PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

誰も負け犬にはなりたくないものです。とは言え、僅かな時間を費やし努力をすれば、負け犬になることはありません。これまでの人生に終止符を打ち、「変わる!」と決意さえすれば、誰でも簡単に、今すぐ負け犬人生から脱却することができます。人から「負け犬」などと呼ばれることはありません。そんなくだらないことは無視して、幸福感に満ちた最高の自分になることを目指して努力すれば、必ず勝者になれます。さっそくステップ1から読んで実践に移しましょう。

方法 1 の 3:
自分の人生に責任を持つ

  1. 1
    自分を大切にする 自分を改善できることがひとつだけしかないとすれば、「自分を大切にすること」を目標にしましょう。自分に価値を理解し、自分を尊重することができていると、それは周りにも確実に伝わります。自分を大切にする人は、常に陽気にはしゃいでいるとは限りませんが、自尊心と自信が滲み出ていて、自分を負け犬だなどと考えていないことは明らかです。まず、自分の長所や、立派だと思える所を考えましょう。得意なことや、どのように自分の時間を楽しんでいるかを考えましょう。自分だけの強みや才能が理解できると、自分を大切にしやすくなり、自分を蔑もうとする人たちが気にならなくなります。[1]
    • 気分が落ち込んで、自分の素晴らしい点が見つけられない場合は、次の方法を試しましょう。紙の真ん中に縦に直線を引きます。線の左側上部に「長所」と、右側上部に「短所」とタイトルを書き、自分の長所と短所をそれぞれ、各タイトルの下に書き出します。「短所」1つにつき、「長所」を2つ書きましょう。「長所」の列に書ききれなくなった時点でやめて、内容を確認します。長所が短所を遥かに凌いでいるのが分かります。
  2. 2
    趣味や興味ごとに時間を使う 好きなことに時間を使う人は、簡単に自分を好きになれます。自尊心や自信を高めるには、趣味や興味ごとを楽しみ、満足感を味わうのが一番です。まだ、そのような習慣がないなら、毎日または毎週、僅かな時間を割いて、前向きな気持ちになれる、楽しいことを実践しましょう。仲間と一緒に楽しめれば、さらに効果的です。一緒に楽しめる友達がいると、趣味が「単なる楽しみ」から「またすぐに挑戦したいもの」に変わります。
    • このアドバイスは、職場や学校が理想的な場所でない場合に特に有効です。好きになれる仕事を探したり、学校で新しい友達グループを見つけるのは難しいかもしれません。しかし、例えば、音楽が好きなら、毎晩ピアノの練習に少しの時間を割くのは、それ程難しいことではないでしょう。
    • 長く挑戦し続けて行くとスキルが向上する活動を考えましょう。テレビを見たり、ゲームをしたりするのは楽しいことですが、自己改善を目指すのであれば、役立つ活動とは言えません。
  3. 3
    常に活発に動く 信じられないかもしれませんが、体のケアの仕方によって、精神状態が大きく変化すると言われています。運動によってエンドルフィンと呼ばれる化学物質が脳内で分泌され、ポジティブで明るい気分になることは、科学的に証明されています。頻繁に僅かな時間を見つけては運動に勤しむことで、心身ともにリラックスでき、自信も湧き、元気な自分が感じられるようになります。運動はまた、うつ病の治療に役立つことが知られています。以上の効果を全て考慮すれば、運動は、全体的に気分を高めるための素晴らしい手段だと言えます。[2]
    • はっきり言うと、幸せになるためにプロのアスリートのような体になる必要はありません。フィットネスの必要量は人によって異なりますが、アメリカ疾病予防管理センターは、成人の場合、(強度に応じて)週に1時間15分から2時間半の有酸素運動に加えて、週に2〜3日の筋力トレーニングを目標に運動することを推奨しています。[3]
  4. 4
    職場や学校で一生懸命励む 個人的な目標や専門的な目標の達成に抜きん出ているなら、自分に満足するのは非常に簡単なことでしょう。苦もなく贅沢な暮らしが送れる幸運な星の下に生まれた人でない限り、誰もが何らかの義務(大抵は仕事や学校)を果たさなければなりません。やるべきことにひたむきに取り組み、自分に課せられた責任や義務を果たしましょう。その姿勢は、良い自己イメージを作るのに役立つだけでなく、昇進や良い成績などに繋がる可能性があり、結果的に自尊心を高めることができます。ただ、満足感を得たいからと、全てを「死に物狂いで」行う必要はありません(数時間多く働こうとして、第一子の誕生に立ち会えないなど)。しかし、大切なのは、何事にも努力を惜しまず、素晴らしい業績を収めることを習慣にすることです。
    • 最近失業してしまったとしても、恥だと思ってはいけません。より良い仕事を探すことに邁進しましょう。「仕事を見つけることが『仕事』だ」という古い諺があります。
    • 短絡的な楽しみのために、仕事や学校を蔑ろにすることを勧める人たちには注意しましょう。楽しむ時間を多少設けるのは良いことですが、その場限りのドキドキ感を得たいがために、常に自分に課せられた責任を放棄する人は、まさに「負け犬」そのものです。
  5. 5
    努めて社交的になる 人は社会的な生き物です。私たちは、人との交流を避けては生きられません。実際、引きこもり状態は、うつ病の最も一般的な兆候の1つだとみなされています。最近、落ち込んでいるなと感じたら、しばらく会っていない友人や家族に連絡してみましょう。悲観的な考えを払拭し、健全な精神状態を取り戻すのにとても良い方法です。身近な人と楽しい午後を1回過ごすだけで、人生観を完全に変えることができます。[4]
    • 落ち込んだ時に立ち直るには、友達と一緒に過ごすのが最も良い方法ですが、友達に、不平不満を延々とこぼすのは避けましょう。良心的な友人なら、友達の抱えている深刻な問題について喜んで相談に乗ってくれますが、常に文句や負の感情の吐口にされては、相手は疲弊してしまいます。代わりに、家族や自分をよく知る教師、上司、近所の人など信頼できる模範的な人、またはプロのカウンセラーに相談しましょう。
  6. 6
    将来計画を立てる 長期的に課せられた責任をきちんと整理できている人は、明日起こるかもしれない問題をあまり気にする必要がないので、不安なく瞬間瞬間を楽しむことができます。仕事に就いているなら、退職に備えて早めに貯蓄を開始しましょう。最初は僅かな金額しか貯蓄できなくても、貯金をして後悔することは絶対にありません(貯蓄についての詳細は、貯金する方法を参照しましょう)。学生なら、次なる目標として、高等教育を受けるべきか就職するべきかを考えましょう。「卒業後もさらに学業を進めるべきか、それとも仕事を探すべきか」と自問してみましょう。[5]
    • どうすべきか分かっている場合は、行きたい学校や就きたい仕事を探し始めましょう。将来計画を立てるのに早過ぎることは決してありません。気が変わったら、いつでも変更できる利点もあります。
  7. 7
    良い人たちと交流する 付き合う人たちによって、人の性格や人生観は変わります。人生の優先事項を変えたり、その人がいなければ出会うことがなかった人や物事との出会いをもたらしたりして、大抵の場合、友達は人生を豊かにしてくれます。しかし、目標も趣味もなく、人生に対して悲観的な考えを持つ人と交流し続ければ、何が重要かの判断が鈍ってしまう場合があるでしょう。時間を無駄に使っているのではないかと、少しでも疑念を抱くことがあれば、人生の優先順位が整理できるまで、彼らとの付き合いを制限しましょう。物事が整理できた瞬間に、ネガティブ思考の人たちと付き合うことに興味がなくなるかもしれません。判断がつきにくい場合は、その人たちのあまり建設的ではない態度や考え方を探してみましょう。[6]
    • 否定的な自己イメージを持っている(例:「なぜ私(僕)は全てのことがきちんとできないんだろう?」といったコメントをする)
    • 相手を否定的に見る(例:「うーん、またヘマしたね」などと否定的なコメントを相手に発する)
    • 趣味や興味ごとがない
    • 趣味と言えば、薬物使用や責任逃れすることばかりに集中している
    • ダラダラした生活習慣(例:長時間ソファで過ごしたり、テレビばかり見ている)が変えられない
    • 目標や進むべき道を設定していない
  8. 8
    自分を嫌う人の言葉に耳を貸さない どうでもいい人からの言葉をいちいち気にするほど、人生は長くはありません。誰かに言われたことで自信喪失しているとしたら、そんなことを受け入れる必要はありません。その代わり、その発言によって自分がどんな気持ちになるかを相手に知らせましょう。「いい加減にしてくれないかな。意地悪はよして!」と簡単に言うだけで、ほとんどの場合、相手のネガティブ発言が不快だと相手に伝えることができます。それでも相手の態度が変わらないなら、付き合いをやめましょう。もちろん、結婚式や誕生日パーティーなどに招待されたら、礼儀として出席しなければなりませんが、それ以外で、嫌いな人でも付き合わなければならない、と義務感を抱いてはいけません。
    • 他人の否定的なコメントを重要視する必要はありませんが、人のアドバイスを完全に無視してもいけません。尊敬する知り合いが自分に対して懸念を示したら、真摯に聴きましょう。根拠に基づいた正当なアドバイスではないかもしれませんが、自己改善のためのヒントがあるかもしれません。それを見極める唯一の方法は、話を聴くことです。
    広告

方法 2 の 3:
交流の場で立ち居振る舞いを極める

  1. 1
    自分の能力に自信を持つ 自分を負け犬だと思っているほとんどの人が、公の場所での立居振る舞いを改善するために唯一できることは、自信を高めることです。これは、自尊心を持つことにも関係します。どんな状況も怖くはない、自分は知らない人とでも楽しく過ごすのに必要なスキルを持っている、と信じていると、それが現実のものとなりやすいのです。自信を高める方法をインターネットで検索しましょう。wikiHow(ウィキハウ)記事「自信をつける方法」を始め、他にもたくさんあります。以下は、最も一般的な自信の高め方です。
    • 次の社交行事で楽しく過ごしている自分を数分間、想像しましょう。どんな言葉を発しているか、どんなことをしているかを想像し、実際の場面ではそのイメージを指針として振る舞いましょう。
    • 人前で失敗したら、それを教訓として役立てましょう。
    • 行事に参加する前に「元気づけ」として、刺激的な、または高揚感のある音楽を聴きましょう。
    • ネガティブな事ばかりを想像してはいけません。心配せずに、人前に出ていきましょう。
    • 「起こりうる最悪の事態は何だろう」と考えてみましょう。大抵の場合、「あまりない」というのが答えです。
  2. 2
    ポジティブに考える 他人を当てにせず自分の責任で幸せを求めるなら、どんな行事に参加しても、嫌な目に合うのではないかと心配する必要はないでしょう。恐怖感をもたらす場所に行かなければならない時は、前向きに考えるよう心がけましょう。上手く行かないシナリオばかりを想定してはいけません。全て上手く行く、と考えましょう。出会う人々、良い印象を与えている自分、楽しく過ごす自分などを想像しましょう。不運な目に合わない限り、実際、自分が想像する楽しいシナリオが現実化するものです。恥ずかしい思いをしたり、満足できないまま終わってしまうことは稀です。
  3. 3
    相手について尋ねる 交流の場で話すことが何も思いつかない時は、相手について尋ねてみるのが大抵の場合賢明でしょう。相手の話に興味があることを示すことができ、会話がテンポよく楽しい雰囲気で続くでしょう。話を聞きながら、「そうなの?」「なるほど」「本当に?」などと軽い相槌を打ち、相手の話を遮らずに最後まで聞きましょう。[7]
    • 個人的なことを聞きたくなるかもしれませんが、ある程度親しくまるまでは、質問は相手が楽しく答えられるものに限定しましょう。パーティーで初めて会った人には、「どちらのご出身ですか?」「大学では何を勉強しましたか?」「新作の映画、見ましたか?」などが無難な質問でしょう。「収入は税抜きでおいくらですか?」「お母さんとの関係はいいですか?」「パーティーで初めて会った人にキスをしたことありますか?」などの質問は避けましょう。
  4. 4
    自分の好き嫌いについて堂々と話す 交流の場で周りに「溶け込む」には、自分について嘘をつかなければ、などと感じる必要はありません。礼儀正しく友好的である限り、話している相手の言うこと全てに同意する必要はありません。相手に敬意を示しつつ、堂々と反対意見を述べられる姿勢には、相手を尊重しているからこそ、正直な気持ち伝えたい、という気持ちが表れます。逆に、同意ばかりしていると、相手のご機嫌取りをしていると思われる可能性があります。
    • 実際、友好的に議論したり異なる意見が言い合えると、会話が大いに盛り上がります。盛り上がったら、その明るく楽しい雰囲気を維持しましょう。自分の主張の正当性を証明するために、相手を侮辱したり個人攻撃をしたりなど、卑劣な行為に走ってはいけません。正しい論理で自分の正当性を証明できない場合は、正しくない可能性があることを忘れてはいけません。
  5. 5
    自分について深い話をしない 会話が楽しく進んでいると、深刻な話題を持ち出して相手の反応を聞きたいという衝動に駆られる場合があります。しかし、ある程度親しくなるまでは、その衝動を抑えるようにしましょう。あまりにも深刻な問題、または感情が絡む問題を話題として取り上げると、会話の勢いが失われ、やり取りがぎこちなくなったり、強制的に話題を変えないといけないというムードが漂う可能性があります。以下は、親しいというよりは、あまりよく知らない人、また、初めて会った人との会話で避けるべき話題の例です。
    • 自分の感情に関する問題
    • 人間関係の問題
    • 最近の個人的な喪失
    • 憂鬱な出来事(人の死、大虐殺など)
    • 過度に下品な話題(いかがわしい冗談など)
  6. 6
    話し相手は自分と同じ人間だと肝に銘じる 交流の場に出て行くのに不安がある場合には、どんなに威圧的な人と会話をすることになっても、相手は自分と同じ人間だ、ということを心に刻んでおきましょう。その相手も、自分と同様に希望や夢、恐怖や短所、その他色々な感情や思考を持っています。ですから相手が完璧だと思って怯む必要はありません。これは、話し相手の会話能力に関わらず覚えておきましょう。会話に長けている人もあれば、そうでない人もあります。ですから、自分の会話の運び方がぎこちないと思っても、自分を責める必要はありません。
    • 覚えておきましょう。1日を振り返り、話し相手がどれ程かっこよく、冷静だったと思えても、翌朝相手は、いつもの様に片足ずつズボンに足を通して身支度をします。相手が完璧すぎて怖いと思ったら、例えば、下着のままでいる姿、靴下を買うシーン、ポテトチップでお腹を満たしてテレビを見ているシーンなど、相手の何気ない日常の1シーンを想像しましょう。
  7. 7
    リラックスする 緊張しやすい交流の場でリラックスするのは、非常に難しいことですが、その場を上手に切り抜ける一番簡単な方法です。リラックスできれば、交流の場でのほとんど「全て」のことが、簡単に実践できます。ユーモアを自由自在に放つことができ、自然に話題が浮かび、緊張せずに人に話しかけられます。落ち着けるよう個人的に行っている習慣や特別な方法があるなら、緊張しやすい交流の場に向かう前に、それらを実践しましょう。きっと役に立つでしょう。
    • 人はそれぞれ異なりますが、ほとんどの人に効果的なテクニックがいくつかあります。例えば、本番前の数分間瞑想を行うと、かなりリラックスできると実感する人がたくさんいます。他には、運動したり、心休まる音楽を聴いたりするとリラックスできる人もいます。
    • 詳しくは、リラックスする方法を参照しましょう。
    広告

方法 3 の 3:
恋の相手を求めてアクションを起こす

  1. 1
    積極的にパートナーを探す 1日中自宅で静かに過ごしているだけで、パートナーを見つけられる人はいません。恋の相手を見つけ恋愛関係を築くには、危険を冒して外の世界に飛び出す必要があります。つまり、自分の世界を離れて、人と出会う可能性の高い場所で行動を起こさなければなりません。自分1人で挑戦する必要はありません。友達を説得して一緒に出かけることができれば、新しい人に会えなくても、話し相手は常に側にいます。
    • 人に出会う方法は、数えきれない程あります。バー、クラブ、パーティーに繰り出すなど、極当たり前に考えつく方法もありますが、そうでないものもあります。例えば、読書クラブやロック・クライミングのイベントを主催したり、友達に彼ら自身の「友達」を集まりに連れてくるよう依頼するなど、新たな人と出会える素晴らしい方法はいろいろとあります。創造力を働かせましょう。たくさんの人が参加できるイベントが思いつけば、新しい人との出会いが簡単に叶います。
    • とにかく、要するに、新しい人に出会う唯一の方法は、交流の場所に出かけて行き、参加者と一緒に何かをすることです。慣れ親しんだ場所や状況で新しい人に出会う機会がなければ、出会えるまで、色々な場所に出かけたり活動に参加したりしましょう。
  2. 2
    ためらうことなく人に話しかける デートに誘う時は、決断力と自然な態度が鍵です。ほとんどの人が、思いを寄せる相手に話しかけると考えただけで緊張してしまいます。しかし、デートの誘いに良い返事をもらう秘訣は、自然で、かつ決断力のある行動を取ることです。同じ空間にいる誰かに魅力を感じたら、歩み寄って会話を始めましょう。これは非常に自信に満ちた行動で、多くの人に魅力的に映ります。
    • 完璧なアプローチの方法を色々と考えて、尻込みしたり時間を無駄にしてはいけません。ためらうことなくアプローチをかければ、常に成功するとは限りませんが、反対の態度を取るよりも成功の可能性は高くなります。また、思い通りにいかないとしても、より多くの人と出会うことができます。
  3. 3
    また会いたい、という気持ちを率直に伝える 初めて会った人にときめいたら、その人を逃がしてはいけません。もう一度会いたいという気持ちを率直に伝えましょう。99.9% の場合、最悪の展開は「ごめんなさい」と断られることだけです。しかし、思いを伝えなければ、100%の確率で後悔するでしょう。
    • この時点ではまだ、ロマンチックなデートを計画して誘う必要はありません。「ねえ、今度、ボーリングに行くんだけれど、一緒にいかない?」などと気軽に声をかけるだけで十分です。相手に少しでも興味があれば、「オーケー」と返事をするか、都合が悪い場合は、行けない理由と、次回を楽しみに待つという気持ちを込めて「ノー」と伝えるか、のどちらかです。
  4. 4
    必死感を出さない 必死な態度に出るのは、大きな間違いです。あまりにベタベタしたり、急いだりすることほど、嫌がられることはありません。相手の「ノー」を冷静に受け止められないような人になってはいけません。話したくない、あるいは、一緒に出かけたくないと思われたとしても問題はありません。相手もあなたと同じく、選択の自由を持つ人間なのです。話題を切り替えるか、気にせずその場を離れましょう。断られた後で、必死に相手の気持ちを自分に向けようとしてはいけません。絶対に上手く行くことはなく、双方ともに気まずい思いをします。[8]
    • 断られても落胆しないようにするには、まだ想いが成就していない相手だと考え、感情を100%注がないことが大切です。そうすれば、仮に「ノー」と言われても、大した問題ではありません。女性(男性)は一人だけではないのです。
  5. 5
    見せたいように自分を見せる 出会いの場所に行く際、身なりに過度に執着するのは避けましょう。衛生面や身だしなみの基本に十分に気をつけることは言うまでもなく当然ですが、型式ばらない会合であれば、必要最低限の身だしなみ以外に意識を向けるかどうかは、あなたの判断です。自信に満ちたかっこいい自分を出せると思う服を選びましょう。鏡の自分が、上品でお洒落、または、礼儀正しい人に映ったら、恋の相手に自信を持ってアプローチをかけるのは簡単です。[9]
    • ただし、フォーマル及びセミフォーマルな会合に参加する場合は例外です。結婚式や、高級レストランなどの特定の場所やイベントでは、服装の規定があります。フォーマルな催し物に、過度にカジュアルな服装で出席するのは失礼だと見られる場合があるため、確信が持てない場合は、事前に主催者に連絡して、ドレスコードを確認しましょう。
  6. 6
    誠実な態度で接する ほとんどの場合、人は相手の嘘を高い確率で見破ることができます。ですから、恋愛関係を築きたい人との会話で嘘をついてはいけません。誠実な態度で接することが常に最善策です。恋愛関係を築きたいと思いアプローチした相手に、大袈裟で、明らかに嘘だと分かる褒め言葉を使ったり、自信過剰な、または傲慢な人物のふりをして強烈な印象を与えようとしてはいけません。本性はいつか現れます。その瞬間、相手に驚かれないように、最初からあるがままの自分で接しましょう。
    • 加えて、不誠実な態度でアプローチをかけるのは失礼です。 「自分に近づきたいがために、相手が嘘をついたとしたら、その行為を嬉しく思うだろうか、困るだろうか」と自問しましょう。
  7. 7
    デートの計画を立てる 頻繁に出かけるようになり、相手に強い魅力を感じ始めたら、長く待たずに相手をデートに誘いましょう。さもなければ、気持ちを伝えるタイミングを逃してしまいます。デートの誘いは派手にする必要はありませんが、多少の計画を立てておく必要があります。そうすれば、色々なことが一度に達成できます。例えば、思いを伝える前によく考えたこと、自信があること、楽しみ方を知っていることなどを相手に示すことができます。何の計画もなしにデートに誘うと、不器用さが露呈してしまうでしょう。事前に計画を立てて、そうなるのを避けましょう。次に、素晴らしい初デートのアイディアをいくつか紹介しましょう。
    • 風光明媚な場所へハイキングに行く(または、GPSとインターネットを利用した宝探しゲーム、ジオキャッシングにチャレンジする)
    • 一緒にアート作品を作る(絵を描く、陶芸など)
    • 自然公園や果樹園で果物摘みをする
    • ビーチに出かける
    • 競争し合えるスポーツをする(危険だと感じる場合は、サバイバルゲームに似たスポーツ競技のペイントボールなどを試す)
    • 典型的なデートプランではあっても、映画館は避ける(デートを何回か重ねた後での映画は素晴らしいデートになるが、最初のデートでは、相手と話ができることが重要)。もしくは、ドライブインシアターへ行くか、自宅でDVDなどを見る。
    広告

ポイント

  • したいことが上手にできるようになる方法について専門家からのアドバイスを知りたい場合は、wikiHow記事を参考にしましょう。
  • 私たちは皆、自分が描く人間になりたいと思っています。なり得る最高の自分になるよう努力しましょう。生活をシンプル化して、大いに楽しみましょう。
広告

注意事項

  • 何も考えずに人の後を追うのはやめましょう。自分らしく行動し、なりたい自分になりましょう。つまり、グループの皆が聴いているから、私(僕)も流行りの音楽を聴こう、という考えの下に行動しないことが大切です。
  • 失敗しても落胆してはいけません。自身の改善に取り組む努力をしましょう。
広告

関連記事

壁の向こう側の会話を聞き取る壁の向こう側の会話を聞き取る
ソシオパスかどうかを見抜くソシオパスかどうかを見抜く
げっぷするげっぷする
すぐに涙を出すすぐに涙を出す
キスが上手になるキスが上手になる
復讐する復讐する
他者に依存しない他者に依存しない
友達がゲイかどうか見分ける友達がゲイかどうか見分ける
笑ってはいけない時に笑いを止める笑ってはいけない時に笑いを止める
恋人からの信頼を取り戻す恋人からの信頼を取り戻す
泣いている人を慰める泣いている人を慰める
恋に落ちたか判断する恋に落ちたか判断する
彼女が浮気をしているか知る彼女が浮気をしているか知る
自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する自分の前で緊張する男性が自分に好意を持っているかを判断する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む65人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 人間関係
このページは 514 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告