試験で良い点数をとる方法

4 方法:効果的に知識を吸収するプロのように勉強する身体の準備をするテストをうまく受ける

どうにかして良い結果を出したいテストが近づいてきてはいませんか?全体的な成績を上げたくはありませんか?テストで良い点数をとることができる可能性を上げられる秘訣や習慣はたくさんあります。試験勉強をして、問題を分析し、試験問題を解くことができるように、続きを読んでいきましょう。

1
効果的に知識を吸収する

  1. 1
    授業に意識を向け、集中しましょう。テストの点数を上げるための最善策は、教材を学ぶための授業に集中することです。ぼうっとしたり、授業を休んだりしてしまうと、後にテストで出題される大事な情報を逃してしまうでしょう。
  2. 2
    ノートを上手にとりましょう後で楽に勉強したいのであれば、これは重要なことです。ただ情報を書き残すだけではなく、細部に意識を向けることができ、情報の吸収も促進できます。また、後で勉強するときに見て思い出すこともできます。
  3. 3
    宿題をしましょう課題や読み物などの宿題で扱う内容はテストに出やすい内容であるため、宿題をすることは重要です。ぐずぐずして先延ばしにしたい気持ちに打ち勝てるように、宿題をする時間を設定し、宿題だけをするための静かな場所を確保しましょう。
  4. 4
    記憶術や他の技を使いましょう。多様な記憶術は、数字やカテゴリーやリストなどの特定のものをとても覚えやすくします。その方法について正しく学び、混ぜこぜにしないようにしましょう。
    • 記憶術とは、特定のものの順番を覚えやすくする方法です。例えば、"Katy Perry Came Over For Great Songs" というのは生物分類を覚えるための良い方法です。(Kingdom, Phylum, Class, Order, Family, Genus, Species)
    • 別の記憶術は、一連の数字を覚えたいときに使えます。例えば、2537610925を覚えようとする代わりに、253-761-0925と電話番号のように分けることができるでしょう。日付にも同じ方法が使えます。1066年10月14日(ヘースティングズの戦い)であれば、66-10-14とロッカー番号のようにして覚えられるでしょう。
  5. 5
    練習用テストをしましょう。先生に頼むか、オンラインで見つけて印刷しましょう。練習用のテストをすると、自分が実際に理解できている部分と、理解していると思っているだけで理解できていない部分を知ることができます。テスト前に弱点を知ることはきわめて重要です。

2
プロのように勉強する

  1. 1
    頻繁に勉強をしましょう。テスト前日に数時間頑張って勉強をしても、優れた点数にはつながらないでしょう。本当に試験で良い点数を取りたければ、毎日新しく習った部分と以前に習った部分の勉強をするか、最低でも週に何回か勉強しましょう。そうすれば、試験も難なく受けられることでしょう。
    • 休みながら勉強しましょう。勉強するときには、30分ごとに5~10分間の休憩を取るようにしましょう。脳に負担をかけすぎることを避け、情報の定着に時間を使うことができます。
    • たとえその情報がウィンストン・チャーチルの外交政策についてではなくてお気に入りの歌手のコンサートについてであっても、勉強の合間の休憩には脳にさらなる情報を詰め込むことはやめましょう。
  2. 2
    自分の学習スタイルに合わせて勉強しましょう。人によって異なる学習スタイルがあることをおそらく知っているでしょう。目で見て学ぶ人、耳から学ぶ人、身体を動かして学ぶ人などがいます。どの方法が自分に合っているのかを知り、それを活用しましょう。
    • 例えば、身体を動かすことで学びが促進されるタイプであれば、勉強をしながら歩き回ってみましょう。情報と関連する音がある方がよい場合には、音楽を聴きながら勉強しましょう。視覚によって学びやすい場合には、覚える必要がある情報の表を作成しましょう。
  3. 3
    感覚の記憶を活用しましょう。脳は、考えや記憶と、においや音を関連付けることが得意です。これは活用するべき性質です。勉強するときには、珍しいコロンや香水(普段嗅ぐ機会のないようなもの)を身に付けて、テストの直前や試験中に再度嗅ぐようにしましょう。
  4. 4
    音楽を聴きましょう。テスト中にヘッドホンを利用することは許可されないはずですが、最低でもテストの直前に、特にクラシック音楽を聴くとよいでしょう。[1] 研究によると、精密な精神活動の直前に特定のタイプの音楽を聴くことは、脳を呼び覚まして意識を鋭くすることに役立つとされています。

3
身体の準備をする

  1. 1
    しっかりと食べましょう。最も大切なことは食べることで、ほかにありません。テスト中に空腹を感じると集中を妨げ、疲弊してしまいます。しかし、食べることで疲れてしまう食べ物もあるため、あまりにも直前に食べることは避けましょう。そうではなく、テストを受ける前には脂肪の少ないタンパク質を摂るようにしましょう。
    • 一般的に、健康的な食事は脳の働きも活性化するため、学校生活中は常に健康的な食事をするようにしましょう。
  2. 2
    十分な睡眠をとりましょう。睡眠が足りないと、プレッシャーがかかっているときに集中することができません。テスト前日は徹夜で勉強するのではなく、早めに就寝するようにしましょう。前夜に多くの情報を詰め込んだところで、脳は全ての情報を記憶しておけません。
  3. 3
    必要なものをそろえましょう。計算機、ペン、鉛筆、白紙、他にも必要となるものなどをすべてそろえてテストを受けましょう。必要なものがなければ、テストがさらに大変になってしまいます。
  4. 4
    水分補給をしっかりしましょう。試験中にのどが渇くと集中が途切れ、きちんと考える能力が落ちてしまいます。水分をしっかり摂り、テストにもペットボトルの水を持参しましょう。
  5. 5
    普段と違うことをしないようにしましょう。普段コーヒーを飲み慣れていないのであれば、いきなり飲み始めるべきではありせん。テスト前日もしくは前夜には、普段の日課と異なる行動は避けましょう。調子が狂ってしまうでしょう。

4
テストをうまく受ける

  1. 1
    初めに大事なことを書きましょう。テストが始まったらすぐ、問題を解き始める前に、すべての公式や重要な情報をメモができるところに書きましょう。後で知りたいときにど忘れすることがなくなるでしょう。
  2. 2
    わかる問題から解き始めましょう。難易度が低くて素早く解ける問題を、いつも初めに解きましょう。これにより、問題をできる限り解くことができるようになります。わからなくて手が止まってしまったら、速く解ける次の問題に移りましょう。
  3. 3
    消去法を使いましょう。自分のわかる問題を解き終えたら、自信のない問題に手を付けます。選択肢のある問題を解くときには、絶対に違うとわかるものやばかげた選択肢を消去することで、可能性のある選択肢の中からより良いものを決めることができるでしょう。
  4. 4
    他の問題の中に手がかりがないか探しましょう。テストの中の他の問題に、答えやヒントが含まれていることがあります。記憶を呼び起こさせられるように、他の問題や答えに目を通しましょう。
  5. 5
    解答用紙に空欄を残してはいけません。間違っているという思う答えしか思い浮かばないのでない限り、空欄のままにしないようにしましょう。特に選択式の問題では、少なくとも25%の可能性で正解を選べるのです。
    • 前にも述べたように、消去法が役立つのはこのような状況です。
  6. 6
    自分でペース配分をしましょう。これは重要です。常に残り時間を意識して、賢く時間を使いましょう。答えを確かめたり良い答えに書き直したりすることは、いつも後からでもできます。

ポイント

  • 静かな場所で勉強することで、集中が途切れにくくなるでしょう。
  • 成功に近道はありません。そのため、努力を重ねなければいけません。
  • 勉強中は、不要な「時間を無駄にする機器」を排除しましょう。テレビ、コンピューター(インターネット接続が必要な場合を除く)、携帯電話、タブレット端末、あなたの兄弟姉妹も含みます。
  • タイムテーブルを活用するとよいでしょう。難しい科目に多くの時間を割き、簡単な科目には短い時間を割くというように、調整することができます。しかし、すべての科目の勉強をするべきということは覚えておきましょう。
  • 簡単そうに見える問題から先に挑戦し、難しそうなものは後から取りかかりましょう。
  • 時間を区切って勉強しましょう。一区切りあたり40分間を越えないようにしましょう。一区切りの後には(最大20分間まで)休憩をとりましょう。
  • 要点を明確にわかりやすく書きましょう。関係の無い情報を書かないようにしましょう。正しい答えが誤った記述に埋まらないようにしましょう。完全な文を書きましょう。採点者が文章をつなげてくれるだろうとか、空白を埋めてくれるだろうといったことを期待することはできません。採点者を自分の兄弟だと考え、彼に説明するつもりで解答しましょう。
  • 対策、勉強、解答の仕方は科目によって異なります。競争率の高い試験(例えば入試など)は入念な長い準備が必要ですが、学校の試験などは1~2週間の準備で済むでしょう。
  • 明るい光の下で勉強をしましょう。フレッシュな気持ちになるでしょう。
  • 夜には質の良い睡眠をとり、早起きして単元を復習しましょう。頭をリフレッシュさせることができるため、夜に頭が疲れた状態で行うよりも、この方法の方が情報をよりよく扱うことができます。
  • どのテストのためにどのくらいの期間、どれほど勉強するかというチャレンジを設定しましょう。テストで良い点数がとれて自分のチャレンジも成し遂げられた場合は、自分自身に報奨をあげましょう。
  • 達成したい目標を設定しましょう。勉強に集中しやすくなるでしょう。

注意事項

  • 自分を過信しすぎないようにしましょう。自信を持ちすぎると、成績は滑り落ちていくでしょう。例えば、数学のテストで100点中95点を取ったとします。そこで、自分はもう勉強する必要が無いと考えれば、次回のテストでは100点中80点しか取れないでしょう。
  • 決してカンニングを試みないようにしましょう。見つかる可能性が高く、そうなれば0点の結果になります。 自分に自信を持ちましょう。自分自身を信じましょう。良い結果を出すという心構えがあれば、きっとできるでしょう。

記事の情報

カテゴリ: テスト

他言語版:

English: Get Higher Marks in Exams, Español: conseguir calificaciones altas en los exámenes, Italiano: Prendere Voti più Alti agli Esami, Português: Conseguir uma Nota Melhor em uma Prova, Русский: получать высокие баллы на экзаменах, Deutsch: Bessere Prüfungsergebnisse erzielen, Français: obtenir de meilleures notes aux examens, Bahasa Indonesia: Meningkatkan Nilai Ujian, Tiếng Việt: Đạt điểm số cao hơn trong kỳ thi, Nederlands: Hogere cijfers krijgen voor toetsen, 中文: 考试得高分, 한국어: 시험에서 좋은 성적 받는 법, العربية: الحصول على درجات أعلى في الاختبارات, ไทย: ทำคะแนนสอบให้ดีขึ้นกว่าเดิม, हिन्दी: एग्जामिनेशन में बेहतर मार्क्स पाएं

このページは 165 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?