噂、中傷、そして不当な人格描写はインターネット上、職場、そして裁判でも見受けられます。中には深刻なものもあり、場合によっては広く拡散します。面と向かっての、あるいは間接的な非難を受けている場合のいずれにしても、落ち着きを保ち、自分の権利を知っておくことが大切です。忍耐強さと信頼のおける人の支えがあれば社会的信用と自信を取り戻せるでしょう。

パート 1 の 3:
噂に対応する

  1. 1
    冷静になる いわれのない噂の発生源が同僚、知人、あるいは親しい人である場合、落ち着いて直接対峙するのが一番でしょう。面と向かって非難された場合は応じる前に深呼吸をしましょう。書面上や録音されたメッセージという形式で非難された場合は応じるまである程度の猶予があるので、落ち着いて冷静さを取り戻しましょう。[1]
  2. 2
    事実を述べる 冷静になったら、できるかぎり明確に事実を述べましょう。非難をしている人物にあなたの意見に耳を貸す気持ちがある場合は、事実を述べることでその後の応酬にかける労力や時間が軽減されるでしょう。相手が聞く耳を持たない場合は、憤りを抑えましょう。
    • 相手があなたの言葉を信じることがないまま会話が終わってしまっても、あとで落ち着いて考えているうちに信じるようになるかもしれません。
  3. 3
    全体像をつかむ 非難がどこから発生しているのか、なぜそのような非難を信じた人がいるのかを調べてみましょう。周囲の人が噂の発生源を明かそうとしない場合は、他に話ができそうな人がいないか尋ねてみましょう。
    • 話している相手にあなたを助ける気持ちがない場合、あなたが無実であると仮定してもらったうえで、助言を求めてみましょう。「無実だとしたら、どうしたらよいと思うか」という点を尋ねてみましょう。
    • 全貌が明らかにならないこともあります。その時は、さらに追及して蒸し返すのではなく噂が静まるのを待ちましょう。
  4. 4
    助けを求める 友人や信頼のおける同僚に気にかかる噂があることを打ち明け、あなたの味方になってくれるよう相談してみましょう。広いつながりを既に築けていれば、これ以降あなたが自己弁護をする必要はないかもしれません。
    • 噂が悪意ではなく軽はずみな憶測や誤解に基づくものである場合は、むしろ声を上げてもらい、事実無根の噂を断ち切る助けになってもらうようお願いしましょう。
  5. 5
    許す 悪意に満ちているように思える噂の多くが間違いや誤解に基づくものだということを忘れないようにしましょう。[2]腹を立てたり報復を試みたりしてはいけません。こうした難しい状況下における行動は、下手をすると噂以上に周囲の厳しい目にさらされることもあります。
    • 自分から根拠のない批判を流布し応酬しないよう注意しましょう。このような行動をとると、事実を伝えているという立場が崩れてしまいます。
  6. 6
    人間関係の再構築に努める 根拠のない誹謗中傷は後を引きます。人間関係が崩れる恐れもあります。家族や友人と率直かつ寛容な姿勢で会話をし、深刻な亀裂が生じてしまった場合はカウンセリングを受けましょう。[3]
    • 新たな交友関係を築きたいのであれば、新しい趣味を見つけましょう。ボランティア活動、何らかの講座の受講、「ミートアップ」への参加などを通して共通の関心事がある人と知り合いましょう。[4]
  7. 7
    自分に再投資する 誹謗中傷を受けると自尊心が傷つきます。健全な自尊心は現実に基づいて築くものだということを忘れないようにしましょう。[5] これには自分で自分のケアをしっかりと行うことが大切です。運動を欠かさず、バランスの良い食事を心がけましょう。自宅を快適に美しく保ち、気分が良くなる服を身にまといましょう。[6]
    • 「みんな私のことを気にかけてくれている」、「私には誇れる実績がある」と繰り返し唱え、誹謗中傷による心の傷から立ち直っていきましょう。[7]
    広告

パート 2 の 3:
人事部の調査に対応する

  1. 1
    協力する 人事部の調査対象になってしまった場合、雇用する側としては職務、そして場合によっては法令を順守するためにも[8] 告発されている内容を調査する責任があるということを理解しましょう。この調査に協力的な姿勢を見せれば、件の告発の人格に関する非難の信ぴょう性を低くできるかもしれません。
  2. 2
    事実を述べる 何が起きたのか(起こらなかったのか)を調査担当者に明確に伝えましょう。それを裏付ける証拠もあれば提示しましょう。[9]
  3. 3
    質問をする できる限り多くの詳細を入手しましょう。この調査が進むにつれて次にどのようなことが起こるのか質問しましょう。また、自分自身の勤務姿勢で改めるべき点があるかどうかも尋ねてみましょう。調査が完了した際にどのように連絡が届くのか、誰から伝えられるのか、またいつ頃になるのかも確認しておきましょう。
    • 開示されていない情報がある場合は「〇〇について何か教えていただけることはありませんか」と聞いてみましょう。
    • 調査担当者の名前と連絡先を確保しましょう。
    • この調査について話すことが許されている人物についても確認しましょう。
  4. 4
    自分の権利について確認する 誹謗中傷にもかかわらず告発内容が受理され、戦わなければならないこともあります。こうした告発は何事もなく終わることもありますが、昇進が白紙になったり、停職や解雇といった処分を受けた場合の準備もしておきましょう。落ち着きを保ち包み隠さず、上司等の担当者と話し合いを行いましょう。
    • 根拠が無く、証明が不可能な告発であっても、必ずしも法的に守られるわけではありません。正当な理由なく解雇されたと思えば、労働組合か弁護士などの代理人を通して、もしくは個人での交渉が必要になります。[10]
    • 犯罪を犯した場合のみ解雇されるという旨が契約書に明記されていたり、差別を受けたと確信がある場合は、不当解雇として訴えることができます。[11]
    広告

パート 3 の 3:
書面で一般に公開された誹謗中傷に対応する

  1. 1
    自分の権利を知る 出版物やオンライン媒体に公開されたり、テレビ、ラジオ、あるいは会話において公開された誹謗中傷は「名誉棄損」と呼ばれます。金銭的な余裕があれば弁護士に相談しましょう。一定の条件がそろえば訴えることも可能です。[12]
    • 全ての場合において名誉棄損を訴えることができるわけではありません。特定の個人を断定できない場合、公の場においてあなたの人格が既に批判されている場合、告発内容を肯定するような発言をしている場合、著名人である場合、あるいは、あなたについて不利な発言をしている人物が元の雇用主等の関係者である場合は、名誉棄損として成立しない場合があります。[13]
  2. 2
    反論を発表する 安全に行えるのであれば、告発内容を無効にしたり自分に有利な流れに変えるためにも反論を発表しましょう。あなたに関する案件を追っているメディアのレポーターや出版社に連絡をし、根拠のない告発内容を取り下げるか、あなたの立場からの反論も発表するよう求めましょう。
    • 犯罪行為を告発されている場合は、何らかの意見表明をすると記録として残るので、事前に弁護士に相談しましょう。[14]
  3. 3
    静まるのを待つ あなたの側からの反応が少ないほど良いでしょう。弁護士に相談し、それほど深刻でない案件であれば一度公式に見解を発表したあとは、他に出来ることはありません。このような名誉棄損が生じる度に応じていると、必要以上に話が大きくなってしまう恐れがあります。
  4. 4
    自分に関する前向きな情報を提供する 告発に関わる動きが静まったようであれば、自分の名前をインターネットで調べ、検索結果を見てみましょう。トップの結果がいまだに告発に関連するものである場合は、自分に関する新しい情報を提供しましょう。事件と無関係のテーマの執筆や動画制作をしてみましょう。自分が日々楽しんでいるものに関するウェブサイトを立ち上げたり、職務経歴を更新しても良いでしょう。
    • こうした新しく前向きな情報を友人や家族にも見せ、検索結果の印象を改善していきましょう。
    広告

注意事項

  • 誹謗中傷の被害に度々遭っていると自分では確信しているのに、周囲の人の意見が異なる場合は、認知症や妄想症である可能性もあります。このような懸念がある場合や、親しい人が心配している場合は医療の専門家の診断を受けましょう。
広告

関連記事

How to

ソシオパスかどうかを見抜く

How to

恋人からの信頼を取り戻す

How to

すぐに涙を出す

How to

他者に依存しない

How to

相手が自分を本当に好きかを知る

How to

復讐する

How to

キスが上手になる

How to

泣いている人を慰める

How to

女性をその気にさせる

How to

敬意を持って人に接する

How to

相手に嫌われていないかを判断する

How to

友達がゲイかどうか見分ける

How to

男性からの好意に気付く

How to

落ち込んでいる友達を励ます
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む14人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 349 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告