親が厳しくて門限やルールがたくさんあると、彼とデートをすることさえ非常に難しいかもしれません。幸いにも、親の機嫌を損ねずに彼との交際を続ける方法があります。ここでは、親が厳しくても彼と付き合う方法を紹介します。この方法を参考にして、好きな人と一緒に楽しく過ごしましょう。

方法 1
方法 1 の 11:
友達と遊ぶと言う

  1. 1
    デートよりも友達との付き合いに忙しいと思わせます。親には、友達との約束がたくさんあると言いましょう。彼とボーリングに行く予定なら、友達と行くと親に言います。親が友達の姿を確認できるように、友達に家まで迎えに来てもらえば疑われないでしょう。その後、友達と別れて彼とデートをしましょう。[1]
    • 真実に近いことを言うほうが簡単かもしれません。友達と遊ぶと親に言う場合は、本当に友達と遊び、その後で彼とデートをしましょう。こうすると、嘘をつくわけではないので、緊張せずに親に予定を伝えることができます。[2]
    • 彼に会うためにおしゃれをしたい場合は、おしゃれな服をカバンやリュックに入れて、友達と遊ぶような服装で出かけましょう。こうすると、親もデートに行くとは思いません。[3]
    広告

方法 2
方法 2 の 11:
きちんと勉強していることを伝える

  1. 1
    責任ある行動を取っていることを親にアピールします。宿題が多いこと、自分一人で宿題を終わらせるのは難しいこと、グループで勉強することなどを伝えましょう。彼と付き合っていても、勉強を優先させる必要があります。良い成績を取れば、親も子供の意思を尊重するでしょう。[4]
    • 説得力を持たせるために、宿題にかかる時間を親に伝えても良いでしょう。たとえば、「宿題を終わらせるために、1週間に15~20時間も勉強している」と言います。[5]
    • 宿題が多くて苦労していることを正直に言っても良いでしょう。たとえば、「すべての課題を一人でこなすのは難しいけど、友達と一緒ならやる気が出る」などと言います。
    • 実際に彼と一緒に宿題をして、その後遊んでも良いでしょう。学校の勉強に真剣に取り組めば親も安心します。

方法 3
方法 3 の 11:
携帯電話の彼の名前を変える

  1. 1
    友達と電話で話しているだけなら親も心配しません。携帯電話の連絡先の彼の名前を変えましょう。彼の名前の後につけているハート(💕)や炎(🔥)の絵文字を消去します。彼の名前と親友の名前を交換しても良いでしょう。たとえば、「あかり」という名前の親友のことを親にいつも話している場合は、彼の名前を「あかり」にします。こうすると、親は友達と連絡を取っているだけだと思うでしょう。[6]
    • 連絡先に全く同じ名前が2つあっても問題ありません。ただし、「あかり2」などとするのはやめましょう。親が見たら怪しむかもしれません。
    広告

方法 4
方法 4 の 11:
彼の写真をSNSに投稿しない

  1. 1
    こうすると、親は付き合っている人がいないと思います。SNSに投稿するのは、友達との写真や感動した言葉、将来の目標などにしましょう。彼と撮った写真を投稿するのはやめ、別の人が投稿した写真に彼とあなたがタグ付けされていないことを確認します。SNSに付き合っていることを匂わせる投稿がなければ、彼がいるとは思われないでしょう。[7]
    • 写真を投稿しなければ、彼とあなたのプライバシーを保てます。面倒なことに巻き込まれる心配もなく、穏やかに付き合いを続けられるでしょう。

方法 5
方法 5 の 11:
彼のことではなく別の話をする

  1. 1
    彼がいることを親に悟られないように、恋愛とは関係がない話をします。状況に応じて、様々な話題で親と話をしましょう。たとえば、朝食時には歴史の授業で学んだことについて話し、夕食時には将来の夢や希望について話します。親は子供の話を聞くのが好きなので、子供が考えていることを知って喜ぶでしょう。[8]
    • たとえば、朝食時には「世界史って意外に面白いよ。昨日は香辛料の貿易について授業で勉強して……」などと話します。
    • 夕食時には、将来の夢について話しましょう。たとえば、「大学では英文学を勉強したいと思っている」などと話します。
    • 定期的に親と話をすると、コミュニケーション能力と自己肯定感が高まることが研究で明らかにされています。[9]
    広告

方法 6
方法 6 の 11:
家族の知り合いに会わない場所でデートをする

  1. 1
    親や親の知り合いが行かない場所で彼と会えば安心です。親や親の知り合いが行く可能性がない場所を探しましょう。たとえば、10代の若者に人気のゲームセンターやローラースケートリンク、アミューズメントパークなどを選びます。大人が行かないような場所でデートをすれば、親や知り合いに見つかる心配がないでしょう。[10]
    • 彼とおしゃべりするには学校も最適です。休み時間に彼と話しましょう。
    • 親が仕事に行っている時間なら、自宅や彼の家、共通の友達の家などで一緒に遊んでも良いでしょう。
    • 彼と同じ部活を選ぶという方法もあります。たとえば、演劇部に入れば、リハーサルで多くの時間を一緒に過ごせるでしょう。

方法 7
方法 7 の 11:
人前でいちゃいちゃしない

  1. 1
    いちゃつくのは、二人きりになるまで我慢します。ソーシャルメディアや公共の場でべたべたするのはやめましょう。親や友達、親の知り合いなどに見られたら、何か言われるかもしれません。抱き合ったりキスしたりするのは、他の人がいないときにしましょう。[11]
    • 彼との交際を続けていくためには、親や友達に批判されるような行動を慎みましょう。
    • 彼と二人きりになったら、彼の手をぎゅっと握って「会いたかった」などと言いましょう。
    • もしくは、「誰も見ていないから、こっそりキスしてくれたら嬉しいな」と言っても良いでしょう。
    広告

方法 8
方法 8 の 11:
交際について親の考えを聞く

  1. 1
    親を理解するために、考えを聞きましょう。親があなたの年齢のときにデートをすることが可能だったか聞いてみます。時代が変わっていることを親が理解しているか確認しても良いでしょう。交際することを許してくれるか聞いてみましょう。許さないと言われたら、その理由を尋ねます。話をきちんと聞けば親も喜び、「そんなに厳しくする必要はないかな」と思わせることができるかもしれません。[12]
    • たとえば、「お母さんが私の年齢の頃、付き合っている人いた?デートしたかった?」などと聞きましょう。
    • 今は親の時代とは少し違うことを親に説明しましょう。たとえば、「今は放課後にデートをするのは普通だけど、どう思う?」などと聞きましょう。
    • 「私に彼氏ができたらどうする?」などとはっきり聞いても良いでしょう。

方法 9
方法 9 の 11:
日常生活をきちんと管理していることを示す

  1. 1
    責任をもって生活していることを伝えて、親を安心させましょう。やるべきことに優先順位をつけて書き出し、時間を管理していることを親に説明します。成績を見せて、友達との約束や睡眠のスケジュールを親に知らせましょう。自己管理ができていることを示せば、恋愛関係もきちんと管理できることを証明できます。[13]
    • グループで真剣に勉強に取り組んでいる場合は、そのことを親に伝えましょう。わからないところを教えあう仲間がいて、勉強熱心な人が集まっていることを説明します。
    • 健康にも気を付けていることを親に話しましょう。体と心の健康を大切にしていることがわかれば、親も安心します。また、間違った判断はしないだろうと信頼してくれるかもしれません。
    • 自分の味方になってくれる人が必要なことと人間関係の重要性についても親に説明して、理解してもらいましょう。
    広告

方法 10
方法 10 の 11:
彼とボランティア活動をする

  1. 1
    目的があって公共の場で彼と一緒にいることを親に伝えます。熱心に取り組んでいることについて親に話し、親との絆を深めましょう。たとえば、ビーチの掃除や炊き出しなどのボランティア活動を行っている場合は、そのことについて話します。人を助ける気持ちがあることを知って親は喜ぶでしょう。ボランティア活動に取り組む際は、彼を誘いましょう。一緒にボランティア活動をすれば、彼ともっと仲良くなることができて有意義な時間を過ごせます。[14]
    • 親には、彼のことを恋人ではなくボランティア仲間だと言いましょう。
    • ボランティア活動のメリットを親に説明しましょう。たとえば、「自分に自信がつくだけでなく、新しい友達ができて社会経験にもなる」などと言います。[15]
    • また、ボランティア経験が大学進学や就職活動に有利に働くことも親に説明しましょう。

方法 11
方法 11 の 11:
彼の存在がプラスになっていることを親に伝える

  1. 1
    彼のことを少しずつ認めてもらえるように、彼の良いところを親に伝えましょう。彼と知り合ったきっかけについて話しても良いでしょう。たとえば、数学を教えてもらって好きになったことなどを話します。彼にいつも助けてもらっていることについても話しましょう。彼が良い影響を与える人だと知れば、親も認めやすくなります。[16]
    • 彼の存在が学生生活にも良い影響を及ぼしていることを親に説明しましょう。たとえば、「彼と付き合い始めてから数学のテストはいつも満点を取れるようになった」などと言います。
    • 彼があなたの良さを認めてくれていることを親に話しましょう。たとえば、「彼は私が描くイラストが好きで、コンテストに応募するように勧めてくれる」などと言います。
    • 彼のことを誉めましょう。たとえば、「彼はとても親切で、人助けをして警察から感謝状をもらったこともあるんだよ」などと伝えます。
    広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
夢精を止める夢精を止める
勃起を隠す勃起を隠す
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
キスの練習をするキスの練習をする
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
学校を楽しむ学校を楽しむ
こっそりとコンドームを買うこっそりとコンドームを買う
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
彼があなたのことを好きかどうか知る彼があなたのことを好きかどうか知る
アロエベラジェルでニキビを消すアロエベラジェルでニキビを消す
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: ティーン
このページは 83 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告