視力を改善する方法

共同執筆者 Theodore Leng, MD

この記事には:自然な方法で視力を改善する視力を矯正する目に良い環境を作る11 出典

視覚は生活するうえで大変重要な感覚機能です。近年、携帯電話、コンピューターやテレビの画面などで、小さな文字や画像を常に見つめて目を酷使する機会が増えたため、目をいたわり視覚機能を改善する努力をすることが重要です。視覚が衰えて生活の質が低下し、高額な手術を必要としたり、視覚障害に悩まされたりする場合があります。しかし、優れた視覚を保つための解決策はたくさんあり、生涯にわたって良好な視機能を維持することも可能です。目をおろそかにしてはいけません!

1
自然な方法で視力を改善する

  1. 1
    目に「栄養」を与える 体の他の部分と同様に、最大限に機能するためには目にも栄養が必要です。食事に多くの果物や野菜を取り入れ、糖分や脂肪の摂取を控えることで、他の臓器と同じように目の健康も維持することができます。[1]
    • ビタミン A、C、 Eおよび銅や亜鉛などのミネラルを毎日の食事に取り入れましょう。これらのビタミンやミネラルは、良好な視力や病気の予防に欠かせない栄養素です。イチゴ、オレンジ、卵、サーモン、サバ、アーモンドにはこれらのビタミンが豊富に含まれており、カキ、カニ、七面鳥には上記のミネラルが多く含まれています。
    • ベータカロチン、ルテイン、ゼアキサンチンなどの抗酸化物質は、日光による目のダメージを防ぎます。これらの抗酸化物質は、暗緑色の葉野菜、カボチャ、サツマイモ、ニンジンに多く含まれています。
    • ニンニク、タマネギ、ケイパーを食事に取り入れて、硫黄、システイン、レシチンを摂取し、水晶体が濁る白内障を防ぎましょう。
    • ブルーベリー、ブドウ、ゴジベリー(クコの実)は、アントシアニンなどの抗炎症作用がある物質を含んでおり、視力の改善に効果があります。
    • 約1,000mgのオメガ3脂肪酸を毎日摂取すると、黄斑変性症(AMD)やドライアイの予防に効果的です。オメガ3脂肪酸は、サーモン、サバ、ニシン、フラックスシード、クルミに豊富に多く含まれています。
  2. 2
    目の運動をする 毎日の目の運動が健康な目と良好な視力を維持します。起床時、就寝前、または目の疲労時に運動を実践しましょう。目を刺激しないように運動前に手を洗い、心をリラックスさせましょう。[2]
    • 簡単な運動から始めましょう。円を描くように時計回りに眼球を10回動かし、次に反時計回りに同じく10回まわします。
    • 親指かペンを鼻から15cmほど離して持ち、5秒間見つめます。それから、親指のすぐ後ろにある物を5秒間見つめます。これを10回(約2分間)繰り返します。この運動は、職場のデスクでも簡単にできます。
    • 両手の平を擦り合わせて温め、5~10秒間両目に当てます。これを3回繰り返して目を温めましょう。
    • 親指の関節を使い、こめかみ、おでこ、目のすぐ下を小さく円を描くように、それぞれ20回マッサージします。
  3. 3
    目を休めリラックスさせる 起きている間中、目は酷使されているため、目を休ませてリラックスさせる必要があります。1日を通して休憩を取ったり、毎晩十分な睡眠を取って、目の休息と視力の回復に努めましょう。睡眠不足は視力の低下につながります。[3]
    • 3~5分間目を閉じます。目を閉じて頭を後ろに反らせ、雑念を捨てましょう。
    • 6mほど離れた物に20秒間焦点を当てます。これは視力検査の状況と同じです。
    • コンピューターやテレビの画面を見つめたり、読書をしたりする時は、50分毎に少なくとも10分間は目を休めましょう。必要があれば、短い昼寝をとりましょう。

2
視力を矯正する

  1. 1
    目の検査を受ける 定期的に眼科を訪れ、視力障害や目の健康を損ねる病気がないかを検査しましょう。視界がぼやける、近視または遠視である場合は、眼鏡をかけたり、視力を矯正する手術が必要な場合もあります。[4]
    • 年齢、健康状態、目の病気の症状に応じて、医師の診察を受けましょう。眼科を訪れる頻度は、それぞれの要因で異なります。早期治療を行うと回復も早まるため、目に何らかの問題があれば、早めに眼科医の診察を受けましょう。
    • 視力検査を受け、処方箋を要する眼鏡が必要かどうかを見極めましょう。
    • 視神経に障害が起こり視野が狭くなる緑内障の検査を受けましょう。緑内障を放置すると、徐々に症状が悪化します。
  2. 2
    視力を補正する眼鏡をかける 近視または遠視の場合は、眼鏡をかけて視力を補正する必要があるかもしれません。どちらの場合も、角膜の屈折力の強弱または眼軸の長さをレンズを使って補正します。[5][6]
    • 視覚障害に対処する最も簡単で安全な方法は、眼鏡を使うことです。眼鏡には二重焦点(バイフォーカルレンズ)、三重焦点(トライフォーカルレンズ)、累進屈折(プログレッシブレンズ)、また読書用眼鏡や運転用眼鏡など様々な種類があります。
    • コンタクトレンズも人気のある選択肢のひとつです。眼球に直接装着するコンタクトレンズには、ハードタイプ、ソフトタイプ、連続装用タイプ、使い捨てタイプ、高酸素透過性、バイフォーカルなどの種類があります。
    • 眼鏡やコンタクトレンズを選ぶうえで最も重要な点は、安全かつライフスタイルに合ったものを選ぶことです。
  3. 3
    屈折矯正手術を受ける 眼鏡やコンタクトレンズを使いたくない場合は、様々な種類の屈折矯正手術のなかから自分に合った手術を選ぶこともできます。これらの手術はここ20年ほどで一般的になり、完全に成長した目には比較的安全な手術とされています。医師はレーザーで角膜の形状を変える手術を行います。[7][8]
    • レーザーによる角膜内切削形成術(LASIK/レーシック)は、まず角膜の表面にフラップと呼ばれる蓋のような物を作り、レーザーで角膜を削ってフラップを元に戻して視力を矯正する方法です。手術中の傷みはなく短時間で済み、回復も早いのが特徴です。
    • レーザーによる角膜上皮下切除術(LASEK/ラセック、レーゼック)は、アルコールを使って非常に薄い角膜上皮のフラップを作り、レーザーで角膜の形状を変える手術です。レーシックに比べるとラセック手術の回復には時間がかかり、傷みを伴う場合や回復期に不便を生じる場合もあります。それでも効果的な手術方法のひとつです。
    • レーザーによる屈折矯正角膜切除術(PRK)は、レーシックと似ていますが、角膜ではなく角膜上皮を削る手術です。手術後は保護用のコンタクトレンズを数日間装着します。
    • 眼内レンズ(IOL)移植手術は、人口のレンズ(水晶体)を挿入する手術です。現在この手術はあまり行われていません。
    • 伝導式角膜形成術(CK)は、角膜に高周波エネルギーを当てる手術法です。この方法の難点は、効果が永久的には続かないことです。
    • 屈折矯正手術の副作用として、グレア(光が眩しく見える)やハロー(光の周辺に輪が見える)などの視覚的な問題、矯正不足や過剰矯正、ドライアイ、眼炎症、角膜損傷、視力喪失などがあります。

3
目に良い環境を作る

  1. 1
    照明を調節する 室内を柔らかい光で照らしましょう。蛍光灯が出す波長(色)には、目に悪影響を与えるものがあったり、眠気を誘うものがあるため、蛍光灯の光は目に良くないとされています。
    • 読書中は照明器具を背後に置き、本や手元に直接光が当たるようにします。
    • 職場では、ランプシェードの付いた電気スタンドを机の上の体の正面に置きます。この時も光を直接手元に当てると、ランプシェードが光を遮り目を守ります。
    • 暗闇でテレビを見たり、コンピューターを操作してはいけません。
  2. 2
    空気の質を改善する ドライアイは目の表面の潤いが失われるために起こります。症状はわずかな不快感から深刻な目の組織の炎症まで様々です。[9]
    • 家や職場で加湿器を使って保湿をしましょう。
    • サーモスタットを調節して空気の流れを弱め、目を刺激する埃の拡散を防ぎましょう。
    • 机や仕事場が換気口付近にある場合は移動しましょう。職場の別の場所への移動を希望しましょう。
    • 煙草の煙は目を刺激するため、禁煙しましょう。ドライアイの症状があれば、煙草は控えましょう。
    • 必要であれば人工涙液を点眼し、目に潤いを与えましょう。
  3. 3
    適切な眼鏡を選ぶ 自分の目の状況に合った、適切な眼鏡やコンタクトレンズを求めましょう。最近は、あらゆる状況に合わせて様々な種類の眼鏡が販売されています。適切な検査を受けて眼科医に相談し、使う状況に合わせて眼鏡を選びましょう。[10]
    • 処方レンズ、非処方レンズに関わらず、どのようなライフスタイルにも合うレンズが販売されています。あらゆる年齢向け、スポーツ用、室内または屋外用など、様々な種類があります。
    • 屋外で作業したり、長距離を運転する場合は、偏光サングラスを購入し、紫外線や眩しい光から目を守りましょう。こうすると、眩しさに目を細めることもありません。
    • 必要な時には常に眼鏡をかけ、清潔に保ちましょう。
  4. 4
    コンピューターの使用を制限する コンピューターが原因で眼精疲労を起こす人はたくさんいます。定期的に休憩を取って画面を見つめる時間を制限し、目の運動と保湿を心がけましょう。[11]
    • コンピューターを使う際に画面を凝視する傾向があれば、瞬きをして涙で目を潤し、目をリフレッシュさせましょう。
    • コンピューターを使う時は、20-20-20のルールを実践しましょう。20分毎に、20フィート(6m)先を最低20秒間見つめましょう。
    • コンピューター画面の反射を減らし、眼精疲労を防ぎましょう。それには、正面や背後の照明を調節する必要があります。
    • コンピューターの画面を体の真正面かつ腕の長さほど離して設置します。画面の高さはだいたい目の高さと同じにします。必要であれば、椅子を調整しましょう。
    • 書類箱を利用し、コンピューターの画面を目の高さと同じくらいにしましょう。視線の高さを調整する必要がなくなり、眼精疲労を軽減することができます。
    • フォントサイズを拡大し、コントラストと明度を上げると、読みやすくかつ検索しやすくなります。
    • 画面に埃が付いたら拭き取りましょう。

記事の情報

この記事はTheodore Leng, MDが共著しています。 レング医師はスタンフォード大学に勤務する眼科医、そして網膜硝子体外科医です。2010年にスタンフォード大学にて網膜硝子体外科の研究課程を修了しています。

カテゴリ: 健康

他言語版:

English: Improve Your Eyesight, Italiano: Migliorare la Vista, Español: mejorar la vista, Français: améliorer votre vue, Deutsch: Die Sehkraft verbessern, Português: Melhorar Sua Visão, Русский: улучшить зрение, 中文: 改善视力, Nederlands: Je zicht verbeteren, Bahasa Indonesia: Memperbaiki Pengelihatan, Čeština: Jak si zlepšit zrak, العربية: تحسين إبصارك, Tiếng Việt: Cải thiện thị lực, ไทย: ดูแลสายตาให้มองเห็นชัดขึ้น

このページは 3,849 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?