親友を取り戻す方法

共同執筆者 Klare Heston, LICSW

この記事には:問題点を話し合う親友をそってしておく友情を立て直す16 出典

ある時期に親友と仲たがいをして、永遠にその親友を失ってしまったと感じることが誰にでもあるでしょう。幸運なことに、親友同士はお互いを思いやっているため、通常は最終的に仲直りをする傾向にあります。道は険しく感じられるかもしれませんが、前向きでいる努力をしましょう。喧嘩をした、親友が誰か新しい人を見つけた、引っ越してしまったなど、状況はどうであっても、親友を取り戻すことは可能です。

1
問題点を話し合う

  1. 1
    自分の気持ちを伝える 親友もあなたと同じくらい寂しいと感じているかもしれませんが、二人のどちらかが先にその気持ちを伝えなければなりません。どれだけ親友を恋しく思っているかを伝え、親友は生活の大事な一部であると、安心させてあげましょう。[1]
    • 「私にとって、あなたは姉妹のような存在だから、あなたがそばにいないと家族の一員を失ったみたいに感じるの」などと伝えましょう。
    • 親友が新しい友人やパートナーと多くの時間を過ごしている場合は、あなたにも時間を割いてほしいと伝えましょう。新しい友人が大切なことは理解している旨を説明し、彼らを引き離そうとしているのではないことを強調しましょう。「あなたを楽しませてくれる人を見つけたこと、よかったと思ってる。ただ、またあなたと一緒に過ごしたいだけなの」などと伝えましょう。
    • 気まずく感じても、親友には正直に接しましょう。「あなたが親友だからこそ、最近とても辛かったの。毎日あなたと話すのが普通だったのに、最近のあなたは忙しすぎて、私に時間を割いてくれていない気がしたの」などと伝えるとよいでしょう。
  2. 2
    憶測を立てない 親友があなたと疎遠になっている理由はいくつかあるはずですので、メッセージの返信が数回なかったり、一緒に出かける機会を逃したとしても、親友を失ったと思ってはいけません。親友が精神的に疲れている場合や、時間的に厳しい作業をしているため、付き合いの時間が限られている可能性もあります。[2]
    • 親友の生活の中で、あなたや他の友人達とは全く関係のない他の悩みを抱えているかもしれないことを理解してあげましょう。
    • 親友が他の誰かと多くの時間を過ごしている場合は、あなたよりもその人の方が親友との共通点が多いのかもしれないと考えましょう。例えば、親友と親友の新しい友人は、共に離婚経験がある、似通った文化的背景を共有している、またはお互い病気の家族の世話をした経験などを共有しているのかもしれません。
  3. 3
    謝罪する 何か失敗をした際には、謝罪こそが友情を立て直すための第一歩です。通常、単に「ごめんなさい」と謝るだけでは不十分です。具体的に詳しい内容を伝えて謝る必要があります。喧嘩があなたのせいではないと感じていても、正攻法をとり、先に謝罪する必要があるかもしれません。[3]
    • あなたがしたこと、そして過ちの原因を把握している旨を相手に示しましょう。
    • 「誕生日を忘れてごめん。とても傷ついたことは、わかってる。君が俺の誕生日を忘れたら悲しくてたまらないよ」などと伝えましょう。
  4. 4
    「アイ・ステートメント(自分を主語にした会話術)」を使う 両者の意見を代弁したり、あなたの感情を親友に投影してはいけません。起きた出来事や今後の意図に関して、お互い異なる視点を持っていても構わないのです。重要なのは、その状況に関するお互いの感情を共有し、理解しあえるようになることです。[4]
    • 「あなたは私の話を全然聞かないわよね!」などの発言は控えましょう。代わりに、「私の話を聞いていないように思えて、苛立ったのよ」と伝えましょう。
  5. 5
    自分の行動に責任を持つ 謝罪する際、自分の言動を釈明したい気持ちを抑えましょう。いくら自分の行動は正しかったと感じていたり、生活の中で何が起きていたとしても、言い訳をしてはいけません。親友があなたを傷つける行為に言い訳は通用しないのと同じく、親友を傷つける行為にも弁解の余地はないのです。[5]
    • 例えば、「誕生日会のこと、忘れてごめん。今週は忙しくて日にちの感覚がなくなっていたの」と言うのは控えましょう。それは真実かもしれませんが、あなたの振る舞いがある程度正しかったと考えているように聞こえ、謝罪自体の効果が薄れてしまいます。
    • 「自分のしたことが間違いだったのはわかってる」と伝えましょう。
  6. 6
    責任を転嫁しない 喧嘩を始めたのは誰か、その時何を言ったかに関わらず、前進することに集中しましょう。自分の人生には親友がどれ程必要かを考え、誰が何をしたかを指摘する行為は、状況を悪化させるだけであることを自分に言い聞かせましょう。[6]
    • 「あなたがそう感じているなら、ごめんなさい」というような発言をすると、相手に責任を負わせることになるので控えましょう。自分の言動には問題がなく、相手が過剰に反応しただけだという風に相手に伝わってしまいます。
    • 相手に不当に責められていると感じるのであれば、「全てが私のせいだと思っているみたいだけど、本当にそう?」と聞いてみましょう。そうだと相手が答えれば、徹底的に話し合って解決できるでしょう。
  7. 7
    問題への対処方法を提案する 親友と話し合うことは、仲直りのきっかけにはなりますが、完全に関係を修復するには不十分かもしれません。次のステップも含めて、相手と共に実践できそうなアイデアを提供しましょう。友情関係の修復には努力が必要であり、あなたに何か考えがあることを親友に示せれば、謝罪にも説得力が増すでしょう。[7]
    • 友人を話題の映画に誘ってみましょう。無理な会話をせずに時間を共に過ごせる上、映画の後に共通の話題で会話もできるため、当たり障りのない話題を探すストレスも減るでしょう。

2
親友をそってしておく

  1. 1
    連絡を控える 親友が一人になる時間が必要だと言えば、その意見を尊重しましょう。冷静になって物事を考え直し、立ち直る時間が必要なのかもしれません。常に電話やメッセージ、メール送信をして相手の邪魔をしては、状況は改善しません。それどころか、状況は更に悪化するでしょう。
    • 礼儀正しく接しましょう。学校や職場で相手を見かけたら、笑顔を見せる、手を振る、会釈をするなどして応えましょう。
    • 連絡を控えることを、よそよそしい態度で接することだと勘違いしてはいけません。心を開き、いつでも相手と話す時間があるという姿勢を見せましょう。
    • 共通の友人から情報を得る行為は控え、また、共通の友人にどちらの味方につくのかを聞いてはいけません。
  2. 2
    つきまとわない 親友が行く場所や一緒に過ごす人に関しては、本人に決めさせてあげましょう。親友を失うかもしれないと思うと、気を遣いすぎて相手を息苦しくさせてしまいがちですが、それが裏目に出る場合もあります。親友の生活に他の人を関与させまいとすれば、親友はその束縛行為に嫌気がさし、あなたからさらに離れていってしまうでしょう。
    • 親友が普段より忙しい時は、あなた自身も同様に打ち込める活動を見つけると、それ程相手に執着せずにすむでしょう。
    • 親友の新たな人間関係に嫉妬しているのであれば、あなたにもいつかはパートナーや新しい友人が見つかると自分に言い聞かせましょう。
  3. 3
    新しい活動を始める 親友がどれ程恋しいのかを座って考えるよりも、以前から常に挑戦してみたかったことを始め、楽しみながら気を紛らわせましょう。何もアイデアが思いつかない場合は、地域のイベント予定を確認し、近日中の催しを探すか、ホビーショップ(趣味用品を扱う店)を訪れてみましょう。[8]
  4. 4
    新しい人々に会う 焦って親友の代わりになるものを探すよりも、新しい友人を作る努力をしてみましょう。友情の発展を急いだり、1対1で過ごそうと焦らず、心を開いて周りの人々を知る努力をしましょう。[9]
    • クラブ活動に参加しましょう。
    • 他の友人達と過ごしましょう。
    • パーティーを開催しましょう。
  5. 5
    諦める時期を知る そっとしておいてほしいと言われた場合、その人は結局そのままの状態を望んでいることもあります。親友を諦めるのは非常に辛いことですが、気持ちの切り替えが必要かもしれません。この経験を、将来より良い友人関係を築くための人生経験として捉えましょう。この友情が終わりを告げた理由を思い返し、その教訓を将来の友人選びに役立てましょう。[10]
    • 思い切り泣きましょう。感情を克服するには、誰かの死を嘆く時のように深く悲しむことが重要です。泣く行為は普通であり大切なため、感情をさらけ出す必要性を悪いと感じてはいけません。[11]
    • 親友から終わりを告げられるわけではないかもしれませんが、一生送ることのない別れの手紙を書いて自分なりの別れを告げるか、自分だけの「別れの儀式」を行いましょう。[12]

3
友情を立て直す

  1. 1
    うわさ話は無視する うわさ話は友情を傷つけるだけです。誰かが親友のことを悪く言うようであれば、止めるようにお願いしましょう。親友があなたを非難しているという話を人々がしていても、聞かないようにしましょう。それが真実だとしても、仲直りには役立ちません。
    • 「その話には興味が無いの」と伝えましょう。
  2. 2
    許し、忘れる 白紙の状態から始めましょう。いったん問題が解決すれば、親友を不当に扱ったり、冷たく接したり、過去の喧嘩で不適切な発言をした親友の過ちを何度も持ち出してはいけません。気持ちを断ち切り、先へ進みましょう。
    • 将来のことに集中しましょう。
    • 以前と似たような問題に直面したのであれば、友人をとがめず、結論を急がないようにしましょう。
  3. 3
    親友をグループイベントに招待する 友情を立て直そうとしている初めの頃は、ぎこちなく感じるものです。親友との間での感情がまだ生々しい時期にグループで時間を過ごすと、グループ行動の緩衝効果により、親友と無理なく一緒にいられるでしょう。[13]
    • 友人グループ全体に声をかけ、夕食に出かけましょう。
    • 地域イベントや学校イベントなどを探し、共通の趣味に関連するものをひとつ選びましょう。
  4. 4
    新たな関係が必然的であることを受け入れる 親友が新しい誰かに出会った場合でも、友情の終わりとして捉える必要はありません。いずれにしても、二人のどちらかが先にパートナーか新しい良き友人を見つけることになるのです。友人があなたより先にそのような状況になれば、新たな変化を受け入れるのは難しいかもしれませんが、それは誰にでも起こりうることだという事実を認識しておきましょう。[14]
    • 拒絶として捉えてはいけません。親友はあなたの代わりを探しているのではありません。親友は、気の合う別の人を見つけただけなのです。
    • 関係性は変化するかもしれませんが、終わったわけではありません。
    • 新しい人と接しましょう。偏見のない心を持ち、他の人を知る努力をしましょう。親友に新しい彼氏や彼女ができたのであれば、親友の幸せを喜び、親友に信頼してもらえる人になりましょう。
  5. 5
    新たな方法で共に時間を過ごせるようにする 病気の親戚、出産、学校や職場での通常よりも責任の重い任務など、新たな環境のせいで親友があなたから遠ざかっている場合には、親友の日常に無理なく入り込める方法を見つけましょう。親友の生活の変化に伴い、親友と共に過ごす時間にも変化が必要かもしれません。今でもあなたが友人の生活にうまく馴染めることを示しましょう。[15]
    • 昼食時に親友を訪ねましょう。
    • スポーツジムでのプログラムなど、親友が定期的に行っている活動に参加しましょう。
    • 親友が新たな人間関係を築き始めたのであれば、あなたと親友との1対1の時間が必要なことを再認識してもらいましょう。「新しい彼氏は素敵だけど、今週にでも私達二人だけでランチしない?」と伝えてみましょう。
  6. 6
    興味のある活動に参加する なるべく二人の友情にとって特別な意味を持つ、お互いが好きな活動をして時間を過ごし、友情をよみがえらせましょう。こうすると、一緒に過ごした素敵な時間を思い出し、二人の間に立ちはだかる問題を乗り越えられるでしょう。例えば、お互い歌が好きな場合は、カラオケに行きましょう。[16]

ポイント

  • 親友をそっとしておいている間も、あなたが親友のことを思っている姿勢を確実に示しましょう。
  • 衝突の原因があなたなら、相手と話し、真実を伝えましょう。故意に気持ちを傷つけるつもりはなかったことを伝えましょう。
  • 相手の視点で物事を見るようにしましょう。
  • 相手がもう友人でいたくないのであれば、そうさせてあげましょう。辛いことですが、自分自身のためです。
  • 親や年上の兄弟など、信用できる他の人に相談しましょう。
  • 親友に対して心からの愛情を示しましょう。
  • 再び親友と話す前には、自分を落ち着かせましょう。
  • 面と向かって相手と接する勇気がない場合は、電話で話すかショートメールを送信しましょう。
  • 親友が怒っているのであれば、しばらく時間をあげましょう。時間をおいてから、あなたの気持ちを伝えましょう。それでも親友があなたとは友人でいたくない場合には、親友はそっとしておき、他の友人と話しましょう。
  • 親友に失礼な態度をとったり嫌がらせをしてしまった場合は、しばらく距離をおいて、あなたと友人でいたいかどうかを考えてもらいましょう。

注意事項

  • 親友と向き合う際、絶対に不機嫌そうにしたり、嫉妬しているように見せてはいけません。
  • 絶対に相手を故意に嫉妬させてはいけません。
  • 親友の新たな友人や彼氏(彼女)に嫌がらせをすると、更なる問題を引き起こすでしょう。誰かが親友と一緒にいるということは、親友もあなたと一緒にいるということです。
  • 親友に謝罪した後に、無視をしてはいけません。

記事の情報

この記事はKlare Heston, LICSWが共著しています。 クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。

カテゴリ: 友情 | ティーン

他言語版:

English: Get Your Best Friend Back, Italiano: Riconquistare il tuo Migliore Amico, Español: recuperar a tu mejor amigo, Português: Reconquistar o Seu Melhor Amigo, Deutsch: Den besten Freund zurückbekommen, 中文: 挽回你最好的朋友, Русский: вернуть лучшего друга, Français: récupérer son meilleur ami, Bahasa Indonesia: Mendapatkan Kembali Sahabat Terbaik, Nederlands: De vriendschap met je beste vriend of vriendin herstellen, العربية: استعادة صديقك المفضل مجددا, Tiếng Việt: Làm lành với bạn thân, ไทย: คืนดีกับเพื่อนรัก

このページは 147 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?