試験直前に勉強する方法

共同執筆者 Michelle Golden, PhD

この記事には:試験直前の計画を立てる集中して勉強する試験前夜の過ごし方11 出典

試験の前に余裕を持って計画していたにも関わらず、何かしらの理由で邪魔が入り、今や勉強するための時間がほとんどないありさまとなってしまいました。そんな時でもパニックにならず、段階を追って準備を進めて確実に良い成績を取ることは十分可能です。早くできて簡単なやり方で試験準備をし、きちんと集中して勉強できます。試験の前日にはしっかり準備が整っていて、自信を持って試験に臨めるようになります。

パート 1
試験直前の計画を立てる

  1. 1
    自分の弱点に焦点を当てる。試験直前に勉強をしている今となっては、教科書やノートを全部確認し直す時間はありません。教科書を読んで自信のない箇所や思い出せない箇所を探します。こういった不得意な箇所を集中的に学習すると、試験準備が上手くいきます。[1]
    • 練習問題やノートに書き留めた問題をやってみて、出来が良くない、点の低かった箇所を見つけるのも良い方法です。こうした問題を集中して勉強しておけば、苦手なところがない状態で試験を受けることができます。
    • 例えば社会科の試験前で、特定の歴史上の年代がなかなか覚えられないとします。その場合はその年代を覚えることに意識を集中させることで、年代を問う問題できちんと得点が取れるようになります。
  2. 2
    マインドマップを作る。マインドマップを作ることで素早く効果的に学習することが可能です。マインドマップとは、ある特定の考えや用語の関係性を覚えるのに役立つ勉強方法です。これは教科書を使って勉強する際にノートを取っており、試験のときに思い出しやすい方法を探しているような場合には有効です。紙の上にマインドマップを書き出すか、あるいはパソコンのマインドマップ専用ソフトを使って勉強します。[2]
    • 例えば生物の試験のために勉強しているとします。紙の真ん中に「酵素」の概念を書き出し、授業中取ったノートの中から酵素についての記載や関連用語を探し出します。関連用語をマルで囲んで真ん中に書いた「酵素」と線でつなぐことで、関連付けを行います。
  3. 3
    単語帳を使う。単語帳を使って勉強をすれば効果があることは間違いなく、効果的です。用語や表現の異なるものを色別けして単語帳にまとめることで情報を整理し、試験に向けた勉強がしやすくなります。単語帳を使うと勉強した内容を思い出しやすくなり、視覚的な学習能力を向上させることが証明されています。[3]
    • 例えば試験に出題予定の用語を単語帳に書き、裏面にはその定義を書きます。自分で単語帳を使ってテストしてみても、または友達や家族にお願いして、用語の定義を正しく覚えているかどうかテストしてもらうのも良いでしょう。
  4. 4
    音声や視覚的要素を取り入れる。試験直前に勉強をする場合、音声や視覚的要素を取り入れて勉強をするのも有効です。特に自分は特定の勉強法が向いていると分かっている場合は尚更です。音声や視覚的要素を使うと、単に教科書に書かれている内容を読むよりも内容を思い出しやすくなります。[4]
    • 自分で内容の定義や用語を読み上げてそれを録音してその音声を聞く、教科書の内容を読み上げている音声を聞いてノートを取り、内容を覚えるなどすると良いでしょう。
    • 教科書の内容に関連した映像を見ると、その概念を理解しやすくなります。サイトで教育関連の動画を検索し、直前の勉強に活用しましょう。
  5. 5
    家庭教師を見つける。特定の教科で困っている場合、家庭教師を見つけて勉強を教えてもらうのも良い方法です。専門の家庭教師を探して勉強を教えてもらっても、あるいは学校で勉強のできる友達にお願いして家庭教師になってもらっても良いでしょう。特に試験直前で、苦手な教科の勉強をどこから始めたらよいか分からなくて困っているようなら、人の手を借りて教えてもらった方が良いでしょう。

パート 2
集中して勉強する

  1. 1
    勉強の合間に休みを取って身体を動かす。「試験までもう時間がないから出来る限りの時間に頭に詰め込みたい」という気持ちは分かりますが、そんな時でも勉強の合間には短い休憩を入れましょう。休憩中は軽く身体を動かしてエネルギーを高め集中力を上げるようにします。5分か10分程度の軽い運動でも、体調を整え、これからの勉強への意欲を高めます。[5]
    • 例えば休憩中に家の周りを少し走ったり、学校の庭をちょっと散歩してみましょう。あるいは腕立て伏せや腹筋運動をするのも良いでしょう。勉強意欲が湧いて頭がスッキリとします。
  2. 2
    十分に水を飲む。勉強中は水以外のものは飲まないようにしましょう。水を飲むことでのどの乾きが癒され、体調も保たれます。コーヒーを飲む場合は日中に少量飲むに留め、カフェインを摂取した分、十分に水を飲むようにしましょう。[6]
  3. 3
    からだに良い間食を摂る。妙に興奮したり、逆にやる気をなくしたりせず、集中して勉強できるように、勉強をしている間は健康的で栄養のある間食を摂りましょう。糖分を摂りたいときはフルーツ、たんぱく質を摂りたいときはナッツ類のようにからだに良いものを食べることで、集中して勉強をすることができます。[7]
    • 糖分と脂肪分を多く含んだ食べ物は避けます。こういったものを食べると、からだが疲れて集中力が落ちます。からだに良いものを摂ることで、勉強に集中するエネルギーを得られます。
  4. 4
    勉強の妨げになるものは全て遮断する。試験直前には、勉強の妨げになるものは一切身の回りに置かないことで、効率的に勉強が進められます。部屋のドアはぴったり閉めておくと、自分は今勉強に集中していると家族も分かってくれるので、邪魔にならないよう気を使ってもらえるでしょう。部屋のドアや窓を閉めておけば、外の騒音で気が散ることもありません。[8]
    • 図書館のような公共の場で勉強する場合は、耳栓をすると勉強に集中できます。携帯は電源を切るか、マナーモードにすると気が散らずに済みます。
    • Wi-Fi接続を切っておけば、ついSNSに接続して見てしまうといったことを予防できます。こうすることで貴重な時間にSNSを見てしまうこともなく勉強に集中できます。

パート 3
試験前夜の過ごし方

  1. 1
    直前のチェックノートを作る。頑張って勉強した重要な概念や用語だけを書いたチェックノートを作りましょう。あるいは単語帳にまとめて、夜眠る前や試験当日の朝に確認するのも良いでしょう。こうしたチェックノートや単語帳をきちんと確認すると、試験までに重要事項を覚えるのに役立ちます。[9]
    • 頑張って勉強した用語や考えに集中したり、あるいは自分の弱点に的を絞ると、直前になっておさらいをする際に全ての内容を詰め込まないで済みます。
  2. 2
    試験の荷物は前日の晩に準備する。そうすれば試験当日に慌てなくてすみますし、スッキリとした頭で試験に向かうことができます。バッグに教科書、筆記用具、ノートが入っているか確認します。シャーペンを使う場合はきちんと芯が入っていることを確認します。[10]
    • 電卓や定規のように試験を受ける際に他に必要なものがある場合は、忘れずに荷物の中に入れておきます。
  3. 3
    試験前日の夜はしっかりと眠る。前日の夜にしっかりと睡眠をとると、試験当日に実力が発揮できることがあらゆる統計から分かっています。寝ずに一夜漬けをしたくなるかもしれませんが、睡眠をとらないと試験の際に肝心の内容が思い出せず、良い結果が出せない可能性があります。重要事項のおさらいをしてから眠った方が良いですが、試験前日は最低でも8時間の睡眠は確保しましょう。[11]
    • 試験当日は目覚まし時計をセットしておき、朝は余裕を持って起き、ノートをもう一度おさらいします。目覚まし時計をセットしておけばうっかり寝坊して慌てることもなく、落ち着いた気持ちで会場に行き、自信を持って試験に臨めます。

記事の情報

この記事はMichelle Golden, PhDが共著しています。 ミッシェル・ゴールデンはジョージア州のアセンズ市に住む英語教師です。2015年にジョージア州立大学から英語学の博士号を授与されています。

カテゴリ: 学校・大学 | ティーン

他言語版:

English: Study at the Last Minute, Español: estudiar en el último minuto, Italiano: Studiare all'Ultimo Minuto, Русский: учиться в последнюю минуту, Deutsch: Lernen in der letzten Minute, Français: réviser à la dernière minute, Bahasa Indonesia: Belajar dalam Waktu Singkat

このページは 650 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?