PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

罰として親に携帯電話を取り上げられることは比較的よくある事です。あなたの親が携帯電話を取り上げると決めた背景には、あなたが携帯電話の使用ルールを反故にしたことが原因なのかもしれません。もしくは、他の間違った行いに対する罰として携帯電話を取り上げられるという場合もあるでしょう。なぜ親があなたの携帯電話を取り上げたのか、その理由を理解し、どうやったら返してくれるのかを話し合い、あなたがこれからはルールを守り責任を持って使用することができると親に示すことが大切です。

パート 1
パート 1 の 3:
親と話す

  1. 1
    親と話をするのに一番適している時間を見定めましょう。車の中や家など対面で話ができるプライベートな場所と時間を選びましょう。すでに入っている予定の直前には話し合いをしないようにしましょう。
  2. 2
    問題点を親と話し合いましょう。落ち着いて冷静な話し方をすれば、問題について話し合うことができるでしょう。親が電話を取り上げるに至った理由を突き止めましょう。理由がわからなければ、返してもらうための手立てを講じることができません。
    • 冷静になる時間を持ちましょう。携帯電話を取り上げられたことに対する親への怒りが収まらない間は親に話をしにいってはいけません。
  3. 3
    親の話を能動的に聞く技術を身につけましょう。 親があなたの問題点について話している時には、しっかりと親の言い分を聞きましょう。どう返答しようかと考えるのはやめましょう。親の言い分を注意深く聞くことができれば、彼らの気持ちを尊重した実のある返事をすることができるでしょう。[1]
  4. 4
    あなたの気持ちを伝えましょう。親の言い分をじっくり考えてみましょう。その後、親の話を聞いてどんな気持ちがしたか伝えます。あなた側からの事情を説明し、なぜ間違いが起きてしまったのか理解してもらいましょう。[2]
  5. 5
    謝罪しましょう。自分が間違っていたことを認め、心から親に謝罪しましょう。あなたに気づいて欲しいことがあったから、親は携帯電話を取り上げたのです。そのことを認め、間違いを正すための最初の一歩として謝りましょう。あなたの謝罪を踏まえて親だけで考える時間を与えましょう。その間は、しつこくお願いせずに辛抱することが大事です。精神的に成熟している姿を見せ、親にも考える時間が必要だと理解していることを示しましょう。[3]
    • 謝罪した後に、携帯電話を返して欲しいと懇願するのはやめましょう。携帯電話を取り返すためには、親と決めたルールや親からのお願いをまず実行することが大切です。懇願すると、真剣に謝っていないようにとられてしまいます。
  6. 6
    携帯電話を取り戻すためにするべき事について話し合いましょう。携帯電話を取り上げられるに至った問題についてしっかりと親と話し合った後に、携帯電話を取り戻すためにするべきことやその計画について親の意見を聞きましょう。いついつまでに〇〇をするというように時間軸に沿い、やるべきことのリストを挙げ、親と話し合いましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 3:
親の期待に応える

  1. 1
    携帯電話の持ち主が誰なのかを明確にしましょう。携帯電話の使用料金を払っていないのなら、それはあなたの携帯電話ではないということを理解しなければなりません。決められたルールに従う努力をし、ルールがよく理解できないのならば、親と話し合いましょう。
  2. 2
    正しい行いをしましょう。携帯電話を返す条件として、親があなたに望む行動や行いを提示してくるでしょう。親の期待に応えられるように、真面目に取り組みましょう。
    • 例えば、携帯電話の使用料が高額ならば、その一部を自分で負担すると申し出ると良いでしょう。庭仕事や雑用など簡単な仕事を見つけ、親に肩代わりしてもらっている携帯代に当てると良いでしょう。
    • 学校の成績が悪いことが原因で携帯電話を取り上げられたのならば、成績が上がるように毎晩勉強しましょう。次のテストで結果を出して、真剣に勉強に取り組んでいることを示しましょう。
  3. 3
    親の期待に常に応えるようにしましょう。親が心配していることを真剣に受け止め、同じ過ちは繰り返さないことを行動で示しましょう。問題を起こした後で話し合って更生するのではなく、日頃から常に親の期待に添うことでその姿勢を示すことができるでしょう。
    • 親の期待に応えていれば、この先も携帯電話を取り上げられることはないでしょう。
    広告

パート 3
パート 3 の 3:
責任感があることを示す

  1. 1
    決められた携帯電話の使用時間を守りましょう。携帯電話を取り戻したら、適切に使うことが大切です。携帯電話を使っていい時といけない時について親としっかり話し合っておきましょう。[4]
    • 携帯電話を何時まで使用していいか決めましょう。夜になったらどこで携帯電話を充電するか置き場所を決めましょう。使用時間は平日と週末で異なるのかどうかも決めましょう。
    • 食事中、授業中、運転中は携帯電話の使用を控えましょう。携帯電話使用に関する基本のマナーを理解し、それらのマナーやルールを守り責任を持って携帯電話を使えることを親に示しましょう。
  2. 2
    月々の料金プラン内で収まるように携帯電話を使用しましょう。自分で携帯電話代を支払っていないのなら、携帯電話の料金プランの仕組みを理解するのは難しいかもしれません。月々のプランで定められた使用量を超えて使用すると、非常に高く付きます。携帯電話の料金プランの内容について親と話し合っておきましょう。[5]
    • 通話し放題に入っているのか、入っていないのならどのような制限があるのか、1分あたりの通話料はいくらなのかを理解しましょう。
    • 毎月どの程度ショートメッセージや写真を送ることができるのか理解しましょう。
    • 月々に使用可能なデータ量を把握し、定められたデータ量を超過しないようにしましょう。
    • 国際電話やローミングの規制があるかどうか親に確認しましょう。日本国外にショートメッセージを送ったり電話をかけたりすると高額になる可能性があります。
  3. 3
    親が決めた携帯電話使用のルールを守りましょう。親が携帯電話の使用ルールを決めたのであれば、それに従うことが電話を取り上げられないためには最も重要です。責任を持って携帯電話を使いましょう。
    広告

ポイント

  • 携帯電話を返して欲しいと懇願するのはやめましょう。携帯電話を返してもらうためにどうしたら良いかを話し合いましょう。
  • 成績を上げ、約束を守れる責任感があること、携帯電話を使用する準備ができていることを示しましょう。
  • 親の望む通りしっかり行動できているかどうか、時々親に尋ねましょう。1ヶ月に1度程度確認し、その際に携帯電話を返して欲しいと懇願するのはやめましょう。返してもらえなくなります。
  • 親に認めてもらうためにしばらく頑張ってきたという自負があるのなら、学校のカウンセラーから親に話をしてもらい、親に納得してもらうというのも1つの案です。
  • 守れる約束をするようにし、親にとっても自分にとってもウィン・ウィンの関係を作るようにしましょう。
  • 親の考えを尊重し、聞き分けのよい子供でいましょう。
  • ダメと言われても絶望してはいけません。親にも考える時間を与え、それでも数週間、数ヶ月と過ぎても携帯電話を返してくれないようであれば、時間を作って親と話し合い、携帯電話をしっかり管理できる年齢であることを理解してもらいましょう。その際に、携帯電話がなくてとても困っているわけでも、携帯電話に依存しているわけではないけれども、可能であれば使いたい(例えば、カメラなどの日常に必要なものとして)と伝えましょう。
  • 正しい行動をしていれば携帯電話を取り返すことができると覚えておきましょう。親に言われた通りにし、同じ過ちを繰り返さないようにしましょう。そうすれば携帯電話を取り返すことができるでしょう。
  • 携帯電話を見られないように数ヶ月ごとにパスコードを変更しましょう。そうすれば携帯電話を取り上げられても中身を見られにくくなります。
  • 両親が厳しい場合は、両親の考えを尊重し、携帯電話を返して欲しいとしつこくせがまないようにしましょう。
広告

注意事項

  • データを使い過ぎたり、長電話をし過ぎると高額な請求がきます。
  • どんなに努力しても携帯電話を返してもらえないこともあります。
広告

関連記事

ずる休みをするずる休みをする
夢精を止める夢精を止める
親に怒鳴られた時に冷静でいる親に怒鳴られた時に冷静でいる
誰かを好きになるのをやめる誰かを好きになるのをやめる
彼女を自分とセックスさせたくする彼女を自分とセックスさせたくする
勃起を隠す勃起を隠す
学校を楽しむ学校を楽しむ最高の方法
見つからないようにこっそり家を抜け出す見つからないようにこっそり家を抜け出す
こっそりとコンドームを買うこっそりとコンドームを買う
女の子らしい女の子になる女の子らしい女の子になる
親を説得して学校をズル休みする親を説得して学校をズル休みする
家出をする家出をする
10代でも大人っぽく見せる10代でも大人っぽく見せる
未来の自分に手紙を書く未来の自分に手紙を書く
広告

このwikiHow記事について

Desiree Panlilio
共著者 ::
ティーン・ライフコーチ
この記事の共著者 : Desiree Panlilio. ティーン・ライフコーチのデズィレ・パンリリオは、「Encouraging Teens, LLC」の経営者です。10代の若者が自分の役割を明確にし、目標を設定して、学業やセルフケア面の健全な習慣を身につけ、統率力を高めて、人生の道を切り開けるような支援を専門としています。コーチ経験は3年以上。ビクトリア大学にて護学の学士号を取得、リバティ大学にてライフコーチングを中心とした福祉カウンセリングの修士号を取得。 この記事は3,639回アクセスされました。
カテゴリ: ティーン |
このページは 3,639 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告