豚肉に火が通ったか確認する方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム

具合が悪くなるのを避けるためにも、豚肉はしっかりと火を通す必要があります。一般的に、豚肉は63℃、豚挽き肉の場合は71℃になるまで加熱しなければなりません。温度計を使うと、調理しながら簡単に温度を把握することができます。温度計がなくても、豚肉に火が通ったか確認する方法がいくつかあるので紹介します。

方法 1 の 3:
刺したまま調理できる温度計を使う

  1. 1
    豚肉の厚さが少なくとも3 cmはあるようにしましょう。温度計のプローブを刺したまま調理できるほどの厚さがないといけないため、豚肉の部位によっては肉に刺したまま調理できる温度計は使えないでしょう。3 cm以上の厚さがある肉なら問題ありません。[1]
    • 薄切り肉は温度計を刺したまま調理できません。
    • リブやベーコンは温度計を刺すには厚さが足りないでしょう。
  2. 2
    調理する豚肉を準備します。刺したまま調理できる温度計を刺す前に、豚肉を塩水に漬け込むなど下ごしらえを済ませておきましょう。[2]
    • 先に温度計を刺しても問題ありませんが、肉の下処理をする際に邪魔になる可能性があります。
  3. 3
    肉の最も厚さがある部位に温度計を刺します。適切な温度に到達するのに最も時間がかかるのは中心部なので、中心部に温度計を刺しましょう。[3]
    • きちんと温度が測れない可能性があるので、骨がない場所に温度計を刺します。
    • 豚肉の厚さが3 cmもないなら、横から温度計を刺しましょう。厚さが3 cm以上の豚肉なら、上から刺すのが最も簡単です。
  4. 4
    温度計の測定値が60℃になるまで待ちましょう。アメリカ合衆国農務省の基準では、安全に食べることができる豚肉の温度は63~71℃です。ただし、豚肉が63℃より何℃か低い状態でオーブンから出すと焼きすぎを防ぐことができます。[4]
    • オーブンで調理した場合でもスロークッカーで調理した場合でも、豚肉の内部温度は調理器具から取り出した後も上がり続けます。
    • 内部温度が少なくとも63℃になっていない豚肉は決して食べてはいけません。
    • 豚挽き肉なら、63℃ではなく最低でも71℃になっている必要があります。
  5. 5
    オーブンから豚肉を取り出して休ませましょう。推奨されている温度より何℃か低い状態で豚肉を取り出しても、肉の外側の熱が中まで広がるため、オーブンから取り出した後も内部の温度が上がります。[5]
    • 厚みのある豚肉(3 cm以上)は食べる前に15分間休ませます。それより薄い肉ならもっと短い時間でも問題ないでしょう。
    • 食卓に出す前に必ず温度計の測定値が63℃以上になっているか確認しましょう。なっていない場合は、さらに加熱する必要があります。
    広告

方法 2 の 3:
定期的に温度計を刺して火の通り具合を調べる

  1. 1
    温度計を手元に準備して豚肉を調理しましょう。定期的に温度を測る温度計は、肉に刺したまま調理するものではありません。その代わりに、定期的に温度計のプローブを豚肉に刺して温度を測る必要があります。[6]
    • この温度計は刺したまま調理できる温度計とは違って、温度を確認する度に刺して、測定が終わったら抜かなければなりません。
    • 表面温度を調べる温度計は肉の内部温度が測れないので、使わないようにしましょう。
  2. 2
    定期的に豚肉をオーブンから取り出して温度を測りましょう。肉の温度を測るためにオーブンから天板を取り出すのがめんどうで、中に入れたまま測りたいかもしれませが、オーブンの中が大変熱くなっているので安全ではありません。[7]
    • オーブンを使用していない場合でも、豚肉の温度を測る際は必ず調理器具から取り出して測りましょう。
    • 豚肉の温度をフライパンやオーブンの中に入れたまま測ると、きちんと温度が測れない可能性があります。
  3. 3
    豚肉の中心部に温度計を刺します。刺したまま調理できる温度計と同じように、肉の最も厚さがある部位に温度計を刺しましょう。きちんと測れない可能性があるので、骨がある部位は避けます。[8]
    • 肉の厚さが3 cmもないなら、温度計のプローブを上から刺さずに横から水平に刺しましょう。
    • 必ず温度計を抜いてから豚肉を調理器具に戻しましょう。
  4. 4
    豚肉の温度が60℃になるまでオーブンで焼きます。レシピに沿って調理している場合は、豚肉を調理する時間が明示されているかもしれませんが、目安の時間を鵜呑みにしてはいけません。定期的に豚肉を確認して、少なくとも60℃になるまで加熱しましょう。豚挽き肉の場合は最低でも71℃になるまで加熱します。[9]
    • 豚肉は火から下した後も予熱で火が通るということを覚えておきましょう。
  5. 5
    豚肉をオーブンから取り出して休ませましょう。豚肉が望ましい内部温度より3℃ほど低い状態になったら、火から下して数分休ませてから食卓に出しましょう。内部温度が少なくとも63℃にならないといけないので、見張って確かめるようにしましょう。[10]
    • 内部温度が63℃なら「レア」なので、さらに火を通すのも良いでしょう。
    • 一般的に、内部温度が71℃ならウェルダンです。
    • 豚挽き肉は調理後休ませる必要はありません。
    広告

方法 3 の 3:
温度計を使わずに火の通り具合を調べる

  1. 1
    肉汁が透明か確認します。豚肉に火が通ったか確認するには温度計を使うのが最も良いものの、ナイフかフォークで豚肉を刺した時に出る肉汁の色から火の通り具合を調べることもできます。[11]
    • 豚肉の肉汁が透明かほんのりピンク色なら、豚肉に火が通っている証拠です。
    • 肉汁が透明ではない場合は、さらに加熱して再度確認しましょう。
  2. 2
    長いナイフを使って豚肉の内側がまだ硬いか確認しましょう。スロークッカーで豚肉を調理する場合は、肉が好みの柔らかさになるかなり前に必要な内部温度になるはずです。長いナイフか串で豚肉の中心部に穴をあけて肉の硬さを見てみましょう。[12]
    • ナイフか串を簡単に出し入れできるなら、豚肉が中心部まで柔らかくなっているでしょう。
    • 硬い感じがするなら、さらに火を通して数分後再度試します。
  3. 3
    豚肉を切って肉の色を確認しましょう。温度計が使えない薄い豚肉の場合は、火が通ったか確認するには切ってみるしかないかもしれません。最も厚さがある部位に切り込みを入れ、ナイフとフォークで引き離して中の色を確認しましょう。[13]
    • 豚肉は火が通ったら、不透明(色の濃淡がない状態)になり少しピンク色に発色する場合があります。
    • 薄く切ったベーコンなどとても薄い豚肉の場合は、切ることなく確認できます。
  4. 4
    豚肉の硬さと手のひらの硬さを比べてみましょう。ポークチャップやステーキ用の厚みのあるロース肉の場合は、トングか指で強く押してみると火の通り具合がわかります。きちんと火が通った豚肉なら硬く感じるはずですし、指を離したらすぐ元の形に戻るはずです。豚肉に火が通っているなら、開いた手のひらの中心部くらいの硬さになっているでしょう。[14]
    • 豚肉に火が通っている場合は、透明な肉汁が出ます。
    • 触った時に豚肉が柔らかい場合は、さらに火を通す必要があります。
    広告

ポイント

  • 豚肉は63℃になったら「レア」、66℃~68℃になったら「ミディアム」、そして71℃になったら「ウェルダン」です。
  • 生焼けの豚肉や生の豚肉を触った後は必ず手を洗いましょう。
  • 肉の内部温度を最も正確に測りたい場合は、デジタル温度計を使いましょう。

広告

必要なもの

  • 肉に刺したまま調理する温度計か定期的に刺して測る温度計
  • オーブンミトン
  • 天板またはフライパン
  • ナイフまたは串

このwikiHow記事について

共著:
wikiHowスタッフ編集者
この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。
カテゴリ: 肉・加工肉・デリ
このページは 860 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告