PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

計量カップといえばキッチンには欠かせないアイテムですが、特に液体の容量をはかるのに便利です。たとえ計量カップが無くても、他の方法で必要な液体の量を簡単にはかることができます。

方法 1
方法 1 の 3:
サイズを比較して見当をつける

  1. 1
    目安となる物を使う 計量器がないときには、正確な量をはかる目安となる、目で確認できる物を覚えておくと便利です。以下の様に覚えておきましょう。
    • 小さじ1はおよそ指先の大きさ
    • 大さじ1はおよそキューブ状の氷の大きさ
    • 60mlはおよそLサイズの卵の大きさ
    • 120mlはおよそテニスボール大
    • 240mlはおよそ野球ボール、リンゴ、こぶしの大きさ[1]
  2. 2
    液体を注ぎ入れるのに適当な容器を選ぶ 手をカップの形にして液体を注ぐのが理想的ですが、べたべたした液体をはかるのには向かないでしょう。 [2] 目安となる物がちょうど入るぐらいの大きさの、透明な容器を選ぶようにしましょう。
    • 例えば60mlをはかるのには、卵がちょうど入る大きさの背の高いグラスを使うと便利です。口の広いグラスは、120mlや240mlをはかるのに向いているでしょう。
  3. 3
    容器を平らな場所に置き、目線を容器と同じ高さに合わせる こうすることで、容器に注いだ量を正確に確認できます。次に、容器に液体をゆっくりと注ぎます。
    • 正しい分量を容器に注げたらそこで止め、目安となる物のサイズと見比べます。
    • 必要であれば、液体の量を調節しましょう。
  4. 4
    容器に入った液体の量をしっかり見て覚える 目安となる分量を覚えると、今後計量する時に見当がつきやすくなります。[3] 一定の量をはかるときに、例えば60mlを計量する時には背の高いグラスを使う、など同じ容器を使うと覚えやすいでしょう。
    広告

方法 2
方法 2 の 3:
クッキングスケールを使う

  1. 1
    クッキングスケールを使って正確な分量をはかる 一般的に、はかりたい液体を水と同じ密度とみなしてスケールで測量しても問題ないとされています。[4]
    • 牛乳やオレンジジュースなど、たいていの液体は水と密度がほぼ同じです。しかし中には、水よりもずっと密度の大きいものもあり(ハチミツやシロップなど)、水と同じように重量をはかるのには適さない場合もあります。
    • より正確に計量するために、牛乳など様々な液体に設定を切り替えられるスケールもあります。こうしたスケールは、選択した液体の密度に基づいて容量を計算します。このような機能がスケールについている場合は、液体が正しく設定されているか確認しましょう。[5]
  2. 2
    液体の重さをはかる 普通のスケールを使う場合は、はかりたい液体に対する重量を正しく計算する必要があります。1mlの水の重さはぴったり1gだと覚えておくと便利です。[6]
    • この換算方法を、液体をはかるときに活用しましょう。例えば120mlの水が必要な場合、水の重さは120gになります。
  3. 3
    液体を入れるためのグラスか容器を用意する 容器をスケールにのせます。容器は計量皿の中心に置きましょう。
    • 容器にはまだ液体を注がないでおきましょう。後で容器の重さを差し引くので、この段階では容器は必ず空の状態にしておきます。[7]
  4. 4
    スケールを調整して容器の重さを差し引く 「TARE」や「ゼロ」と表示されたボタンを探しましょう。
    • ボタンを押すと容器の重さはゼロと表示され、液体を正しく計量することができます。[8]
  5. 5
    容器に液体を注ぎ入れる 時々手を止めて重さを確認しながら、ゆっくりと注ぎましょう。必要な重さ、または容量の数値まで達したら、すぐに注ぐのを止めます。入れ過ぎてしまったら、余分な量を捨てましょう。
  6. 6
    レシピに必要な他の液体も計量する 普通のスケールを使って異なる液体を混ぜ合わせていく場合は、同じ容器の中で計量できます。容器をスケールにのせたまま、現在の重量とこれから加える液体の量を足した総量を計算しておきます。計算した量に達するまで液体を容器に注ぎ入れます。
    • 様々な液体を選択できる機能の付いたスケールを使うときは、設定を切り替えて、新たに計量する必要があります。
    • 例えば水をはかり、続いて牛乳をはかりたい場合、水の入った容器は置いておき、スケールの「牛乳」オプションを選択し、他の容器を使って牛乳を計量します。
    広告

方法 3
方法 3 の 3:
大さじと小さじを使う

  1. 1
    大さじで何杯必要かを計算する 240mlは大さじ16と覚えておくと、大さじで何杯必要か簡単に計算することができます。
    • 例えば120mlなら、大さじ8必要になります。[9]
  2. 2
    大さじを使って必要な量の液体をはかる 汚れるのを防ぐため、容器の上ではかりましょう。大さじから容器へとこぼれ落ちないように、ゆっくりと落ち着いて液体を注ぎます。
    • はかった液体を容器へ入れます。必要な量に達するまでこの作業を繰り返します。
  3. 3
    小さじを使ってより細かく計量する レシピによっては、より細かくはからなければならないこともあります。その場合、小さじを使えばぴったりの量をはかることができます。
    • 小さじ1は4.7mlです。
  4. 4
    容器中の液体の量を覚えておく こうすることで、目分量ではかれるようになります。 
    • グラスやプラスチックの容器を使うときは、量が分かるように外側に印をつけても良いでしょう。[10] こうしておくと、今後大さじで計量する手間が省けます。例えば、60ml(大さじ4)分を計量したら、「60ml」と容器に書いておきましょう。
    広告

ポイント

  • 古いレシピを使う場合は、帝国単位を基準にして書かれていることあるので注意しましょう。帝国単位での1カップはアメリカの1カップよりも大きく、アメリカでの1カップが大さじ16に対して、帝国単位の1カップは大さじ19に相当します。[11]
  • 米国以外のレシピでも、計量単位がやや異なることがあります。例えばイギリスやニュージーランド、オーストラリア、カナダ、南アフリカでは通常、1カップは250mlです。[12]
  • 「小麦粉2カップ、砂糖1/2カップ、牛乳1カップ」などレシピの材料が全てカップで書かれている場合は、どんなカップでも使えます。割合もしくは同じ容量の単位で書かれているものは、出来上がりの量にばらつきはあるものの、1つの容器で全ての材料をはかることができます。
広告

関連記事

牛乳からクリームを作る
パンをおいしく温め直す
ベーコンが傷んでいるか判断するベーコンが傷んでいるか判断する
ビールをショットガン飲みする
傷んだ卵を見極める傷んだ卵を見極める
鶏肉を解凍する
ブルーチーズが腐っているか判断するブルーチーズが腐っているか判断する
腐った牛ひき肉を見分ける腐った牛ひき肉を見分ける
野菜を蒸す
ラップサンドを巻く
オートミールを作る
自家製ワインを造る自家製ワインを造る
チーズを溶かすチーズを溶かす
牛乳からバターミルクを作る
広告

このwikiHow記事について

wikiHow編集チーム
共著者 ::
wikiHow Staff Writer
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

wikiHowのコンテンツ管理チームは、編集チームが編集した記事を細心の注意を払って精査し、すべての記事がwikiHowの高品質基準を満たしているかどうかを確認しています。
カテゴリ: 食・おもてなし
このページは 661 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告