車の中で快適に眠る方法

この記事には:夜に備える理想的な駐車場所快適な過ごし方適切な行動や身なり

車で長期にわたって旅行をしたことがあるみなさんは、きっと車の中で寝泊まりをした経験がおありでしょう。旅の最中は、ホテル代が高すぎたり、宿泊費を浮かせる必要がある場合も出てきます。旅がたとえ一日であっても、あるいは一年であっても、車の中で“快適に”眠ることは重要なサバイバルスキルの一つと言っても過言ではありません。安全な場所に車を停めた後は、ちょっとしたテクニックを使って、朝まで車内でぐっすりと眠ることができるのです。では、さっそくステップ1からご説明しましょう。

パート 1
夜に備える

  1. 1
    寒い夜のために寝袋を購入しましょう。場合によっては二つあっても邪魔にはなりません。夜を快適に過ごすために必要なものは、場所や天候または気温によって変わります。零度以下の気温であれば、毛布や頭を温かくするニット帽に加えて、寝袋の中にもう一つ寝袋を入れる必要があるでしょう。
    • 1万円ほどの寝袋があれば、野外で寝泊まりする場合にも、気温がマイナス25度くらいまでであれば、暖かく過ごせるでしょう。車の中で寝泊まりする場合は、もっと安い寝袋でも大丈夫です。それ以上寒くなった時は、さらに着込んで寝るようにしましょう(※値段の安い寝袋に表示された“最低使用温度”は当てにはなりません。特に寒い場所で野外キャンプをする際は気を付けてください)。
    • 安全ピンを使って寝袋の頭部分を留めて寝るようにしましょう。寝袋をしっかり閉じていないと、寝返りを打った際に頭が外に出てしまい、朝起きた時に非常に寒い思いをすることになります。
    • ニット帽(ニットキャップ、トーク帽、スキー帽など)をかぶっていれば夜も温かく過ごせます。また寝る際に、目元まで下ろしてアイマスク代わりにすることもできます。
    • アイマスクがあれば、さらにぐっすりと眠ることができます。アイマスクを忘れた場合は、バンダナやスカーフ、または帽子で代用しましょう。車内を暗闇にするのは意外に難しいため、アイマスクで視界を暗くしておかないと、明け方に目を覚ますことになります。
    • 寝袋が無い場合もあるでしょう。そんな時は、いくつかの安全ピンで二枚の毛布を留めて寝袋代わりにしましょう。あるいは、毛布を何枚も重ねて、その下で寝るようにしましょう。
  2. 2
    気温が高い場合は、風通しを良くする一方で虫が中に入らないように注意しましょう。薄い布(シーツやタオルなど)を窓に取り付けて、虫の侵入を防ぎつつ外気を取り込みましょう。窓を開ける際には、まず天候を考える必要があります。暑い季節は寒い季節よりも厄介です。窓を閉め切っていれば、朝起きた時に汗で体がベトベトして不快な気分になり、窓を開けていると、起きた時には体中蚊に刺された跡だらけになってしまいます。窓は3cm程度開けておくのが賢明でしょう。
    • また、ウィンドーネットを購入して窓(あるいはサンルーフ)に取り付けるのも良いでしょう。あるいは、使わなくなったドアや窓の網戸から網を取ってきて使うこともできます。網ならホームセンターでも安価で購入することができます。
    • 車内は気温が非常に高くなるので注意しましょう。砂漠地帯のような気温の高い場所では、車はあっという間に熱くなり大変危険です。暑さで体が麻痺すると、起床時に脱水症状や熱中症の兆候に気付かないこともあります。
  3. 3
    快適な夜を過ごすための必需品を揃えましょう。何日も車の中で過ごす場合は、前もって準備をしておきましょう。外が暗くなると、必要なものを調達するのが難しくなってしまいます。以下のものは旅に出る前に車に積んでおきましょう:
    • 水。
    • 懐中電灯。
    • 枕(あるいはそれに似たクッションなど)、毛布、寝袋。
    • 携帯電話:緊急時のために、または目覚まし時計として、あるいはゲームのため。
    • 本:夜は長いですから、本は何冊かあっても邪魔にはなりません。
    • 蓋のついた缶:男性のみなさんは、尿意をもよおした時に重宝します。夜中に寒空の下に出て行ったり、虫だらけの草むらで用を足すよりはましでしょう。
    • 消毒液やウェットティッシュ:ものを食べる時、トイレに行く時、その他衛生上問題がある時は、事前に手をきれいにしておきましょう。きれいな水を使うことができない場合も珍しくありません。病気の危険を防ぐためにも、衛生用品は必要不可欠です。
    • 他の人と車に乗っている場合や荷物を多く積んでいる場合は、シートに座った状態で寝ることもあるでしょう。車のシートは決して寝心地が良いとはいえませんが、それでもエアークッションのような旅行用枕で頭や首を支えておけば、少しは快適な朝を迎えられます。
  4. 4
    車は常にきれいにしておきましょう。懐中電灯、水、着替え一式を入れたバックパック(長旅でなければ)、タオルなどは必要不可欠なものです。しかし、清潔な車はさらに重要で、この先の旅を左右します。清潔な車であればきっと寝泊まりも楽しくなるでしょう。寝るためのスペースがしっかりと確保された車内は実に快適です。一方、汚れて匂いのついた車内では、さらに寝つきが悪くなってしまいます。
    • きれいな車は、あまり注意を引くこともありません。外側もしっかり洗っておきましょう。どこにでもありそうな見た目の車であれば、疑いの目を向けられることはないでしょう。
  5. 5
    防水シート(防護シート)も有効です。防水シートは値段も安く、疑いの目を逸らしてくれる優れものです。防水シートがかかっていれば、誰もまさか車内に人が寝ているとは思わないでしょう(窓が曇っていれば別ですが)。硬めの防水シートであれば、十分に車内の通気性も確保できます。
    • 住宅街に車を停めるのは一晩限りにしましょう。カバーのかかった見知らぬ車が突然現れれば、住民はすぐに警察を呼んでレッカー移動させようとするかもしれません。そうなる前に、すぐに移動しましょう。

パート 2
理想的な駐車場所

  1. 1
    見つかっても捕まらない場所に車を停めましょう。残念ながら、多くの場所では車での寝泊りは違法になります。ここでは、長時間車を停めても、あまり声をかけられない場所についていくつかご説明しましょう。
    • イオンなどのスーパーマーケットや24時間営業のジム(※コンビニの駐車場はすぐに通報されます!):こういった場所の駐車場では、誰が買い物やトレーニングをしていて、誰が車内で寝ているのか判別しづらいものです。休憩中のタクシーや代行運転の車も少なくありません。人通りが多いのが難点ですが、その方がかえって安全ともいえます。
    • 教会や寺院や神社などの聖域:こういった施設は、平日はほとんど人通りがありません。たとえ人目を引いたとしても、場所が場所だけに、おそらく皆素通りしてくれるでしょう。
    • 路地裏や高架下:路地裏や高架下であれば交通量も少なく、見つかる心配もあまりありません。まずは、静かで人通りが無いことを確認しましょう。田舎道の場合は意外と監視の目が行き届いていて、農作業用のトラクターなどが頻繁に行き来します。
    • 路上駐車ができる住宅街:こういった場所では、道路の端に車を停めて他の駐車車両に紛れ込みましょう。ただし、長居は禁物です。疑いの目を向けられる前に移動しましょう。
  2. 2
    駐車場所の様子をよく確認しましょう。場所によっては昼間と夜中、あるいは平日と週末で随分と様子が異なります。その日は静かで安全であっても、別の日はそうではない場所も少なくありません。
    • 例えば、サッカーグラウンドの駐車場は、土曜日の夜は人気もなく簡易トイレまであって、まさに理想的な場所でしょう。しかし翌朝には、リトルリーグの子供たちが大声を張り上げ、その保護者達が怪しげな車に疑いの目を向けることになります。
    • また、工場地域などは、昼間に車を停める分には何の問題もないでしょう。しかしながら、夜になると人気が無く、それゆえに怪しげな人たちがやって来ることも珍しくありません。
  3. 3
    車は適切な方向に向けて停めましょう。二つのことに気を付けてください:
    • 少し離れた場所からだと見えにくい場所や、窓から覗き込んで中を確認するのが難しい向きに車を停めましょう。駐車スペースの隅なども良いでしょう。
    • 日の出の方角を考えて車を停めましょう。日の出とともに起きたい場合は東側に、日が昇っても眠っていたい場合は西側に向けて停めましょう。
  4. 4
    できればトイレ(たとえ簡易式であっても)のある場所に停めましょう。やはりトイレはあったほうが良いでしょう:夜の間に、どこかでトイレに行きたくなるものです。トイレの有る無しによって旅の印象もまるで違います。
    • そうはいっても、安全には気を付けてください。人気のないトイレは時として犯罪の温床となります。24時間営業の店のトイレや高速道路のパーキングエリアのトイレは、公園の公衆トイレに比べれば安全といえます(100%とはいえませんが)。
    • 時として簡易トイレは24時間使用できます。休憩所や建設現場や公園などで見かけることもあるでしょう。
    • ばれなければ、施設を利用するのも良いでしょう(例えば、プールまたは海水浴場のトイレやシャワー)。あるいはキャンプ場やホテルの設備も、セキュリティが緩くみなさんが慎重であれば使用することができるでしょう。
    • いよいよとなれば、野外で用を足すしかありません。ただし、見つからないようにしてください。罰金を取られます。
  5. 5
    車の旅ではシャワーや風呂を見つけるのは少々難しいかもしれません。
    • 多くの場所で、海水浴場にシャワーが設置されていることがあります。
    • いくつかのパーキングエリアやトラックステーションにはコイン式のシャワーがあります。少々費用がかかりますが、快適さには代えられません。
  6. 6
    目立たないようにしましょう。見つかるのが心配な時は、外から車内の様子が見えないようにする必要があります。防水シートをかけるか、または窓際に荷物を置いて視界を防ぐか、あるいは毛布や衣類を積み上げてその下で寝るようにしましょう。

パート 3
快適な過ごし方

  1. 1
    眠りにつく前にトイレは済ませておきましょう。一夜を過ごす場所に車を停める前に、トイレに行っておいたほうが良いでしょう。
  2. 2
    窓は少し開けておきましょう。繰り返しになりますが、これは天候にもよります。ただ、車の中というのは気温にかかわらず息苦しいものですから(もちろん深刻でない範囲の話ですが)、やはり少しは開けておいたほうが良いでしょう。寒い夜でも毛布を重ねて温かくしていれば、少々窓が開いていても快適に過ごせるでしょう。
    • そうはいっても、安全のためにも、窓は開けすぎないようにしましょう。また、蚊が飛んでいる場合は、なおさら大きく開けるわけにはいきません。1.5cmくらい開けておけば十分でしょう。
  3. 3
    イブプロフェンのような抗炎症剤を常備しておきましょう。車のシートは家のベッドとは違いますから、人によっては寝付きが悪くなったり、節々が痛くなって目が覚めることもあるでしょう。そういう場合は、寝る前に一錠飲むようにしましょう。抗炎症剤を飲んでおくと、寝つきが良くなり、眠りが深くなって、目覚めも快適になります。
  4. 4
    シートを調節しましょう。できる範囲で構いません。後部座席で寝る場合は、両フロントシートを前に動かして、できる限りスペースを確保しましょう。シートベルトのバックルホルダーは、背中に当たらないように、シートの隙間に押し込んでおきましょう。
    • 後部座席が倒せる場合は、ぜひそうしてください。後部座席の後ろが開く車の場合は、荷室のほうまで脚を伸ばすことができます(または頭を置くこともできます)。
  5. 5
    寝る時は適切かつ動きやすい着こなしをしましょう。万一誰かが窓をノックした場合に備えて、やはり服は着ていたほうが良いでしょう。しかも、それなりの身なりに越したことはありません。楽な服装で構いませんから、しっかり着ておくようにしましょう。ジャージなどが最適です。いざという時は、起きてすぐに車を動かさなくてはなりません。
    • 天候や気温にも注意が必要です。寒い時は、頭が冷えないように、帽子などをかぶっておきましょう。場合によっては、何枚か重ね着をしましょう。暑い時は、Tシャツやショーツを着用していれば十分でしょう。暑さ対策として、寝る前に服を濡らしておくのも効果的です。

パート 4
適切な行動や身なり

  1. 1
    旅の最中は、みなさんの行動や身なりによって、他の人達の接し方が決まると言って良いでしょう。みなさんが立ち寄った地域の人達は、みなさんの態度や身なりや振る舞いを見て、みなさんがどういった人間かを判断するものです。疑いを持たれた場合は、気を付けていないと迫害を受けたり、留置所に送られることすらあるかもしれません。
  2. 2
    好意的な態度をとりましょう。人々は通常、見知らぬ他人であってもフレンドリーな人間に対してはそれほど悪い印象は持たないものです。しっかりとあいさつをして、礼儀正しくしましょう。また、少しは堂々とした態度で会話をすることで、地域の人達を安心させることも大切です。
    • たいていの場合、人との接触は最小限にした方が良いでしょう。注目を集めるのは賢明とはいえません。車での寝泊りは、厳密には違法行為ですから、やはり目立たないに越したことはありません。
    • もしみなさんが魅力的で社交的な人間であれば、それを生かすのも良いでしょう。その土地の人達から情報を得たり、様々な便宜を図ってもらったり、また場合によっては友人ができることもあるでしょう。もちろん常に注意は必要です。友好的に見える人間が必ずしも安全とは限りません。
  3. 3
    身なりはきちんとしましょう。うす汚れたみすぼらしい格好をしていると、ホームレスと間違えられ、かえって注目を集めてしまいます。常に身綺麗にして、ごく普通の着こなしで、それなりの人物に見えるようにしましょう。
  4. 4
    たとえ真実でなくとも、言い訳の一つも考えておきましょう。その土地の責任者や当局の人間、例えば警官、店のマネージャー、公園の管理人、または警戒心の強い住民などに出会った場合は、みなさんがその土地に滞在しているもっともらしい当たり障りのない理由を説明する必要があります。それが真実であれば大いに結構ですが、そうでなくても、ひとまずその場を切り抜けましょう。例えば:
    • 「日本平で静岡大学主催の環境学会があるんで、ちょっと急いでまして。ホテルが取れなくて、一晩だけここで過ごそうかと。ご迷惑をおかけしてすみません。すぐに立ち去りますから」
    • 「申し訳ありません。ちょっと疲れて眠くなったものですから。10時間運転をしてまして。はい、大丈夫です。ちょっと休んでるだけですから」
    • 「すみません、お巡りさん。うちの主人がひどい人で、今信州の実家に戻るところなんです。あまりお金もなくて、とにかく家を飛び出してきたんです!」
    • 警官は多くの場合親切にしてくれます。浮浪者を取り締まるのも警官の仕事ですが、困っている人を助けようとする警官も大勢います。もちろん、実体験から、それが真実ではないという人も少なからずいるでしょう。ただ、やはり警官は敵に回さないのが得策です。彼ら彼女たちはしばしば助けになってくれます。

ポイント

  • 貴重品は外から見える場所に置かないように注意しましょう。泥棒を引き寄せる危険があります。見えない場所に隠しておきましょう。
  • 必ずドアはロックするようにしましょう!
  • エンジン、または通信機器の電源は切っておきましょう。
  • シャワー設備がない場合に備えて、ウェットティッシュを用意しておきましょう。一晩くらいなら、爽快な気分を味わえます。スーパーやデパートの旅行用衛生用品のコーナーに山積みされているはずです。ジッパー付きのパックで、100枚入りであれば、300円前後で購入できます。
  • 首をシートベルトに押し当てた状態で眠らないようにしてください。肌を傷め、真っ赤な跡がついてしまいます。
  • 地図やナビを参照して、事前に車を停める場所を決めておきましょう。そうすれば、ガソリン代や時間を節約することができます.
  • 眠れない時は、耳あてを装着してみましょう。耳あての効果は抜群で、駅や空港で寝る際にも役に立ちます。間違いなく、みなさんの車の中でも使えます。
  • 夏は黒いタオルと霧吹きスプレーを用意しておきましょう。朝起きたら、タオルに水を吹きかけてダッシュボードの上に広げて置いておきましょう。一時間も走っていれば乾きます。冬はタオルをエアコンの通風孔の前に置いておけば乾かすことができます。
  • 車で寝泊まりできる場所は以下のようなものがあります:
    • イオンのような24時間営業のスーパーの駐車場は、適度に騒がしさもあり、夜中でも車が何台か停まっているため、比較的安全といえます。なるべく端の方に停めて、従業員の車に紛れると良いでしょう。決してど真ん中に停めないようにしてください。防水シートをかけておけばプライバシーも確保できるでしょう。
    • 大学の図書館も一夜を過ごすにはおすすめです(近頃は、大学側も指定車両以外の車のキャンパスへの進入には厳しくなっていますが)。図書館で読書をして車内で仮眠を取っているというもっともらしい言い訳もできます。図書館は日中を過ごすにも楽しい場所です。身なりに気を使って、それなりのストーリーを考えておけば、少なくとも浮浪者に見られることはないでしょう。
    • 国道沿いにあるトラックの休憩所(トラックステーション)や道の駅は通常寝泊まりをするには安全な場所です。深夜でも明かりがついていて、トイレも24時間使えます(場所によっては、コインシャワーが設置されています)。大型車両の邪魔にならないように、一般車両用のスペースに停めましょう。みなさんと同じように、車を根城にしている人に出くわすことも珍しくありません。

注意事項

  • 安全こそが最優先です。まず何よりも大切なことは、常にドアのロックをかけておくことです。
  • 車にボディカバーをかけておけば、寒さ対策になり、プライバシーも確保できるでしょう。ただし、暑い季節には、通気性を確保できない場合はおすすめできません。また、カバーをかけたままの状態では、決して車のエンジンをかけてはいけません。一酸化炭素中毒を引き起こす危険があります。
  • 防寒マスクはおすすめできません。防寒マスクをつけていると寝づらくなるうえ、値段も安くはありません。確かに氷点下の気温の中で寝るのは簡単ではありませんが、温かい空気は喉あれを引き起こします。顔の周りに分厚い毛布で“テント”を作って、できるだけ冷たい空気が直接顔にかからないようにしましょう。長さのあるニット帽があれば顔の大部分をふさぐこともできます。

必要なもの

  • 中型車または大型車
  • それなりの値段の寝袋
  • 目覚まし時計
  • 耳栓やアイマスク
  • 1.8×2.4mの防水シート
  • 枕またはそれに代わるクッション

出典と引用

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む67人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 旅行

他言語版:

English: Sleep Comfortably in a Car, Italiano: Dormire Comodamente in Macchina, Español: dormir cómodamente en un coche, Português: Dormir Confortavelmente no Carro, Русский: удобно спать в автомобиле, Français: dormir confortablement dans une voiture, Deutsch: Bequem im Auto schlafen, 中文: 在车里舒服地睡觉, Nederlands: Comfortabel slapen in een auto, Bahasa Indonesia: Tidur di Dalam Mobil dengan Nyaman, Čeština: Jak se pohodlně vyspat v autě, العربية: النوم المريح في سيارة, हिन्दी: कार में आराम से सोंयें, ไทย: นอนอย่างสบายในรถ, 한국어: 차에서 편히 자는 법, Tiếng Việt: Ngủ trong Ô tô Một cách Thoải mái

このページは 24,250 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?