説得力のあるスピーチを書く方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 27 出典

この記事には:原稿を書く準備をするスピーチ原稿を作成するスピーチを行う

説得力のあるスピーチとは、聞き手に何らかの行動を起こす必要があると納得させることを目的として構成するスピーチを意味しています。多くの人に投票してほしい、ごみのポイ捨てをやめてほしい、あるいは重要な課題に関する新しい考え方を根付かせたい等、あらゆる目的において説得力のあるスピーチは効果的な方法です。スピーチを成功させるために考慮すべき要素は多々あるものの、準備と練習を怠ることがなければ、インパクトの大きなスピーチを行えるでしょう。

パート 1
原稿を書く準備をする

  1. 1
    トピックについて学ぶ 自分が話す予定のトピックについて、できる限りの情報を集める必要があります。(最近自分に割り振られたばかりだからといった事情で)まだ題材について詳しい知識がないのであれば、まずリサーチを行い、できる限りのことを学びましょう。
    • 特に、取り組むトピックが議論を呼びそうである場合、考えられるすべての立場を把握しておくと良いでしょう。[1]自分自身の意見が何であるにしても、反論者の見解にも対応する姿勢を組み込むと、スピーチの説得力が高まります。
    • トピックに関する本や記事を読みましょう。図書館に足を運び、図書館員の助けを借りて本を探しても、インターネットで記事を探しても良いでしょう。ただし、大手の報道局、学術的な出版物や記事といった信頼できる媒体の情報を必ず選ぶようにしましょう。
    • 社説、ラジオのトーク番組、特定の政党を支持しているケーブルニュースといった媒体もまた、人々がトピックについてどのように考えているのかを知る有用な情報源です。ただし、こうした媒体だけに頼ることはできません。情報が偏向している可能性もある為です。[2] こうした媒体を情報源として少しでも使用するのであれば、ひとつの立場だけでなく同じ問題に関する様々な視点も勉強しましょう。
  2. 2
    目的を把握する スピーチを行うことでどのようなことを達成したいのかという点をしっかりと把握しておくことも大切です。ゴールが分かっていれば、それに合わせてスピーチの内容を調整することができます。[3]
    • 例えば、リサイクルについてスピーチをすると仮定しましょう。この場合、ごみの再利用について深い知識があることはもちろん大切です。その一方で、話し手自身が、聴衆に具体的にどのような行動を求めるのかという点が明確でなければなりません。市が掲げたリサイクルプロジェクトに賛成の票を入れてほしいのですか?それとも各家庭でビンとカンの分別をするようお願いすることが目的ですか?こうした目的次第でスピーチの内容は異なります。従って、早い段階から目的をはっきりとさせておくと、メッセージを作り上げる際の大きな助けとなるでしょう。
  3. 3
    聴衆を知る スピーチを聞くことになる聴衆と、特定のトピックに関する聴衆の意見と知識量を理解しておくことも大切です。こうした要素もまたスピーチの内容を左右します。[4]
    • テーマについて知識が浅い聴衆に対しては予備的情報も準備し、シンプルな言葉で伝える必要があります。逆にテーマに詳しい専門家に対してのスピーチなのであれば、シンプルな言葉遣いでは退屈させてしまうでしょう。[5]
    • 同様に、テーマに関して話し手と同じ意見を持つ聴衆であれば、行動を起こすよう説得することも容易になります。あなたの意見が正しいということを納得させる必要がなく、とにかく聞いている人に行動を起こさせることだけが重要な点となります。反対に話し手の意見に懐疑的な聴衆が相手の場合、まず、あなたの論点をそもそも検討してもらえるよう説得する必要が生じます。[6]
    • 例えば、市が主導のリサイクルプロジェクトに賛同してもらうことが目的だと仮定しましょう。聴衆が既にリサイクルの重要性を理解しているのであれば、特定のプロジェクトの価値を分かってもらうことだけが課題です。反対に、リサイクルに無関心あるいは反対という聴衆に対しては、リサイクルがいかに意義のある行動なのかという点から伝えなければいけません。
  4. 4
    説得方法を選択する 説得方法には複数の選択肢があり、テーマや聴衆に合わせて選ぶことが出来ます。古代ギリシャの時代から、論者は次のような3つの要素を活用してきました。
    • エトス:これは聴衆の倫理感やモラルに訴える方法です。[7]例えば、「リサイクルがこれからの正しいライフスタイルです。限りある資源を無駄にし未来の世代から奪ってしまうのは私たちの倫理観に反するでしょう」といったように論じることができます。
    • パトス:聴衆の感情に訴える方法です。[8] 例えば、「木々が伐採されることで住処を失う動物たちのことを考えましょう。私たちがより真剣にリサイクルに取り組むことで、こうした美しい森を守ることができるのです」と論じることができます。
    • ロゴス:聴衆の論理や思考力に訴える方法です。[9] 例えば、「資源には限りがあるということが既に分かっています。リサイクルをすることで資源をより長期的に持続させることができるでしょう」と論じることができます。
    • この3つのアプローチのいずれかを活用することも、複数を組み合わせることも可能です。
  5. 5
    主要なポイントで骨子を作る 最も高い効果を期待することができる説得方法を選んだところで、スピーチの中で論じる重要点を考えましょう。
    • スピーチの所要時間を基に、いくつのポイントを用意して自分の論点を裏付けるか考えましょう。[10]
    • 3~4つの主要ポイントを用意するのが一般的に上手くまとめるコツです。[11]
    • リサイクルについてであれば、1.リサイクルすることで資源が無駄にならない、2.リサイクルすることで廃棄物の量が減る、3.リサイクルすることで節約につながる、というように骨子を考えてみましょう。

パート 2
スピーチ原稿を作成する

  1. 1
    インパクトの強い序論を用意する 聴衆の説得を開始する前に、まず聴衆の関心を引くようなオープニングを欠かすことはできません。印象に残るオープニングの例として下記の要素を検討しましょう。[12]
    • 強い関心を引く言葉:これは聴衆の関心を引く何らかの宣言(場合によっては視覚的情報)を指します。スピーチ冒頭で衝撃を与えたりドラマチックに印象付けることは決して悪い案ではありません。例えば、近隣のゴミの埋立地が満杯間近だという事実で(あるいはそうした状況が伝わる写真で)スピーチを始めてみましょう。
    • 聴衆との接点:これは聴衆とあなたに何らかの共通点があるということを示す手法です。これまでの生い立ちや経験が似ている、あるいは感情面の結びつきがあることを示しましょう。この手法の成功は、聴衆のことをどれほどよく理解しているかにかかっています。例えば、あなたに子供がいるのであれば、同じく子をもつ親に照準をあてることができます。あなたが子供たちの未来について心配しているという点を強調してみましょう。聴衆と同じ思想を支持しているのであれば、その点を強調することができます。
    • 資格や経歴:特定のトピックについて話すに十分な知識や権威を兼ね備えているということを示します。テーマに関してこれまで行ってきた調査などを強調しましょう。トピックに関しする個人的な経験や職務経験があるならば、それもしっかりと示しましょう。リサイクルのケースの場合、「リサイクルに関する課題や、他の都市が取り組んできた同様のプロジェクトについて、多くの時間を費やして入念に調査してきました」と述べてみると良いでしょう。
    • あなたの目的:今回のスピーチで達成したい目的を説明してみましょう。例えば「このスピーチを聞いた後、皆さんが市のリサイクルプロジェクトに賛同してくれることを願って今日はお話しします」というように切り出してみましょう。
    • スピーチ内容の内訳:スピーチの主要なポイントがどのようなものなのか伝えましょう。例えば「次の3点を根拠に、市のリサイクルプロジェクトの重要性についてお話します」というような話し方をしてみましょう。
  2. 2
    論点を裏付ける証拠を提示する スピーチの本題にあたる部分には、ステップ1で考えたポイントを含めます。このようなポイントには常に複数の理由や証拠を添えるようにしましょう。
    • 論じるポイントは論理的な順序に並べましょう。1つの点から次の点に飛び、また元の点に戻るといった構成は控えましょう。その代わりに、1つの論点を完了し、理にかなった流れで次の論点に移るようにしましょう。[13]
    • 論点を裏付けるための証拠は、リサーチ過程で見つけた信頼できる情報源からのものを使いましょう。感情(パトス)に訴えて主張をしている場合でも、事実に基づく情報で裏付けることで説得力が増すでしょう。例えば「全米リサイクル協会が発表した調査結果によると、私たちが使用する紙を生産するために約1万6000ヘクタールもの美しい森林が毎年破壊されています」というまとめ方が可能です。
    • 聴衆が共感できるような実際の事例を含めましょう。データや論理(ロゴス)に基づいた論点であったとしても、聞き手の実生活や関心事に紐づけることが大切です。例えば「景気が良くない時にリサイクルプロジェクトという言葉を耳にすると、増税を心配する人が多いかもしれません。ですが〇〇市では3年前に同様のプロジェクトを開始し、それ以後、プロジェクトの効果で歳入が増加したそうです。その結果、多くの市民の方たちに減税措置がとられました」というように組み込んでみましょう。
  3. 3
    反対意見にも対応する これは必須というわけではありませんが、主要なポイントを根拠づける支点として、反対の論点も組み入れ、さらに対応することができると、あなたが伝えようとしている意見の説得力がぐっと高まります。つまり、聴衆から挙げられる可能性のある異論に向かい合いさらに反証することで、あなたの意見をより強固なものにする機会となります。[14]
    • この際、反対意見の視点は公正に、そして客観的に伝えるようにしましょう。反対意見の人も、あなたの説明の仕方を納得できるようなアプローチを目指しましょう。自分の理解に自信が持てない場合は、反対意見を支持している人に色々と尋ねてみましょう![15]
    • 例えば、「反対派は、貴重な資源や財源が無駄にされていてもお構いなしです」と言ってしまうと、公正な伝え方とは呼べないでしょう。
    • その代わりに、「反対派の方々がリサイクルをする方が、新たな製品を買いなおすよりも費用がかさんでしまうのではないかと心配してしまうのも理解できます」と切り出し、なぜリサイクルをした方がコスト削減につながるのか説明していきましょう。
  4. 4
    行動するよう訴えることで締めくくる スピーチの結びとして、ここまでで述べてきたことを手短にまとめましょう。そして、聴衆に対して次にどのような行動を求めるのかという点も明確に述べるようにしましょう。
    • 既に述べたことを一語一句繰り返すのではありません。行動を求めるあなたの意見に聞き手が賛同してくれるように、主要なポイントを強化する気持ちで伝えましょう。例えば、「ここまでで、A、B、Cという3つのポイントに基づいて話させて頂きました。こうした疑いようのない事実が、市主導のリサイクルプロジェクトが、より持続可能な未来を創造するための最も良識的で倫理的なステップだということを示しています。11月の投票日に、ぜひ私と共に賛成票を投じてください」と締めくくることができます。

パート 3
スピーチを行う

  1. 1
    スピーチを練習する 実生活でスピーチを成功させるには、できるかぎり練習をすることが不可欠です。
    • 鏡の前で練習し、スピーチの最中、自分がどのように話しているのか見て確認できるようにしましょう。表情や仕草などに気づくことができます。表情や仕草によってメッセージを伝わりやすくなることも、伝わりにくくなることもあります。[16]
    • 例えば、猫背になっていたり、襟元に触れながらソワソワしていることに気がつくかもしれません。こうした仕草は、自信が無さそうな印象を与えてしまいます。
    • 鏡にとどまらず、ビデオカメラでスピーチをしている自分を録画し、後で見てみましょう。自分を見ること(さらに聞くこと)で、どのような要素を改善する必要があるのかが分かります。[17] 音声を確認することができるという利点の他に、鏡に向かって練習する時ほど気が散らないという効果もあります。
    • 数回練習をしたところで、少人数の友人や家族のまえでスピーチを披露してみましょう。内容と伝え方についてフィードバックをもらうようにしましょう。[18]
  2. 2
    適切な服装を心がける スピーチ当日は、会場とその日の聴衆に合わせた服装を心がけましょう。[19]
    • これはつまり、社会人らしい身なりをするということを意味しています。ただし、どの程度フォーマルな服装が求められているかという点は都度変わります。映画クラブの集まりで、自分が制作した映画を見せるのであれば、映画配給会社の経営陣に向かって話す時のようなフォーマルさは求められません。[20] 経営陣と話すのであればスーツを着用しましょう。映画クラブであればスーツは大げさかもしれません。
  3. 3
    リラックスする スピーチをすることを恐れている人は少なくありません。それでも、話している間はできる限り落ち着いて、自分らしさを保てるよう努力しましょう。
    • 親しみやすい態度で、聴衆と目を合わせましょう。[21]
    • 適度に動き回りましょう。ただしソワソワしたり、自分の衣服や髪をいじらないよう気をつけましょう。[22]
    • 原稿を読み上げないようにしましょう。話しの流れを維持するための簡単なメモを用意するのは構いませんが、内容はほとんど覚えてしまった方が良いでしょう。[23]
    • とにかく乗り切りましょう。なにか間違いを犯してしまっても、その後スピーチが終わるまで引きずらないよう努めましょう。むしろ、何か冗談を言う機会だと思って乗り切り、次に進みましょう。[24]
  4. 4
    聴衆を巻き込む 聴衆に行動を起こしてもらいたいことがあるならば、できる限りの資料や素材を準備し行動を促しましょう。行動を促すということは決して簡単なことではないので、簡単そうに見せることが出来れば、聞いている人が「やってみよう」という気持ちになる可能性も高まります。[25]
    • 例えば、リサイクルプロジェクトが実現するよう、市民から市長に働きかけを行ってもらいたいのであれば、ただその旨を呼びかけるだけでは不十分でしょう。書面やカードを送るために、切手が貼られ、宛名も既に書かれた封筒の他に市長の電話番号、メールアドレスなどを提供できるように準備しておきましょう。この手間を加えることで、より多くの人が賛同し、やり通してくれるでしょう。

ポイント

  • 前を向いて話し、自信をもって声を聴衆の方に通しましょう。下を見て床に向かって話さないよう気をつけましょう。
  • 統計データは情報源を記載し、信頼のおける、公平な媒体を使用しましょう。
  • 聞き手について調べる際は、どのように意欲をかきたてることができるのかも考えておきましょう。聞き手が大切にしている考えや価値観を原動力にして、やる気を起こさせましょう。
  • 適度なユーモアを用いることを恐れないようにしましょう。難しいテーマが聞きやすくなったり、話し手の印象がより親しみやすいものになるといった効果も期待できます。[26]
  • 特にスピーチの最中に間を置くときは、聴衆の間を見まわし、目を合わせましょう。緊張の牛手このような仕草が難しい場合は、聴衆の中から1人を選び、その人にのみ向かって話していると思いましょう。少し時間が経過したところで、別の1人を選び、その後もさらにこの方法を繰り返しましょう。[27]
  • スピーチの直前は、気持ちが落ち着くようなことを思い出し、リラックスしましょう。開始の際の緊張感が緩和されます。

注意事項

  • スピーチの最中は、横柄にふるまったり高慢な態度をとらないようにしましょう。謙虚さを忘れず、質問や提案、フィードバックを受け入れましょう。
  • できる限り挑戦的な態度は避けましょう。自分以外の人間の視点について論じている時は皮肉を言ったりからかったりしないよう徹底しましょう。このような態度をとってしまうと、あなたに賛同していたかもしれない人まで、しらけさせてしまうかもしれません。

出典

  1. http://grammar.yourdictionary.com/style-and-usage/steps-for-writing-a-persuasive-speech.html
  2. http://fair.org/extra-online-articles/the-most-biased-name-in-news/
  3. http://totalcommunicator.com/vol2_4/beclear.html
  4. http://totalcommunicator.com/vol2_4/knowaudience.html
  5. http://totalcommunicator.com/vol2_4/knowaudience.html
  6. http://totalcommunicator.com/vol2_4/knowaudience.html
  7. http://www.doe.virginia.gov/testing/sol/standards_docs/english/2010/lesson_plans/communication/9-12/7_9-12_communictionwriting_persuasivewritingspeaking%20.pdf
  8. http://www.doe.virginia.gov/testing/sol/standards_docs/english/2010/lesson_plans/communication/9-12/7_9-12_communictionwriting_persuasivewritingspeaking%20.pdf
  9. http://www.doe.virginia.gov/testing/sol/standards_docs/english/2010/lesson_plans/communication/9-12/7_9-12_communictionwriting_persuasivewritingspeaking%20.pdf
続きを 表示する… (18)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 作文技術

他言語版:

English: Write a Persuasive Speech, Español: escribir un discurso convincente, Deutsch: Eine überzeugende Rede schreiben, Русский: написать убедительную речь, Français: écrire un argumentaire, Italiano: Scrivere un Discorso Persuasivo, Bahasa Indonesia: Menulis Pidato yang Persuasif, العربية: كتابة خطاب إقناعي, Nederlands: Een overtuigende toespraak schrijven, 한국어: 설득력 있게 연설하는 법, Tiếng Việt: Viết một bài phát biểu thuyết phục, हिन्दी: प्रेरणादायक भाषण (स्पीच) लिखें (Write a Persuasive Speech), ไทย: เขียนสุนทรพจน์เชิงโน้มน้าวใจ, 中文: 准备一场有说服力的演讲

このページは 532 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?