赤ちゃんの健やかな心身発達のためにはスキンシップが欠かせません。赤ちゃんにマッサージをすると免疫力の向上、筋肉の成長促進、ストレス軽減につながります。赤ちゃんとの絆を深め、お互いにリラックスができる環境を整えるためにマッサージはとても優れた方法です。マッサージの方法やタイミングを学び、マッサージの効果を最大限に引き出しましょう。

パート 1 の 3:
パート1: 効果的なマッサージを行う

  1. 1
    赤ちゃんに快適な環境を整えましょう。マッサージは暖かく薄暗い部屋で行うようにします。マッサージは赤ちゃんの洋服を脱がして行うので、部屋の温度を下げすぎないことが大切です。床や安全で平らなところに柔らかいタオルやブランケットを敷き、その上に赤ちゃんを仰向けにして寝かせます。優しい音楽を流しながら行うのもよいでしょう。
    • マッサージの際は、赤ちゃんが着用しているものを全て脱がして行っても、万が一に備えてオムツだけ着用したままでも構いません。赤ちゃんにとって快適な方を選んであげましょう。
    • スムーズに入眠できるようにお昼寝前にマッサージを行いたい場合は、子ども部屋でマッサージを行った方がよいでしょう。そうすれば、マッサージ中に赤ちゃんが寝てもベビーベッドに赤ちゃんを簡単に移動させることができます。
  2. 2
    食用油を使いましょう。マッサージにオイルを使用したい場合、オリーブオイルやアボカドオイル、または他の食用油を使用すれば、指を口元に持っていくことが多い赤ちゃんでも安心です。消化できずに胃を傷める可能性がある鉱物油(ミネラルオイル)など、食用油以外の使用は避けましょう。
    • ピーナッツオイル、アーモンドオイルなど一般的にアレルギー反応を起こしやすい食品が原料である油の使用は避けましょう。
    • オイルが冷たい場合はオイルを両手に取ってこすり、温めてから赤ちゃんの体につけましょう。
  3. 3
    やさしくこする動きのマッサージをしましょう。大人をマッサージする時と同じ力加減でマッサージしないようにしましょう。指を使ってやさしくマッサージを行います。決して強く押したり、揉んだりしてはいけません。赤ちゃんに行うマッサージは、大人のように筋肉のこぶや内部組織を刺激するためのものではありません。むしろ、円を描くように赤ちゃんの皮膚をやさしく刺激するためのものです。
    • 赤ちゃんの背中、腹部、手、脚、頭、首をマッサージしましょう。全身どこをマッサージする時にもやさしく行います。
    • 赤ちゃんの成長に伴い、少しずつマッサージの強度を上げることができます。幼児は新生児より少し力を入れてマッサージしても問題ありません。
  4. 4
    一定方向にマッサージしましょう。一般的なマッサージは、心臓から離れる方向に向かって肌をマッサージします。このマッサージには身体を鎮める作用があるため、赤ちゃんを早く眠らせるために有効なテクニックです。逆に心臓方向へのマッサージもできますが、これには刺激効果があることを心に留めておきましょう。赤ちゃんを活発にさせたいときは心臓に向かってマッサージをします。
    • 時間によってマッサージする方向を選びましょう。赤ちゃんが遊んでいる時に刺激するマッサージを行えば、赤ちゃんはもっと楽しく遊べるかもしれません。しかし就寝前に刺激するマッサージをすると、おそらく望んでいた効果が得られないでしょう。
    • 心臓から離れる方向へのマッサージは、ぐずる赤ちゃんを落ち着かせる優れた方法です。
  5. 5
    乳搾りのようなマッサージをしてみましょう。これは赤ちゃんの腕や脚をマッサージする時に有効な方法です。赤ちゃんの腕や脚をつかむように、親指と人差し指で軽く円またはCの形を作ります。乳搾りをするようにそれぞれの手足の先に向かってやさしくマッサージし、これを数回繰り返します。
    • 決して強く握りすぎず、四肢をひねらないようにしましょう。
    • 四肢をそれぞれ同じようにマッサージします。
  6. 6
    転がすようにマッサージをしてみましょう。腕や脚を「転がす」ようにマッサージしてあげると赤ちゃんは喜ぶかもしれません。[1]赤ちゃんの腕や脚の上でこねたパン生地を広げるように、やさしく両手を同時に転がします。赤ちゃんの下に敷いてあるタオルやブランケットの上で腕や脚を前後にゆすり、それぞれの四肢でこの動作を繰り返します。
  7. 7
    マッサージをしている時は、赤ちゃんをくすぐってはいけません。マッサージはリラックスするために行いますが、くすぐると赤ちゃんをイライラさせることにもなりかねません。赤ちゃんにとってマッサージの時間をリラックスして落ち着ける時間にしてあげましょう。赤ちゃんはマッサージがどんなものであるかを知っているはずで、くすぐりは赤ちゃんを驚かせること、または過剰刺激になるかもしれません。
    広告

パート 2 の 3:
パート2: マッサージに最適な時間を選択する

  1. 1
    就寝前にマッサージをしましょう。前述のとおり、マッサージは赤ちゃんを落ち着かせて眠りにつきやすい状態にする優れた方法です。[2]決まった時間にマッサージを行うと就寝時刻の良い習慣ができます。毎晩の入浴や他の日課に続く就寝前の決まりごとの一つとしてマッサージを行うと良いでしょう。マッサージは就寝予定時刻の約30分前から始めるようにします。
  2. 2
    赤ちゃんがぐずっている時にマッサージをしましょう。マッサージは赤ちゃんと触れ合うためのとても素晴らしい方法で、日中いつ行っても興奮や動揺を抑える効果を期待できます。赤ちゃんは自分に注目してほしい時に泣き、マッサージをされるとあなたがそばにいると認識できます。特にぐずっている時のマッサージは赤ちゃんを深く落ち着かせる効果があると、多くの親が実感しています。
    • マッサージ中に快適でいられるように、まずは赤ちゃんの他の要求を満たしてあげましょう。赤ちゃんは空腹や疲労など他の理由が原因で泣いているのかもしれません。お腹が空いている状態では、マッサージをしても十分に満足してくれない可能性があります。
    • 食後45分間は空けましょう。食後すぐにマッサージをすると、吐き気を催す場合があります。赤ちゃんは吐きやすく、どんなマッサージの動きも嘔吐の原因となる可能性があります。食べたものが消化できた頃を見計らってからマッサージをしましょう。
  3. 3
    赤ちゃんの気分がのっている時にマッサージをしましょう。赤ちゃんはしばしばマッサージを嫌がる場合があります。マッサージを嫌がるような仕草があれば、マッサージを中断することが大切です。赤ちゃんが泣いて硬直している場合には一度諦め、触れ合いを求めている時にマッサージを行いましょう。
    • マッサージをしている時に赤ちゃんが痛がるようであれば、やさしくマッサージしているかどうかを確認しましょう。マッサージの方法に問題がない場合は、小児科へ連れていき、なぜマッサージを痛がるのか聞いてみると良いかもしれません。
    • 赤ちゃんがマッサージで喜んでいるようであれば、リラックスしてマッサージを受け入れている証拠です。
  4. 4
    マッサージは30分を限度に行いましょう。まずは5分間のマッサージから始めてみましょう。短時間のマッサージから始めると赤ちゃんがマッサージに慣れ、赤ちゃんがマッサージを好んでいると判断できるでしょう。慣れてきたら徐々にマッサージする時間を延ばし、30分程度行いましょう。1日30分程度がマッサージをするのに望ましい時間です。[3]
    • マッサージで得られる効果は無数にあります。赤ちゃんの発育を促し、免疫力を高め、消化器系を健康に保つ効果があります。さらにストレスを軽減して感情の発達を促します。
    • さらに赤ちゃんへのマッサージで、赤ちゃんとの絆を深めることもできます。父親がマッサージをして赤ちゃんとの絆を深めるのも良いでしょう。
    広告

パート 3 の 3:
パート3:部分マッサージを行う

  1. 1
    脚および足全体をマッサージしましょう。親指と人差し指を使って赤ちゃんの太ももを軽く握ります。太ももから足の方に向かってやさしくさすり、足は親指で軽くこすってあげます。つま先を曲げ伸ばします。反対側の脚も同様に行い、同時に赤ちゃんの膝をやさしく曲げ伸ばししましょう。[4]
    • マッサージは体のどの部分から始めても構いません。脚からマッサージを始めると、遊びの時間からリラックスの時間に移行しやすいので、最初に脚および足のマッサージを好む人が多くいます。赤ちゃんはマッサージされると、喜びながら足でキックしたり身をよじったりするかもしれません。
    • 十分にやさしくマッサージすることを忘れないようにしましょう。赤ちゃんの脚を強く引っ張らないように、または膝を強く曲げすぎないようにしましょう。抵抗して脚をまっすぐにしている場合は、無理に脚を曲げないようにします。
  2. 2
    赤ちゃんの胸と腹部をマッサージしましょう。胸と腹部のマッサージは、赤ちゃんを落ち着かせるのに最も効果的な場所です。胸の中心に手を置き、心臓から離れる方向に向かって手で本のページをめくるようにやさしく手で赤ちゃんの肌をなでます。その後、腹部を時計回りにこするようにマッサージします。この動きは消化の経路に似ています。赤ちゃんが落ち着くまでこの部分のマッサージを繰り返しましょう。
    • 遊びの一部としてマッサージする場合は、心臓から離れる方向ではなく心臓に向かって胸をマッサージすると赤ちゃんを刺激することができます。
    • 腹部をマッサージする時に赤ちゃんをくすぐらないように気をつけましょう。
  3. 3
    頭と顔をマッサージしましょう。指を使って円を描くように頭をマッサージします。額から頬にかけて指を歩かせるようになぞり、唇の上は指で笑っている口を描くようになぞります。[5] 目や鼻の付近のマッサージは赤ちゃんが不快に感じるのでやめましょう。
  4. 4
    背中をマッサージしましょう。赤ちゃんをやさしくうつ伏せにします。背中の中心から外側に向かって手でやさしくなでます。大人にマッサージする時のように肩を強くつかんで揉まないようにしましょう。赤ちゃんの肩や腰はやさしく円を描くようにこすりましょう。
    広告

ポイント

  • マッサージ中は、赤ちゃんにやさしく話しかけながら行いましょう。今どんなことをしているのか、または今日の出来事について話すのも良いでしょう。
  • しっかりとやさしくさすりましょう。マッサージは弱すぎると赤ちゃんをくすぐってしまいますが、力を入れ過ぎると赤ちゃんにケガをさせたり不快感を与える恐れがあります。
  • マッサージ中に赤ちゃんがおしっこをしてもすぐに対応できるように、オムツは手元に用意しておきましょう。
  • 新生児はマッサージ中に抱いてもらうことを好みます。このような新生児は、大人が膝を曲げてあぐらをかいて座り、脚と股の間にできたくぼみ、もしくは脚の上に置いてあげると喜ぶ傾向があります。脚を曲げて座る、または脚でひし形を作りましょう。

広告

注意事項

  • マッサージをしている最中に赤ちゃんが泣く、丸くなってマッサージする手を避けようとするなどした場合は途中で中断し、マッサージは別の日に行いましょう。
広告

必要なもの

  • 体を冷やさないためのタオルやブランケット
  • 食用油

関連記事

How to

家庭での陣痛促進

How to

子宮口の開き具合を確認する

How to

子宮内の赤ちゃんの体勢を見分ける

How to

破水させる

How to

肉割れを早く治す

How to

着床出血かどうか判断する

How to

妊娠中に性行為をする

How to

赤ちゃんの分娩を介助する

How to

授乳期に減量する

How to

胎児の心音を聞く

How to

肉割れを薄くする

How to

他人の妊娠を見分ける

How to

妊娠中のむくみを軽減する

How to

流産の症状を知る
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む10人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。 この記事は1,528回アクセスされました。
カテゴリ: 妊娠期
このページは 1,528 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告