手持ちの服をグレードアップする準備はできていますか?きちんとおしゃれをする人は自信に満ち、活動的に見えます。自分自身でもそのように感じるでしょう。予算額の大小に関わらず、自分の外見を改善する対策を講じることは可能です。 注)この記事は、基本的に女性のおしゃれについて書かれています。

パート 1 の 3:
自分を引き立てる服装を知る

  1. 1
    体に合うことを重要視しましょう。服が体に合っていないと、どんなに素敵でファッショナブルな服でも、おしゃれには見えません。身体にぴったりし過ぎる服は安っぽく、太って見えます。大きすぎる服はだらしなく見えます。
    • 着られるというだけでは、必ずしもきちんと体に合っているとは言えません。
    • 体にフィットする度合いは、その服のデザインにもよります。例えば、多くの場合、アーバンスタイルと呼ばれる都会的な男性向けのファッションでは、保守的なカーキパンツに比べて、かなりルーズフィットの仕立てです。
    • 多くの場合、女性は上半身と下半身のサイズが異なるため、ワンピースをぴったり合わせるのは簡単ではありません。立っても座ってもネックラインがぴったり体に沿っていれば大丈夫です。縫い目はすべて真っすぐで、平らでなくてはなりません(意図的にそうならないデザインを除く)。生地が胸やお尻で引っ張られたり、しわになってはいけません。衣服は体にぴったり合っているべきですが、きつすぎてはいけません。[1]
    • 最近体重の増減があった人は、手持ちの服を見直しましょう。体型に合わなくなったものは処分するか買い替えましょう。
  2. 2
    人の体の形はまちまちですが、女性の体型は概ね、リンゴ型、洋ナシ型、バナナ型、砂時計型に分類できます。
    • リンゴ型:体の中央部にボリュームがあります。この体型の人は、Aラインのワンピースなど、ウエストを強調せずにバストと脚を強調する服が最もよく似合います。
    • 洋ナシ型:上半身が細く、下半身(お尻や腿)にボリュームがあります。Aラインのワンピース、もしくはトップスを重ね着し、シンプルで濃い色のボトムスを合わせたスタイルなどが良いでしょう。
    • バナナ型:上半身も下半身もやせ型で、大抵の服がよく似合います。曲線を作る服を着ることで、体型を強調することができます。フレアパンツ、シンチウエスト、テーパードジャケットなどが適しています。
    • 砂時計型:ウエストが細く、バストとヒップにボリュームがあります。体にフィットした仕立てのアイテムやラップドレスがよく似合います。
  3. 3
    自分に一番似合う色を把握しましょう。手首の内側の血管の色を見ましょう。緑色ですか、青色でしょうか?[2]
    • 血管が緑がかって見える人は、イエローベースの肌色です。暖色系がよく似合います。 オフホワイト、赤、黄色、オレンジ、茶色、黄色がかった緑や青を試しましょう。パステルカラーは避けましょう。
    • 血管が青っぽい人は、ピンクベースの肌の持ち主です。寒色系の色が似合います。 白、パステルカラー、ジュエルトーンのような色調が良いでしょう。
    • よくわからない場合は、中間色を選びましょう。黒、グレー、茶色などはほぼ誰にでも似合います。ポップで明るい色を差し色として使いましょう。例えば、明るいブルーのネックレスや深紅のベルトなどをポイントにして個性を表現します。
  4. 4
    気になる部分には適切な対応をしましょう。自分の体に、あまり人に見せたくない部分がある女性は少なくありません。ファッションモデルですら、そんな部分があるものです。また、職場や学校に服装規定がある人や、控えめな服装を好む人は、目立たせたくない部分に視線を持ってこないアイテムを買いましょう。例えば、脚を見せたくない人はミニスカートは避けましょう。
  5. 5
    流行りのスタイルにとらわれず、シンプルで上品なクラシックスタイルを選びましょう。自分の体型に合い、魅力的で、長所を目立たせる服を着ましょう。 現在の流行のファッションにもこのようなものはありますが、流行を追わない方が賢明な場合もあります。ファッション雑誌を飾る最新流行の色、カット、スタイルを無理に着てみても、おしゃれにはなれません。自分に最も合う服装を選びましょう。
    • しかし、ぜひ冒険はしてみましょう!意外にも新しいスタイルがとてもよく似合うかもしれません。
    • ファッション雑誌の内容を鵜呑みにしないように注意しましょう。よくあることですが、ファッション雑誌の記事は実際には流行のおしゃれの「報道」ではなく、特定の服、ブランドなどの「売り込み」の場合もあります。
    • また、ファッションには地域性があります。台湾で流行っているスタイルが、ブラジルでおしゃれに見えるとは限りません。
  6. 6
    着心地の良さを重視しましょう。どんなに素敵に見せようと努力しても、靴が痛すぎてよろめく、服がきつすぎて絶え間なく体を動かす、服を引っ張るなどしていては台無しです。 見た目も着心地も素晴らしい服を選びましょう。
  7. 7
    服の手入れをしましょう。正しく洗濯をするには、かならず服のラベルを読み、使用上の注意を守りましょう。そうすると長い間服を美しく着ることができます。
    • 必要があれば服にアイロンをかけましょう。しわしわの服ではおしゃれには見えません。
    広告

パート 2 の 3:
個性的なスタイルを開発する

  1. 1
    自分を表現しましょう。自分だけの特別なおしゃれを楽しみましょう。女の子らしい女性であれば、毎日ワンピースを着ても構いません。活発なタイプならジーンズを選びましょう。お嬢様風のタイプならそのような服を、ボヘミアン(自由人)ならボヘミアンテイストの服を選びます。本人の個性によく合ったファッションが人を引き付けます。
  2. 2
    アクセサリーで個性を表現しましょう。自分に最も似合うスタイルがはっきりしたら、自分の個性を表現する面白いアイテムでファッションをグレードアップしてみましょう。
    • 明るい色が好きなら、ぜひ身に着けてみましょう!チャコールグレイのスカートとクリーム色のトップスは職場にも着ていける素敵なコーディネートですが、そこに真っ赤なパンプスと多色使いのブレスレットを合わせてみましょう。
    • 大胆なアクセサリーが好きな人は、毎日人目を引くものを身につけましょう!大きなフープイヤリングは、ジーンズとTシャツといったシンプルな装いでもワンポイントのおしゃれになります。ステートメントネックレス(大ぶりで存在感のあるネックレス)は、つけるだけで仕事用の服がゴージャスに早変わりします。
  3. 3
    ファッション雑誌やアパレル系のウェブサイトを見ましょう。その目的は、気に入ったスタイルを見つけて真似をすることではありません。雑誌やウェブサイトの膨大な数のスタイルの中から、参考になるスタイルを探し出すことです。好みのスタイルや色が定着していれば、何を探せば良いかがわかるでしょう。気に入ったものがあれば、自分の体型と似合う色に合わせてアレンジするだけです。
  4. 4
    生活のいろいろな場面で定番スタイルを取り入れましょう。体型に合い、自分のスタイルに合う服のレパートリーがあると、非常に便利です。仕事用、週末用、ドレスアップ用、など様々な場面に合う必要な服のコーディネートを定期的に決めておきましょう。そうすれば、どんな場にも自信をもって参加できます。
  5. 5
    年相応の服装をしましょう。あまりに大人っぽい服装や幼過ぎるスタイルは不適切に見えます。実年齢がいくつであれ、受け入れましょう!大人っぽく、あるいは若く見せようとするのではなく、自分が最も素敵に見える服装を心がけましょう。
  6. 6
    計算の上で冒険をしましょう。一度に派手な柄や色をいくつも取り入れたコーディネートはおしゃれとは言えません。しかし、新しいことや変わったことに挑戦するのは良いことです。 賢いおしゃれのポイントは、自信をもって服を着こなすことです。
    • 例えば、派手なヒョウ柄のブラウスの上に黒いカーディガンを羽織るなど、中間色にアニマル柄のアイテムを一つだけ取り入れてみましょう。
    • または、流行の冒険的なアイテムを一つ、取り入れるのも良いでしょう。しかしそれ以外の部分は比較的地味に抑えましょう。ファッションショーで見かけた大きな肩パッドが気に入ったなら、挑戦してみましょう!その場合、細身で中間色のボトムスと組み合わせ、大ぶりのアクセサリーは避けます。[3]
    広告

パート 3 の 3:
手持ちの服を一新する

  1. 1
    クローゼットの断捨離をしましょう。サイズが合わないもの、2年間袖を通していないもの、状態の悪いものは処分します。断捨離をすることで、新しく、もっと利用機会のあるアイテムのための場所ができます。
    • 不要な衣服をゴミに出してはいけません。慈善団体に寄付したり、友達や親戚にあげましょう。状態のいいものは売ることも考えましょう。
  2. 2
    自分に必要なものを把握しましょう。断捨離が済んだら、残ったアイテムを調べて、足りないものを調べます。何が必要かは個別のライフスタイルにもよりますが、一般的には、以下のものがあると良いでしょう。
    • ブラウスとカジュアルなシャツ 数枚 
    • ボタンダウンのシャツ 数枚 
    • プルオーバーセーター 数枚 
    • パンツ(少なくともジーンズ1本とズボン1本)
    • カジュアルなワンピース数枚  
    • カジュアルなスカート数枚  
    • 冬用の上着 1枚(寒冷地ならば極寒用も1枚)
    • セミフォーマルもしくはフォーマルなワンピース(少なくとも1,2枚)
    • 靴(運動用1足、カジュアル、ビジネス、ドレスアップ用少なくとも各1,2足)
  3. 3
    買い物の作戦を立てましょう。必要なものがわかったら、買い物の時間です!しかし、とりあえずデパートに駆け込むのはいけません。まずは人気のあるオンラインショップで下調べをすると時間を節約できます。あるショップのサイトで気に入ったものが見つからなければ、次のショップを探します。自分のライフスタイルに合う店でショッピングをして、時間を節約しましょう。
  4. 4
    できるだけ試着をしましょう。いい服があればそのままオンラインで注文したくなりますが、同じ服がありそうな店に出向き、試着をしたほうが良い買い物ができる確率が高いでしょう。服のサイズはメーカーによってかなり異なるため、実際に着てみないことには自分に合うかどうかを確かめるのは困難です。
  5. 5
    お金を賢く使いましょう。予算があまりない場合は、低価格のショップからサーチを始めましょう。仕立てが良く、体型に合っていれば、それほど高いものを買う理由はありません。とはいえ、販売中の服の中で一番安い服が必ずしも気に入るわけではないでしょう。また、買った服が2週間でよれよれになったり、洗濯中にバラバラになってしまっては、お買い得とは言えません。[4]
    • さらにオンラインサーチをして、セール中のショップを狙います。お得な価格でより高級な服を購入できます。
    • 仕事用の上品なペンシルスカートやクラシックな黒いワンピースなど、利用価値の高い主要アイテム数点には投資しましょう。長くは着られない流行のアイテムに費やす金額は少なく抑えましょう。
    • 買い物をする時には、ためらわずに比較しましょう。購入前に、オンラインショップで同じアイテムを安く売っていないかをチェックしましょう。
    広告

ポイント

  • 何を着たらよいかわからない場合は、仲の良い友達や親戚に相談しましょう。あなたのことを最もよく知っている人なら、何があなたに一番似合うかを知っているはずです。
  • 自分自身に満足しましょう。そうすれば、見た目に関わりなく、内面からにじみ出る自信と美しさが輝きます。

広告

関連記事

How to

アロエベラジェルでニキビを消す

How to

靴の音鳴りを止める

How to

生理を早める

How to

洗濯機で衣類を縮める

How to

縮んだ服を伸ばす

How to

防犯タグを外す

How to

速くヒゲを生やす

How to

そばかすを消す

How to

髪に付いたガムを取る

How to

お酒の臭いを消す

How to

革に付いた油染みを落とす

How to

えくぼを自然に作る

How to

ドライヤーなしで髪の毛を素早く乾かす

How to

タトゥーシールをはがす
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む19人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
このページは 977 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告