車内の掃除、特にカーシートを掃除してきれいな状態を保つことをうっかり忘れがちです。車内のレザーシートをきれいにしておくと、車の見た目が一段と良くなります。定期的に、シート表面の汚れを取り除いて革をきれいにし、コンディショナーで整えます。手間がかかるように感じるかもしれませんが手順は極めてシンプルで、定期的に行うと楽に掃除できます。

パート 1 の 2:
カーシートを掃除する

  1. 1
    まず、シートに穴があるか確認します。穴があいている場合は、水、洗浄剤、コンディショナーなどが穴に入って内部が濡れないように注意しましょう。[1]
    • 車の取扱説明書を確認します。洗浄剤を使って掃除を始める前に、まず取扱説明書を確認しましょう。レザーシートの取り扱い方法や使用してはいけない洗浄剤などが記載されています。
  2. 2
    シートを掃除器できれいにします。ホースに交換用ノズルを取り付けた掃除機や、乾湿式掃除機でごみやほこりを吸い取ります。革を傷つけないように十分注意しましょう。エアダスターでシートの隙間の汚れを吹き飛ばす方法もあります。[2]
  3. 3
    シート表面の汚れを取り除きます。シートが非常に汚い場合は汚れが目に見えるかもしれませんが、一見きれいに見えるシートにも長い間に汚れやほこりがたまっています。マイクロファイバークロスに洗浄剤を吹き付けてシートを拭きましょう。洗浄剤として、レザークリーナー、サドルソープ、低刺激のレザーソープなどが適しています。[3]
    • レザーシートの掃除に市販の革用洗浄剤を使うほか、洗浄剤を手作りすることもできます。スプレーボトルにホワイトビネガーと亜麻仁油を1対2の割合で混ぜて作ります。[4]
  4. 4
    レザーシートにブラシをかけます。洗浄剤をシートに直接スプレーして、柔らかめのブリストルブラシ(豚毛などでできた革製品用のブラシ)でこすります。こうすると汚れが表面に浮き出ます。
    • レザーシートに穴があいている場合は、洗浄剤をスプレーするのは控えましょう。かわりに、ブラシに洗浄剤をスプレーして革をこすります。その後、マイクロファイバークロスで拭いて乾かします。
    専門家情報
    Chad Zani

    Chad Zani

    カーディテーリング専門家
    カリフォルニア州のロサンゼルスに住むチャド・ザ二は、アメリカとスウェーデンの各地に店舗を展開するカーディテーリング会社、「Detail Garage」のフランチャイズディレクターを務めています。カーディテーリングに対する情熱をもとに、全国に増え続けるフランチャイズオーナーの教育に当たっています。
    Chad Zani
    Chad Zani
    カーディテーリング専門家

    専門家のアドバイス:しっかりと汚れを落とすには、馬毛ブラシを使いましょう。馬毛ブラシは革の毛穴に詰まった汚れや頑固なシミを落とすのに最適です。

  5. 5
    シートをきれいに拭きます。清潔で乾いたマイクロファイバークロスを使って、革をこすった際に使った洗浄剤を拭き取ります。拭き取った後マイクロファイバークロスに汚れや油分などが付着しているのを確認できます。
  6. 6
    定期的にシートを掃除します。月に1度シートを簡単に掃除する一方で、年に3~4回は徹底的に掃除しましょう。薄い色のレザーシートや汚れに気づいた場合は、より頻繁に掃除します。
    広告

パート 2 の 2:
レザーコンディショナーで手入れする

  1. 1
    水溶性でpH中性のレザーコンディショナーを選びます。石油蒸留物、シリコン、ワックス を含まない高品質のレザーコンディショナーを使いましょう。[5] コンディショナーを使う目的は、革本来の持つ天然の油分を補充することです。そのため、高品質の素材で作られたコンディショナーが最適です。品質の劣るレザーコンディショナーを使うと革にはりつくことがあり、ベタついた仕上がりになります。
  2. 2
    パッチテストを行います。レザーシートの目立たない部分にコンディショナー少量を使います。マイクロファイバークロスやスポンジでそっとこすり付けます。コンディショナーによるダメージや変色を確認しましょう。[6]
  3. 3
    コンディショナーを使います。レザーシートにコンディショナーを塗り、マイクロファイバークロスやスポンジでやさしくこすり付けます。コンディショナーの使いすぎに注意します。過剰に使うと革の表面に残り、シートが油っぽく滑りやすくなります。清潔なマイクロファイバークロスでコンディショナーを塗ったレザーシートを軽く拭いて、余分なコンディショナーを取り除くと安心です。
    • コンディショナーの使用方法に従って塗りましょう。
  4. 4
    日陰や車庫内に1晩車を駐車します。レザーシートに日光の紫外線が当たらない状態にすると、コンディショナーが革に浸み込み落ち着きます。コンディショナーが落ち着くまで、少なくとも1時間おきましょう。
  5. 5
    マイクロファイバークロスで革を磨きます。コンディショナーが革に浸み込んだら、清潔で乾いたマイクロファイバークロスでシートを磨きましょう。円を描くようにこすって磨き、同時に余分なコンディショナーを拭き取ります。
    • レザーシートをコンディショナーで頻繁に手入れするのは控えます。大部分のレザーシートには、年に数回コンディショナーを使えば十分です。
    広告

ポイント

  • レザーシートの掃除とコンディショナーを使った革の手入れはそれほど時間のかかる作業ではありません。少なくとも3か月に1度くらい行いましょう。[7]

広告

注意事項

  • 水で薄めた場合でも家庭用の洗浄剤をレザーシートに使うのはやめましょう。洗浄剤に含まれる化学物質によって革が乾燥し、ひび割れや革がはがれる恐れがあります。また、家庭用洗浄剤は革の保護膜を破壊し、退色やシミの原因になります。
  • 洗浄剤の種類によっては、シート以外の部分に触れないように気を付けます。ある種の化学成分が触れると、部品によっては傷つく恐れがあります。
広告

関連記事

How to

銅製品の汚れを落とす

How to

天然成分の消毒剤を作る

How to

失くしたテレビのリモコンを見つける

How to

カーペットの臭いを消す

How to

濡れたカーペットを乾かす

How to

自宅の浸水被害に対処する

How to

家庭でのノミ駆除

How to

クモの駆除

How to

窓ガラスの水垢を取る

How to

自分の部屋を掃除する

How to

アイロン面の汚れを落とす

How to

タイルの目地をきれいにする

How to

冷凍庫の霜取り

How to

薬剤を使わずにアリを駆除する
広告

このwikiHow記事について

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む17人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。
カテゴリ: 掃除 | 自動車
このページは 389 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告