「人に親切にする」のは、言うは易く行うは難しです。1日1日を乗り切るだけでも大変なところを、見知らぬ人にも笑顔を向け「お願いします」「ありがとうございます」と言葉を発するのは相当の努力が必要です。何故人に親切にしなければいけないのか、と問いたくなるでしょう。それは、親切な行為は人を喜ばせ、新たな人間関係を築くことができるからです。更に言えば、望むものが手に入りやすくなると考えてみましょう。例えばあなたが困っている時、以前あなたに親切にされた人は何とか助けになりたいと思うものです。この記事を読んで、人に優しく親切に接する方法を習得しましょう。

パート 1 の 3:
あらゆる方法で親切にする

  1. 1
    人に挨拶をする 街で知り合いに会ったら笑顔で「こんにちは」「お元気ですか」などと挨拶しましょう。見知らぬ人に対しても挨拶してみましょう。単に手を振る、あるいは相手に向かってうなずくだけでも、彼らの存在に気づいたことを示すことができるでしょう。相手の存在に注意を向けていることを知らせましょう。相手を特別な気分にさせるでしょう。[1]
    • 混んだ街中で行き交う人全員に挨拶するのは大変です。少なくともバスや飛行機の中などで隣に座った人や偶然鉢合わせになった人に親切にしてみましょう。
    • クラスメートや先生、また同僚に朝、学校や職場で「おはよう」と声をかけましょう。感じの良い人だという評判がすぐに立つでしょう。
  2. 2
    人の話をよく聴く 人が話している時には真剣に聴きましょう。人の意見や話を無視するのは良い行為ではありません。自分が話したいことがある時には時間を割いてもらいたいように、人が話す時には十分に時間を取りましょう。[2]
    • 失礼で厚かましい態度を取られても、手で口を押さえたり顔をしかめたりしてはいけません。相手の話が終わるまで待ち、話題を変えましょう。
    • 人に親切にする思いやりの行為は、人に振り回されることではありません。誰かに話しかけた後で、居心地の悪い気分にさせられたら、挨拶をしてその場を去りましょう。
  3. 3
    礼儀正しく、丁寧に、親切に振る舞う マナーを守り「お願いします」「ありがとうございます」と言いましょう。忍耐強く、気遣いを忘れずに、注意深く見守って親切に振舞いましょう。たとえ知り合いになりたくないと思う人でも、その人たちの意見を尊重しましょう。困っている人を見たら手を差し伸べて力になりましょう。[3]
    • 前に人がいて通れない時には「すみません」と声をかけましょう。「どけ!」などと怒鳴ってはいけません。人に向かって唾を吐くような行為で、もっての外です。人は生き物です。他人を尊重し敬意を払って接すれば、自分もそのように接してもらえるでしょう。
    • 公共の乗り物では、お年寄り、障害のある人、妊婦には席を譲りましょう。とても親切な行為です(席を譲ることが法律で定められている地域もあります)。
    • 誰かが何かを落としたことに気づいたら拾ってあげましょう。棚に手が届かず困っている人を見かけたら手を貸しましょう。
  4. 4
    笑顔を向ける 笑顔を向けると人に良い印象を与えることができます。相手の目を見て微笑んだり大きな笑顔を作りましょう。どのような笑顔であっても目の会った人に微笑むだけで、その場の雰囲気を変えることができ、相手も微笑んでくれるでしょう。また、相手を心地よい気分にもさせます。微笑んでくれないとしたら、おそらく、その日がたまたまついていない日だったのでしょう。親しみやすい振る舞いが必ずしも良い反応をもたらすとは限りませんが、メリットの方が大きいでしょう。[4]
    • 街で人に会ったら笑顔を向けましょう。お店のレジで、朝学校に行ったら、あるいは誰かと目が会ったら笑顔で挨拶しましょう。
    • 落ち込んでいる時でも笑顔を向けましょう。気分が晴れない時でも人に親切にできます。ネガティブな感情を撒き散らす必要などありません。
    • 気分が優れず人の話を聞きたくない場合には、音楽を聴いたり絵を描いたり、自分が楽しめることをしましょう。そうすることで、他人をぞんざいに扱わずに済み、意に反して失礼な態度をとることもなくなるでしょう。
  5. 5
    共感できるようにする 共感とは他人の立場に自分の身を置くことです。それは持って生まれた能力ではなく、訓練によって培うものです。つまり、自分のことばかりを考えず「相手はどのように感じるだろうか」と自問自答してみましょう。目標は「正解」を見つけることではありません。自分よりも他人を優先させる行為を習得することです。そうすることで、思いやりのある、気遣いのできる、優しい人になれるでしょう。[5]
    • 差別をしてはいけません。全ての人に同じように親切にしましょう。友達や先生には親切に振る舞うのに、目立たない人や人気者ではない人には親切にできないとしたら、振る舞っているほどには親切ではないという証拠です。人種、年齢、ジェンダー(社会的性)、性的関心、宗教などで人を判断してはいけません。
  6. 6
    陰で悪口を言わない もちろん、基本的に人を批判すべきではありませんが、良くないことをした本人に対して、その間違いを指摘することは全く問題ありません。ただし、本人がいない時にすべきではありません。本人のいないところで悪口を言うのは、その人に敬意を払っていないことを公言するのも同然で、本人の前では別の振る舞いをする人だという印象も与えます。良識のある人は、陰口が決して良いものではないことをよくわかっています。また陰口を叩く人を噂好きな人だと見なすでしょう。
    • 人に尋ねたいことがあるなら、本人に直接尋ねましょう。対立する意見がある場合、それを明るみに出すことで敵対心を煽らずに簡単に収束することができるでしょう。
  7. 7
    親しい人だけではなく全ての人に親切にする 友人のためにドアを開けてあげるのは親切な行為ですが、真に親切な人とは、困っている人を見かけたら誰でも手を貸すことができる人です。歩道で困っている人を見かけたら手を差し伸べる、クラスメートや同僚が書類を落としたら拾ってあげるなど手助けをしましょう。また、誕生日会の幹事を手伝ったり、特に理由もなく差し入れをするなど人が喜ぶことをしましょう。親切な行為に理由など要りません。
    • 人に近況を訊きましょう。何か変わったことがないかなど、時間をとって最近の様子を尋ねましょう。ただし、根掘り葉掘り詮索してはいけません。話したくなさそうなら、それ以上話を強要してはいけません。
    広告

パート 2 の 3:
知り合いに親切にする

  1. 1
    前向きになる 友達がアドバイスを求めて来たり、何となく話をしたい様子をうかがわせたら、否定的、批判的な態度をとってはいけません。友達が直面している状況のポジティブな面を見出して、相手を元気づけましょう。どんな状況にも、ネガティブとポジティブの両面があります。親切な人は、本人にポジティブな面が見られるように手助けします。[6]
    • 友達が成し遂げたことを称えましょう。テストで好成績を収めたり賞を獲ったら、喜んで祝いましょう。
    • 友達を褒めましょう。友達が自分の髪が嫌いだとこぼしても、何も問題はないと言って慰めるか、笑顔が素敵だと言って褒めましょう。100%正直な気持ちではないとしても、それが思いやりのある行為です。
      • 親友ならば、「素敵だよ。でも例えば…」と、より魅力的に見えると思うアイディアを提案してみましょう。
    • 中には、ネガティブな感情を吐き出さなければいられない時があります。友達がそういう状況にある時は、前向きな態度で理解を示しましょう。大袈裟に明るく振る舞う必要はありません。また、フィードバックは友達の話に口調を合わせて行いましょう。
  2. 2
    謙虚に振る舞う 自分とは違う人、奇妙に見える人を軽視することはありませんか?自分は人よりも秀でているという自信は、あまり立派な心持ちではありません。あなたは1人の独立した人間ですが、誰もが色々な悩みを抱えて日々頑張っています。お互いに親切にし合うことはみんなの幸せに繋がります。全ての人は平等です。自分は素晴らしいという態度を取ると、他の人には価値がないと思わせてしまいます。[7]
    • 自慢したり思い上がってはいけません。素晴らしいことを成し遂げたら、それは誇れることですが、助けてくれた人々の努力も認めなければいけません。
    • 深く理解できるまで人を批判してはいけません。見た目や話し方などで人を判断してはいけません。第一印象が必ずしも真実であるとは限りません。諺にもあるように、見た目で物事を判断するのを避けましょう。
  3. 3
    誠実な態度をとる 人から良くして貰いたいがために親切に振る舞うのは、親切行為の真逆であり、人の目を欺く浅はかで残酷な行為です。人生を振り返る時に、自分は人に親切に接して来たと確信を持ちたいものです。そのためにも親切な振る舞いを心がけましょう。ただそうしたいから親切に振る舞う、それだけで十分です。[8]
    • 偽善的な態度は避けましょう。また自慢し過ぎも良くありません。噂話も裏切り行為もいけません。人に優しく振る舞うことで信用が得られます。陰で人の悪口を言えばその信頼を裏切ってしまいます。たとえ嫌いな人でも陰口は避けましょう。陰口は罰当たりなことです。加えて、浅はかな、意地悪な人間だという印象を与えます。
  4. 4
    小さな親切をたくさん行う 知らない先生でもドアを開ける、必ずしも優しく接してくれるとは限らない人にも笑顔を向けるなど、機会があるごとに相手を思いやって行動しましょう。大したことに思えないかもしれませんが、小さな親切行為を積み重ねることで、最終的には、他人に優しくとても思いやりのある人だという評判を得るでしょう。[9]
  5. 5
    共有の大事さを学ぶ 共有とは、例えば弟や妹とお菓子を半分ずつ分けることです。スケールの大きな物事で例えるなら、自分の時間やスペース、知識なども自分だけのために使わない、また、慈善行為やほんの小さな日常生活での経験や感情も共に味わうことです。寛大であることは、親切に振る舞うことの一部です。与えられる以上にもらわないようにしましょう。できる時は、自分の取り分よりも多くを人に与えましょう。
    広告

パート 3 の 3:
大切な人に親切にする

  1. 1
    力を貸す お父さんやお母さんが家のことで忙しくしていたら、手伝ってあげましょう。肉体的にも精神的にも余裕がある時には、自分よりも他人を優先しましょう。親切行為は長い目で見れば、確実に報われるでしょう。
    • 頼まれるまで待ってはいけません。他人が助けを必要としているのを察知できるように訓練しましょう。
    • 色々な手助けの方法を考えましょう。例えば、弟や妹の宿題を見る、夫や妻の新しいプロジェクトに向けてのアイディアを真剣に聴く、家族のために朝食を作る、犬の散歩に行く、妹を学校に送ってあげるなど、すべて小さなことに思えますが、あなたの行為にみんなが感謝を示すでしょう。
  2. 2
    頼れる人、信頼できる人になる 家族や大切な人が困った時に手助けするのも親切行為です。どのメールにも返信しましょう。電話にもきちんと出ましょう。計画を潰してはいけません。話を聞いて欲しいと頼まれたら時間を割いて聴きましょう。
    • 留守電にメッセージが残されていたら、すぐに折り返しかけましょう。何日も連絡を取らないのは失礼です。
    • 行くと言った場所には、その通りに行きましょう。やると言ったことは言葉通り成し遂げましょう。当てにならない態度は人からの信用を失います。加えて良い行いではありません。良い関係を壊さないように尽力しましょう。
  3. 3
    人が困難な状況にある時にはいつでも手助けする準備をしておく 人生の岐路や情緒不安定な時期には、自ら料理して1人で食べる気が起きないものです。鍋料理やクッキーなどを差し入れたり夕食の時間を一緒に過ごしたりしましょう。親友が辛い別れを経験したなら、元恋人の持ち物の整理を手伝うなどして、本人1人で物事を処理しなくても済むように思いやって行動しましょう。真の親友や親切な人というのは、困難な状況でも逃げない人、断固たる態度で協力を惜しまない人です。 [10]
  4. 4
    正道を行く 時には親切に振る舞うのが難しいことがあります。親切心をずっと保てるかを試される状況があるでしょう。愛する人でも時には当てにならないことがあります。否定的な態度や傲慢な態度をとったり自分勝手に振る舞う、あるいは意地悪をすることがあるかもしれません。そんな時、相手と同レベルに陥ってはいけません。あなたの忍耐力が試される時です。親切な人から急に冷酷な人に変わるのは避けましょう。
    • 怒りが抑えられない、親切に振る舞えそうにない時は、冷たい態度で八つ当たりせずに別の方法で心を落ち着けましょう。例えば、ランニングに行く、枕を叩きつける、ゲームをするなどして気を散らしてみましょう。自分の行動や振る舞いはコントロールできます。
    • 自分が接してもらいたいように他人に接しましょう。人の尊厳を尊重していれば、人は自然とあなたのことを親切で気遣いのできる人、信頼できる、思慮深い友達だと見なしてくれるでしょう。誰もが1日の終わりには、たとえ他の人と意見が食い違っても、自分の意見やアイディア、情熱などが尊重されたことを実感したいものです。他の人にも同じように礼儀正しく接しましょう。
  5. 5
    いつでも相手を許す 相手が許しを求めて来たら、恨み続ける、怒り続ける、懲らしめ続けるといったネガティブな感情は断ち切りましょう。相手を許すということは、怒りや嫉妬でいっぱいだった心を元に戻して、起こった出来事を忘れることです。直ちにもう一度相手を信用して秘密を預けることではありません。相手が心底許しを求めて来たのなら、悪意を抱くのをやめることです。それはまた、思いやりのある人になるための重要な要素です。親切で寛容な人には、誰もが尊敬の念を抱きます。[11]
    • 相手が許しを求めて来ないなら、忘れて前に進みましょう。人を傷つけても謝らない人に対して心配したり怒る価値などありません。[12]
    広告

ポイント

  • 動物にも優しく接しましょう。ペットを大切にし、ペットの権利も尊重しましょう。また野生の動物にも同じように接しましょう。
  • 人の間違いを笑ってはいけません。また人の失敗を情け容赦なく指摘してはいけません。冗談を言うのは構いませんが、常識の範囲内で振る舞い、人を笑うことと人と一緒に笑うことの違いを明確に区別しましょう。
  • 自分に冷たく接する友達に対して、同じように相手に接してはいけません。落ち着いて、何が問題なのかを相手に尋ねましょう。
  • 秘密を告げられて誰にも言わないと約束したら、その約束を守り秘密を漏らしてはいけません。
  • 極めて失礼な扱いを受けた時など、時折短気を起こすことがあるかもしれませんが、だからと言って人はあなたを悪者呼ばわりしません。自分を許しましょう。自分も生身の人間なのだと、自分に言い聞かせましょう。ただし、何の理由もなく人に八つ当たりをしてはいけません。
  • 宗教や人種によって人を差別してはいけません。どんな人であろうとも、全ての人と同じように思いやりを持って接しましょう。
  • 親切な振る舞いを自分の一部にしましょう。1日だけ親切に振る舞って、後はぞんざいな態度を取ることのないように気をつけましょう。人はあなたのことを芝居をしていると考えるようになるでしょう。
  • 優しく親切な態度とは真実を告げることです。ただし真実が害を及ぼす可能性がある場合には、巧みな言い方を心がけましょう。
  • 怒りが抑えられない傾向があると感じるなら、心理カウンセラーに相談しましょう。

広告

注意事項

  • あなたの思いやりの心や友達としての親切な振る舞いを人に利用されないように注意しましょう。自身が傷つくのはもちろん、他の人が後悔する結果になるかもしれません。正々堂々と自分のために立ち上がることで、自分を始め、多くの人をトラブルから救うことができるでしょう。
  • 親切に振る舞っても、決して騙されやすい人になってはいけません。妥協は重要ですが、公平に扱ってもらえなければ意味がありません。恐れずに正しいことを主張し、誰かを守ることに躊躇してはいけません。人の時間に配慮して行動しているにもかかわらず、自分の時間を尊重してもらえないなら、礼儀正しく挨拶をしてその場から姿を消しましょう。
  • 「見た目が問題なのではない。中身が重要だ」という言葉を聞いたことがあるでしょう。ある意味真実ですが、初対面は一度しかありません。初めて人に会う時に、身だしなみに注意が行き届いていないと、洗練を欠いた人という印象を与えるかもしれません。最初に親しみやすく接すれば、優しくて誠実な人だと人は判断するでしょう。
  • 過去に嫌な経験をした相手に微笑んで挨拶をする時には気をつけましょう。恨みを買うかもしれません。ズル賢く振る舞っていると勘違されて失礼な物言いをしてくるかもしれません。
広告

関連記事

How to

女の子と両想いかどうかを確かめる

How to

自尊心の低い人を助ける

How to

親友を失ったことを乗り越える

How to

本当の友達と見せかけの友達を見分ける

How to

最高の親友になる

How to

人の信頼を取り戻すために説得する

How to

人から好かれる

How to

女の人を励ます

How to

友達と話す

How to

真の友人かどうかを見極める

How to

フレンドリーになる

How to

友情を終わらせる

How to

酔った人をケアする

How to

女子を自分に夢中にさせる
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む314人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 友情
このページは 845 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告