PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

日々育児や家事、仕事に追われる忙しいママのリフレッシュ旅行に、あるいはパパとママそれぞれの実家へと、赤ちゃん連れ旅行のデビューは、いずれもが家族にとって記念すべきイベントです。しかしながら計画を進める中、次第に心配事ばかりが頭を過ぎってしまい、楽しみよりも緊張感に包まれてしまうケースが少なくありません。持ち物は何を準備すべきなのか、移動中に赤ちゃんがぐずり出してしまい、周囲の乗客の迷惑にならないかなど、正しい知識と対処法を確かめておきたいところです。突然抱っこが必要となるかも知れない赤ちゃん連れの場合、手荷物を極力小さくする工夫が欠かせません。移動中の肉体的負担を軽減する意味でも、自分たちの日常における移動スタイルに基づき、旅行期間中に想定されるさまざまな状況に応用できる、必要最小限の持ち物を準備しましょう。[1]

方法 1 の 3:
下調べをし、計画を立てる

  1. 1
    旅行デビューの時期を見極めましょう。赤ちゃんの旅行デビューの時期は、生後4~5ヵ月が最も多く、続いて6~7ヵ月で、これらが全体の過半数を占めているとされています。しかしながら新生児の体格や成長には個人差が大きく、移動距離や移動中の環境から想定される、赤ちゃん自身への心身の負担もそれぞれです。一般的なデータに右へ倣えでデビューの時期を焦ってしまうと、楽しいはずの『旅行』が、が、赤ちゃんだけでなく家族全員にとっても、無用な心身の負担が大きな『移動』となりかねません。過剰に恐れ過ぎず、周囲に後れをとってはならないと焦ることなく、気候など旅行中の環境にも意識を向け、総合的に判断しましょう。[2]
  2. 2
    心配事と向き合いましょう。赤ちゃん連れ旅行に際し、ほぼすべてのママ・パパが覚える不安点を、まずは自身と照らし合わす作業を通じ、何に対してどのように備えるべきかを理解しましょう。ちなみにすべての親に共通する1番の心配事は、赤ちゃんの体調の急変です。出発当日や旅行中の発熱など、予期せぬトラブルの可能性が見過ごせず、普段と違う環境下、食事量や睡眠時間に悪影響が生じないかどうか、不安に感じている親は少なくありません。こうした心配事が自分たち親子に生じることを想定するのは、正直気が重い作業ですが、想定されるアクシデントに対する心構えが大切です。
  3. 3
    旅行先と日数を考えましょう。赤ちゃん連れの旅行の主役はあくまで赤ちゃんですから、赤ちゃん最優先の計画を立てましょう。旅行デビューの行き先として人気が高い『温泉』『パパもしくはママの実家』はいずれも、滞在先でゆっくりできるだけでなく、万一のトラブルにも、周囲の協力を得て対応しやすい環境が魅力です。次に旅行期間ですが、3日間(2泊3日)以下が全体の約7割を占めるとの調査結果が報告されており、赤ちゃんの体調に配慮した短期間の日程を選ぶ人が多いことを示唆しています。中長期間の旅行となれば、現地調達を視野に入れたとしても、必然的に荷物がかさんでしまうことも、短期間の旅行が好まれる理由の1つでしょう。[3]
    • 東京ディズニーランドなどのテーマパークを行き先に挙げる人も多く、その理由として、子供向けキャラクターの存在で赤ちゃんを喜ばせてあげると同時に、自分たちも楽しめるというメリットが考えられます。
    広告

方法 2 の 3:
持ち物を準備する

  1. 1
    健康管理グッズを準備しましょう。ママ・パパを始めとする同行者全員にとって、赤ちゃんの健康管理は最も気になる点であり、落ち度のない準備と対策が望まれます。以下に挙げるアイテムは旅行に際してのみならず、日帰りでの近郊へのお出かけに際しても、状況に応じて忘れず持ち歩きましょう。
    • 保険証・医療証 出先で医療機関を利用する際に必要です。
    • 保湿・日焼け止め・普段使用しているシャンプーなどのスキンケア用品 現地調達できない可能性を視野に入れましょう。
    • 赤ちゃんに処方された薬 必要であれば旅行日数相当分を忘れずに携帯しましょう。
  2. 2
    生活必需品を準備しましょう。旅行先での赤ちゃんの日常生活に必要なアイテムは、敢えてわざわざ新しい物を調達する必要はありません。普段使い慣れているものをきれいに洗浄消毒して持参しましょう。[4]
    • 哺乳瓶および哺乳瓶洗浄グッズ 持ち運び中の万一の破損に備え、予備も持参できると安心です。
    • マグ・水筒 四季を問わず、赤ちゃんには十分な水分補給が不可欠です。宿泊先でドリンクを作って持ち運ぶ際にも応用できます。
    • スプーン・フォークなどお食事セット これらに関してはコンパクトに収納可能な旅行用グッズを購入するのも一案です。衛生面が気になるのであれば使い捨てを選択しましょう。
    • スタイ(よだれかけ) 洗って干せない場合を想定した枚数を持参しましょう。こちらも使い捨てタイプが市販されています。
    • おもちゃ・絵本・お気に入りのグッズ 公共交通機関での移動中など、赤ちゃんが退屈したりぐずり出した際に使いましょう。おもちゃは音が出ないものを選ぶことで、周囲への迷惑に配慮しましょう。お気に入りのハンカチタオルなどのグッズも、赤ちゃんの安心感につながります。
    • 歯ブラシ 意外と忘れがちなアイテムです。かさばらない小さな物なので、使い捨てタイプも選択肢の1つです。
  3. 3
    ママ・パパ(同行する大人)の便利グッズを検討しましょう。自宅近隣での移動とは違い、旅行先では直ぐに取りに帰ることができません。また不慣れな土地や立地条件から、必要が生じたアイテムを必ず調達できるとは限りません、たとえば天候の急変など、出発時には想定外の出来事に対応すべく、応用が利く便利グッズの持参も検討しましょう。[5]
    • 授乳ケープ 土地勘のない場所で急に授乳の必要が生じた際、人目に触れない場所が確保できないリスクが見過ごせません、
    • 抱っこ紐 旅行を続ける中、次第に手荷物の量が増えてしまった、肉体的疲労感が溜まり始めた際に、赤ちゃんを抱っこする以外にも応用できます。
    • レインコート 予期せぬ降雨対策は必須です。
    • ジップのついた小袋 旅行中は時間の経過とともに、持ち物の整理がつかなくなりがちです。小分けにして整理整頓することで、体積を小さくする効果が期待できます。
  4. 4
    荷物を減らす工夫をしましょう。必用と思われる手荷物リストを見れば、どれもこれも外すことができず、持ち運びだけで一苦労の体積に膨れ上がってしまいがちです。ここでポイントとなるのが、以下に着目した『荷物軽減法』の実践です。
    • 1つで複数の役割を果たすアイテムを選ぶ:例えば授乳ケープは寒さ対策の羽織物や、赤ちゃんが眠ってしまった際の布団としての転用が可能です。
    • あらかじめ訪問先へ送付しておく:滞在先がパパやママの実家であれば、宅配便を活用して先に送付しておきましょう。旅館などの宿泊施設も基本対応してくれますが、念のために予約段階で確認の上で送付しましょう。
    • 可能な限り現地調達する:紙おむつ、粉ミルクなどは現地のショッピングセンターでの購入が可能ですが、必ずしもお目当ての銘柄が確保できるとは限らず、割高感が否めません。手荷物を少しでも軽減することを最優先するのであれば、より効果が実感できる方法です。
    広告

方法 3 の 3:
出発に備える

  1. 1
    ポイントを押さえて宿泊先を選びましょう。赤ちゃん連れの旅行を計画する際に、早い段階で必ず実践すべき作業として、赤ちゃん連れで宿泊しやすい施設があるかどうかの確認が必要です。宿泊先の特徴を十分確認せず、インターネットからサクサクと予約してしまった結果、赤ちゃん連れの家族には不向きな雰囲気だった場合、居心地が悪くなるリスクが否めません。さらにはトラブルが生じた際に、十分な対応ができず、問題がより複雑になってしまっては、せっかくの旅行が台無しです。候補に挙げた宿泊予定先に関しては、勢いだけでネットを通じて予約手続きを完了してしまわず、以下に挙げたポイントに着目した確認作業を徹底しましょう。[6]
    • 赤ちゃん連れ宿泊(滞在)の可否 『乳幼児・未就学児おことわり』の表記がない場合でも、施設内の雰囲気や環境が大人に特化していたり、設備や食事が赤ちゃん連れに対応していない可能性があります。赤ちゃん連れであることに遠慮せざるを得ず、リラックスできない宿泊は、なにより赤ちゃん自身のストレスに直結します。赤ちゃん連れの宿泊客を歓迎してくれる宿泊施設を候補に挙げ、そこからの比較検討を通じて絞り込みましょう。
    • キッズルームの有無・赤ちゃんグッズの販売状況 赤ちゃん連れの宿泊客に配慮した、ベビーカーのままで移動しやすい設計で、キッズルームが充実した宿泊先であれば、より快適な滞在時間を楽しめることでしょう。おむつ、粉ミルク、お尻拭きなどの手荷物を最小限にとどめ、万一不足した場合には現地調達できる環境であれば、移動時の負担を軽減できるだけでなく、安心して滞在できます。
    • 宿泊先の貸し出し用品の内容 赤ちゃん連れの宿泊客に、ベビーガード、ベビーベッドを貸し出してくれる、さらにはおまるやベビーバスなどが準備されている施設もあります。また哺乳瓶の消毒や離乳食の準備などにも対応してくれる施設もあり、事前に相談の上でこうしたサービスを活用するのも一案です。
  2. 2
    旅行中の離乳食の作り方を覚えましょう。離乳食期の赤ちゃんの場合、旅行先での急激な環境の変化が食欲に悪影響を及ぼしてしまい、食べなくなってしまう展開がゼロとは言えません。宿泊先で提供された離乳食が口に合わない場合も想定され、旅行先でも普段口にしている離乳食と同じ、もしくは近いものが用意できる環境が望まれます。パパやママの実家に滞在するのであれば、事前に普段食べさせている離乳食の内容を伝え、準備が可能かどうかを相談しておきましょう。ホテルや旅館などが宿泊先となる場合には、調達可能な市販のベビーフードをアレンジすることで、赤ちゃんの口により合うと思われる食事を準備できるよう、基本的なノウハウを確かめておきましょう。[7]
    • 旅先で応急調理の離乳食をいきなり食べさせるのではなく、出発前に家で食卓に出すことで、赤ちゃんの口に合っているかどうかを確かめておきましょう。
    • キッチン付きのコンドミニアム型の宿泊施設を選択することで、離乳食の調理や哺乳瓶の消毒が可能な環境が確保できます。食料を現地調達するのであれば、販売店舗の有無の確認が必要です。
  3. 3
    体調を整え旅行デビュー当日を迎えましょう。切符や宿泊先の予約も整い、手荷物の準備も完了すれば、いよいよ赤ちゃんの記念すべき旅行デビューのカウントダウンです。より良い体調で当日を迎えられるよう、過剰に神経質になり過ぎず、普段通りの穏やかな毎日を心がけましょう。両親も同様に、当日を前に体調を崩さないよう、日々の仕事、家事、育児に勤しみ、全員揃って最高の笑顔と体調で、出発の朝を迎えましょう。
    広告

ポイント

  • 赤ちゃん連れ旅行の主役は、あくまで赤ちゃんです。パパやママが行きたいスポットを最優先するのではなく、赤ちゃんが急激な環境の変化に戸惑わないよう、時間に余裕を持った旅行計画を立てましょう。
  • 赤ちゃん用の持ち物を軽減するポイントは、1つで複数の役割を果たすアイテムの選択、訪問先に事前に送付しておく、使い捨て商品の活用です。
  • 赤ちゃん連れの宿泊客の受け入れ態勢が整った、歓迎姿勢が確認できる宿泊施設を選択しましょう。
  • 旅行先で赤ちゃんの食欲が低下した際の対応策として、現地でより普段の離乳食に近い食事を準備できるよう、市販のベビーフードをアレンジした離乳食の調理法を確かめておきましょう。
広告

注意事項

  • 宿泊先の予約に際しては、最初に目にした限られた情報だけで判断せず、赤ちゃん連れでも快適に宿泊可能な設備やサービスがどの程度整っているのかなどを、事前に直接確認しましょう。
広告

関連記事

タバコを吸う
生理を早める生理を早める
好きになった人が既婚者かどうかを確かめる好きになった人が既婚者かどうかを確かめる
家庭での陣痛促進家庭での陣痛促進
子供にゲームをやめさせる子供にゲームをやめさせる
母乳を自然に止める母乳を自然に止める
子供の自閉症を見分ける子供の自閉症を見分ける
居候している友人や親せきに出て行ってもらう居候している友人や親せきに出て行ってもらう
彼氏がいることを両親に打ち明ける彼氏がいることを両親に打ち明ける
毒親の心理的虐待に対処する毒親の心理的虐待に対処する
自閉症の子供を落ち着かせる自閉症の子供を落ち着かせる
お尻を叩いて叱るお尻を叩いて叱る
母乳の分泌量を増やす母乳の分泌量を増やす
自分の妻が浮気しているか見抜く自分の妻が浮気しているか見抜く
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、著者の皆さんがボランティアで執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 旅行 | 家族
このページは 627 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告