誰かを好きになるのをやめる方法

共同執筆者 Klare Heston, LCSW

恋心を抱くべきではない人を好きになってしまう、という経験は誰にでもあるはずです。もしかすると、その人が自分には相応しくないこと、またはその人には既に交際中の人がいることをあなたは知っているのかもしれません。逆に、あなたの方に交際中の相手がいる場合もあるでしょう。状況はどうあれ、その人と過ごす時間や、その人のことを考える時間を減らせば、好きになるのをやめられるはずです。新しい友人や新たな活動を始め、忙しく過ごしましょう。また、全ての過程において、現実的な考えを持つ必要があります。きっと知らぬ間に、その人は遠い昔の思い出になるはずです!

方法 1 の 3:
恋愛感情を抑える

  1. 1
    片思いの人の欠点を考える 誰かを好きになるのをやめるには、その人に対して感じていることを変えるのもひとつの方法です。誰にでも欠点はあるものです。片思いの人に熱中していたために、その人の欠点を見ようとしていなかったのかもしれません。その人の欠点について、ある程度時間をかけて考えてみましょう。[1]
    • 例えば、その人がひどいことをした、または友人や家族がその人のことを認めないという理由で、好きでいるのをやめられるかもしれません。
    • また、その人との共通点が少ないことや、悪い習慣がある、たくさん嘘をつく、などの難点があるために、好きでいるのをやめようと思う場合もあるでしょう。
  2. 2
    その人から距離を置く 「去る者は日々に疎し」ということわざは、本当です。他の人や違うものに囲まれていれば、真っ先に頭に浮かぶのはその人ではなくなるでしょう。[2]
    • 片思いの人と同じ友人グループに属しているため、その人を避けにくいのであれば、しばらくの間は人数の多いグループの人達と付き合いましょう。片思いの人と1対1で時間を過ごしてはいけません。
    • その人が通常、特定の場所で過ごすことを知っているのであれば、その人がいそうな時間帯にその場所に行くのは避けましょう。
  3. 3
    オフラインとオンラインの両方で、片思いの人との接触を制限する その人とのあらゆる形態の接触を減らしましょう。継続的にその人のことを思い出すと、乗り越えるのが困難になるだけです。スマートフォンの連絡先リストからその人の番号とEメールを削除し、SNSでフォローするのをやめましょう。[3]
    • Facebookを使用している場合は、その人を友達としては完全に削除せずに、フォローするのをやめる方法もあります。こうすれば、その人に知られずにニュースフィードからストーリーズを削除できます。また、こうすると「どうして私のこと削除したの?」という気まずい会話をしないですみます。 
    • それでもやはり、その人のプロフィールをどうしても見たくなるのであれば、完全に削除してしまいましょう。時間が経ってから、またいつでも友人リストに再登録できます。
  4. 4
    その人に関する話題を避ける 以前はその人のことをよく話題にしていたかもしれませんが、その人への思いを抑えるには、その人の話題を避ける必要があります。その人がどれ程素晴らしい人であるかという話を延々とするのは、もうやめるべきです。あなたが自分に課したルールを守れるよう、親しい友人に協力を求めましょう。[4]
    • 例えば、友人にお願いして、あなたが片思いの人の話題を持ち出す度に話題を変えてもらうか、声をかけてもらえるようにするのもよいでしょう。
  5. 5
    その人を思い出させるものを処分する その人への感情をよみがえらせるものに囲まれていると、忘れるのが困難になります。ある日の午後にでも時間を作り、私物に目を通してその人に関連するものを処分しましょう。[5]
    • ノートにその人の名前が書いてあったり、その人からの古い手紙を持っていませんか?一緒に行った遊園地のチケットを今も大事に保管していませんか?その人にもらったものや、その人を思い出してしまうもの全てを処分しましょう。
    • 家具や学校の教科書など、永久的に処分できないものは、できる限り視界に入らない方法で保管するようにしましょう。本に新しいカバーをつけたり、以前一緒に座っていたソファに布をかけたりしましょう。
  6. 6
    恋愛映画や曲を避ける 特別な曲を聴いたり、特定の映画を見ると、片思いの人を恋しく思うかもしれません。その人のことを考えてしまうような歌や映画は避けましょう。明らかに恋愛的なものや、単純にその人と一緒に以前楽しんでいたものも同じく避けるべきです。[6]
    • 恋愛とは関係のない曲のプレイリストを作りましょう。その人とは結びつかないないようなテレビの新番組や映画を選んで見るようにしましょう。 
    広告

方法 2 の 3:
忙しく過ごす

  1. 1
    新たに友人を作る か、昔の友人と再び連絡をとる 最近出会った人に片思いをしていたのであれば、あなたは既にその友人グループを避け始めているかもしれません。昔の友情をよみがえらせるか、新たに友人を作るなどして行動を開始しましょう。良き友人と親しくすると、自分は応援されていると感じ、片思いの人から気持ちをそらせるでしょう。[7]
    • 親友に連絡をして、週末に出かけたり、お泊り会の予定をたてましょう。
    • 新しいクラブやスポーツチームに入会しましょう。
    • 地元の病院、高齢者福祉施設、ペットの保護施設などでボランティア活動をしましょう。
    • 友人と過ごす時は、片思いの人の話題が長くなりすぎないように注意しましょう。片思いの人について延々と語り続けると逆効果になり、友人を苛立たせてしまう場合もあります。
  2. 2
    趣味を見つける 誰かに夢中になっている時は、自分が情熱を注いでいることを後回しにしてしまいがちです。自分が楽しめることを再び始めましょう。楽しい活動をして時間を埋めれば、片思いの人を忘れられるはずです。さらに、このような活動を通して新しい人に出会う可能性も高くなるでしょう。[8]
    • 以前からずっとギターを習いたいと思っていませんでしたか?そうであれば、学校でギターが得意な生徒に声をかけてみましょう。Pinterest(ピンタレスト)でDIYやクラフトを検索してみましょう。読書への情熱を抑えていたのであれば、新しい本を探してみましょう。 
  3. 3
    日課を一新する ため息が出るほどつまらない、いつもと同じ習慣を続けていれば、退屈にもなります。言うまでもなく、未だに同じ場所ばかりに出向き、同じことをしているのであれば、片思いの人のことを忘れるのがさらに困難になるでしょう。行動に変化を加え、生活をリフレッシュしましょう。[9]
    • 新しいトレーニングや、初心者向けの5キロのランニングをするフィットネスプログラムを始めてみましょう。毎日学校や仕事の前に朝食を摂るのを新しいレストランに変えたり、料理や新たな語学習得のため、教室に通ってみましょう。
  4. 4
    再び誰かの気を引いてみる 誰かを誘惑したり新しい人とデートすることは、頭の片隅にもないかもしれませんが、再びそのような行動を始めると、片思いの人への気持ちが抑えられる場合もあります。次に出会う人が、忘れようとしている人よりもさらに魅力的で興味深い人だったということもあり得るのです。
    • 最初のうちは気楽に進めましょう。新たな出会いと、何気なく誰かの気を引くことに集中すべきです。一緒に出かけたりして時間を過ごしてみましょう。単純に自分の予定を埋めることを目標にして、楽しみましょう。[10]
    広告

方法 3 の 3:
現実的な期待を抱く

  1. 1
    行動すべきことを今すぐひとつ選ぶ 片思いの人への気持ちに関して、自分が達成したい実現可能な目標を考えましょう。あなたは、その人との思い出の品を処分したり、電話をかけるのをやめたいと思っているかもしれません。まず最初に、この目標ひとつだけに集中しましょう。[11]
    • この目標を実現するために、大まかな計画をたてましょう。例えば、思い出の品を処分したいのであれば、品物を整理する日、箱詰めをする日、処分または寄付する日などの日程を決めましょう。
    • その他の目標には、ある日の午後などに、あらゆるSNSで片思いの人をブロックすることなどが挙げられるかもしれません。
  2. 2
    自分の感情を書きだす 感情を抑えるのは非現実的ですが、感情を紙に綴れば、乗り越えられそう気持ちになる場合もあります。毎日時間帯を決め、片思いの人に対する気持ちを書きだしましょう。気持ちを綴る時間になるまでは、その人のことを考えないようにする、と自分に言い聞かせましょう。[12]
    • 最初のうちは、書く内容が長く、未だに片思いの人への強い感情をさらけ出しているように思うかもしれません。しかし、時間が経つにつれて、その人に関する内容が減ったり、完全に違う内容を書いている自分に気づくようになるでしょう。
    • 感情を綴る時間帯は、本当に必要な場合だけ利用するようにしましょう。その日、片思いの人に関して何も思うことがなければ、書きだす必要はありません。
  3. 3
    辛抱強くなる 片思いの人に夢中になっている事実を乗り越える時間を、自分に与えましょう。感情は、一晩で消え去るものではありません。その人に未練を感じ始めたり、頭から離れなくなったとしても、自分を責めてはいけません。頭の中にどのような感情が思い浮かんでも、受け入れましょう。感情は次第に薄れていくものであることを忘れないようにしましょう。[13]
  4. 4
    経過を記録する 毎週末にでも、自分がどの程度片思いの人のことを考えているかを書きだす時間を作りましょう。時が経つにつれ、その人のことを考える時間が徐々に減っている事実に気づくはずです。
    • 時間が経っても、その人のことを考える時間の長さが変わらない、または増えてきた場合には、カウンセラーに相談し、感情に対処する方法を話し合うとよいでしょう。
    広告

このwikiHow記事について

医療ソーシャルワーカー
この記事はKlare Heston, LCSWが共著しています。 クレア・ヘストンはオハイオ州に住む認定医療ソーシャルワーカーです。バージニア・コモンウェルス大学にて社会福祉学の修士号を取得しています。
カテゴリ: | ティーン
このページは 358 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告