PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

いとも簡単にウィットに富んだ冗談を交えながら会話を楽しめる人もいますが、物静かで内向的な人にとっては、他人と会話をするということだけでも既に難しく感じるものです。しかし、練習を積めば、ただ口数を増やすだけではなく、内容に意味を持たせ、話し上手となることができます。まず、会話を始めることから身につけ、1対1、複数の人、あるいは学校といった様々な設定で会話ができるようになっていきましょう。

パート 1
パート 1 の 4:
会話を始める

  1. 1
    双方が楽しめる話題で会話を引っ張る 会話を始めることを躊躇させる最大の要因が恐れです。つまり、誰かに話しかけようとして口を開けかけたものの、何を言えば良いのか分からなくなることを恐れ、ためらってしまうのです。幸い、誰でも心地よく会話を楽しむために工夫することのできる点がいくつかあります。
    • 状況を把握しましょう。教室であれば、そのクラスに関することを話題にしましょう。パーティーに参加している時であれば、そのパーティーについて話しましょう。複雑な内容にする必要はありません。例えば「この辺、落ち着いた良いエリアですね」と話しかけるだけでも会話のきっかけとなるでしょう。
    • 相手と面識がないのであれば、急に口説こうとしたり、くだらない冗談を言わないようにしましょう。初めて会った人に対して、突然ホッキョクグマの体重について尋ねたからといって「失礼」にあたるとは限りませんが、会話を円滑に進めるきっかけにもならないでしょう。何も良いことはありません。
  2. 2
    「FORM」を忘れない 「FORM」とは、会話を始めるきっかけとして役立つ話題や使い方を示したもので、コーチングのセッションでもしばしば用いられています。既に面識のある相手、初対面の相手のいずれの場合にも用いることができます。[1]
    • 家族(Family)
      • 「お母様はお元気ですか?」「ご両親はお元気ですか?」
      • 「何人兄弟ですか?」「仲はいいんですか?」
      • 「一番楽しかった家族旅行の思い出はありますか?」
    • 職業(Occupation)
      • 「ご職業は?」「新しい仕事はどうですか?」
      • 「今までの仕事で最大の試練はどんなものだったのですか?」「今週、記憶に残っている出来事はありますか?」
      • 「同僚にはどんな人がいるのですか?」
    • 余暇の楽しみ方(Recreation)
      • 「趣味はなんですか?」「この辺りでは、余暇はどのように過ごしているんですか?」
      • 「これを続けて、もう長いのですか?」
      • 「いつも同じ人たちと一緒に活動しているんですか?」
    • モチベーション、目標(Motivation)
      • 「放課後は何をしたい?」「今後もこの仕事をずっと続けようと思っていますか?理想の仕事は別にありますか?」
      • 「将来的に、どのような生き方を描いていますか?」
  3. 3
    答えが「はい・いいえ」に制限されない質問方法を心がける 相手に話す機会を与えるようなきっかけを作り、自分は相手の話す内容に反応をすることが肝です。話し上手になるということは、自分に関することをしゃべり続けるということではありません。答えが「はい・いいえ」だけで終わってしまうような質問を避け、答えが広がるような尋ね方をすると、相手は心を開くことができ、あなたは反応できる機会が増えるという展開が生まれるので、話が弾むでしょう。[2]
    • こうした自由回答形式の質問は、話を続けにくい反応が返ってきた時に用いると便利です。例えば、無口な人に「元気?」と尋ねたところ「まあまあ」という短い答えしかなかったと想像してみましょう。そこで会話を止めるのではなく「今日は何をしてたの?」とさらに質問し、返答に対して「上手くいった?」などさらに質問を加え、相手に話させましょう。
    • 自由回答形式の質問には相手の意見が求められます。つまり、こうした質問は「はい・いいえ」だけでは十分な答えにはなりません。「名前は何というんですか?」や「ここへはよく来るんですか?」とった質問は控えましょう。あまり会話が弾みません。
  4. 4
    前回の会話を思い出す 全く面識のない他人より、少し面識のある相手とのほうが会話が難しいということもあります。相手の家族関係や基本的な背景が既に分かっているのであれば、前回の会話の内容を思い出し、その内容に関連する質問をしながら近況を尋ねてみましょう。
    • 「今日はどうだった?」「この前会ってから少し経ちましたけど、お元気でした?」
    • 「学校の課題はその後無事に終わった?大丈夫だった?」
    • 「この前のFacebookの写真、すごく綺麗な景色だったね。旅行は楽しかった?」
  5. 5
    話すだけでなく、良い聞き手になる練習をする ただ話せば、それが良い会話になるというわけではありません。口数を増やしたいと思っている人は、自分の番に話すだけでなく、相手が話している時に耳を傾ける術を身につけることも大切です。
    • 相手の目を見ましょう。また、気さくさを感じさせるボディーランゲージを心がけましょう。相手が話している内容に共感できる時は頷きましょう。さらに、「そうだったの?その後どうなったの?」あるいは「結局どのようにその場は収まったの?」と質問してみましょう。
    • 相手が話す内容に真剣に耳を傾け、反応しましょう。また、相手が話した内容を自分の言葉で言い換える練習もしましょう。「つまり」あるいは「XXXだってことだよね」といった言い方で応答できるようになりましょう。
    • 単に上手に出ようとしたり、自分のことを話すという方法で反応しないよう注意しましょう。相手の話を聞き、その内容に対して反応しましょう。
  6. 6
    相手のボディーランゲージを読む 単に話すことが好きではないという人もいるので、こうした場合、強要しても良いことはありません。話したくないという意志を示すようなボディランゲージが相手に見られないか観察し、必要に応じて会話を切り上げましょう。代わりに別の相手と会話を楽しみましょう。
    • あなたではなく、出口を探しいるかのようにあなたの背後や室内を見ている場合は、話したくないというボディーランゲージです。腕を組む仕草も、こうした意思表示を意味していることもあります。また、あなたの方に身を乗り出しているか、逆に遠ざけているかといった点も観察しましょう。[3]
    • 身を前に乗り出す、アイコンタクトをとる、相手の話に耳を傾けるといった仕草は、会話に関心があることを示すボディランゲージです。
  7. 7
    微笑む 会話の大部分は非言語的要素で占められています。楽しく、気さくそうな雰囲気がを漂わせ、話しかけやすく見える人との会話の方が喜ばれるでしょう。こうした好意的な印象を与えるボディランゲージを心がけ、微笑むことで、相手を会話に巻き込めるようになるだけでなく、相手もあなたと会話をしたいと思わせることができるでしょう。[4]
    • にやにやすれば良いということではありません。嫌なことがあったとしても、その場を楽しんでいるような印象を与えましょう。眉間にしわを寄せた顔や不機嫌そうな顔は見せないようにしましょう。眉を引き上げ、前を向き、微笑みましょう。
    広告

パート 2
パート 2 の 4:
1対1の会話をする

  1. 1
    会話の糸口を探す 話し上手の人は苦労せずに会話の糸口を見つけることができますが、相手がいかに無口で物静かな人物であっても、何らかの糸口は存在します。きっかけを見つけることができれば、共通の話題があることに気がつくでしょう。会話とは一種の能力だととらえることもできますが、コツを理解すれば身につけることも不可能ではありません。
    • 特定の話題に関するこれまでの経験について質問してみましょう。例えば、相手がジョギングという話題に触れたのであれば、これまで何年継続しているのか、楽しめているのか、どこを走っているのか、といった関連する内容の質問を投げかけてみましょう。
    • 特定の話題に関する相手の意見を求めてみましょう。バーガーキングで高校生時代にアルバイトをしていたことが話題になったのであれば、それについてどう思ったのか尋ねてみましょう。意見を求めましょう。
    • さらに質問を続けましょう。相手の答えが短かった時は「それはどうしてですか?」「どのようにして行ったのですか?」といった質問をさらに投げかけて構いません。笑顔を忘れず、詮索しているような印象を与えないよう気を遣いましょう。純粋に興味があるのだという姿勢を見せましょう。
  2. 2
    深く掘り下げることを恐れない 誰でも自分について話すことを好むものなので、恐れずに相手の意見を求め、相手が考えていることを探ってみましょう。守りが固く、話したがらない人ももちろんいますが、興味を示してくれている相手に考えを共有できることを喜ぶ人も必ずいます。
    • 立ち入ったことを聞いてしまったと感じた時は「すみません、詮索しようとしていたわけではないのです、ちょっと興味があって」とすぐに撤回しましょう。
  3. 3
    声に出しながら考える 質問された答えについて考えている時も黙り込まないようにしましょう。相手からの質問内容を自分の言葉で言い換え、考え始めましょう。あなたが元々内向的な人なのであれば、深く考えすぎて、答えるまで時間をかけ過ぎている可能性もあります。じっくり考えずに声に出すことを優先してみると、実は問題がないどころか、会話がより円滑に進むことに気がつくかもしれません。
    • 頭が悪そうな印象を与えることを恐れたり、「間違ったこと」を口に出すことを恐れる人は少なくありません。ただし、このような用心をしていると不自然な話し方になったり、気まずい間が生じる恐れがあります。話し上手になりたいのであれば、何を言えば良いのか分からない時でも応答できるようになる練習をしましょう。
  4. 4
    恐れずに話題を変える 会話をしていると話すことがなくなり、気まずい間が生じることもあります。特定の話題について話すことがなくなったのであれば、仮に脈絡がなくなってしまうとしても、恐れずに話題を変えましょう。
    • お酒を飲みながらアメフトについて語り合ていて、これ以上何も思いつかなくなったのであれば、相手の飲み物に視線を送り、「美味しいですか?それ何でしたっけ?」などと尋ねてみましょう。その流れで、お酒について少し会話しながら次の話題について考えましょう。
    • 話したいと思ったこと、自分がよく知っていることについて話しましょう。あなたが豊富な知識を蓄えている分野に関する話題は、相手の目に興味深く映ります。少なくとも、話す価値のある相手であれば興味を示すでしょう。
  5. 5
    時事問題や最近のニュースに目を通す 話題が思いつかない時は、最近のニュース、時事関連の出来事、あるいは大事件などを話題にすると相手も恐らく耳にしているので一緒に話をすることができるでしょう。また、相手との共通点が見つかる可能性もあります。
    • 話題について必ずしも深く知っていなければならないわけではありません。「最近の国会はスキャンダルで大荒れのようですね。詳しいことは分からないのですが、なにかご存じですか?」といった要領で話しかけるだけでも十分でしょう。
    • 上から目線で知識を披露しないよう注意しましょう。話題についての知識が相手にないと思い込むのは禁物です。曖昧であっても、あからさまであっても、こうした態度はとても失礼です。
    広告

パート 3
パート 3 の 4:
複数の相手との会話に参加する

  1. 1
    声を大きくする 1対1の会話でも口数が少ないのであれば、複数の相手との会話はより難しく感じられるでしょう。しっかりと参加できるようになるために最も大切な要素の1つが、大きな声で話すということです。
    • 無口な人の多くは、内向的で、声も静かになる傾向があります。大人数での会話は外向的で声の大きな人に有利になりがちなので、自分の声を少し調整しなければならないでしょう。
    • 次の方法を試してみましょう。まず、他の参加者と同じ声の大きさで話し注意を引きましょう。周囲の関心がこちらに向いたのであれば、普段の声の大きさに下げることで、不自然さを出さないようにします。自分を相手に合わせるのではなく、相手の注意をこちらに向けさせるという点がポイントです。
    専門家情報
    Patrick Muñoz

    Patrick Muñoz

    スピーチコーチ
    パトリック・ムニョスはパブリックスピーキング、発声方法、方言指導、アクセント矯正、ナレーションや吹替、そして演技とスピーチセラピーの専門家として国際的に認められているボイス&スピーチコーチです。ディズニーやターナー・クラシック・ムービーズなどの映画、また、ペネロペ・クルス、エヴァ・ロンゴリア、そしてロゼリン・サンチェスのコーチも務め、2011年にはBACKSTAGE(映画、舞台、演出関係の話題を取り扱う業界専門誌)の「ロサンゼルス部門ボイス・方言指導コーチ賞」に選ばれました。ボイス・スピーチトレーナー協会の所属メンバーでもあります。
    Patrick Muñoz
    Patrick Muñoz
    スピーチコーチ

    元々物静かな人は、声の使い方を心得るまである程度の練習を要するかもしれません。 大きな声で話す練習をする際は、見知らぬ人を相手にしている方が簡単に感じることもあります。例えば、カフェでコーヒーを注文する際に、強く大きな声を出してみましょう。あるいは、電話をかける際にスピーカーに切り替え、少し離れた場所から普段よりも大きな声で話してみましょう。こうした練習を続けても効果が見られない場合は、ボイスコーチングやスピーチコーチングの専門家による訓練を受け、呼吸から見直すことも検討しましょう。

  2. 2
    静かになるまで待たない 複数人数での会話はフロッガー(障害を避けながら前に進むゲーム)を遊んでいる時のように、交通量の多い大通りに立ち、道を渡ることのできる瞬間を待っている感覚に似ているかもしれません。ただし、このゲームの肝でもあるように、そのような間は訪れないので、思い切って飛び込んでみることが実は大切です。静かな間は、いずれは訪れるものの、分かりにくく、予期していなかったタイミングで訪れることも少なくありません。つまり、完全に周囲が静かになるまで待つのではなく、時に他の人を遮って会話に加わることも大切です。
    • ただし、強引に遮るのではなく、「わー」「へー」「あー」「えー?」といった間投詞を上手に使いましょう。強引さを見せずに自分が話す機会を手に入れることができます。
  3. 3
    話したいという姿勢をボディーランゲージで示す 何か言いたいことがある時は、その時点の話し手の方に体を向け、身を乗りだし、会話に加わりたいという意志をボディーランゲージで示しましょう。話したそうにしていると、あなたに意見を求めることで、その場を譲ってくれる人がいるかもしれません、
    • 全く加われずにいると苛立ち、会話から外れたいと思うかもしれません。ただ、会話に加わることを本当に諦めてしまうと、周囲としては、さらに話しかけづらくなり、本当は言いたいことがあるということも、ますます気づかれなくなるでしょう。
  4. 4
    異なる意見を提示する 複数が参加している会話は、同じ内容ばかりが繰り返され、つまらないものになることもしばしあります。そこで、必要であればあえて異論を唱えてみましょう。その場の意見に賛成できないのであれば、やんわりと自分の考えを述べてみましょう。
    • 異論を唱える時は、「僕は少し違うように感じていて」や「それも一理ありますが、わたしには違うように思います」といった言い方を取り入れ、柔らかく伝えましょう。
    • 何かを言うためだけに、受け入れがたい考えや意見に同調する必要はありません。貫けそうもない主張であれば尚更です。自分の意見が周囲と異なるのであれば、それを述べる権利はあります。会話とは、異論を唱える人物を罰する場ではないということです。
  5. 5
    近くにいる人と会話する 大人数での会話に参加できず苦労していても、1対1では問題なくコミュニケーションをとることができるという人もいます。仮にそうだとしても、問題はありません。最近の研究によれば、1対1と大人数、どちらの設定のほうがより会話に参加できるかで分類したところ、大多数が2通りのいずれかに属することが分かっています。前者がダイアド、後者はトライアドと呼ばれています。[5]
    • ダイアドに分類される人は、大人数の場で苦労する傾向があります。誰かと話そうと思っているものの、3人以上のグループでは上手く話せないという人は、すぐ隣にいる人と話しましょう。同様にグループ内の他の参加者とも1対1で話しながら適した居場所を確立しましょう。全員それぞれと話しているのであれば、失礼にはあたりません。
    広告

パート 4
パート 4 の 4:
学校で意見を述べる

  1. 1
    発言内容を計画する 授業中に発言するということは、ここまでで説明した会話とは全く状況が異なります。気さくな会話では気まずくなってしまうことでも、授業では適切、時には理想的だと受け取られることすらあります。グループで行う議論などが良い例でしょう。このような場では、事前に自分の考えを書き出し、発言内容を用意したうえで他の参加者に共有しても、何もおかしいことはありません。
    • 国語の授業での課題で疑問に思っていた点を思い出したり、宿題に関して分からなかって点について数学の授業中に尋ねることは、事前準備なしには難しいかもしれません。そこで、こうした点を書き出しておき、次回の授業で提示したり、質問をしてみましょう。授業のために質問内容を準備することは賢い行動です。
  2. 2
    質問をする 授業に貢献する最善の方法が質問です。理解できない点があった時、テーマについて腑に落ちない点がある時などは、挙手をして質問しましょう。分からなかった生徒が誰か1人でもいるということは、他に少なくとも5人は同じ状況に陥っていたものの挙手をする勇気がなかったと、いうことも珍しくありません。勇気をだして手を挙げましょう。
    • その場の参加者全員に有益となる質問、あるいは関係のある質問のみをすることを心がけましょう。つまり、「なぜ僕の成績はB判定だったのですか」という個人的な質問は適しません。
  3. 3
    他の生徒の意見に賛成する グループ内で議論をしていて、自分の意見を言えずにいる人は、他の生徒の意見に便乗するという方法を試しましょう。実際は何も発言していないにも関わらず、発言をしたような印象を与えることができます。
    • 賛成できる意見を誰かが述べるまで待ち、その内容を自分の言葉で言い換えながら「私もそう思う」と付け加えましょう。簡単に授業に貢献でき、授業参加のポイントも得られるはずです。
  4. 4
    自分の言葉で言い直す すでに述べられた情報を自分の視点に変換し、さらに新しい情報を加えながら言い直すことを習慣づけましょう。既に誰かが述べた内容を用いて授業に貢献することができるので、とても便利です。もちろん、教師の時間を無駄にしないようにするためにも、多少の新しい内容は加えなければなりません。
    • 「この本は家族関係やその内側に隠れている醜さをとても正確に描いていた」という意見を誰かが述べたのであれば、「言い換えスイッチ」をオンにして、この発言内容にさらに磨きをかけ、次のように付け加えてみましょう。「私も同感。父と息子の関係から家父長制度の現実が細かく描かれていて、主人公の人生にいかに暗い影を落としていたのかということがよく伝わった」
    • 詳細を例として挙げると印象がさらに良くなるでしょう。本についてであれば、別の生徒が述べた意見に関連する部分を本文から抜粋しましょう。
  5. 5
    1つの授業につき1回は発言することを目標にする もちろん、クラスで最も発言回数の多い生徒になる必要はありません。自分の存在を示すことさえできれば十分でしょう。つまり、1つの授業につき1回発言することを目標にしましょう。率先して自分から発言をしていれば、後で教室が静まり返った時に教師から名指しされる可能性も低くなります。発言内容を事前に考え、思い切って発言すれば気も楽になります。それ以降は、ゆったりとした気持ちで授業に耳を傾けましょう。
    広告

ポイント

  • 自分の気分を高める工夫をしましょう。身なりを整え、メイクをし、歯を磨きます。ガムを噛み、香水もさっとふきかけましょう。自信を持って会話に参加できるようにしましょう。
  • 言いたいことを事前に練習する必要はありません。言おうとしていることを書き出したり、話しながら一語一句心配するということもやめましょう。逆に何も話せなくなってしまうかもしれません。
  • 自分らしさを忘れず、気さくに、楽しそうに接しましょう。
  • 流れに身をまかせ、自然に振舞いましょう。身の周りで起きている物事や、その日のニュースを話題にしてみましょう。誰にでも話す権利はあるのです。
広告

注意事項

  • 自分が話し上手だということを示したいからといって、冷たそうに見える人にあえて話しかけようと努力をする必要はありません。実際は良い人かもしれませんが、そうでない可能性もあります。
  • 内向的で一人でいることを好むのであれば、無理に変える必要はありません。自分に合った行動が一番です。
  • 物静かで内向的な人は、この記事に書かれていたからという理由だけで、内容に従って今の自分を変える必要はありません。
広告

関連記事

化学反応式に係数をつける化学反応式に係数をつける
銀が本物かどうか調べる銀が本物かどうか調べる
陽子、中性子、電子の数を求める陽子、中性子、電子の数を求める
英語の論文・レポートで引用をする英語の論文・レポートで引用をする
右利きが左手で文字を書く右利きが左手で文字を書く
化学反応のエンタルピーを計算する化学反応のエンタルピーを計算する
華氏と摂氏の温度を換算する華氏と摂氏の温度を換算する
論文の要旨を書く論文の要旨を書く
二進法を十進法に変換する二進法を十進法に変換する
家族宛ての手紙の宛名を英語で書く家族宛ての手紙の宛名を英語で書く
p値を計算するp値を計算する
夫婦宛てに英語で宛名を書く夫婦宛てに英語で宛名を書く
価電子数を求める価電子数を求める
調子を聞かれた時に正しく答える調子を聞かれた時に正しく答える
広告

このwikiHow記事について

Patrick Muñoz
共著者 ::
スピーチコーチ
この記事の共著者 : Patrick Muñoz. パトリック・ムニョスはパブリックスピーキング、発声方法、方言指導、アクセント矯正、ナレーションや吹替、そして演技とスピーチセラピーの専門家として国際的に認められているボイス&スピーチコーチです。ディズニーやターナー・クラシック・ムービーズなどの映画、また、ペネロペ・クルス、エヴァ・ロンゴリア、そしてロゼリン・サンチェスのコーチも務め、2011年にはBACKSTAGE(映画、舞台、演出関係の話題を取り扱う業界専門誌)の「ロサンゼルス部門ボイス・方言指導コーチ賞」に選ばれました。ボイス・スピーチトレーナー協会の所属メンバーでもあります。
このページは 661 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告