赤ちゃんの歯ぐずりに対処する方法

共同執筆者 Laura Marusinec, MD

この記事には:家庭で歯ぐずりの手当てをする医学的な手当てをする歯が生えてきたら20 出典

歯が生え始める時期に赤ちゃんが泣いたりぐずったりする「歯ぐずり」は、正常な発達の一段階です。歯の生え始めの痛みや不快感は、赤ちゃんにとってストレスになります。歯の生え始めによる痛みを緩和するには、家庭でできる対処法や医療機関の受診など、様々な方法があります。

パート 1
家庭で歯ぐずりの手当てをする

  1. 1
    清潔な指で赤ちゃんの歯茎をこする 歯の生え始めには、軽く圧力をかけるだけで痛みが和らぐことがあります。手をよく洗い、赤ちゃんの歯茎を押さえます。直接指で触るのに抵抗がある場合は、湿らせたガーゼを使っても良いでしょう。[1]
  2. 2
    口の中を冷やす 赤ちゃんの口の中を冷やすことで、歯の生え始めに伴う痛みを抑えることができます。赤ちゃんの歯茎や口の中を冷やすのに、様々なものを使うことができます。
    • タオル、スプーン、歯がためを少し冷やして与え、赤ちゃんの不快感を和らげましょう。[2]
    • 冷やしたものは効果的ですが、凍ったものは赤ちゃんにとって良くありません。極端に低温のものに触れることは、赤ちゃんの口と歯茎には有害です。スプーンや歯がためは、冷凍庫ではなく冷蔵庫で冷やしましょう。[3]
  3. 3
    歯がためアイテムを購入する 歯がため用のおもちゃはオンラインや地域のドラッグストアなどで購入できます。昔からある歯がためリングは、歯茎がむずむずする時に赤ちゃんが噛むためのプラスチック製の小さなおもちゃです。また、歯がため用の便利なミニ毛布も市販されています。振動して歯茎をマッサージするタイプの歯がためを使えば、歯が生える時の不快感をさらに緩和できます。[4]
  4. 4
    硬い食べ物を与える 固形食を食べられる赤ちゃんであれば、硬めの食品を与えるのも効果的です。皮をむいたキュウリ、ニンジン、歯固めビスケットなどの硬いものを噛ませると、その圧力で痛みを緩和できます。[5]
    • 硬い食べ物を与える場合は、のどに食べ物が詰まらないように、赤ちゃんから目を離さないように気を付けるか、専用の離乳食フィーダーを使用しましょう。[6]
  5. 5
    よだれが出たらすぐに拭く 歯の生え始めの時期の赤ちゃんは、よだれがたくさん出ます。垂れたよだれが赤ちゃんの口の周りで乾くと、肌の炎症を引き起こすことがあります。よだれが垂れているのを見かけたら、清潔なタオルで拭き取ってあげましょう。[7]
    • 赤ちゃんの口の周りに、水ベースかクリームベースのローションを塗ってあげてもよいでしょう。よだれによる皮膚の乾燥を防ぎます。[8]
    • よだれかぶれが起こったら、赤ちゃんが眠っている間にシーツの下に布を敷きましょう。また、就寝前に、赤ちゃんの口の周りや頬にベビーローションや軟膏を塗ってあげましょう。[9]
    • 日常的によだれが出る場合は、よだれを受け止めるよだれかけを着用させましょう。

パート 2
医学的な手当てをする

  1. 1
    市販薬を試してみる 家庭での治療に効果が見られず、あまりにも痛そうであれば、市販の鎮静剤を与えると良いかもしれません。
    • 歯ぐずりの赤ちゃんにはアセトアミノフェンが効果的です。まず小児科医に使用量と安全上の注意を尋ね、処方してもらうのが良いでしょう。[10]
    • ベンゾカイン(一般的な痛み止め)を含む薬剤を与えることは避けましょう。まれに、血中酸素量が低下する、重篤な症状を引き起こすことがあります。[11]
    • 歯ぐずりがひどい場合は、赤ちゃんに薬を与える前に小児科を受診し、痛みのもとが生えかけの歯であって、耳の感染症などの病気によるものではないことを確認してもらいましょう。[12]
  2. 2
    ティージングジェル(欧米で赤ちゃんの歯ぐずりに使われるホメオパシー薬のジェル)を使う 今までの対処法で効果が見られない場合、日本でもティージングジェルがオンラインで手に入ります。たいていのジェルには、局部的な消毒剤や麻酔薬が含まれます。赤ちゃん専用の、糖分を含まないものを選びましょう。多くの場合、ジェルは赤ちゃんの唾液で洗い流されるため、その効果は長持ちしません。ジェルを使う前に、医師に相談しましょう。[13]
    • ベンゾカインを含むジェルは使用を避けましょう。また、定められた用量以上のティージングジェルを与えてはいけません。
  3. 3
    ホメオパシーを試す時は注意する 赤ちゃんの歯ぐずりにホメオパシー療法を用いる人もいます。こういった治療には比較的害がないとされるものもありますが、その効果を証明する科学的な根拠はほとんどありません。ある種のホメオパシーは赤ちゃんに害になる場合があります。
    • ホメオパシーの粉末薬は欧米では多くの薬局で市販されていますが、砂糖が含まれないものなら比較的安全と言えます。しかし、その効果に関する証拠の多くはあくまで事例報告です。赤ちゃんの歯ぐずりに何をしても効果がない場合にホメオパシーを試してみるのも手ですが、必ず効くという保証はありません。[14]
    • 欧米では、琥珀から放出されるわずかな脂分が赤ちゃんの歯の生えかけの痛みに効くとして、歯ぐずり対策用の琥珀のブレスレットやネックレスが市販されています。ただし、この方法には細心の注意が必要です。赤ちゃんが噛んだり吸ったりすると、ブレスレットやネックレスのビーズが外れて喉に詰まる危険性があります。また、琥珀が歯ぐずりの緩和に効果があるという科学的な根拠はありません。[15]
  4. 4
    医師に相談するタイミングを知る 歯ぐずりは赤ちゃんの成長と発達における正常な一段階です。基本的に、医師の助けを借りずに家庭で対処できます。しかし、発熱がある、非常に不快そうであるといった場合は、感染症や何らかの疾病の可能性もあります。なるべく早く小児科を受診しましょう。[16]

パート 3
歯が生えてきたら

  1. 1
    歯科を受診させる 赤ちゃんの最初の歯が生えたら、歯科を受診しましょう。最初の歯が生えてから6か月以内、1歳の誕生日までの受診が望ましいと言えます。歯科医が、赤ちゃんの歯がきちんと正常に生えてきているかをチェックしてくれます。[17]
  2. 2
    生えたばかりの歯のケアをする 赤ちゃんの歯が生えてきたら、適切なケアをしてあげましょう。赤ちゃんの全般的な健康には、歯と歯茎の健康も重要です。
    • 清潔なガーゼを湿らせて、毎日赤ちゃんの歯茎を磨いてあげましょう。雑菌の繁殖を抑えます。[18]
    • 最初の歯が生えてきたら、赤ちゃん用の柔らかい歯ブラシを使用します。子供が歯磨き粉を吐き出せるようになるのは3歳頃です。それまでは赤ちゃんや子供用のフッ素入り歯磨き粉をごく少量(米粒程度の大きさ)だけ使用します。[19]
  3. 3
    健康的な食生活で赤ちゃんの虫歯を予防する 赤ちゃんが固形物を食べられるようになってきたら、身体に良い、糖分の少ない食べ物を与えます。ものを食べたら、必ず歯を磨いてあげましょう。夜の授乳は最小限に抑え、夜間に哺乳瓶を吸わせておいたり、哺乳瓶でジュースや糖分の多い飲み物を与えることは避けましょう。[20]

ポイント

  • 辛抱強く対処しましょう。歯ぐずり期の赤ちゃんの世話は大変ですが、歯ぐずりは一時的な現象にすぎないことを覚えておきましょう。
  • 赤ちゃんをなだめるのに、はちみつを与えてはいけません。 はちみつには赤ちゃんの脆弱な免疫では防ぎきれない細菌が含まれています。

出典

  1. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/infant-and-toddler-health/in-depth/teething/art-20046378?pg=1
  2. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/infant-and-toddler-health/in-depth/teething/art-20046378?pg=1
  3. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/infant-and-toddler-health/in-depth/teething/art-20046378?pg=1
  4. http://www.babycenter.com/0_parents-say-teething-solutions_11957.bc
  5. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/infant-and-toddler-health/in-depth/teething/art-20046378?pg=1
  6. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/infant-and-toddler-health/in-depth/teething/art-20046378?pg=1
  7. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/infant-and-toddler-health/in-depth/teething/art-20046378?pg=1
  8. http://www.mayoclinic.org/healthy-lifestyle/infant-and-toddler-health/in-depth/teething/art-20046378?pg=1
  9. http://www.parenting.com/article/what-can-i-do-about-my-babys-drool-rash
続きを 表示する… (11)

記事の情報

wikiHow共著者の一人、Laura Marusinec, MDがこの記事を共著しています。wikiHow共著者は、可能な限り正確でわかりやすい記事を提供するため、wikiHow編集者と緊密に協力しあっています。

カテゴリ: 子供

他言語版:

English: Soothe a Teething Baby, Français: soulager un bébé qui fait ses dents, Italiano: Dare Sollievo a un Bimbo in Dentizione, Español: calmar a un bebé al que le están saliendo los dientes, Português: Aliviar a Dor dos Primeiros Dentes do Bebê, Deutsch: Ein zahnendes Baby beruhigen, Русский: успокоить малыша, у которого режутся зубки, العربية: تخفيف آلام التسنين عند الطفل, Bahasa Indonesia: Menyamankan Tumbuh Gigi pada Bayi, Tiếng Việt: Chăm sóc trẻ đang mọc răng

このページは 1,272 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?