赤ちゃんを寝かしつける方法

共同執筆者 wikiHow編集チーム | 23 出典

この記事には:入眠儀式を作る寝かしつける眠らせておく夜泣きに対処する

親になれば誰もが経験する悪夢。それは、あなたと赤ちゃんがどちらも疲れ切っているのに、どうしても赤ちゃんが寝てくれないという状況です。睡眠は心と体の健康に非常に重要で、新生児は1日18時間ほど、1歳児には14時間ほどの睡眠が必要です。[1] 赤ちゃんを寝かしつけるのに苦労しているなら、以下に紹介するヒントや方法を試してみましょう。しかし、頼れるいつもの方法を持っておくこと、また赤ちゃんと家族に合うさまざまな方法に、いつでも順応しようとする心構えでいることも大切です。

パート 1
入眠儀式を作る

  1. 1
    睡眠スケジュールを立てましょう。毎晩の入眠儀式を持つようにすれば赤ちゃんが同じ時間に寝るのに慣れ、寝かしつけやすくなります。自分に合った効果のある方法を見つけましょう。お風呂に入れる、心地のよいパジャマを着せる、本を読み聞かせる、その日最後のミルクを飲ませる、マッサージをするなど、寝る前の赤ちゃんを落ち着かせられることなら何でもかまいません。
    • 毎晩全く同じようにすべての儀式を行う必要はありません。しかし、いつも同じ順番で行うようにします。そうすれば赤ちゃんが順番を認識するようになり、リラックスモードに入る合図となります。[2]
    • 赤ちゃんがまだ小さすぎて理解できないとしても、寝る時間を口に出すようにすると、言葉による合図を認識し始めます。
  2. 2
    ミルクを飲ませましょう。飲み過ぎて気持ち悪くならない程度にミルクを与え、お腹が満たされ満足して眠れるようにします。
  3. 3
    やさしくマッサージをしましょう。寝かしつける前に少しマッサージをします。赤ちゃんの腕、足、お腹、背中をゆっくりと大きく、適度な強さで10~15分間さすりましょう。[3] また、ひまわりやグレープシードなどの、赤ちゃんにもやさしいオイルを使ってみましょう。
    • 顔の他、額、鼻筋、頭をやさしくなでましょう。[4]
  4. 4
    お風呂に入れましょう。温かいお風呂に浸かるのは、大人にも赤ちゃんにもリラックス効果があり、入眠儀式にはうってつけです。赤ちゃんがお風呂に入ると興奮したり、水の中を嫌がったりする場合は、このステップは飛ばしてもよいでしょう。
    • 夜お風呂に入れる時は、おもちゃなどの遊び道具を持ち込まないようにします。お風呂に入るのは、寝る前に静かに落ち着いた時間を過ごすという狙いがあるためです。[5]
  5. 5
    清潔なおむつとパジャマを着せましょう。夜用の厚いおむつを使用して汚物の漏れを防ぎ、真夜中におむつ交換をしなくて済むようにします。赤ちゃんは暑いより涼しい方がよく眠れるため、通気性のよい生地でできた柔らかいパジャマを選びます。毛布は窒息の原因になり得るため、代わりにベビーソックス、ナイトキャップ、スリーパーを使いましょう。[6]
  6. 6
    本を読み聞かせましょう。びっくりさせたり刺激を与えたりしないよう、低くて落ち着いた、単調な声で読むようにします。赤ちゃんもみなそれぞれ違い、刺激に対して異なった反応をします。本を読み聞かせている間赤ちゃんが落ち着かない場合は、次のような方法でなだめてみましょう。
    • 腕で抱くかスリングなどを使って抱っこし、一緒に歩く
    • ゆりかごに入れるか抱っこして、やさしく揺らす
    • 歌を歌う
    • 静かな音楽をかける

パート 2
寝かしつける

  1. 1
    目は開いているけれども眠そうな時は寝かしつけましょう。あくびをする、目がとろんとしている、すすり泣く、拳を握る、目をこするなど、疲れの合図を見分けます。ベッドに寝かせ、自然に眠りに落ちるようにさせれば、赤ちゃんは自らリラックスして寝られるようになります。
    • この時アイコンタクトを控えます。目が合うと赤ちゃんを刺激し、目が覚めてしまうかもしれません。
  2. 2
    仰向けに寝かせましょう。赤ちゃんをうつぶせに寝かせるとSIDS(乳幼児突然死症候群)のリスクが増加するため、いつも仰向けに寝かせるようにします。[7]
    • 赤ちゃんをベッドに寝かせる際は、体に触れてリラックスさせます。お腹、腕、頭にそっと手をあて、あなたがそばいることを分からせ、安心させましょう。[8]
  3. 3
    照明を消しましょう。寝室の照明、ランプ、常夜灯、モニター画面、また人工的に光を発するものすべてを消します。自然光以外の光は、本来の睡眠サイクルを管理する体内時計をくるわせることがあります。
    • 入眠儀式の最中は照明を薄暗くし、赤ちゃんが寝る前に光を浴びないようにしましょう。[9]
    • 夜中じゅう部屋を暗くしておきます。夜に人工的な光を浴びると体内のメラトニン生成が抑制されることがあります。メラトニンは睡眠サイクルを整えているホルモンです。[10]
  4. 4
    夜あなたが寝る前にミルクを飲ませましょう。赤ちゃんが眠っていても夜中にミルクを飲ませると空腹になるのを防ぎ、あと数時間起きずにいてくれるかもしれません。寝ている赤ちゃんはミルクをいつもよりゆっくり飲み、体内にそれほど空気が取り込まれないため、ミルクを飲んで寝たあとや夜中にミルクを飲ませたあとはゲップさせないでおきましょう。ゲップをさせると赤ちゃんが起きてしまい、再び寝かしつけるのが難しくなります。[11]

パート 3
眠らせておく

  1. 1
    ベビーベッドにはものを置かないようにしましょう。毛布、おもちゃ、枕など、すべてをベッドから出します。赤ちゃんの眠気を妨げるだけでなく、窒息やSIDSの原因となることがあるためです。[12]
  2. 2
    おくるみで巻きましょう。赤ちゃんが夜中じゅう寝つきが悪く起きてしまう場合は、おくるみで巻いてみましょう。毛布で丁寧に巻くことで、手足のばたつきを押さえ、目を覚まさないようにします。[13] また体を温かく保ち、安心感を与え、子宮の中の状態を再現します。眠りを促す効果もあるかもしれません。[14] しっかりとくるめば毛布が緩まず、窒息のリスクを回避できます。
    • 生後3カ月以上の赤ちゃんは、寝かしている時に親の目が届かない場合はおくるみで巻かないようにします。このくらいの大きさになると、赤ちゃんは寝がえりをし始めるためです。[15]
  3. 3
    音を立てないようにするのはやめましょう。お母さんの子宮の中で赤ちゃんは24時間ずっと音を聞いています。赤ちゃんのいる部屋で音やホワイトノイズを立てることで、赤ちゃんが子宮で聞いていたような状況を作り出し、[16] 眠りが浅くなったり睡眠時に敏感になったりするのを防ぎます。
  4. 4
    鎮静効果のあるエッセンシャルオイルを使いましょう。生後7カ月以上の赤ちゃんには、ラベンダーやカモミールなどのエッセンシャルオイルを部屋で少量使用し、睡眠を促すリラックス効果のある香りを漂わせます。デフューザーを使うか、オイルを数滴染み込ませたティッシュやタオルをベビーベッドやベビーバスケットのそばに置きましょう。[17]
  5. 5
    部屋からアレルギー源を排除しましょう。起きた時赤ちゃんがうっ血していたり、鼻が詰まっていたりする傾向がある場合、これは特に重要です。赤ちゃんの部屋と家全体をできるだけ清潔にし、湿気をとり、ホコリがないようにしましょう。眠りを妨げる可能性があり、寝室から排除するべきものは次のとおりです。[18]
    • 煙や塗料の臭気
    • ペットのふけ、糸くず、またぬいぐるみや天蓋、カーテンから出るほこり
    • 枕や羽毛布団から出る羽毛
    • バビーパウダー
    • 香水やヘアスプレー
    • 植物

パート 4
夜泣きに対処する

  1. 1
    効率を考え、静かにしましょう。夜遅い時間に赤ちゃんの相手をしてあげると、その後の寝つきがよくなることがあります。しかし逆に、夜中に起きやすくなってしまうこともあります。アイコンタクトを避け、できるだけ小さな声で話しかけたり子守歌を歌ったりしましょう。赤ちゃんのお腹、頭、顔をそっとなで、やさしい声で話します。[19]
    • 赤ちゃんが夜中に起きてしまうのは、お腹が空いたという理由が大半です。一般的に赤ちゃんは1~3時間でお腹が空き、特に新生児は最長でも4時間に1度はミルクを飲ませるようにします。[20]
  2. 2
    照明を消しましょう。赤ちゃんが成長するにつれて、体は明るい・暗いを認識して体内時計の調整を始めます。そのため、夜中に赤ちゃんを寝かしつけようとする際には、照明をつけたり明るい部屋に連れて行ったりするのはやめましょう。
  3. 3
    おむつ交換を控えましょう。おむつが汚れて臭っている時はもちろん交換する必要がありますが、不必要に交換を行うと赤ちゃんが起きてしまい、再度寝かしつけるのが難しくなります。ミルクを飲ませたあと毎回おむつを交換する必要はありません。夜はおむつが汚れた時にだけ替えるようにしましょう。[21]
  4. 4
    おしゃぶりを与えてみましょう。おしゃぶりは赤ちゃんが眠りに落ちやすくなるだけでなく、SIDSを予防する効果もあります。ひもやクリップが付属していないおしゃぶりを使い、窒息や絞首のリスクを防ぎましょう。[22]
  5. 5
    歯が生えてきた合図を見分けましょう。とりわけぐずっている赤ちゃんは歯が生えてきて痛がっていることがあり、これは生後3カ月ころから始まる可能性があります。この痛みによって赤ちゃんが夜ぐっすりと眠れていないと思ったら、赤ちゃん用の痛み止めについて医師に相談してみましょう。歯が生えてきた合図には次のようなものがあります。[23]
    • 過度によだれが出る、または頭部の下のベッドシートが濡れる
    • 歯茎の痛みや腫れ
    • 微熱

注意事項

  • 子どもが喉が渇いて夜中に起きたら、牛乳ではなく水を飲ませましょう。夜に牛乳をたくさん飲むと虫歯になる可能性があります。

出典

  1. http://www.webmd.com/parenting/guide/sleep-children
  2. http://www.babysleepsite.com/baby-sleep-patterns/how-to-put-your-baby-to-sleep-at-night-6-steps/
  3. http://www.parents.com/baby/sleep/tips/best-baby-sleep-tips/
  4. http://www.wahm.com/articles/5-infant-massage-techniques-for-calming-your-baby-1.html
  5. http://www.parenting.com/gallery/baby-sleep-solutions?page=1
  6. http://www.babycenter.com/404_whats-the-best-sleepwear-for-my-baby_7628.bc
  7. http://www.healthychildcare.org/pdf/SIDSparentsafesleep.pdf
  8. http://www.parenting.com/gallery/baby-sleep-solutions?page=7
  9. https://sleepfoundation.org/sleep-news/lights-out-good-nights-sleep/page/0/1
続きを 表示する… (14)

記事の情報

この記事は、経験豊富なwikiHowの編集者と調査員から成るチームによって執筆されています。調査員チームは内容の正確性と網羅性を確認しています。

カテゴリ: 子供

他言語版:

English: Get a Baby to Sleep, Español: hacer que un bebé se duerma, Italiano: Mettere a Dormire un Bambino, Deutsch: Einschlafrituale für dein Baby, Русский: уложить ребенка спать, Français: mettre bébé au lit, Bahasa Indonesia: Menidurkan Bayi

このページは 47 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?