PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

友情を終わらせるのは決して簡単なことではなく、親友を失うのは特に辛い出来事です。お互いの心が徐々に離れていった、もしくはどちらか1人が相手を傷つけた、などの理由に関わらず、何かに没頭し、新しい人に出会うようになれば、気持ちを切り替えられるようになるでしょう。

パート 1 の 4:
結果を受け入れる

  1. 1
    親友を失った事実を思い切り悲しむ 親友を失うと、心が痛むものです。自分の感情を否定してしまうと、立ち直ろうとする過程全体がさらに困難になってしまいます。心の中の失意と傷を受け入れましょう。我慢せずに悲しむべきです。[1]
    • 定期的に自分の感情に耳を傾け、気持ちを表しましょう。泣きたければ、泣いてもよいのです。怒りを感じれば、建設的な方法を見つけて怒りを開放しましょう。
  2. 2
    助けを得る 自分1人だけでは、この状況を切り抜けられないはずです。あなたを大切に思っている人々に頼り、親友を失ったことによって受ける影響を理解しましょう。両親、きょうだい、または親友とは繋がりのない別の友人などと会話しましょう。[2]
    • 両親や友人に自分の感情を打ち明け、助けを求めるようにしましょう。これが意味するのは、誰かに話を聞いてもらったり、しばらくの間、心配事を忘れさせてくれる人と過ごすということです。
  3. 3
    友情の終わりの儀式を行う 喪失感について紙に書きだすと、乗り越えやすくなります。状況を日記に綴りましょう。または、親友に手紙を書き、送らないままにしておきます。特に、自分の人生に関わる他の人に心を開くのが苦手な場合は、このような方法を利用して胸のつかえを下ろしましょう。[3]
    • 全て終わったら、手紙を破り捨て、過去のものになったという証にしましょう。
  4. 4
    思い出の品を返却、または収納する 元親友からもらったものを数多く所有しているのであれば、梱包して返却すべきです。否定的な感情が沸き起こるような思い出の品やプレゼントなどは特に、箱詰めするようにしましょう。そのうちにまた箱を開ける時が来るかもしれませんが、とりあえず現時点では、どこかに収納してしまえば前進できるはずです。
    • 助けが必要であれば、母親、きょうだい、中立的な立場の第三者に、思い出の品の処分や保管を手伝ってもらうようにしましょう。
    広告

パート 2 の 4:
特定の状況に対処する

  1. 1
    元親友に定期的に会わなければならない場合は、正攻法をとる 元親友に定期的に合い続けるのであれば、礼儀正しくあるべきです。お互いが接触する際には、器の大きい人間でいられるように全力で取り組みましょう。以前は、その人のことを心から大事にしていた(恐らく今もそうでしょう)ことを思い出しましょう。少なくとも、お互いが接する際には、友好的な姿勢を示し、その関係性に敬意を払いましょう。[4]
    • 見苦しい喧嘩をしたり、元親友の悪口を言っても、乗り越えられるわけではありません。2人の間にわだかまりがあっても、冷静さを保ち、共通の友人にどちらの味方になるかを強要するのは避けましょう。
    • 元親友が修羅場にあなたを巻きこもうとする場合には、「あなたと喧嘩したくない」と伝え、立ち去りましょう。
  2. 2
    元親友が引っ越した場合は、連絡を取り続ける 親友の引っ越しにより、その人と離れ離れになったのであれば、遠くにいても友情を維持できます。頻繁に電話をかけ、手紙を書き、毎週決められた曜日にスカイプ電話をする努力をしましょう。遠距離となった今では、友情は以前と同じではないかもしれませんが、これからも連絡を取り合うことはできるのです。[5]
    • 遠距離の友情を維持するにあたり、現実的になりましょう。あなたが希望するほど、相手は空き時間を確保できないかもしれません。相手に新しい友人ができる可能性も高いでしょう。
    • 2人の間で何かがうまくいかなかったのであれば、連絡を取り続ける妥当性を考慮ましょう。自分にとって最善の策を講じるべきであることを忘れずにいましょう。
  3. 3
    亡くなった親友のことは、懐かしく良い思い出として残す 親友を亡くした際には、恐らく悲しみのどん底にいるはずです。日課をこなしながら忙しく過ごせば、親友がいなくても前に進めるようになるでしょう。そしてまた、親友と一緒に共有した素晴らしい全ての思い出に思いをはせることができます。[6]
    • 皆の心の準備ができたら、亡くなった親友の両親と会話し、親友に関する面白い話を共有しましょう。
    • 親友に手紙を書き、思い出の場所で大きな声で読むのもよいでしょう。こうすれば、心が軽くなり、人生を前向きに生きられるようになるでしょう。
    • 何があろうとも、その人はこれからも常に自分の一部であり続けることを忘れずに、思い出を大事にしましょう。その人の写真を近くに置くのが辛くなければ、そうするのもよいでしょう。
    広告

パート 3 の 4:
忙しく過ごす

  1. 1
    セルフケア(自己療法)の習慣を作る 友情が壊れた後は、自分自身を最優先するべきです。時間や労力を自分のためだけに使うことに対して罪悪感を感じてはいけません。たまには、周りの人のことを気にせず、身勝手になれるような習慣を作ってみましょう。[7]
    • 十分な睡眠をとる、運動をする、マッサージを受ける、お気に入りの映画を見るなどして、セルフケアの質を高めましょう。
  2. 2
    趣味を見つける 元親友は、あなたの毎日の生活に大きな穴を残してしまう可能性があります。新たに生まれた時間を利用し、趣味などに磨きをかけましょう。以前好きだったことや、常に挑戦してみたかったことを思い出し、実践してみましょう。どんなことでも趣味になり得るのです。
    • 執筆、水彩画、ダンス、お菓子作りなどに挑戦しましょう。子供の頃のように、家族とキャンプ旅行を計画するのもよいものです。または、地域の青年グループなどに、再び参加するのもよいかもしれません。
  3. 3
    生活空間の模様替えをする 時に、変化というものは、気分よく感じるものです。目に見える住居環境の変化は、人生の新たな区切りへの移行を助けるはずです。寝室の家具の位置を変える、新しいカーテンをかける、新しいポスターを貼るなどして、生活を活気づけましょう。[8]
  4. 4
    新たなスキルを身につける 全く何の知識もない科目に興味はありませんか?もし興味があるのであれば、その科目のクラスを選択し、全く新しいことを習得してみましょう。新しいことが自分にふさわしいかを試す行為は、自分にチャレンジを課し、他のことを考えずに没頭するには良い方法です。[9]
    • スペイン語やイタリア語を以前から習ってみたかった、またはプロの庭師になりたい場合もあるでしょう。それが何であっても、教室を見つけるか、その内容に関する本を読んで学び始めましょう。
  5. 5
    ボランティア活動をする 友情が壊れた後に地域への奉仕活動に参加することで、時間を有効に使うことができるだけでなく、新しい人々と出会える良い機会にもなります。自分の住む地域で、どのような形で貢献できるかを考えてみましょう。ボランティアを通して、自分と同じ興味を持つ人々と出会うことができます。[10]
    • 住んでいる地域により、ボランティアの機会は様々です。先生や地域の代表者に、色々な貢献の仕方に関して聞いてみましょう。 
    広告

パート 4 の 4:
新しい友人を作る

  1. 1
    新しい世界に足を踏み入れる 新たな友情を築こうと思ったら、思い切って積極的に行動することも大切です。新しい友人が自分のところにひょっこり転がり込んでくることを期待してはいけません。実現するには、努力が必要です。学校で新しいクラブ活動や団体に参加しましょう。自分と同じ年代の人が集まるような、まだ行ったことのない近隣の場所を選びましょう。[11]
    • 新しい人に出会った時は、その人に対して興味を示しましょう。その人に関する質問をして、繋がりを築くためにお互いに共通するものを探してみましょう。疎遠になった友人の話題ばかりに集中してはいけません。そうするのではなく、純粋にその新しい人を知る努力をすべきです。
  2. 2
    正しい選択をする 今後の友情が健全なものとなるように、どのような人々と付き合うべきかを考慮しましょう。あなたと元親友の心が離れてしまったのであれば、今現在、自分が友人に求めているものが何であるかを考えましょう。あなたに良い影響を与え、同じような価値観を共有できる人を選ぶべきです。[12]
    • あなたが友人に求める、肯定的な特徴のリストを作成しましょう。このリストに執着する必要はありませんが、新しい友人になれそうな人が、必要条件を満たしているかを見極めるために、リストを役立てましょう。
  3. 3
    より良い友人になる 前向きな友人を選ぶことに加え、あなた自身も他の誰かにとって、そのような友人になりたいはずです。元親友に対し、当時もっと良い友人でいるにはどうすべきだったかをいくつか振り返ってみましょう。新たな友情を築くにあたり、今回こそは良い習慣を身につけるようにしましょう。[13]
    • 良き友人とは、良い聞き手であり、ありのままの相手を受け入れ、友人に必要とされている時にはそばにいてあげるものです。より良い友人になるための方法を模索してみましょう。
  4. 4
    今現在いる友人を、より深く知る 考えたこともないかもしれませんが、今現在いる友人の中に、親友にふさわしい人が既にいる可能性もあります。繋がりを感じる人達ともっと長い時間を過ごし、どのように進展していくか、様子を見てみましょう。
    • 定期的に会っていても、それ程よく知らない勉強仲間がいるかもしれません。授業後に、「今から何か食べようと思ってるんだ。一緒にどう?」と誘ってみましょう。
    • 普段とは違う状況で、一対一で時間を過ごすと、その人をより深く知ることができるでしょう。
  5. 5
    元親友の身代わりを見つけようとしない 親友を失ってから、1週間後すぐに新しい親友を選ぼうとする必要はありません。最高の友情とは、相互の信頼と敬意が深まる過程で、時間をかけて築かれるものです。昔の友人の身代わりとなる人を見つけようとしてはいけません。お互いが支え合えるような友人関係を築くことに集中しましょう。[14]
    • 親友になれそうな人が現れれば、あなたは気付くはずです。誰にでも「親友」という肩書を与えてはいけません。
    広告

関連記事

本当の友達と見せかけの友達を見分ける本当の友達と見せかけの友達を見分ける
最高の親友になる最高の親友になる
女の子と両想いかどうかを確かめる女の子と両想いかどうかを確かめる
友人に嫉妬されているかを知る友人に嫉妬されているかを知る
人の信頼を取り戻すために説得する人の信頼を取り戻すために説得する
親友を取り戻す親友を取り戻す
フレンドリーになるフレンドリーになる
友達と話す友達と話す
自尊心の低い人を助ける自尊心の低い人を助ける
友人に謝る友人に謝る
親友に抱いた恋愛感情を冷ます親友に抱いた恋愛感情を冷ます
女子を自分に夢中にさせる女子を自分に夢中にさせる
女の人を励ます女の人を励ます
他人に対して抱く恨みに向き合い対処する他人に対して抱く恨みに向き合い対処する
広告

このwikiHow記事について

Klare Heston, LCSW
共著者 ::
医療ソーシャルワーカー
この記事の共著者 : Klare Heston, LCSW. クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。 この記事は2,831回アクセスされました。
カテゴリ: 友情
このページは 2,831 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告