れてもらえる可能性を高めます。
    • ボディーランゲージで示しましょう。肩を後ろに引いて胸を張り、顎を上げましょう。自信があるように見えるほど、人々はあなたと会話したくなるはずです。
    • 胸の前で腕を組んではいけません。腕を組むと、人を寄せ付けない印象を与えてしまったり、会話に興味が無いと思われるかもしれません。
  2. 2
    誰かに話しかける前に、言葉以外の態度を示す あなたが相手にアプローチする素振りを見せずに会話を始めると、相手が不自然に感じてしまう場合があります。相手に近寄り、耳元で突然予期せぬ会話を始めて驚かせるのではなく、言葉によらない方法で自然に会話に入ります。会話を始める前には視線を合わせ、笑顔を向けて関係を築きましょう。
  3. 3
    控えめな意思疎通から始める 相手のことをよく知りたいと思うかもしれませんが、急に奥の深い話題を持ち出すと、相手が引いてしまう可能性もあります。同時に何かを見聞きして、そのことについて話す場面ではなく、初対面の人にいきなり話しかける場面であれば、ちょっとしたことから始めます。人生の目標などの質問から入るのではなく、所見を述べるだけにするか、頼みごとをしてみるのもよいでしょう。
    • 今夜はバーが混んでいますね。チップをはずんでおかないといけませんね。
    • 今日は渋滞がひどいですね!近くで何かイベントでも開催されているかどうかご存知ですか?
    • ラップトップパソコンのコードを差し込んでもらえますか?電源があなたの後ろにあるので。
    • 今何時かわかりますか?
  4. 4
    自己紹介をする 小さな交流を始めたら、相手の名前を知りたくなるはずです。そのためには、単純にあなたの名前を名乗るのが最善策です。あなたが礼儀作法を示すことで、原則的に相手も同様に自己紹介をせざるを得なくなるでしょう。相手があなたの自己紹介を無視するような場合は、非常に機嫌が悪い、もしくは礼儀の無い人間だということですので、どちらにしても、会話を発展させないのが得策です。
    • 相手との最初のやりとりが済んだ後には、単純に「ところで、私は (あなたの名前)です」と伝えましょう。そして、自己紹介の時に力強い握手をしましょう。
  5. 5
    自由回答式の質問をする[6] 「はい」か「いいえ」で答える質問をしてしまうと、会話がすぐに行き詰ってしまいます。会話を終わらせてしまうような質問ではなく、会話が発展していくような質問をするとよいでしょう。質問の例には、下記のようなものがあります。
    • 「今日は楽しく過ごせていますか?」ではなく、「今日は何をしていたんですか?」
    • 「よくここに来るんですか?」ではなく、「ここでよく見かけますが、どうしてそんなに頻繁に来るんですか?この場所のどんなところがお好きですか?」
  6. 6
    相手に何かについて説明してもらう 誰しもが、自分はある分野に対して専門的知識を持っていると思いたいものです。最終的にはあなたの方が多く語ってしまいそうな、よく知っている話題であっても、あえて相手に説明を求めましょう。例えば、あるニュースの話が持ち上がった時に、「見出しでは見たんですが、今日は職場では時間がなくて記事の内容を読めなかったんです。どんな内容だったか教えてもらえますか?」と、聞いてみましょう。人に教えられる何かがあると感じると、会話をさらに楽しむことができるものです。
  7. 7
    人の意見に反対することを恐れない 会話において共通点を見つけることは非常に重要です。奇妙に聞こえるかもしれませんが、新たな関係を築く上で、良い反対意見を持つのは、非常に効果的です。会話をしたい相手には、あなたと過ごす時間が退屈ではないことを知ってもらいましょう。お互いの聡明さを示せる議論を、相手と行いましょう。
    • 深入りを避けて議論をしましょう。相手の神経が高ぶっている様子が見られたら、すぐに引き下がりましょう。
    • 口論にはならないように、温厚ながらも結論の出ない議論をするのが大事です。
    • 議論の間は、頻繁に笑顔を見せて声を出して笑い、その場にいる皆には、あなたが動揺している様子ではなく、楽しく過ごしている様子を見せることを忘れないようにしましょう。
  8. 8
    無難な話題を選ぶ 議論をしたいと感じても、実際に口論に繋がるような状況に陥ることは避けたいはずです。宗教や政治に関する議論は、気分を害する結果になりかねませんが、お勧めの観光地やサッカーチームに関する議論は、気軽で楽しいものです。その他の無難な話題は、映画、音楽、本、食べ物などです。
  9. 9
    会話の流れにまかせる あらかじめ準備した話題以外は話したくないと感じるかもしれません。しかし、それでは会話の可能性を制限してしまいます。赴くままに会話を発展させましょう。徐々に自分の得意な話題に移行するようにしてもよいですが、不自然に話題を変えようとしてはいけません。逆に、あなたがそれ程詳しくない話を相手がしたい場合は、それを受け入れましょう。相手にその話題について説明してもらい、それについて学ぶことを楽しみましょう!

パート 3
特定の状況に適応する

  1. 1
    急速に距離が縮まっている場合においても、気楽な雰囲気を保つ 見知らぬ人との会話を練習するには、スーパーのレジ待ちの列や、エレベーター内で人と会話するのが最善策です。その理由は、ほんの僅かな時間だけ同じ空間にいることで、会話を素早く終わらせられるとわかっているため、冷静さを保つことができるからです。このように短時間でのやりとりでは、奥の深い話題を持ち出してはいけません。「このエレベーター、変な臭いがしますね」もしくは、「レジ脇の陳列棚にあるお菓子を衝動買いしないためにはどうしたらいいと思います?」など、気軽な雰囲気を保ちつつ、気づいたことを述べるだけに留めましょう。
  2. 2
    長時間の交流の際には、楽しむ 喫茶店、バー、本屋のラウンジの椅子でくつろいでいる時などは、会話にもう少し長く時間をかけることができます。会話を楽しみましょう!冗談を言ったり、あなたの性格の楽しい面を出して、普段は長年の友人にだけにしか見せない姿を見せましょう。
  3. 3
    恋愛対象として関心のある人のことを知る 将来付き合ってみたいと思える人に出会った場合は、もう少し個人的な質問をしてみましょう。こうすることで、新たな関係が急速に親密になるだけでなく、話している相手について多くを知ることができます。相手が自分にふさわしい人かどうかを判断しましょう。
    • 一方で、度を越した質問をしてはいけません。人との初対面での会話で、相手が将来子供を持ちたいかどうか、などの質問をするのは非常に失礼です。
    • 代わりに、あなた自身に関する少々私的な事柄を話し、そのような会話を共有したいかどうかは相手に任せましょう。例えば、「私は、本当にお母さん子(もしくはお父さん子)なんです。毎日会話しないと、落ち着かないんです」と話してみましょう。
  4. 4
    人脈づくりの機会において、プロ意識を持つ 仕事関連において影響力を持つ人が参加するパーティーに行く機会があるかもしれません。もしくは、専門家の会議に出席することもあるかもしれません。どのような人脈作りの交流の場においても、あなたが有能で自信のある人だという印象を人々に見せたいはずです。見知らぬ人との会話に不安に感じていたとしても、不安を感じなくなるまでは、自信のあるふりをしてみましょう。
    • バーにいる時には場が盛り上がるような、下品な冗談などは言ってはいけません。
    • あなたが属する業界に関する会話だけをしましょう。あなたが自分の仕事をきちんと把握しており、仕事ができる人間だということを人々に示しましょう。
  5. 5
    面接の際には印象を残す 面接自体も重要ですが、面接前後の雑談も同様に大切です。面接官との楽しい会話により、あなたが同僚として迎え入れるべき人であることを印象付けることができるでしょう。さらに、どの応募者に対しても、全く同じ質問への回答を求められることが予想されます。応募者は、雇用者の意見に同調しようとするかもしれません。雑談の時こそ、記憶に残るような話題を提供してみましょう。
    • あなたのユニークな面を見せましょう。例えば、「この面接のために、ラグビーの練習を休んで来ました。本当にこの仕事がしたいんです!」と伝えてみましょう。

ポイント

  • 人に会話を無理強いしてはいけません。もし相手に話す気が無さそうなら、プレッシャーを与えてはいけません。
  • まだ行ったことのない場所や地域に一人で行く決心をした場合は、行先や戻る時期を誰かに伝えておくとよいでしょう。
  • Facebookを利用している場合は、イベントページを確認し、近隣でどのような催し物がどこで行われているかを確認しましょう。
  • 親しみやすく、親切な人だという評判を維持しましょう。今後の会議や交流の場で役に立つでしょう。
  • 実生活での交流につながる、日本版Meetup.comなどのSNSを利用しましょう。あなたの興味のある内容に合った地元のグループを見つけ、初対面の人との会話が楽にできそうな社会集団に参加しましょう。
  • 重要なのは、どれ程ぎこちなく、不自然で盛り上がらないように思える状況においても、自分に自信を持てるようにすることです。自分に自信を持ちさえすれば、それ程気まずくはならないでしょう。

注意事項

  • 以下のような問題に遭遇するかもしれませんが、問題解決が早ければ早いほど、実はそれ程大変なことではないという事実に早く気づけるでしょう。

    • 人に近づく際に、何を喋ればいいのかわからない時があるかもしれません。
    • 結局は、居心地が悪そうに立ちすくんでいる状況に陥るかもしれません。
    • 数人の初対面の人に近づく際に、震えがほぼ明らかに目に見えてしまうこともあるでしょう。
    • 会話が上手く始まったにもかかわらず、行き詰まってしまい、何を話していいのかわからなくなる(居心地の悪い沈黙)場合もあるでしょう。
    • 「あまりにも無謀だ!代わりにDVDでも借りてこよう」などと自分自身に言い聞かせることもあるでしょう。
    • 人によっては、あなたが相手を口説こうとしていると思われる場合もあります。
    • 潜在的にあなたを傷つけようとする悪い人に近づいてしまう可能性もあるため、慎重に行動しましょう。
    • 偉そうに振る舞ってはいけません。
    • 人に会話を強要すると、喧嘩につながる可能性もあるため、注意しましょう。

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む88人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 社交

他言語版:

English: Talk to Strangers, Italiano: Parlare a uno Sconosciuto, Español: hablar con extraños, Português: Falar com Estranhos, Deutsch: Fremde Menschen ansprechen, Русский: разговаривать с незнакомыми людьми, Français: parler à des inconnus, Bahasa Indonesia: Berbicara dengan Orang yang Belum Dikenal, العربية: التحدث مع الغرباء, 中文: 和陌生人交谈, Nederlands: Met vreemden praten, ไทย: พูดกับคนแปลกหน้า, Tiếng Việt: Nói chuyện với người lạ, 한국어: 처음 보는 사람에게 말 거는 방법

このページは 247 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?