足の爪のカビを酢で治す方法

共同執筆者 Zora Degrandpre, ND

この記事には:爪のカビを酢で治す爪真菌症を予防する爪のカビについて知る16 出典

足の爪のカビ、医学的には「爪真菌症」と呼ばれるものですが、恥ずかしい思いをすることもあり、治すのが難しい症状です。通常は医師が医薬品を使用して治療を行います。軽度から中程度の真菌感染症に酢が効果的だという証明はされていませんが、成功した事例が多くあり、適切に行うとリスクの少ない治療法で、予防的ケアとしても適しています。

1
爪のカビを酢で治す

  1. 1
    酢を用意します。ブランドや種類は問いません。重要なのは、爪のカビを滅ぼす酢のpH値です。[1]
    • 酢と2%の過酸化水素を日替わりで使用する人もいます。[2]
  2. 2
    ネイルファイルと爪切りを用意します。自分で手当てする場合や、医師に処方を受けた治療を行う前に、必ず患部をできるだけ清潔にしましょう。手当てする前に爪を切っておくと薬剤などが爪の深くまで届きやすくなります。 [3]
    • 爪を整えておくと痛みや不快感が軽減します。[4]
    • 爪を短く切りすぎないように気を付けましょう。陥入爪など他の問題を起こす恐れがあります。
    • 使用後のネイルファイルや爪切りはきれいに洗浄しましょう。
  3. 3
    大き目のボウルに酢を入れます。酢と同量のお湯を混ぜます。感染した指先を1日2回を限度に浸します。1回に30分以上浸さないようにしましょう。
    • 患部に直接酢をかけることもできます。
    • 患部が酢に多く触れるほど効果が期待できます。
    • 1~2週間で効果が現れます。
  4. 4
    爪を乾かします。靴下や靴を履く前に爪を完全に乾かしてカビを予防しましょう。湿度を抑えることで、真菌が別の爪に感染するのを防げます。[5]
    • 常に足が乾燥して冷たい状態でいるように努力しましょう。
    • 暖かく湿気があるとカビが繁殖しやすくなります。
  5. 5
    爪を観察します。爪と足を清潔に保つようにします。爪を洗い、均等に短く整えましょう。患部に使用した器具を他の爪に使用する前に消毒すると感染を防ぐことができます。 [6] 感染症の状態を観察して、治療の効果が現れているか確認します。
    • 症状が悪化したら医師の診察を受けましょう。
    • スネークルートエキスやティーツリーオイルを使用することもできます。[7]

2
爪真菌症を予防する

  1. 1
    基本的な衛生と足のケアを心がけましょう。足をケアすると爪真菌症の感染を予防できます。しっかり予防すれば、爪のカビを手当てする必要もありません。[8]
    • 簡単な予防措置で爪の真菌感染を防ぎましょう。
    • 公衆の場所では、サンダルやビーチサンダルを履いて、はだしで歩かないようにします。
    • 毎日足を洗いましょう。
  2. 2
    足を冷たく乾燥した状態に保ちます。靴下や靴で足に過剰な湿気や暖さがあると、カビが繁殖しやすくなります。通気の良い靴下や靴を履きましょう。靴下はカビ胞子の格好の住処になるので、常に清潔な靴下を履くようにします。[9]
    • 足に合った、つま先に余裕のある靴を履きます。
    • 感染した時に履いていた古い靴を捨てましょう。
  3. 3
    水虫は直ちに治します。水虫を放置しておくと、真菌感染が爪にまで広がってしまいます。直ちに水虫の治療をして、爪への感染を防ぎましょう。[10]
    • 軽度の水虫は市販の薬で治療できます。[11]
    • 重症の場合は処方薬のような強い薬が必要です。
    • 迷ったら医師に相談して、適切な薬で治療しましょう。
  4. 4
    爪のケアをします。常に爪を均等に短く整えます。感染した爪と健康な爪にはそれぞれ違う爪切りを使うようにします。爪切りを共用すると、健康な爪に感染を広げてしまいます。[12]
    • 爪を整えておくと爪が割れたり欠けるのを防ぐことができます。
    • 爪切りやネイルファイルを使用したら、洗浄・消毒しましょう。

3
爪のカビについて知る

  1. 1
    症状を知りましょう。初期段階で爪のカビを見つけるのは簡単ではありません。爪のカビについて疑問があれば医師に相談しましょう。爪真菌症によく見られる症状は次の通りです。[13]
    • 爪がもろくなります。
    • 爪の形が変わります。
    • 爪の外側の端がぼろぼろになります。
    • 爪の内側にごみが詰まります。
    • 爪がぐらぐらしたり持ち上がります。
    • 爪表面の光沢や輝きがなくなります。
    • 爪が厚くなります。
    • 白や黄色の縞が爪の側面にできます。
  2. 2
    医師に治療法について相談しましょう。酢で症状を改善できなかったら、医師の診察を受け治療法について相談しましょう。下記の治療法があります。[14]
    • 抗真菌剤の処方による治療(通常は経口)
    • レーザー治療
    • 稀なケースでは、爪を剥がす方法
  3. 3
    治療の過程を理解します。爪のカビが治るのには時間がかかります。根気強く治療を続けることが大切です。[15]
    • 爪が伸びるのには時間がかかります。したがって、治療の効果が目に見えるようになるにも時間がかかるでしょう。
    • 治癒しても再度感染することもあります。

ポイント

  • 健康な新しい爪が伸びるまでに数か月かかります。それまで毎日酢を塗りましょう。
  • 感染した爪にマニキュアなどを塗るのはやめましょう。[16]

注意事項

  • 深刻な爪真菌症は、医療機関での治療が必要です。

必要なもの

  • 酢(メーカーや種類は問いません)
  • ネイルファイルか爪切り

記事の情報

この記事はZora Degrandpre, NDが共著しています。 デグランプリ医師はワシントン州在住の自然療法医です。2007年に自然療法医科大学、「National College of Natural Medicine」にてND(自然療法医師学位)を取得しています。

カテゴリ: 髪とネイル

他言語版:

English: Cure Toenail Fungus with Vinegar, Español: curar los hongos de las uñas de los pies con vinagre, Deutsch: Nagelpilz mit Essig behandeln, Português: Curar Fungos nas Unhas com Vinagre, Italiano: Curare un Fungo all'Unghia del Piede con l'Aceto, Русский: вылечить грибок ногтя уксусом, Français: soigner les mycoses des ongles du pied avec le vinaigre, Bahasa Indonesia: Mengobati Jamur Kuku Kaki dengan Cuka, ไทย: รักษาเชื้อราที่เล็บเท้าด้วยน้ำส้มสายชู, 한국어: 식초로 발톱 무좀 치료하는 방법, Nederlands: Een schimmelnagel genezen met azijn, Tiếng Việt: Chữa Nấm Móng chân bằng Giấm, 中文: 使用醋治疗灰指甲, Čeština: Jak vyléčit plíseň nehtů na nohách octem, العربية: علاج فطريات الأظافر باستخدام الخل

このページは 123 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?