駐車場に車を停めるのは、特に初心者は難しく感じるでしょう。駐車場が狭かったり混んでいたりすると、さらに難易度が上がります。駐車場の配置には、斜め、並列、縦列の3種類があります。運転免許試験を受ける前、あるいは道路で運転する前に、これら3つ全てに慣れておく必要があります。この記事を読むと、それぞれの種類の駐車場に駐車するコツが分かります。

方法 1 の 3:
斜めの駐車場に駐車する

  1. 1
    周囲に車があまりない駐車スペースを見つけます。障害が少ない状況で練習しましょう。
    • 練習する際は、混んでいない駐車場を選びましょう。
    • 練習段階では、ミスをする可能性があります。
    • 車が無い場所であれば、駐車の練習の際に事故を起こす可能性が減ります。
    • これは、運転初心者だけに当てはまることではありません。長い間運転をせずにいた人も、遠くまで出かける前に駐車と運転方法を少し練習した方が良いでしょう。
  2. 2
    車を良い位置に移動させます。正しくハンドルを切れるように、他の車から離れた、駐車スペースから程よい距離の場所に車を配置させましょう。
    • 自分の車と他の車との間は、少なくとも150cm~180cm離しましょう。
    • 周りに他の車が全くない場合、150cm~180cm離すことをイメージしましょう。
    • これをきちんと行えば、あとは正しくハンドルを切るだけで駐車できます。
  3. 3
    駐車スペースを見つけたらハザードを点滅させましょう。そうすると、他の人に自分が駐車しようとしていることを知らせることができます。
    • 狙いの駐車スペースの中心が見えるまでゆっくり前進します。
    • 他の車に注意しましょう。他の人が停めようと待っている場所を横取りしてはいけません。
    • 前進する際、近くの駐車スペースからバックしてくる車がないか確認しましょう。
  4. 4
    ハンドルを鋭く切ります。駐車スペースの中心が見えたタイミングでハンドルを切りましょう。
    • 他の車あるいは空の駐車スペースから150cm~180cm離れた位置でハンドルを切り始めます。
    • ハンドルを約半周回します。
    • カートなどの障害物が駐車スペースにないことを確認しましょう。
    • ゆっくり前進して駐車スペースの中に入っていきます。車が完全にスペース内に入ったら止まります。
    • 違反切符を切られないように、車が完全に駐車スペースに入りきるようにしましょう。
  5. 5
    タイヤを真っすぐに戻します。車を停車させたらタイヤを真っすぐにしましょう。
    • バックで駐車スペースから出る際に真っすぐ出られるよう、必ずタイヤは真っすぐに戻しましょう。
    • バックで出る直前にタイヤを真っすぐに戻しても構いません。
    • しかし、駐車の際に真っすぐにする習慣をつけた方が賢明です。
    広告

方法 2 の 3:
並列駐車をする

  1. 1
    車を良い位置に移動させます。駐車スペースにうまく車を入れられるよう、他の車から距離を置きましょう。
    • 運転席側、または助手席側に停まっている車から少なくとも240cm離しましょう。
    • これは、車の左右どちら側に停めるかによって異なります。
    • 近くに停まっている車がない場合、隣のスペースから240cmの距離を目算しましょう。
    • 他の人が停めようと待っている場所を横取りしてはいけません。
  2. 2
    ハザードを点滅させます。そうすれば、空いているスペースに駐車しようとしていることを他のドライバーたちに知らせることができます。
    • 車、通行人、その他の障害物が周りに無いことを確認します。
    • ゆっくり前進します。
    • 自分の車のフロントバンパーが隣の車のテールランプを通過するまで前に進みます。
  3. 3
    ハンドルを鋭く切ります。斜めの駐車スペースに停める時よりも少し大きくハンドルを切りましょう。
    • 自分の車のフロントバンパーが隣の車のテールライトを超えたタイミングでハンドルを切り始めましょう。
    • ゆっくり前進します。
    • ショッピングカート、瓦礫、その他の障害物がないことを確認してから駐車しましょう。
    専門家情報
    Ibrahim Onerli

    Ibrahim Onerli

    自動車教習所教官
    イブラヒム・オネーリは、ニューヨーク市の自動車教習所「Revolution Driving School」の共同オーナーであり、8人程からなる教官チームの訓練と管理を行うマネージャーでもあります。危険の予測と回避や安全確保を学ぶディフェンシブドライビングとマニュアル車操作の専門教官として活躍しています。同校は、安全運転を教示することで世界をよりよい場所に変えることをミッションに掲げています。
    Ibrahim Onerli
    Ibrahim Onerli
    自動車教習所教官

    専門家の声: 並列駐車は基本的に緩やかにL字を描きます。自分の駐車スペースの中心まで進み、ハンドルを完全に右に切ってスペース内に入れます。

  4. 4
    駐車スペース内に車を入れます。車の前方が駐車スペースの奥まで到達し、車の後方が完全にスペース内に入るまで進みましょう。
    • サイドミラーの位置を隣の車に合わせるとうまくいきます。
    • フロントバンパーが前のスペースに出ないように気をつけましょう。
    • 車の後方部分が駐車スペースから飛び出ていないか確認しましょう。
  5. 5
    タイヤを真っすぐにします。車が完全に駐車スペース内に収まったら、タイヤを真っすぐにします。
    • 後退して駐車スペースから出る際には、タイヤが真っすぐになっている必要があります。
    • バックで駐車スペースから出る直前にタイヤの向きを直しても構いません。
    • しかし、駐車の際に真っすぐにする習慣をつけた方が賢明です。
    広告

方法 3 の 3:
縦列駐車をする

  1. 1
    駐車スペースを探します。前後の人にぶつける心配のない場所を選びましょう。
    • 縦列駐車の駐車場もあります。通常、白線でスペースが明確になっているので、路上よりも停めやすいはずです。
    • 必要であれば、周辺を巡回して広い駐車スペースを探しましょう。
    • 自分の車の全長より1m弱ほど広いスペースが必要です。
    • スペースが広いほど停めやすくなります。
  2. 2
    ミラーを確認します。駐車スペースに車を寄せながらミラーを見ます。
    • 後ろに他の車がないことを確認しましょう。
    • ハザードを点滅させながら駐車スペースに車を近づけ、スピードを落として止まります。
    • 後続の車から怒られた場合、自分の車の位置を正しましょう。窓を開けて、可能であれば脇を通り抜けるよう、ジェスチャーで伝えます。
  3. 3
    車を横に並べます。前に停まっている車と、側面どうしを少なくとも60cm以上離して横並びにします。
    • 前の車と近すぎても遠すぎてもいけません。近すぎると、駐車スペースに入るため後退する際に、擦ってしまうかもしれません。
    • 60cm程離すようにしましょう。
    • 自分の車のバンパーの位置を、前の車のバンパーと横並びにするか、60~90cm後ろにします。
  4. 4
    ギアをリバースにします。駐車スペースに向かってバックしましょう。
    • 運転席側のミラーで、後ろに車がないか確認します。
    • 反対の肩越しにスペースを確認します。
    • 自分の車のバンパーが前の車のバンパーより90cm~120cm後ろに来るまで下がります。
  5. 5
    ブレーキを放してハンドルを最大限左に切ります。ゆっくりとスペース内にバックしていきましょう。
    • 頻繁に車の前方や周囲を目で確認しましょう。他の車や歩行者が横切らないことを確認します。
    • 前の車の側面とは60cm~90cmの距離を保ち、擦らないようにしましょう。
    • ミラーでリアバンパーと後ろの車との距離を確認します。
    • 縁石に当たったら行き過ぎです。その場合、ギアをドライブに変えて数十センチ前に出します。
  6. 6
    ハンドルを右に回します。自分の車の前のタイヤが前の車のリアバンパーの位置と並んだらハンドルを回しましょう。
    • ギアはリバースのまま保ちます。
    • リバースで行けるところまで下がります。
    • 前方と横を確認して、前の車に当たらないようにしましょう。
    • 後ろの車のバンパーに当たらないようにしましょう。
    • 後ろの窓から、リアバンパーと後方の車との距離を確認します。サイドミラーとバックミラーでも確認できます。
  7. 7
    ギアをドライブに変えます。車をスペース内に納めます。
    • ハンドルを再度左に切ります。
    • 縁石の方向にゆっくり前進します。前進させながら駐車スペース内で車を真っすぐにします。
    • 助手席側のサイドミラーで縁石からの距離を確認します。縁石から30cm以内の位置に停めましょう。
    • これで駐車は完了です。
    広告

ポイント

  • 練習する際、初めのうちは他に車がいない駐車場で練習しましょう。
  • しっかりスピードを調整しましょう。スピードを出し過ぎてはいけません。
  • 縦列駐車は通常の駐車スペースに簡単に停められるようになってから練習します。最初は、隣接する駐車スペースに車の代わりにカラーコーンを置いて練習しましょう。
  • まず小さい車で練習して、慣れたら大きい車の駐車に挑戦しましょう。
広告

注意事項

  • 免許または仮免許を持っていなければ運転してはいけません。
広告

関連記事

車内にインロックした鍵を取り出す
クロムめっきを剥がすクロムめっきを剥がす
オートマチック車の運転オートマチック車の運転
バッテリー液の量を確認する
カーフィルムを剥がすカーフィルムを剥がす
車の直結車の直結
タイミングベルトの交換タイミングベルトの交換
バッテリーの腐食汚れを落とすバッテリーの腐食汚れを落とす
プラグコードの点検
インロックした車の鍵を開けるインロックした車の鍵を開ける
燃料ポンプの点検燃料ポンプの点検
ワイパー用ウォッシャー液を作るワイパー用ウォッシャー液を作る
運転恐怖症を克服する運転恐怖症を克服する
車体についた虫、樹液、タールを取り除く車体についた虫、樹液、タールを取り除く
広告

出典

  1. 動画の引用源: Conduite Facile

このwikiHow記事について

Ibrahim Onerli
共著者 ::
自動車教習所教官
この記事の共著者 : Ibrahim Onerli. イブラヒム・オネーリは、ニューヨーク市の自動車教習所「Revolution Driving School」の共同オーナーであり、8人程からなる教官チームの訓練と管理を行うマネージャーでもあります。危険の予測と回避や安全確保を学ぶディフェンシブドライビングとマニュアル車操作の専門教官として活躍しています。同校は、安全運転を教示することで世界をよりよい場所に変えることをミッションに掲げています。
カテゴリ: 自動車
このページは 483 回アクセスされました。

この記事は役に立ちましたか?

広告