PDF形式でダウンロード PDF形式でダウンロード

車のハンドルは定期的にメンテナンスをしないと、汚れやオイルなどが溜まり、細菌の温床となってしまいます。[1] また、長い間掃除をせずに放っておくと、溜まった汚れなどでハンドルが滑りやすくなるでしょう。ハンドルは身近にある道具やクリーナーで簡単に掃除できます。定期的なメンテナンスや徹底した掃除を行い、車のハンドルをピカピカにしましょう!

方法 1
方法 1 の 2:
日常的に溜まった汚れを落とす

  1. 1
    ハンドルの材質に合わせてクリーナーを選ぶ ハンドルの素材は車によって異なります。最もよく使われているのはフェイクレザーですが、プラスチック製、木製、本革製のハンドルもあります。わからない場合は取扱説明書をチェックし、素材とそれに適したクリーニング方法を確認しましょう。[2]
    • ハンドルにプラスチックまたはフェイクレザーが使われている場合は、万能クリーナーと水を3:1で混ぜたものを用意します。
    • 天然木のハンドルなら、木部用の艶出しクリーナーを使います。ハンドルの木目などで判断しましょう。
    • ハンドルが本革の場合は、レザークリーナーやコンディショナーを使いましょう。フェイクレザーと本革の区別は難しいので、取扱説明書で確認します。
    専門家情報
    Angel Ricardo

    Angel Ricardo

    自動車整備士
    エンジェル・リカルドはカリフォルニア州ベニスに本店を置く移動式カーディテーリング(コーティング・細部洗車)サービス会社「Ricardos Mobile Auto Detail」の経営者です。カーディテーリング業界にて10年以上の経験を持ちますが、カスタマーサービス、そしてディテーリング技術の改善をめざして、現在も定期的に専門講座を受講しています。
    Angel Ricardo
    Angel Ricardo
    自動車整備士

    何を使おうか迷ったらレザークリーナーを選びましょう。レザークリーナーは素材にとても優しく、どんな素材に使ってもダメージが残りません。車内全体の掃除にも使用できるでしょう。

  2. 2
    マイクロファイバータオルにクリーナーをスプレーする スプレーボトル入りのクリーナーではない場合、まずはクリーナーをスプレーボトルに移しましょう。手で触って湿り気を感じる程度になるまで、タオルの中心部にクリーナーを吹き付けます。[3]
    • 後ろにあるダッシュボードにかかる恐れがあるので、クリーナーをハンドルに直接スプレーしないようにしましょう。[4]
  3. 3
    タオルをハンドルに巻き付けるようにしてきれいに磨く ハンドルの上部にタオルをのせたら、タオルを手で包むように持ちます。ハンドルにタオルを巻き付けて、ハンドルの正面側、外側、裏側をすべてきれいにしましょう。ハンドル全体を一周し、汚れが溜まっている箇所もすべて磨いていきます。[5]
    • 磨く際に力を入れすぎないようにしましょう。素材の色が落ちることがあります。[6]
    • ハンドルの中心部の掃除も忘れずに行いましょう。
  4. 4
    湿らせた布でクリーナーを拭き取る 清潔なタオルなどを水で濡らしてよく絞ったら、前のステップで磨いた場所全体の残った汚れやクリーナーを拭き取ります。次の運転の際、化学洗剤に長時間触れるのを防ぎましょう。[7]
    • 掃除に使える余った布やタオルなどがない場合は、ペーパータオルを使いましょう。
  5. 5
    ハンドルをマイクロファイバータオルで乾拭きする ハンドルを水拭きしたらすぐに、乾いたマイクロファイバータオルで水分を拭き取りましょう。ハンドルが乾いたら、ピカピカの新品のような状態になるはずです。[8]
    広告

方法 2
方法 2 の 2:
徹底的に掃除をする

  1. 1
    柔らかいインテリアブラシや歯ブラシで、継ぎ目に入り込んだ汚れを落とす ブラシの先端にクリーナーをスプレーするか、先端をクリーナーに浸し、小さく円を描くようにハンドルをこすりましょう。クリーナーが素材に浸透し泡立ち始めます。汚れが溜まっている部分や継ぎ目部分を重点的にこすりましょう。最後に湿らせた布でクリーナーを拭き取ります。[9]
    • こする際には力を入れすぎないようにしましょう。ハンドルにダメージが残る恐れがあります。
    • ブラシを持っていない場合は、インテリア用のたわしやスポンジを使用しましょう。
  2. 2
    スチームクリーナーがある場合はハンドルの消毒を行う スチームクリーナーに蒸留水を入れスイッチを入れます。一つ穴のノズルをつけてハンドルの表面にスプレーし、マイクロファイバータオルで汚れを拭き取りましょう。ハンドル全体にスプレーして殺菌し、汚れを浮かせます。仕上げにマイクロファイバータオルで乾拭きしましょう。[10]
    • スチームクリーナーはホームセンターやインターネットで購入できます。
  3. 3
    プロの洗車サービスを利用する 車の内と外の洗車を頼めるガソリンスタンドなどが、近所にないか探してみます。そうした場所に車を預けたら、洗車をすべて任せましょう。洗車を担当するスタッフが、車をピカピカにし、車内の匂いも爽やかに仕上げてくれるはずです。もちろんハンドルもきれいになっているでしょう。
    広告

ポイント

  • ハンドルの材質に合ったクリーナーを使用しましょう。
  • ハンドルに皮脂がつかないよう、掃除の際は手袋を装着しましょう。クリーナーに含まれる化学物質が肌に触れるのを防ぐこともできます。
  • 最低でも月に1回はハンドルの掃除を行いましょう。
広告

注意事項

  • クリーナーはハンドルからポタポタ垂れないよう、ハンドルが湿る程度の量を使うようにしましょう。
  • ハンドルをこする際には、傷をつけたり色が落ちたりしないよう、優しくこするようにしましょう。
広告

必要なもの

日々の汚れを落とす

  • 万能クリーナー
  • 木部用の艶出しクリーナー
  • レザークリーナー
  • スプレーボトル
  • マイクロファイバータオル
  • 布(雑巾として使えるもの)

徹底的に掃除をする

  • 万能クリーナー
  • インテリアブラシまたは歯ブラシ
  • マイクロファイバータオル

関連記事

嘔吐物で汚れたソファを消臭する嘔吐物で汚れたソファを消臭する
キャンドルの蝋を落とす
濡れたカーペットを乾かす
紙に付着した染みを取り除く紙に付着した染みを取り除く
銅製品の汚れを落とす
失くしたテレビのリモコンを見つける失くしたテレビのリモコンを見つける
スエードの油染みを落とす
汚れているCDの手入れ汚れているCDの手入れ
服についたワセリンを落とす服についたワセリンを落とす
ステンレス冷蔵庫のへこみを直すステンレス冷蔵庫のへこみを直す
ソファに付着した尿をきれいにするソファに付着した尿をきれいにする
服についたバターを取る
プラスチックに付いた塗料を落とすプラスチックに付いた塗料を落とす
ゴムを洗うゴムを洗う
広告

このwikiHow記事について

Angel Ricardo
共著者 ::
自動車整備士
この記事の共著者 : Angel Ricardo. エンジェル・リカルドはカリフォルニア州ベニスに本店を置く移動式カーディテーリング(コーティング・細部洗車)サービス会社「Ricardos Mobile Auto Detail」の経営者です。カーディテーリング業界にて10年以上の経験を持ちますが、カスタマーサービス、そしてディテーリング技術の改善をめざして、現在も定期的に専門講座を受講しています。 この記事は1,179回アクセスされました。
カテゴリ: 自動車 | 掃除
記事のサマリーX

車のハンドル用のクリーナーを手作りするには、万能クリーナーと水を3:1の割合でスプレーボトルに入れて混ぜ合わせます。車のハンドルが本革の場合は、革用クリーナーを使用しましょう。マイクロファイバータオルにクリーナーをスプレーして、車のハンドルを優しく拭きます。次に、湿らせた布で余分な洗浄剤を拭き取ります。頑固な汚れは、清潔な歯ブラシを使って、優しくこすります。ハンドルがきれいになったら、清潔なマイクロファイバータオルで拭いて乾かしましょう。 スチームクリーナーを使って車のハンドルを消毒する方法について、この記事の共著者である自動車整備士からアドバイスがあります。読んでみましょう!

このページは 1,179 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告