他の車のヘッドライトで目がくらんだ、気づいたら自分のヘッドライトが道路の真正面を照らしていなかった、という経験はありませんか?道路脇の木しか見えない、向かってくる車がパッシングしてくる、あるいはクラクションを鳴らしてくるなら、それは恐らくヘッドライトの調整不足でしょう。あなたの車のヘッドライトが眩しくて、他のドライバーは目がくらんでしまったのかもしれません。ドライバーがあれば、何箇所か計測をするだけで簡単にヘッドライトの調整ができます。

ステップ

  1. 1
    車を水平にする まずは車のトランクから余計な荷物を全て降ろしましょう。また全てのタイヤの空気圧がメーカー推奨値になっている事を確認します。ガソリンは燃料タンクの半分程入った状態にし、できれば誰かに運転席へ座ってもらいます。さらに、ヘッドライトの照射位置を調整するダイヤルがついていれば、0になっていることを確認しましょう。[1]
  2. 2
    車の位置決めをする 平らな場所で、暗い壁やガレージのドアから3〜5メートル程度離して車を前向き駐車します。一番良いのは、舗装された駐車場や平らな車道です。[2]
    • 車の4箇所全ての角を数回揺らし、車に均一に衝撃を加えます。
    • 両方のヘッドライトから地面までの距離を測り、サスペンションが水平になっている事を確認します。
  3. 3
    ヘッドライトをつける ハイビームやフォグランプは使いません。ヘッドライトの光の垂直方向・横方向それぞれの中心線に印をつけ、壁またはガレージのドアに「T」を2つ作ります。[3]
  4. 4
    光が水平になっているかを確認する 印をつけた2つの中心線の間に水準器を置き、平らになっているかを確認しましょう。平らでなければ、低い方の印と地面までの距離をメジャーで測り、もう片方の印を同じ高さまで下げます。どちらの中心線も地面から1メートル以下の高さになるようにしましょう。[4]
  5. 5
    壁またはガレージのドアからきっかり7.6メートル(25フィート)車をバックさせる 適当な距離で止めてはいけません!メジャーを使って必ず壁からの距離をきちんと測りましょう。ヘッドライトを消します。ヘッドライトからトリムリングを外し、調整ネジを探します。通常、このネジはヘッドライトの隣にありますが、メーカーによってはヘッドライトの後ろのエンジンルームに設置されている場合もあります。光の左右を調整するネジ、上下を調整するネジが分かるようになっているはずです。[5]
    • 必ず取扱説明書の仕様に従うようにしましょう。メーカーによっては、異なる距離での調整を推奨している場合もあります。例えば一部のモデルでは、トヨタは3メートル、ポンティアック・GTOは4.6メートル(15フィート)、クライスラーは0.9メートル(3フィート)を推奨しています。そのため、取扱説明書を確認し、そこに記載されているガイドラインに従うことが大切です。
    • 光の上下を調整するネジはヘッドライトの上部、左右を調整するもう一方のネジはヘッドライトの側面にあります。車によっては、ネジではなく調整ボルトが付いている場合もあります。
  6. 6
    ヘッドライトはそれぞれ別々に調整する 一方のヘッドライトの調整やテストをしている間は、トレーナーなどでもう片方のヘッドライトを覆います。これは光が漏れると、どちらのライトの光なのか区別がつかなくなるためです。調整作業の際は誰かに運転席に座ってもらい、ライトを付けたり消したりしてもらいながら調整を行いましょう。[6]
  7. 7
    上部にあるネジまたはボルトを回し、上下方向を調整する 時計回りに回すと光は上方向に、反時計回りに回すと下方向に動きます。[7]
    • 調整後はヘッドライトを点灯し、壁に映った光の状態を確認しましょう。光が最も強く当たっている部分の上端が、マスキングテープで印をつけた箇所の中心、またはそのすぐ下にくるようにします。
  8. 8
    側面のネジまたはボルトを回し、左右方向を調整する 左右の調整も基本的には同じ作業を行います。光が集中している部分が、垂直に貼ったテープよりも右にくるようにします(左車線を走る場合は左にくるようにする)。
  9. 9
    位置があっているか道路でテストをしてみる テスト運転をしてヘッドライトが適切に調整できているかを確認しましょう。必要なら上記の手順を繰り返して再調整を行います。
    広告

ポイント

  • ヘッドライト調整後は車を揺らし、壁やガレージのドアに照射して再度確認を行いましょう。取扱説明書にこの方法が記載されている車もあります。必要に応じて再調整を行いましょう。
  • ヘッドライトの上部に小型の水準器が付いているか確認してみましょう。一部のメーカーでは、ヘッドライトの調整がしやすいよう小型の水準器を取り付けています。例えばアキュラとホンダの2社の車は、大抵この小型水準器が内蔵されています。これがあれば水準器を用意する必要はありません。
  • 車検にはヘッドライトの厳しい検査基準があります。
  • ヘッドライトは12ヶ月毎に点検し、調整ができているかを確認するようにしましょう。

広告

注意事項

  • ヘッドライトの調整に不備があると、上向きになり過ぎたヘッドライトに一瞬目がくらんでしまうこともあり、自分だけではなく他のドライバーの運転にも影響を与える可能性があります。
  • 自分で調整ができない場合、特にヘッドライトの調整が明らかに必要な場合は、車を整備工場まで持って行って調整をしてもらいましょう。
広告

必要なもの

  • プラスドライバーまたはソケット
  • マスキングテープ
  • メジャー
  • 水準器(必要に応じて)

関連記事

How to

オルタネーターを点検する

How to

エンジン警告灯をリセットする

How to

酸素(O2)センサーを清掃する

How to

ギア比を計算する

How to

ブレーキローターを交換する

How to

キャブレターの調整

How to

ラジエーターをフラッシングする

How to

オーバーヒートしたエンジンを冷やす

How to

車のボンネットを開ける

How to

ワイパーのビビリ音を解消する

How to

車をジャンプスタートする

How to

ボールジョイントの点検

How to

ドライヤーで車のへこみを直す

How to

車の傷を取る
広告

このwikiHow記事について

Rocco Lovetere
共著者
熟練整備士
この記事の共著者 Rocco Lovetere. ロコ・ラブティアは、カリフォルニア州の自動車修理所、「Rocco's Mobile Auto Repair」の共同経営者、そしてASE公認自動車技術士の資格を保有する熟練整備士です。1999年より自動車修理の仕事に従事しています。 この記事は1,289回アクセスされました。
カテゴリ: 自動車修理
このページは 1,289 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告