純粋に誰かを喜ばせることは、この世で最も価値のあることのひとつです。相手が友人でもウェイターでも、誰かの一日を明るくすればあなたの一日も同じく明るいものになるでしょう。人を喜ばせるためには、偽りのない気持ちで心を開き、変化をもたらすために少し努力をしようとする意志が必要です。

方法 1 の 3:
友人を喜ばせる

  1. 1
    感情面でサポートしましょう。誰でも、誰かに愛されている、感謝されていると感じたいものです。他の誰もそうしない場合は特に、夢を追うように友人を勇気づけましょう。また、さりげなく目立たないようにする必要はありますが、あなたにとって友人がどれだけ大切な存在であるかを伝えるようにしてみましょう。思いやりと配慮をもって振る舞います。友人が人生で大きな困難を抱えていても、あるいは仕事のことで怒っていても、そばにいることが相手を安心させられる最善の方法です。
    • 他にも感情面でサポートをする方法があります。友人が自己破壊的になっている時にそれを教えてあげることです。恋愛がうまく行っていない、人生の選択を間違った、あるいは才能をむだにしているなどの場合に、一緒に話し合ってあげましょう。あなたの話を聞くか聞かないかは相手次第ですが、少なくともあなたが相手に対して誠実に向き合う時間を取ったということが大切です。
  2. 2
    落ち込んでいたら元気づけましょう。相手に笑顔 を向け、親しい関係であればハグをします。毛布で隠れ家を作ったり、お泊り会を開いたり、シリーパティーを作ったりするなど、何か楽しいことをしてみましょう。特に「もうそんなことをする年齢ではない」場合、より効果的です。素敵な写真や映像、プレゼントなどを集めて置き、これ以上落ち込まないでと励ましてみましょう。
    • もちろん、ばかなことをしても相手が必ず元気になるとは限りません。しかし、やってみる価値はあります。自分を笑顔にしようと努力してくれたことに、友人は感謝してくれるでしょう。
    • 友人が本当に悲しんでいる時は、泣きたい時に肩を貸せるように、ただそばにいてあげるのが1番よいでしょう。そんな雰囲気ではないのに、相手を元気づけるためにあえて冗談を考えなければならないと自分を追い込まなくて大丈夫です。
    • 話す時間を持ち、ハグをした後でも、まだ相手の機嫌が悪い時もあります。悲しい時にはただ落ち込むことで効果がある人もいます。相手が他人の状況に共感しやすい場合、あなたが悲しんでいたら相手も居ても立っても居られなくなり、どうにかしようとするでしょう。そしてその場合、相手の機嫌も、時にはあなたが手を貸さずとも直ることが多くあります。
  3. 3
    話を聞いてあげましょう大切にされていると相手に思わせるには、単純に話を聞いてあげるのが簡単な方法です。相手の考えていることを理解し、相手の立場になって聞きましょう。配慮しながら質問をし、話を中断せず、また理解ができない場合は分かったふりをせずに聞き返します。友人の中には、気にかけてもらえていない、話を聞いてもらいたい、と感じている人がいるかもしれません。その場合、そばに寄り添って話を聞くことで、その人を喜ばせることができます。
    • 友人の話をきちんと聞くためには、体を相手の方へ向け、目を見ます。おせっかいなアドバイスは控えましょう。あなたが相手のことに集中し、意見をするのではなく、相手の人生をよくしようとそこにいることを分かってもらいましょう。
    • 友人が話している時は携帯電話を触らず、友人に対して注意を向けていることを示しましょう。
  4. 4
    意味のある贈り物をしましょう。時間を使って相手にぴったりの特別な贈り物を探します。贈り物に思いを込めれば込めるほど、ポジティブなエネルギーと思いやりがよく伝わります。適当なものを買うより、友人が本当に気に入るもの、必要とするものを選びましょう。例えば、気に入ってもらえそうな珍しいアルバム、友人が好きな小説の初版などでもよいでしょう。相手にとって特別なものを探す努力をすれば、相手を一瞬で幸せにできるはずです。
    • 誕生日や休暇に意味のある贈り物をすることで、よい印象を与えることができます。また、相手が一番喜ぶのは、特別な機会ではない時に贈り物することです。
  5. 5
    電話をかけましょう。電話をするだけでも友人に喜んでもらえます。小さなことですが大きな効果があり、相手のことを気にかけていて今どんなことが起こっているかを知りたいという気持ちを示すことができます。時間がある時に電話をかけ、元気に過ごしているか、仕事や学校はうまく行っているか、友達とはどうかなどと聞いてみましょう。見返りを求めず相手に注意を向ける時間をとってあげれば、その人はよい一日を送れるはずです。[1]
    • おしゃべりのために電話をかける人は昔ほどいません。用事がなくても電話をして相手を喜ばせましょう。
    • 例えば新しい仕事を始めたというようなタイミングであれば、そのことを聞いてみるだけでも相手は喜んでくれます。
    • 文字のメッセージを送るより電話で話す方が、相手がより多くを話してくれることがあると覚えておきましょう。
  6. 6
    単にそうしたいからという理由で手伝いましょう。何かに手を貸すことでも友人を喜ばせることができます。これは、大変なことをする、苦しい時に手を差し伸べるということではありません。友人が忙しい一日を過ごしているなら、ランチを届けたり、朝の犬の散歩を代わりに行ったりするなどします。また、友人の車が整備に出されている場合は、職場まで車で送る、あるいはテーブルが壊れて何週間も傾いていたら一緒に直してあげる、などもよいでしょう。手伝ったことがたとえ小さなことであっても、相手を笑顔にすることができます。
    • 必要であっても助けを求めることを拒む友人もいるかもしれません。その場合、あなたが心から手伝いたいと思っていることを分かってもらえれば、快く受け入れてくれるはずです。また、こちらから手助けを申し出ることでも、受け入れてくれやすくなります。
    • よく観察しましょう。友人をよく見て、何を一番欲しがっているかを考えます。アイスコーヒーが欲しいけれども遠慮して言えていないかもしれません。
  7. 7
    感謝のメッセージカードを送りましょう。友人があなたにしてくれたことに対して感謝の気持ちを表したカードを送れば、友人は喜んでくれます。感謝のメッセージカードは恩師や目上の人にだけ送るものと考えているかもしれませんが、友人に送っても意味があります。また、友人に感謝を伝え、喜ばせることができる特別な方法です。具体的なことに対して感謝を伝える必要はありません。例えばよい友人でいてくれることや、話を聞いてくれることなど、普通のことに感謝をすればよいのです。
    • 玄関先や郵便受けにメモを残す、また友人が読みかけの本に忍び込ませるなどしてみましょう。驚く要素があれば、さらに友人を喜ばすことができます。
  8. 8
    相手のいないところで相手をほめましょう。相手がいない時にその人のことをほめることでも、相手を喜ばすことができます。噂話をしたり悪口を言ったりするのではなく、友人のことをほめて、よい噂を広めましょう。ほめるのは、ファッションセンスやギターの腕前などでかまいません。それが友人の耳に入れば喜んでもらえるはずです。ネガティブな噂話と同様、あなたが相手のいないところでその人のことをほめれば、必ずその人の耳に入ります。[2]
    • さらに、相手のいないところでその人のことをほめれば、逆にその人は、あなたがいないところであなたのことをほめるようになります。このように、ポジティブなエネルギーは広がっていくのです。
  9. 9
    お菓子を焼きましょう。お菓子を焼いてあげることで友人を喜ばせることができます。この方法はいつになっても廃れることがありません。チョコレートチップクッキー、バナナブレッド、アップルパイ、その他友人が好きなお菓子を焼いてあげれば、必ず喜んでもらえます。そして、労力を費やしてよい一日にしてくれたことに感謝をしてもらえるでしょう。机や玄関先に焼いたお菓子を置いておくとサプライズにもなります。
    • 相手の好きなデザートが分からないなら、巧みに周りに聞き回り、相手にとって特別なご褒美になるようにします。
    • 誕生日にケーキを焼いてあげれば、友人を最高に喜ばせることができます。
    広告

方法 2 の 3:
親を喜ばせる

  1. 1
    信頼されましょう。大きな約束をたまにしか守らないのでは、一年中「年末大バーゲン」を掲げているのと同じくらい意味がありません。誠実でいることを自分に課しましょう。すると、たわいない嘘さえも裏切りのように感じることがあります。行動が常に言葉と一致するようにしましょう。その逆もまたしかりです。親を喜ばせたいなら、信頼に値する人間になることが最善の方法のひとつです。
    • 親はあなたが心を開いてくれていないとずっと心配しているかもしれません。あなたの人生に起こっていることを親に話したいというそぶりを見せることで、親を安心させることができます。
    • 親はあなたが誠実な態度をとり、隠し事をしていないと感じると、非常に幸せになります。
  2. 2
    中身のある時間を一緒に過ごしましょう。気にかけているというだけではなく、一緒の時間を楽しんでいることも示しましょう。たいしたことではありません。例えば、テレビを消し、座って話をすることから始めます。また、ボウリングや水泳、あるいは活動的で楽しいことに誘い出してもよいでしょう。家族で過ごす時間は必ずしも退屈である必要はなく、新しいイタリア料理店に行ったり芝居を見に行ったりするなど、楽しく過ごしてよいのです。親はあなたと時間を過ごすのを何よりも望んでおり、その時間を増やせば親を喜ばすことができるでしょう。
    • あなたの生活から親を締め出すのではなく、部屋の扉は開けておき、一緒に過ごしたいと思っていることを示しましょう。
    • 週に一度、夜に家族の時間を持ちましょう。毎週日曜日でも、2週間ごとの水曜日でも構いません。定期的に家族と過ごす時間を持つようにすれば、親が喜ぶことは間違いありません。
    • 親と一緒に過ごす時に大切なのは、本当は友人と遊びたいけれど親を喜ばせるために一緒にいるというようなそぶりは見せず、自分の意志でそうしていることを示すことです。
  3. 3
    感謝していることを分かってもらいましょう。親の好きな部分を伝え、心からの感謝を伝えます。親を当たり前の存在だと考えていないこと、自分にしてくれたことすべてに感謝をしていることを分かってもらいます。感謝の気持ちや、親のおかげで成し遂げられたことがあったことを日常的に伝えましょう。あなたがどれほど感謝しているかを知ると、親は幸せを感じます。
    • 親の存在を当たり前のものだと考えてしまうのは非常に一般的なことですが、それでよいというわけではありません。固定観念にとらわれることなく、親に感謝を示す努力をしましょう。
    • 親は、単に親という存在ではありません。人生の目標、感情、希望を持つ人間です。「義務だから」あなたを世話するのではなく、そうする選択をしたのです。それに対して感謝をするようにしましょう。
  4. 4
    あなた自身が幸せでいましょう。親を喜ばせる方法のひとつに、あなた自身が幸せな人間になるように努力するというものがあります。愛する人や有意義な仕事を見つける、あるいは大好きな趣味を追求するなどでかまいません。研究によれば、親はまだ子供が小さかった時と同じように、成人した子どもの幸せを気にかけています。そのため親を喜ばせたいなら、あなたが日頃から幸せになるよう努力するか、幸せであることを示すようにしましょう。[3]
    • 親に電話をして、仕事や嫌な出来事に文句を言うのは簡単です。しかしそれだけではなくて、楽しい話もしましょう。正直になるのは大切ですが、うわべを装っても誰かを傷けることはありません。
  5. 5
    家のことを手伝いましょう。できるだけ家の用事を手伝うことでも、親を喜ばせられます。これは、単に日々の決まった家事を早く済ませるということではなく、親の期待を超える手伝いをすることです。追加で洗濯をする、キッチンカウンターの拭き掃除をする、親の外出中に掃除機をかける、などを行います。いつも以上の手伝いをしてくれたことに親は非常に感謝し、とても喜んでくれるでしょう。
    • 親が大変な一日を過ごしていて誰かに家事を代わって欲しい時に行えば、とりわけ喜んでもらえるでしょう。
    • 何をしたかを伝える必要はありません。言わなくても親はそれに気づき、幸せな気持ちになります。
  6. 6
    食事を作りましょう。ステキな手料理で親を驚かせましょう。親は喜ぶでしょう。手の込んだものでなくても、簡単な一皿料理で十分です。大切なのは、豪華な食事を作ることではなく、その日の食事は親に代わってあなたが作ったので心配する必要はない、ということです。
    • 普段は親が食事を作っている夜にサプライズをしましょう。家に帰って来た時に手作りの食事があることほど、親を喜ばせるものはないでしょう。
    • 掃除も手伝うとなお良いでしょう。
  7. 7
    愛情を示しましょう。親にいつもより大きな愛情表現をすると喜んでもらえます。会った時にハグをする、腕や肩に触れる、あるいはその他の小さな振る舞いで、親の生活が明るくなります。親に愛情表現をするような年齢ではないと思うかもしれませんが、親を喜ばせたいなら、その考えを払拭して愛情を示すようにしましょう。
    • 学校へ行く前に親にハグをするだけでも、親の生活に大きな違いを生みます。
    • 親が仕事から帰ってきた時、自分の部屋の中から「おかえり」と言うのはやめましょう。部屋から出てハグをし、どんな一日だったかを聞くようにします。
  8. 8
    兄弟・姉妹に優しくしましょう。親を喜ばせたいなら、兄弟・姉妹間でよい関係を築くのもひとつの方法です。兄弟・姉妹に優しく接していると、親は子どもたちの中がよいことに幸せを感じ、またそれだけで家の中すべてがうまく回ることがあります。あなたが一番年上であれば、年下の兄弟・姉妹の世話を少し引き受けることでも、親の心配を減らし、喜ばせることができます。
    • 年下の兄弟・姉妹が宿題に困っている時、親が忙しそうな場合はすすんで手伝いましょう。
    • あなたが年下の場合は、年上の兄弟・姉妹への態度に気をつけて喧嘩をしないようにするだけで、親の気持ちは大きく違ってきます。
  9. 9
    理由はなくても連絡をしましょう。親は、あなたが連絡をしてくるのは何かが必要な時か、親しか答えられない質問がある時だと思っています。そこで、単に声を聞くためや、どうしているかを確認するためだけに連絡をして親を喜ばせましょう。そうすれば、親は気にかけてもらっている、大切にされていると感じます。また、あなたが何かが必要だったからではなく、単に話したかったから連絡をしたということに幸せを感じるでしょう。
    • 忙しい場合は、メールを送って様子を聞くだけでも大きな違いがあります。
    • 仕事で大変な時は、ちょっとしたメールを送ったり、親の気に入りそうなニュース記事のリンクを送ったりすることでも親を喜ばせられます。
    • アニメーションやおもしろい動画のリンクを送っても、親の一日に変化があることでしょう。
    広告

方法 3 の 3:
知人や他人を喜ばせる

  1. 1
    親切なことを行いましょう。頭に浮かんだ人に電話したり、メッセージやメールを送ったりします。また、手紙や笑える漫画、かわいい写真などを郵送しましょう。最近では郵便を使う人が少ないためとても貴重です。花をプレゼントする、買い物の荷物を持つなど、相手を感動させるようなことも行ってみましょう。
    • ただ単に親切な行いをすると自分にそれが返ってきたり、その日を気持ちよく過ごせたりします。
    • 周りを見回してみます。とりわけ笑顔や親切を必要としていそうな人を見つけたら、気にかけてあげましょう。ただし、お節介に思われない程度にします。
  2. 2
    笑わせましょう。笑いは緊張をほぐし、またそれが周りに広がっていきます。食品の買い出しの時や映画のチケットを買うために並んでいる時に、ユーモアのある冗談を言おうと努力するだけで相手を笑顔にできます。何も思いつかない場合は、インターネット上で笑えるものを探し、メールで送りましょう。大切なのは、あまり深刻にならず、好んで相手を笑わせようとしていると示すことです。
    • 普通の人は生活の中で笑う機会が十分にありません。そのため、1、2回笑わせるだけで、相手がその日を楽しく過ごすことができます。
    • たんぽぽや草を手に持ち、「君のために特別に手に入れたよ」、「あなたのためだけに取ってきたわ」と言って渡すなど、お茶目なことをしてもよいでしょう。
  3. 3
    目を見てあいさつしましょう。これは、相手の生活に変化を与える簡単でささいな方法です。目を見ることで相手は尊重されていると感じ、あいさつをすればその日が明るくなります。相手が頭で何を考えているか知ることはできません。しかし、あいさつして一瞬でも特別に感じてもらえたら、相手はその日を幸せに過ごせるはずです。
    • 一日の中で、その人に笑顔を送る人間はあなただけかもしれません。そのことがどれほど大きな違いを生むか、考えてみましょう。
  4. 4
    ものを寄付しましょう。人を喜ばせる方法として、服、食器、その他の必要がなくなったものを、本当に役立ててくれる人に譲るということがあります。必要な人にとっては、あなたの古着や食器類が非常にありがたいものなのです。ものを寄付すると、たとえ実際には見えなくても、どこかの誰かを必ず笑顔にしています。
    • 1年以上の間に1回しか着ていない服があれば、もっと役立ててくれる人に譲りましょう。
    • 使っていない古いものに対して感傷的になりがちですが、人に譲ったらもっと役立ててくれ、喜んでくれると考えましょう。
  5. 5
    ほめ言葉を伝えましょう。ちょっとしたほめ言葉を伝えることで、相手を喜ばせることができます。ほめ言葉が誠実で親切なものであれば、相手によい影響を与えられるはずです。相手に対して、ネックレスが素敵だ、笑顔が美しい、履いているズボンが格好よくて好きだと伝えるだけでかまいません。伝え方を間違って相手を不快にさせない限り、ほめ言葉は相手を一瞬で幸せにします。
    • 知らない人の容姿については触れないようにしましょう。ほめるのは、服、アクセサリー、または誤解を生むことがないものだけにします。
    • 相手の目を見て、「素敵なセーターですね」などと言ってみましょう。完璧なことを言わなければならないと思い過ぎないようにします。
  6. 6
    ポジティブなエネルギーを波及させましょう。あなた自身が幸せで、ポジティブなエネルギーや喜びを周りの人に伝えることでも、他人を幸せにすることができます。笑顔を作り、好きなことを話し、置かれている環境についてポジティブなことを言い、周りの人たちをほめましょう。幸せは波及します。あなたが周囲によい空気を送っている場合、周りの人間はそれをすぐに感じ取るでしょう。
    • たとえものすごくポジティブには感じていなくても、ただ笑おうとするだけで幸せを感じ、また周囲にもよい影響を与えることができます。[4]
    • 自分が否定的なことを言っているのに気がついたら、肯定的なことを2つ言って帳消しにしましょう。
  7. 7
    重いものを持つのを手伝いましょう。重い物を運ぶのを手伝うだけで相手に喜んでもらえます。お年寄りの女性の買い物の荷物を車まで運ぶ、郵便局で重そうな荷物を持っている人を手伝うなど、負担を少し軽くしてあげるだけで相手の日常に変化を与えられます。近所の人が重いものを持ち上げていたら、手を貸すと伝えてみましょう。きっと喜んでもらえます。
    • 即座に喜んでもらうことができます。相手の人生を少しばかり楽にするのですから。
    • もちろん、知らない人の荷物を車や家まで運ぶのを手伝うような、危険な状況は避けるようにします。誰かに何かを行うのは、公共の安全な場所で手を貸せる場合に限ります。
  8. 8
    励みになるようなことをFacebookに投稿しましょう。最近では、その日起こった腹立たしいことについて、Facebook上に怒りや不満をぶちまける人が多くなっています。世界全体が価値のないものになっているというような悲しい記事を共有する人もいます。もちろん同意できる時もありますが、ポジティブなニュース(否定的なニュースばかりではありません!)や猫のかわいい動画、インターネットサイトからのおもしろい話や漫画を投稿して、みんなを楽しませることもできるはずです。人を笑顔にさせるものなら何でも構いません。気づかないうちに人を幸せにしているはずです。[5]
    • 世界では当然ひどいことも起こっています。しかし、わざわざFacbook上の多数の友人に知らせる必要はあるでしょうか。それよりももっと前向きなことを投稿し、爽やかな気持ちになってもらいましょう。
    広告

ポイント

  • アイコンタクトをとるのは非常に大切です。怖がらず、ただ相手の目をまっすぐに見ましょう。
  • ハグ、笑み、ほめ言葉だけで、相手は幸せな日を送ることができます。おおげさに喜ばせたくないなら、このような小さな行いだけで十分です。
  • 悲しんでいる、あるいは落ち込んでいる人のために自分の時間を少し使ってあげましょう。
  • 何があってもあなたはそばにいることを、相手に知ってもらいましょう。
  • 特別な日ではなくても、サプライズをします。
  • あなた自身が幸せでいましょう。「幸せになる方法を知ってるから、真似してみて!」と言えば、みんなの悲しみが消え、涙を流す代わりに楽しもうという気持ちになってもらえます。
  • 相手がその話題に触れたくない時には、何が問題なのかと問いただそうとして相手を不快にさせないようにします。「週末の予定は?」などと別の話題を振りましょう。
  • 相手の冗談に笑いましょう。グループでいて冗談を言った時に誰も笑ってくれないと、非常に恥ずかしい思いをします。そのため、少なくとも笑顔を見せましょう。
  • 汗をかくことをします。フットボール、サッカー、バスケットボール、 ジョギングなどを、一緒に行います。 ダンス、ボウリング、ガレージの掃除などもよいでしょう。
  • 相手が動物好きであれば、一緒に動物を見に行きましょう。

広告

注意事項

  • 無理しすぎると相手を気まずくすることがあります。
  • 友人が一人でいたいならそうさせてあげます。ただし、気が変わったら何でも話を聞く体勢でいることを知らせましょう。
  • 周りの人に怒鳴ってはいけません。
  • 相手が抱えている問題について問い詰めないようにします。問い詰めると、さらにネガティブな気持ちにさせてしまいます。
  • あなたの手助けが、哀れみや嫌みだと受け取られることがないようにしましょう。
  • 友人が誰かのことで怒っている時、その人を悪く言って話を合わせないようにします。その誰かに対しての否定的な感情をあおるだけです。
  • 依存されないようにします。誰かがいい気分になりたいためにあなたに頼りきりになると、あなたのよくない(破壊的とも言える)エネルギーが、その人をあなたに会う前よりも悪い状態にしてしまうでしょう。
  • 自分の力以上のことを抱えすぎないようにします。友人が慢性的に落ち込んでいたら、専門家のところへ行くように促しましょう。
広告

動画
このサービスを利用すると、一部の情報がYouTubeと共有される場合があります。


関連記事

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

すぐに涙を出す

How to

他者に依存しない

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

女性をその気にさせる

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

男性からの好意に気付く

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

このwikiHow記事について

Klare Heston, LCSW
共著者 by
医療ソーシャルワーカー
この記事の共著者 by Klare Heston, LCSW. クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。 この記事は2,107回アクセスされました。
カテゴリ: 人間関係
記事のサマリーX

誰かを喜ばせるには、相手の良いところを偽りのない言葉で具体的に褒めましょう。大切な人はあなたの好意をわかっているかもしれませんが、どうして好きなのかを改めて伝えると、喜んでくれるでしょう。何かをあげて喜ばせたいなら、その人の好きな料理を作ったり、パンやケーキを焼いたり、欲しいけれど自分では買わないようなものをプレゼントするとよいでしょう。また、人助けをすると、きっとその人も喜んでくれます。人助けには家の掃除の手伝い、庭掃除の手伝い、車での送迎、お使いなどがあります。時には、一緒に過ごし、積極的に話を聞いてあげるだけでその人を喜ばせることができるでしょう。一緒にハイキングに出かけたり、映画を見たり、食事をしながら話をしたりするのもいいかもしれません。大切な人に直接会えない場合は、いつでも電話やメールで「元気?会えなくてさみしいわ」と伝えるとよいでしょう。 記事では、ソーシャルワーカー監修の「両親や他人を喜ばせる方法」なども説明しています。

このページは 2,107 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告