車の内装を掃除する方法

この記事には:シミを部分的に掃除する布張りの内装を掃除するビニール張りの内装を掃除する革張りの内装を掃除する車内に掃除機をかける専門家に掃除を依頼する汚れを防ぐ

車内を清潔に保つのは、車の外回りを手入れよく維持するのと同じくらい重要です。運転中はずっと車内で過ごすわけですから、車内をきれいに保つと心も落ち着き健康に過ごせます。幸いにも様々な車の内装用掃除用品や掃除方法があるので車内を簡単に掃除することができます。

1
シミを部分的に掃除する

  1. 1
    シミ抜き剤を実際に使う前に試しましょう。シミ抜き剤で内装が台無しにならないように、必ず目立たない場所に使って反応を確認したうえで使いましょう。
  2. 2
    革についた頑固なシミを前処理します。革張りについた頑固なシミはレザーコンディショナーで前処理しましょう。そのあとで革用のシミ抜き剤を塗りつけます。30秒間おいて拭き取りましょう。
  3. 3
    インクのシミを落とします。インクのシミにはヘアスプレーや消毒用エタノールを水で薄めて使います。シミにヘアスプレーを吹き付け、インクが広がったり、スプレーが流れたりしないように気を付けながら、濡らした清潔な布で吸い取ります。[1]
  4. 4
    脂っぽい油性のシミを取り除きます。口紅や食品油など油性のシミは、水で薄めた塗料用シンナーとコットン布で落とします。容器に塗料用シンナー少量を入れ、水と1:1の割合で混ぜます。溶液を入れた容器にコットン布を浸してシミにあてます。シミの上に塩やコーンミール(トウモロコシ粉)を振りかけ、一晩おいて掃除機で吸い取りましょう。[2]
    • 内装素材のシミや損傷を防ぐため、塗料用シンナーの影響を確認したうえで使いましょう。
  5. 5
    コーヒーのシミを落とします。車内でコーヒーをこぼしたら、水で薄めてキッチンペーパーで吸い取ります。さらに、ガラス用洗剤を吹き付けて5分間おきましょう。キッチンペーパーで再度吸い取り、シミを落とします。[3]
    • シミは必ず吸い取ります。シミが深く浸み込むのを防ぐため、こするのはやめましょう。
    • コーヒーの色が残った場合は、液体食器用洗剤で洗って温水ですすぎます。その部分を再度キッチンペーパーで吸い取りヘアドライヤーで乾かします。内装を焦がさないように、ドライヤーは少なくとも5~7㎝離して使いましょう。[4]
  6. 6
    吐しゃ物のシミを落とします。車酔いによる嘔吐でカーシートや床が汚れた場合は、内装に定着するのを防ぐためできるだけ早く掃除します。吐しゃ物をできるだけ取り除いてから、冷水でシミを薄めます。低刺激の洗剤と水でその部分を洗いましょう。その後、炭酸水を少量含ませた布でシミを吸い取り中和します。[5][6]
    • 重曹と水のペーストを使う方法もあります。重曹にはにおいを吸い取る効果もあります。
  7. 7
    血痕を落とします。血液は落とすのが難しいシミです。シミが定着してしまうので温水や洗剤を使うのはやめましょう。冷水を浸した布で血液のシミを吸い取ります。布を冷水ですすぎながら、シミが浮き上がって落ちるまで吸い取りましょう。[7]

2
布張りの内装を掃除する

  1. 1
    手作りの布用万能洗剤を使います。内装掃除のために市販の洗剤にお金をかける必要はありません。代わりに天然成分で洗剤を手作りしましょう。バケツや容器に水と食器用洗剤を1:1の割合で混ぜます。よく混ぜてスプレーボトルに入れましょう。
    • 15~20㎝離れた場所から溶剤を吹き付けます。
    • 柔らかい毛のブラシで表面をこすります。温水に浸した清潔な布でその部分をすすぎます。布をこまめに洗いながら使いましょう。
    • 1度に1部分またはシート1つを掃除します。しっかりすすいでから、次の部分の掃除を始めましょう。
    • マイクロファイバークロスで掃除した部分を乾かします。
  2. 2
    石けん、ホウ砂、熱湯を混ぜて使います。別の種類の天然成分で非腐食性の洗剤を手作りします。すりおろした固形石鹸(カウブランド赤箱など)大さじ6杯とホウ砂大さじ2杯をバケツに入れます。そこに沸騰した熱湯500mlをゆっくり注ぎます。好みに応じでラベンダーエッセンシャルオイルを10滴垂らして香りを加えることもできます。冷めてから、泡だて器で混ぜて泡を立てます。[8]
    • 柔らかい毛のブラシを使って泡を表面にこすります。温水を浸した清潔な布で拭き取ります。頻繁に布をすすぎながら拭き取りましょう。
    • 1度に1部分またはシート1つを掃除します。しっかりすすいでから、次の部分の掃除を始めましょう。
  3. 3
    市販の内装用洗剤を使います。このような洗剤はホームセンターなどで扱っておりそれほど高価ではありませんが、刺激が強い化学成分を含む傾向があります。適切に使用するため、製品の使用方法に従って使いましょう。洗剤を表面につけてブラシでこすります。最後に水でしっかりすすぎましょう。
  4. 4
    スチームクリーナーをレンタルします。インターネットでスチームクリーナーをレンタルすることができます。スチームクリーナーを使うと流した熱湯を即座に吸い取りながら布張りやカーペットを徹底的に掃除することができ、水分と一緒に汚れも吸い取れます。料金は2泊3日のレンタルで5000円~7000円が目安です。
    • 使用方法に従って適切にスチームクリーナーを使いましょう。
    • 市販の内装用またはカーペット用洗剤を購入してスチームクリーナーに使うか、手作りの洗剤を使います。天然成分の洗剤を手作りするには、ホワイトビネガーと水を1:1の割合で混ぜラベンダーエッセンシャルオイルを数滴加えましょう。[9]
    • 汚れた水で掃除しないように、スチームクリーナーの水を頻繁に取り換えます。
  5. 5
    歯ブラシで縫い目を掃除します。カーシートには、張りが縫い合わされた継ぎ目があります。ほこりやごみがこの部分に集まりやすく、多くの場合掃除機や布で取り除くのは困難です。洗剤をつけた歯ブラシでやさしくこすりながら掃除しましょう。
  6. 6
    フロアマットを掃除します。フロアマットを車外に取り出し、内装掃除に使った洗剤で掃除します。しっかりすすいでからマイクロファイバークロスで乾かしましょう。
    • ゴムまたはビニール製のマットは、掃除した後液体タイプの靴用ワックスを塗りましょう。輝きが増すばかりでなく汚れを落としやすくなるので清潔に保てます。[10]
  7. 7
    粘着クリーナー(コロコロ)を使います。粘着クリーナーで、毛羽、細かなゴミ、髪の毛などを吸着して取り除きましょう。粘着クリーナーをカーシートの上で転がし、取り除きにくい細かいゴミや髪の毛を掃除します。吸着紙を時々交換して粘着力を保ちながら、毛羽、糸くず、髪の毛、汚れを取り除きましょう。[11]
  8. 8
    マイクロファイバークロスを使って、糸くずが残るのを防ぎます。シミを吸い取る際や布張りの内装を拭く際は、糸くずが出ないマイクロファイバークロスを使いましょう。[12]

3
ビニール張りの内装を掃除する

  1. 1
    ビニール張りの内装掃除にはガラス用洗剤を使います。ビニール張りのカーシートは、汚れやこぼしたものを拭き取るだけなので掃除が簡単です。万能ガラス洗剤をカーシートに吹き付け、柔らかい布で拭き取りましょう。[13]
    • ガラス用洗剤が流れて床にこぼれないように、1度にシート1つを掃除します。
  2. 2
    重曹と水でビニール張りの内装を掃除します。重曹と水を混ぜた溶剤でビニール張りのカーシートを掃除し、磨くことができます。重曹と水でペーストを作り表面に塗ります。1度にカーシート1つを掃除しましょう。低刺激の洗剤と水を混ぜた溶液でシートを拭いてペーストを取り除きます。最後に清潔な柔らかい布で拭いて乾かしましょう。
    • ビニールが硬くなるので、油性洗剤を使うのはやめましょう。[14]
  3. 3
    歯ブラシで縫い目を掃除します。カーシートには、張りが縫い合わされた縫い目があります。ほこりやごみがこの部分に集まりやすく、多くの場合、掃除機や布で取り除くのは困難です。洗剤を付けた歯ブラシでこの部分をやさしくこすって掃除しましょう。
  4. 4
    フロアマットを掃除します。フロアマットを車外に取り出し、内装に使った洗剤で掃除します。フロアマットの掃除には、水と液体食器用洗剤を1:1で混ぜて作った万能内装用洗剤を使います。スプレーボトルに入れた万能洗剤をマットに吹き付けて柔らかい毛のブラシでこすります。温水でしっかりすすぎ、マイクロファイバークロスで乾かしましょう。
    • ゴムまたはビニール製のマットは、掃除した後液体タイプの靴用ワックスを塗りましょう。輝きが増すばかりでなく汚れを落としやすくなるので清潔に保てます。[15]

4
革張りの内装を掃除する

  1. 1
    レザーシートには革用の掃除用品を使います。革は経年劣化や退色の影響を受けやすいので、布やビニール張りの内装より注意深いケアが必要です。革の掃除には革専用に作られた洗剤やコンディショナーを使うのが一番です。「CarZootプロ仕様」や「レザーレブ皮革クリーナーキット」など、セットで販売されていることもあります。[16][17]
  2. 2
    ヒーターのスイッチを入れます。革は熱に反応するため暖かいとクリーナーやトリートメント剤が浸みやすくなります。熱い地域ではヒーターを使う必要はありませが、冬はヒーターを数分間かけて車内を暖めてから革の掃除をしましょう。
  3. 3
    革についた頑固なシミを前処理します。革張りの内装についた頑固なシミはレザーコンディショナーで前処理します。その後、革用のシミ抜き剤をつけましょう。30秒間おいて拭き取ります。
  4. 4
    レザークリーナーを使います。レザークリーナーを革張りにつけて1度に1部分またはシート1つを掃除します。柔らかい布でクリーナーを革にこすりつけます。きれいな水でクリーナーをしっかりすすぎます。
    • 製品の使用方法に従って適切に使いましょう。
  5. 5
    低刺激の洗剤を手作りします。低刺激のハンドソープと温水を混ぜて、革張りの内装掃除に使うことができます。使用する水の量は控えめにしましょう。その後、水に浸した清潔な布で拭き石けんをしっかり取り除きます。[18]
  6. 6
    革をしっかり乾かします。革の掃除が終わったら、完全に乾いていることを確認してからコンディショナーを使います。革は自然に水をはじきますが、濡れているとコンディショナーが浸みません。
  7. 7
    水素イオン指数が中性の水性レザーコンディショナーを使います。レザーコンディショナーは革に油分を補充して、革を滑らかに整え上質に見せる効果があります。安価なレザーコンディショナーは石油溶剤を使用しているものがあり、革がべたつき溶剤が衣類に移ることもあります。さらに、革が油っぽく仕上がります。水素イオン指数が中性の水性レザーコンディショナーを使って、革張りの内装と衣類を良い状態に保ちましょう。[19]
    • 布にコンディショナーをつけて革に塗ります。余分なコンディショナーを拭き取り、乗車前に15~20分なじませましょう。
  8. 8
    歯ブラシで縫い目を掃除します。カーシートには、張りが縫い合わされた縫い目があります。ほこりやごみがこの部分に集まりやすく、多くの場合、掃除機や布で取り除くのは困難です。洗剤を付けた歯ブラシでこの部分をやさしくこすって掃除しましょう。
  9. 9
    フロアマットを掃除します。フロアマットを車外に取り出し、内装に使った洗剤で掃除します。フロアマットの掃除には、水と液体食器用洗剤を1:1で混ぜて作った万能内装用洗剤を使います。スプレーボトルに入れた万能洗剤をマットに吹き付けて柔らかい毛のブラシでこすります。温水でしっかりすすぎ、マイクロファイバークロスで乾かしましょう。
    • ゴムまたはビニール製のマットは、掃除した後液体タイプの靴用ワックスを塗りましょう。輝きが増すばかりでなく汚れを落としやすくなるので清潔に保てます。[20]

5
車内に掃除機をかける

  1. 1
    湿乾両用掃除機を使います。E-Value乾湿両用掃除機をはじめとした乾湿両用掃除機は吸引力があり便利な掃除機で、様々な掃除に利用できます。通常ホースまたはノズルとコードが長いので車の掃除も楽にできます。
    • 代わりに、コイン洗車場の車内掃除機を使う方法もあります。これにも長いホースがついていますが、使用時間に応じて硬貨を足す必要があるので、掃除が中断されるのが難点です。
    • 小さなハンディタイプの掃除機を使うこともできます。このような掃除機は部分的な掃除に便利ですが、車内をしっかり掃除するには吸引力不足の傾向があります。
  2. 2
    プラスチック製のノズルアタッチメントを使います。掃除機の多くはプラスチック製のノズルアタッチメントが付属しており、金属製のアタッチメントより優れています。金属製のアタッチメントは内装、とりわけ革張りまたはビニール張りのカーシートに傷をつける恐れがあります。[21]
    • 広く四角い口のついたブラシや隙間に届く細いノズルアタッチメントが便利です。
  3. 3
    カーシートを移動します。車内に掃除機をかける際は、隙間もすべて掃除して汚れやごみを取り除きましょう。シートを倒して、シート内側の折り目を掃除します。また、シートを前に移動してシートの下も掃除しましょう。
    • チャイルドカーシートは取り外し、その下によく落ちているお菓子の食べこぼしやクレヨンなどを取り除きましょう。
  4. 4
    フロアマットを取り外します。フロアマット下の床にも掃除機をかけましょう。こうすると、取り出したフロアマットを徹底的に掃除することができます。
  5. 5
    頻繁に掃除機をかけます。車内から汚れやごみを取り除くと、汚れがカーシートや床にこすれて落としにくいシミが生じるのを防ぐことができます。少なくとも月に1回、車内がすぐに汚れる場合はより頻繁に、計画的に掃除機をかけましょう。

6
専門家に掃除を依頼する

  1. 1
    カークリーニングの専門店を探しましょう。業者に依頼すると、内装、ダッシュボード、通気口、窓、その他の部分を含め車内全体を完璧にきれいにしてもらえます。家族や友人に尋ねたり、インターネットで検索したりして地元の店を探しましょう。
    • 専門店が掃除器具や洗浄剤を適正に扱う認可または訓練を受けていることを確認します。さらに、保険に加入している店を選びましょう。
    • 地元のカークリーニング店のいくつかに電話して、おおよその料金を尋ね比較します。
  2. 2
    見積もりを取ります。車を持ちこんで車の大きさや状態を確認してもらいましょう。
    • カークリーニング店が実際に車を見る前に正確な金額を提示するのは難しいでしょう。
  3. 3
    専門店の仕事を確認します。料金を支払って立ち去る前に、掃除の状態が満足のいくものかを確認しておきましょう。[22] チャイルドシートが装着されている場合は、取り外してシートの下を掃除してあるか確認します。
  4. 4
    専門店に清掃用品について質問します。一般的に、専門業者は市販の清掃用品や刺激の強い化学成分を使用する傾向があります。環境にやさしい洗剤を希望する場合は、そのような清掃用品を使う専門店を探してみましょう。
    • 専門店の中には、最終的に内装を傷つける、または他の製品ほど効果が長く続かない安い清掃用品を使ってコストを削減しようとする店もあります。[23]
    • これは車内に残る臭気や化学薬品のにおいに特に敏感な場合は注意すべきポイントです。
  5. 5
    車を店に預けることになります。車のクリーニングに少なくとも2時間、シミが複数ついている場合、または車内がひどく汚れている場合はそれ以上かかります。その地域に他の用事をつくるか、誰かに迎えに来てもらうとその場で待つ必要がありません。

7
汚れを防ぐ

  1. 1
    車用シートカバーを使います。カーシートを保護するカバーを購入しましょう。カーシートと同じ色または鮮やかな色やデザインのカバーを使うことができます。バケットシート(フロントシート)用とベンチシート(リアシート)用があり、値段は3000~5000円くらいです。カバーの多くは洗濯機で洗えるので、車内の掃除が楽になります。[24]
  2. 2
    汚れ防止剤を使います。汚れ防止剤を使うとシミが布地に定着しにくくなるので、内装が長持ちします。シーバイエスプライドやアクタスファブリックプロテクターなどはネットショップで購入できます。
    • 製品の使用方法に従って正しく使いましょう。
  3. 3
    車内を汚したら直ちに掃除します。できれば、こぼしたものや汚れが定着しないようにすぐに処置しましょう。直ちに掃除しないと汚れが浸み込んで、取り除きにくいシミになる可能性があります。さらに、車内に不快なにおいが残る原因にもなります。
  4. 4
    車内での飲食を制限します。車内での飲食を禁止するとシミや汚れの多くを防ぐことができます。急停止や運転中の飲食などで車内を汚すことが必ずあります。車内での飲食を禁止するとそのようなリスクがなくなります。
  5. 5
    車内を片付けておきましょう。車を使う都度不要なものを車内から取り除くと、油のしみたファーストフードの袋や飲みこぼしのついたコーヒーカップなどでシミがつく危険を減らすことができます。車を使った後すぐにごみを捨てれば、ごみがたまることもなく車内をすっきり保てます。
    • 高温で溶けるクレヨンなどは車内から取り除きましょう。車内の温度は外部より著しく高くなるので、たとえばクレヨンが車内にあると溶けてカーシートなどを汚す恐れがあります。
  6. 6
    定期的に掃除機をかけます。車内から汚れやごみを取り除くと、カーシートや床に汚れがこすれて落としにくいシミになるのを防げます。少なくとも月に1回、車内がすぐに汚れる場合はより頻繁に、計画的に掃除機をかけましょう。

出典

  1. http://www.procarcare.com/icarumba/resourcecenter/encyclopedia/icar_resourcecenter_encyclopedia_interior2.asp
  2. http://www.roadandtravel.com/carcare/15tips.html
  3. http://www.roadandtravel.com/carcare/15tips.html
  4. http://www.procarcare.com/icarumba/resourcecenter/encyclopedia/icar_resourcecenter_encyclopedia_interior2.asp
  5. http://www.roadandtravel.com/carcare/15tips.html
  6. http://www.procarcare.com/icarumba/resourcecenter/encyclopedia/icar_resourcecenter_encyclopedia_interior2.asp
  7. http://www.procarcare.com/icarumba/resourcecenter/encyclopedia/icar_resourcecenter_encyclopedia_interior2.asp
  8. http://creativesavingsblog.com/cleaning-organizing/diy-car-upholstery-cleaner/
  9. http://lifehacker.com/5951456/clean-your-cars-cloth-upholstery-with-a-water-extraction-carpet-cleaner
続きを 表示する… (15)

記事の情報

wikiHowは「ウィキ」サイトの一つであり、記事の多くは複数の著者によって共著されています。 この記事は、匿名の筆者を含む15人が執筆・推敲を行い、時間をかけて編集されました。

カテゴリ: 自動車

他言語版:

English: Clean Car Upholstery, Español: limpiar la tapicería del coche, Italiano: Pulire la Tappezzeria dell'Auto, Português: Limpar o Estofamento do Carro, Русский: почистить обивку салона автомобиля, Deutsch: Autositze reinigen, Français: nettoyer la garniture d'une voiture, Nederlands: Autobekleding schoonmaken, Čeština: Jak vyčistit čalounění v autě, Bahasa Indonesia: Membersihkan Jok Mobil, العربية: تنظيف فرش السيارة, ไทย: ทำความสะอาดเบาะรถยนต์, 한국어: 차량 내부 청소하는 방법, Tiếng Việt: Làm vệ sinh nệm xe ô tô, 中文: 清洁汽车内饰

このページは 70 回アクセスされました。
この記事は役に立ちましたか?