子供の個性や気質は、子供が自分の周りの世界のことを学ぶのに伴って発達します。小さいうちから自信をもって自立しているように見える子供がいる一方で、親にべったりで安心感や庇護を求め続ける子供もいます。なかなか離れようとしない子供に対処する親は、疲れたり、苛立ったりすることでしょう。ここでは、子供が親から離れ、一人立ちに向かって歩んでいく手助けをする方法について学びましょう。

パート 1 の 4:
親から離れない子供を理解する

  1. 1
    分離不安を正常な発達段階として受け入れる 分離不安は子供の発達において正常なステップです。このステップを経験する時期や期間、程度は子供によって違いますが、これは正常なもので心配する必要はありません。親から離れない子供を拒絶する、叱る、罰するといった対応は避けましょう。そういった対応をすると、そもそも傷つきやすい子供は怖がり、見捨てられたと感じるだけで何も良いことはありません。[1]
    • はいはいやあんよを覚えて活発になる乳児期後期、言葉を使ったコミュニケーションを始める幼児期初期、そして幼稚園や保育園への入園という大きな変化を経験する時期といった特定の正常発達段階に、子供は分離不安を経験する傾向にあります。こういった時期があるのは、成長につれて子供が親から離れることを学び、その意味を理解していくためです。同時に、子供は広い世界に潜む危険についても理解し、自分が一人ぼっちで誰にも守られていないと感じます。親から離れない子供は、広く恐ろしい世界で誰かがそばにいる安心感を求めているのです。[2]
  2. 2
    分離不安の原因を考える 特定の状況において子供が神経質、あるいは不安定になる場合があります。何が原因で子供が特に不安を感じるかを特定してみましょう。そうすれば子供の分離不安が最も強くなる状況を予測できるでしょう。
    • 子供にとって特にストレスになる特定の状況はありますか?お友達と遊ぶ時間ですか?幼稚園や保育園への登園時でしょうか?そういった状況に共通する原因を特定してみましょう。親がいない時に、子供はこういった状況にどう対処しているかを園の先生などに尋ねます。
    • 年少以下の幼児は、幼稚園や保育園への登園時に泣いたりおびえたりして親から離れるのが非常に困難な場合があります。しかし、こういった行動は親が立ち去ると同時に収まることがよくあります。登園時には、この避けられない事態を長引かせずにさっと立ち去れるように、先生に力を貸してもらいましょう。親は「ちゃんとお迎えに来るからね。」と子供を安心させてから、素早く立ち去りましょう。[3]
  3. 3
    親の行動が子供を離れられなくしていないかを自問する 無意識のうちに子供を自分から離れられなくしている可能性はありませんか?子供を怪我や嫌な感情から守ろうとするあまり、過保護になる親がいます。子供が安心して自立できるように、親はゆったりと子供を見守る必要があります。
    • 親は「強いね、勇気があるね。」と子供に伝えたり、新しいことへの挑戦を応援したりして子供の自立を促します。危険がなければ、公園や図書館で子供を親から少し離れて歩かせたり、他の子供と遊ばせたりします。子供が裏庭を探索したり、ジャングルジムの頂上に上ったりする時には、あまりべっとりと付きまとわずに見守りましょう。
    • 子供が怪我をした時に大げさに反応しないようにしましょう。例えば、少し転んだ程度であれば、まず 子供に駆け寄る前に怪我をしていないかを見極めます。
  4. 4
    精神疾病による分離不安に注意する 分離不安は子供の発達において全く正常なものですが、場合によっては治療が必要な障害の可能性もあります。適応障害、愛着障害、分離不安障害などの症状として分離不安が表れます。子供のこういった障害が心配な場合は小児科医に相談しましょう。また、心理療法士や子供の行動療法士の助けを求めるのも良いでしょう。[4]
    • 適応障害: トラウマとなる出来事や大きな生活の変化 (引っ越し、親の離婚、入園・入学など) の後に発症することがあります。[5] 発症すると新しい生活への適応が困難になり、異常なほどの不安、抑うつ、睡眠障害、大泣き、暴力、孤立、登園・登校拒否などの症状が表れることがあります。[6]
    • 愛着障害: 主に3歳までに虐待、育児放棄、不安定な生活環境を経験すると、人間関係の構築が困難になることがあります。[7] 人を信頼できない、愛情表現ができない、スキンシップや愛情表現を嫌悪する、癇癪や受動攻撃的な行動で怒りを表す、自分の思い通りに物事を進めることに執着する、罪の意識や良心の呵責がない、親から離れられず要求が多いといった症状を示します。[8][9]
    • 分離不安障害: 分離不安障害は主に非常に結びつきの強い家族に見られ、子供は愛着心を持つ家族と引き離されると非常に強い不安や恐れを覚えます。悲しみ、集中困難、引きこもり、自分や家族に起こりうる危険 (動物、強盗、自動車事故など) に対する過剰な恐れなどを示し、家族がそばにいないと、あるいは家以外の場所では眠れない、親から離れない、分離を強要されると怒り、場合によっては暴力をふるうといった症状を示します。[10]子供が こういった症状を4週間以上示すと、分離不安障害と診断されます。[11]
    広告

パート 2 の 4:
子供が離れない時の対処法

  1. 1
    分離不安を悪化させる状況を避ける 特に親と離れるのが嫌な時期には、子供を過度に不安にさせる状況を避けても良いでしょう。大人も自分が不安に感じる状況を避けることがあるのと同様に、子供が親と離れて不安に思う状況を避けても問題はありません。[12]
    • 空腹や疲れは分離不安行動を増悪させることがあるため、注意しましょう。
    • 子供が不安を感じる状況を特定できれば、そういった状況を完全に避けることができます。例えば、混みあった公園や特定の人と会うことで問題が悪化するのであれば、子供がもう少し自立できるようになるまではそういった状況を避けましょう。
    • 完全に避けることのできない状況は、なるべく子供が受け入れやすい工夫をして解決します。例えば、公園には人の少ない早朝に行く、お友達と遊ぶ場合は一対一になる機会が比較的少ない場所(動物園や水族館など)を選ぶなどすると良いでしょう。
    • この方法は分離不安が比較的短期の場合に限られます。子供の強い分離不安が数か月間続いて日常生活に支障をきたしたり、子供の正常な成長が妨げられたりする場合は、小児科を受診しましょう。子供の自立能力に影響を与える社会不安障害や社会的発達障害を患っている可能性があります。[13]
  2. 2
    問題が起こりそうな状況に対して子供に備えさせる 避けることができない状況には、子供に心の準備をさせましょう。出かける前に行き先や外出の目的、とるべき行動について説明します。
    • 子供がまだ乳幼児で上手にしゃべれなくても、備えるべき状況を簡単な言葉で説明します。子供は話せるようになるずっと前から言葉を理解しています。[14] 短く、簡単な文章で詳細に状況を説明します。例えば、「今日はお医者さんに行くよ!山田先生覚えてる?優しい先生だよ。お目々やお耳の中を見たり、胸の音を聞いたりするの。体重もはかるよ。腕にお注射をするからちょっと痛いと思うけど、すぐ済むからね。終わったら先生がアメをくれるよ!」と言います。非常に不安が強い子供には、お芝居でシミュレーションをすると良いでしょう。
    • 子供を人に預けて親が立ち去る際に子供の不安が特に強い場合も、事前に心の準備をさせる時間を作ります。子供の気持ちはよくわかっていること、不安に思うのが当然であることを伝え、楽しいことが待っていること、親は必ず戻ってくることを言い聞かせます。子供に気付かれないうちに立ち去っ てはいけません。状況を分かりやすく説明して、前向きな態度を示しましょう。こっそりと立ち去ると、子供は親を信用しなくなります。
  3. 3
    過保護にならない 子供には適当な場面で自由と独立を与えましょう。子供が不安を乗り越える前に、親が自分自身の恐れや不安を乗り越える必要があります。
    • 一人遊びの時間を増やし、徐々に自立に慣れさせましょう。一日中子供のすることを親が指定したり、常に子供に密着したりせず、短時間でも子供に一人遊びをさせます。一人遊びには絵本、塗り絵、ブロック遊び、人形遊びなどが良いでしょう。子供がまだ幼いうちは一度に数分しか一人で遊べないかもしれませんが、4-5歳までには創造力を駆使した一人遊びを1時間以上できるようになるでしょう。[15]
    • 公園や公共の場所で子供が遊ぶ時には、いつもの立ち位置から一歩下がって見守りましょう。子供が元気に安全に遊具で遊んでいる限り、公園に行くたびにさらに少しづつ離れていき、最終的に近くのベンチに座ります。そこから子供の遊ぶ様子をよく見て、遊びを応援する声掛けをすることで積極的に参加します(スマートフォンで遊ぶのではなく!)。あまり子供の近くにべったりとくっつかないようにしましょう。
  4. 4
    安心感を与えて子供の心を支える 親から離れられない子供は居場所と安全を求めています。離れないからと言って拒絶、無視、説教などをしてはいけません。子供の自立を促しながら、しっかり抱きしめて安心させてあげましょう。
    • 親の行動の実況を伝えるのも、幼児を安心させる方法の一つです。例えば、隣の部屋に行く時には子供にそう伝え、「カップを流しに置いてくるけど、すぐ戻るからね。」と説明します。子供を幼稚園や保育園に預けて帰る時には、子供が見ていない時にこっそりと立ち去るのではなく、帰ることを伝えます。子供が泣いて大変だとしても、そうすると子供は親の言葉を信じて待っていれば親はきっと帰ってくると信じられるようになり、親の姿が見えなくなっても心配しなくなるでしょう。 [16]
    • 親と離れている時間が長くて子供がストレスを感じている時は、子供を抱きしめる、読み聞かせをする、庭で一緒に遊ぶといった特別な時間を作りましょう。親がいない時間が長い日には、子供は安心するまでにいつもよりも注目を必要とすることがあります。[17]
  5. 5
    子供の気持ちを真剣に受け止める 子供の恐れや怒りを理解し、その気持ちを踏みにじらないように、親と離れていても心配はいらない旨を説明します。分離不安を緩和する努力をしつつ、子供の気持ちは理解できることを伝えます。
    • 小さな子供は生まれてからまだほんの数年で、人生経験が非常に限られていることを忘れないようにしましょう。大人にはばかばかしく思える恐怖も、子供にとっては圧倒的なものです。そんなに怖がるなんてばかばかしい、赤ちゃんみたいだ、などと言うのではなく、敬意をもって子供の恐れを真剣にとらえ、それを理解し、乗り越える手助けをします。
  6. 6
    親から離れられないことを罰しない 分離不安の時期は子供の発達において正常かつ健全であることを忘れないようにしましょう。正常な発達段階をたどる中で子供が親を求めるからと言って子供に悲しい思いをさせないようにしましょう。罰しても状況は良くならず、かえって子供を混乱させるだけです。[18]
    • 親から離れない子供は、親が自分の要求を満たしてくれると信じていることを忘れないようにしましょう。自分から離れないからと言って子供を怒鳴ったり、叱りつけたりすると、守ってくれる、頼れる人がいなくなり、子供は一人ぼっちになってしまいます。
    広告

パート 3 の 4:
子供の自立を促す

  1. 1
    徐々に子供から離れる ひどい分離不安で子供が親から離れられない時には、少しずつ離れてみましょう。一度に数分子供から離れ、すぐに戻ります。離れる時間を少しづつ長くして、親がいないのは一時的なものだと子供が納得するまで続けます。
    • 家で子供と一緒に遊んでいる時に、「お水をキッチンに忘れちゃったわ。すぐ戻ってくるね!」と言って水を取りに行き、うろうろせずにすぐに戻ります。そうすると子供は親を信頼し、すぐに戻ってくると理解します。
    • 次に部屋を出るときは、もう少し時間のかかる用事をします。例えば、「洗濯物を洗濯機に入れてくるね。2‐3分で戻るね。」と声をかけ、部屋を出るたびに、1-2分づつ長く姿を消してから戻りましょう。
  2. 2
    不安が強い子供を安心させるために生活リズムを整える 変化が苦手な子供は、毎日の生活スケジュールを設定すると分離不安が緩和することがあります。スケジュールが決まっていると子供は次に何が起こるかを事前に知ることができます。例えば、毎日、昼食後には親は食器を洗うということを説明します。その間は子供は一人で遊ぶ必要があることを伝えます。
    • 子供が特に不安を感じ、親から離れない時間帯のスケジュールや日課を設定すると非常に効果的です。例えば登園時に親から離れられない子供には、まずロッカーに鞄をしまい、先生に挨拶し、いってきますのハグをして、教室に戻る前にハイタッチをする、といった行動を毎日の日課にします。
    • また、就寝時に親から離れられない子供には、お休み前の儀式を毎日の日課にすると就寝が予測可能になります。おやすみの儀式には、ゆっくりお風呂に入り、ローションマッサージをし、パジャマを着て、おはなしをし、歌を歌って、それからベッドに入る、といった例があります。また、おやすみを伝えるのに短いフレーズや特別な言い方で「〇〇ちゃんのこと大好きだよ!明日の朝起きたらまた会おうね。」などと言います。こうすると、眠っても目が覚めたらちゃんと親がいるという安心感を子供に与えることができます。[19]
  3. 3
    子供に自信をつけさせるために課題を与える 達成できる課題を子供に与えて、自信と自立感を持たせましょう。小さな課題でも達成感を得られると、子供に自尊心と自立心が芽生え、将来的には新しい課題に挑戦する意欲を育てることにもなります。[20]
    • 子供に与える課題は、年齢や能力に合わせたものを選びます。例えばおもちゃを片付ける、食事の配膳をする、タオルをたたむ、洗濯物を仕分けする、郵便受けをチェックする、夕食用の野菜を洗う、などが良いでしょう。また、子供がすでに自分でできるにもかかわらず親にしてもらいたがること (靴を履く、手を洗う、など) を課題として取り組ませるのも良いでしょう。
    • 課題の達成表を作ってみましょう。曜日を一番上の欄に書き、お手伝いや課題を左端の欄に上から下へと記入します。お手伝いや課題が達成できたら、その都度対応する欄にシールを貼らせます。表が全部埋まるか、一定枚数のシール (10枚など) が集まったら、ご褒美に水遊びのできる公園に連れて行ったり、アイスクリームを買ってあげたりしましょう。
  4. 4
    他の子供との交流の場を十分に与える お友達とグループで遊ぶ、お友達の家へ遊びに行く、あるいは来てもらうなどの機会があると、子供は分離不安の少ない子供とも接することができ、親から離れて楽しく人間関係を築くことができます。
    • お友達と遊ぶ時に親から離れない場合は、少なくとも一人は知っているお友達がいることを確認しましょう。親は子供の近くにいて、子供にも「近くにいるからね。」と伝えます。子供がその状況に慣れてきたら、少しずつ距離を取ります。
  5. 5
    新しい活動に挑戦させて自立を促す 環境を変えたり、新しいおもちゃやゲームを与えたりして、一人遊びやお友達との遊びに興味を持たせます。いつも家の裏庭で遊ぶのならば、公園に行きましょう。いつもブロックで遊ぶ子供には、工作をさせてみましょう。
    • 地域の図書館でプレイグループや子育てサークル、読み聞かせ会などの情報を探します。こういった集まりに参加すると、単調な日々の繰り返しから抜け出すことができます。
    広告

パート 4 の 4:
愛情と注目を十分に与える

  1. 1
    一日を愛情表現で始める 朝はハグとキスで子供に挨拶し、前向きな姿勢で一日を始めましょう。
    • スキンシップという形での愛情表現を多く受け取っている子供は、親や世話をしてくれる人と強い絆を結び、安心感を得やすい傾向にあります。また、スキンシップは脳の機能、コミュニケーション能力、自尊心を育て、こういった力により子供は広い世界でも安心して過ごせます。そのため、充分なスキンシップを経験すると、子供は不慣れな状況でも親に頼らずに行動できるようになるでしょう。[21]
  2. 2
    子供と一緒に充実した時間を過ごす 親と離れられない子供は、親が一緒にいてくれるとわかれば、安心して自立することができます。毎日、邪魔なもの (テレビ、携帯電話やその他電化製品)のない時間を子供と過ごしましょう。ゆっくりと子供の話を聞き、100%子供に集中しましょう。
    • 図書館や公園、自宅の庭などで親子の時間を過ごしましょう。子供の目線と同じ高さで座り、子供のレベルで遊びに参加します。その際は、子供のリードに従いましょう。
    • 子供と一緒に過ごす濃密な時間を日々のスケジュールに組み込むと最も効果的です。例えば、毎日昼食後に子供と一緒に遊ぶ、と決めると子供はそれを予測できるようになります。そうすると、それ以外の時の分離不安も緩和されるでしょう。
  3. 3
    一人で行動できたことを褒め、もっとできるように励ます 子供が一人で遊べたり、自分の安全な場所から外に踏み出せた時は、必ず目一杯褒めましょう。自分の頑張りを認めて褒めてもらえたということが子供に分かるようにしましょう。[22]
    • 子供の新しいことに対する挑戦や一人でできたことを賞賛すると、それを成し遂げるための自分の努力に親が気付いていることが子供に伝わります。子供が親の言うことをよく聞くタイプであれば、親を喜ばせたり、もっと褒めてもらったりするために自立的な行動を続けるでしょう。[23]
    • 子供への過剰な賞賛を習慣化しないように注意しましょう。過剰な賞賛は、不安で弱気な子供に対して逆効果になることがあります。子供は親の賞賛を自分の努力への評価、あるいは自分の価値そのものとして受け取ることがあります。そのため、失敗したら親がもう自分を褒めてくれないという恐怖で、子供は新しい困難に挑戦することに対して気弱になってしまいます。[24]
    • 結果に重きを置くのではなく、新しいことに挑戦する勇気や意欲を褒めるのが良いでしょう。思い切って何かに取り組むことは称賛に価すると子供に教えましょう。[25]
    • それほどの偉業ではないことを褒めることは避けましょう。子供のすることを何でも褒めたたえる必要はありません。(「野菜を全部食べたね!やったぁ!」など)[26] そうすると、実際に偉業を成し遂げた場合の賞賛の効果が薄れる上に、子供はいつでも親を喜ばせなければいけないと思ってしまいます。
  4. 4
    子供の気持ちを絵に描かせる 分離不安を持つ子供からしばらく離れる必要がある場合は、自分の気持ちを表す絵を子供に描かせます。そうすると、子供への気遣いを伝えることができる上に、親がいない間はお絵かきに取り組むことができます。
    • 自分の感情を言葉で言い表せない子供の不安などの治療に、アートセラピー (絵画療法) を取り入れる治療者が増えています。[27]
    • 訓練を受けた療法士のように子供の絵を評価することができなくても、子供の心を不安にさせる何らかの原因を見出すことはできるでしょう。子供は何か悪いことが起こるかもしれないと思って、一人でいることを恐れるのでしょうか?それとも親がもう戻ってこないかもしれないと思うためでしょうか?絵について子供に様々な質問をし、子供の不安な気持ちを理解しましょう。
  5. 5
    辛抱強く分離不安の時期に付き合う 子供は一人一人違います。親から離れない時期は正常なものであり、子供はそれぞれのペースでその時期を卒業するでしょう。
    • ところで、親が自分を大切にすることも忘れてはいけません。常に自分から離れない子供の世話をするのは精神的に疲れ果てることでしょう。家族やシッターに子供の面倒を見てもらう間に、親はリラックスし、楽しいことをする時間を作りましょう。
    広告

ポイント

  • 分離不安は現れたり消えたりするものです。この時期を通り過ぎたと思った子供が新しい発達段階に到達したり、大きな生活の変化 (入園・入学、妹や弟ができるなど) が起こったりしてまた元に戻ることがあります。
  • 親から離れられない子供に対処するには 前向きな態度が不可欠です。分離不安に対する親の失望、苛立ち、怒りを子供が察知すると、問題は悪化するだけです。まずは子供に自信、安心、そして愛されているという確信を持たせることを目標としましょう。



広告

関連記事

How to

子供の自閉症を見分ける

How to

ペアレンタルコントロールを無効にする

How to

犬を飼うために親を説得する

How to

子供の創造力を伸ばす

How to

自閉症の子供を落ち着かせる

How to

キネティックサンドを作る

How to

赤ちゃんにハイハイを教える

How to

いい子になる

How to

子どもを持つか持たないかの選択をする

How to

赤ちゃんの歯ぐずりに対処する

How to

幼児のアスペルガー症候群を見分ける

How to

乳児のしゃっくりを緩和する

How to

ADHDの子供を育てる

How to

粉ミルクにライスシリアルを混ぜる
広告

このwikiHow記事について

Trudi Griffin, LPC, MS
共著者 by
認定カウンセラー
この記事の共著者 by Trudi Griffin, LPC, MS. トゥルーディ・グリフィンはウィスコンシン州に住む認定カウンセラーで、依存症と精神衛生を専門としています。個人治療や地域医療の場で、依存症、精神病、心的外傷に苦しむ患者のカウンセリングにあたっています。2011年にマーケット大学にて臨床精神衛生カウンセリングの修士号を取得。 この記事は10,889回アクセスされました。
このページは 10,889 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告